×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■昭和十六年度


第二二一号(昭一六・一・一)
  事変第五年を迎ふ        内閣総理大臣公爵 近衛 文麿
  大政翼賛運動の進路       大政翼賛会
  大政翼賛会事務局各部局の解説
  支那事変の現況
  事変第四年海軍作戦の回顧
  国際政局回顧と展望(上)     外 務 省
  日泰友好和親条約批准交換
  邦人の海外発展状況(上)     拓務省拓南局
  前線から銃後へ         現地軍報道部提供
  お正月の野戦料理        陸軍糧秣本廠


第二二二号(昭一六・一・八)
   生活必需品の確保と科学技術    企画院科学部
   国際政局回顧と展望(下)     外 務 省
   邦人の海外進出状況(下)     拓務省拓南局
   新支那中央銀行成立       興 亜 院
   来年度の中等学校入学試験はどうなるか 文 部 省
   米国の汎米経済工作
   陸軍の総合戦果(昭和一五年)
   現地寄稿 前線から銃後へ     支那派遣軍 千田(恒)部隊軍曹 中村義雄
   昭和一五年下半期総目次
   官庁編纂図書だより・文部省推薦図書だより

第二二三号(昭一六・一・一五)
   文官制度の改正
   発足した出版新体制
   特集 国民学校制の解説      文 部 省
     教育改革の由来、国民学校制の根本趣旨、
     教育制度上の改革、教育内容上の改革、
     国民学校教育の本旨、教育内容の統合、
     国民学校の実業科、教科と科目の目的、
     国民教育の方法の刷新、国民学校制度の実施準備
   電力の消費節約          電 気 庁
   戦陣訓


第二二四号(昭一六・一・二二)
   翼賛議会について
   大日本青少年団の成立       文 部 省
   満州開拓事業の進展        拓務省拓北局
   現代戦と空襲
   実業学校卒業者の上級学校進学について 文部省実業学務局
   台湾の保甲制度          台湾総督府情報部
   タイ・仏印の国境紛争問題
   現地寄稿 前線より銃後へ     中支派連 木原部隊岩倉隊  郷 博之
   文部省推薦図書紹介

第二二五号(昭一六・一・二九)
   第七十六回帝国議会に於ける各国務大臣の演説
    近衛内閣総理大臣
    松岡外務大臣
    河田大蔵大臣
    東条陸軍大臣
    及川海軍大臣
   勤労と増産の日          大政翼賛会
   農林省官制の改正
   米国政界最近の動向


第二二六号(昭一六・二・五)
   国民職業指導所の設置       厚 生 省
   昭和十六年度予算の概要      大 蔵 省
   人造石油の話
   国防保安法案について
   大陸の総合戦況         大本営陸軍報道部
   国共抗争と共産軍の近状
   輸出品及び輸出品用原材料配給統制規則について 商 工 省

第二二七号(昭一六・二・一二)
   労働者年金保険について      保 険 院
   新卒業者と就職          文 部 省
   新年祭と産業報国         神 祇 院
   〃希望〃−前線だより−      中支派遣園部部隊     星川 清美
   信陽北方作戦           大本営陸軍部
  人口問題をどうする (上)      企 画 院


第二二八号(昭一六・二・一九)
   農地関係二勅令の解説       農 林 省
   臨時農地等管理令
   臨時農地価格統制令
   石炭を節約するには        商 工 省
   敵の戦意             大本営陸軍郡
   銃後ヘ −前線だより−       天谷部隊本部     中山 正三
   独仏関係の近情
   人口問題をどうする (下)      企 画 院


第二二九号(昭一六・二・二六)
  住宅関係の二法律案        厚 生 省
  兵役法の改正の要点         陸 軍 省
  空閑地利用はかうして       農 林 省
  青少年学徒の増産運動        文 部 省
  海軍作戦の戦果(上)        大本営海軍部
  二千六百年祝典記念章について    賞 勲 局
  アルゼンティン情勢
  前線と銃後(前線だより)      本間部隊 陸軍一等兵   中山 信行

第二三〇号(昭一六・三・五)
  主要食糧農産物の増産計画      農 林 省
  バルカンの近情
  青年学校の躍進          文 部 省
  日露戦争当時の国民の気魄     陸 軍 省
  蘇北作戦経過の概要        大本営陸軍部
  成立した昭和十六年度予算      大 蔵 省
  医療保護法について         厚 生 省
  逞しき無表情 前線より銃後へ    村上部隊 高原 博
  海軍作戦の戦果(下)        大本営海軍部

第二三一号(昭一六・三・一二)
   蚕糸業統制法の概要        農 林 省
   制定された国民貯蓄組合法     大 蔵 省
   五箇条御誓文と融和精神      文 部 省
   台湾における皇民錬成運動     台湾総督府情報部
   商業報国運動の展開
   国民学校の教科書はどうなる    文 部 省
   南支援蒋路封鎖作戦        大本営陸軍部  大本営海軍報道部
   重慶最後の輸血路遮断
   泰・仏印紛争調停の経過


第二三二号(昭一六・三・一九)
   強化された国家総動員法解説
   国家総動員法の改正について    企 画 院
   欧州戦局の動き
   米穀応急措置法の改正       食糧管理局
   泰・仏印調停の成立と反響


第二三三号(昭一六・三・二六)
  船舶保護法について        海軍省兵備局
  百三十五億貯蓄目標達成へ
  国民政府成立一周年に際して
  木材統制法について        農林省山林局
  晋南、宜昌、江西の戦況      大本営陸軍部
  支那方面海軍作戦の戦果      大本営海軍報道部
  神宮関係施設整備事業       内 務.省
  第三回労務動態調査        厚 生 省
  米国の武器貸与法をめぐりて


第二三四号(昭一六・四・二)
  改正された治安維持法       司 法 省
  支那事変行賞 賜金国庫債権について 大蔵省理財局
  時局と造林            農 林 省
  最近における主要作戦の概要    大本営陸軍郡
  制定された大日本厚生体操     厚 生 省
  付 大日本厚生体操図解
  銀行券発行の新制度        大蔵省銀行局
  東亜電気通信の新体制       逓信省電務局
  第七六回 帝国議会通過法律案一覧
  ユーゴーの動き


第二三五号(昭一六・四・九)
  借地法及び借家法の改正      司法省民事局
  鮮魚介の配給統制         農 林 省
  作付調整について         農 林 省
  戦争と金属の回収
  学生と政治運動          教 学 局
  一六年度体力検査について     厚生省体力局
  激化する国共相剋

第二三六号(昭一六・四・一六)
  生活必需物資統制令について    企 画 院
  伸び行く少年保護         司 法 省
  米の割当配給制はなぜ実施されたか 食糧管理局
  銃後医学としての傷兵の結核治療  軍事保護院
  アフガニスタン経済使節団の来朝
  大政翼賛会の改組
  戦火バルカンに拡大

第二三七号(昭一六・四・二三)
  時局下の健康増進運動       厚 生 省
  結核予防の二大重点       厚生省予防局
  乳幼児の体力増強        厚生省体力局
  栄養と健康           厚生省衛生局
  日ソ中立条約成る
  相続税法の改正         大 蔵 省
  改正された刑法         司法省刑事局
  大洪山脈方面の戦況        大本営陸軍部
  支那方面海軍作戦の戦果      大本営海軍部
  一億を突破した我が国人口
    −発表された昭和一五年国勢調査の結果−

第二三八号(昭一六・四・三〇)
  欧州より帰りて         外務大臣 松岡洋右
  太平洋問題特集
  世界情勢と太平洋        大本営海軍報道部   海軍大佐 平出英夫
  太平洋における英米の権益
  太平洋めぐり
  通商破壊戦と船舶保護       海 軍 省
  浙江福州作戦の概況       大本営陸軍部
  付録 大東亜共栄圏及び太平洋要図

第二三九号(昭一六・五・七)
  重要機械製造事業法の解説     商工省機械局
  優良多子家庭の表彰       厚生省社会局
  神宮式年御造替と山口祭      神 祇 院
  最近発明界の話題(上)      特 許 局
  全国金属増産運動について     商 工 省
  出版新体制運動のその後
  米国の宣戦権とその後の動き
  企画院の改組について


第二四〇号(昭一六・五・一四)
  特集 秘密戦と防諜
   武器なき戦秘密戦
   秘密戦の実例
   秘密戦の攻撃手段
   スパイの正体は?
   スパイのやり方
   恐るべき文書諜報
   地図と写真の話
   宣伝戦最近の傾向
   最も陰険な謀略
   対日秘密戦の特異性
   防諜の主体は国民
   いかにして防ぐか
   防諜観念徹底の急務
   防諜と法規との関係
   個人の防諜心得六ケ条
   団体の防諜心得
   む す び
   防諜と学校教育
   工場防諜
   カメラマンと防諜
   国防保安法について        司 法 省
   日・仏印経済協定成る


第二四一号(昭一六・五・二一)
   海軍記念日を迎へて
   緊迫せる国際情勢とわが国の立場
   強化された外国為替管理(上)    大蔵省為替局
   新商道徳樹立運動について
   最近発明界の話題(下)       特 許 局
   蚕糸の価格統制について      農林省蚕糸局
   四月中 五月上旬 海軍作戦の戦果 大本営海軍報道部
   日仏泰の友好関係確立す
   昭和一五年度の国民貯蓄実績    国民貯蓄奨励局
   文部省推薦図書紹介


第二四二号(昭一六・五・二八)
   商工奉仕委員制度の設置       商 工 省
   中原の大殲滅戦           大本営陸軍部
   国民映画と国民演劇
   医薬品と衛生材料の生産配給統制   厚生省衛生局
   強化された外国為替管理 (下)    大蔵省為替局
   正しい歩き方とは          厚 生 省
   イラクの情勢


第二四三号(昭一六・六・四)
   科学・技術の新体制とは何か     企 画 院
     −科学技術新体制確立要綱解説−
   戦時下の交通調整         鉄 道 省
     −特に東京地方について−
   其の後の独仏関係
   米大統領の炉辺談話
   会社経理統制令はどう行はれてゐるか 大 蔵 省


第二四四号(昭一六・六・一一)
   国民優生法解説           厚 生 省
   ゴミとゴミ箱の話         厚生省衛生局
   第一回中央協力会議について    大政翼賛会
   海軍作戦の戦果          大本営海軍報道部
   好季来る!海鷲猛威を揮ふ
   国民政府の清郷工作


第二四五号(昭一六・六・一八)
   国民更生金庫はどんな仕事をしてゐるか 大 蔵 省
   高原地の開発           農林省耕地課
   不良児はいかに保護されるか    厚 生 省
   麦類配給統制規則解説       食糧管理局
   梅雨の話             中央気象台
   シリア地方の情勢


第二四六号(昭一六・六・二五)
  日・蘭印交渉の経過
  再出発の興亜奉公日        大政翼賛会
  鉄道トンネルの話         鉄 道 省
  汪主席の来訪
  夫婦の出産力           人口問題研究所
  工場・鉱山労務者の賃金公定    厚 生 省
  昭和一六年度上半期 週報総目次

第二四七号(昭一六・七・二)
  特集 事変四周年
  支那事変の現段階        大本営陸軍報道部
  聖戦四年の総戦果(海軍)     大本営海軍報道部
  近衛首相と汪院長の声明と放送
  近衛・汪共同声明
  興亜団体の統合          大政翼賛会
  独ソ開戦と国際情勢


第二四八号(昭一六・七・九)
  特集 建設進む新支那の概貌
  台  湾
  蒙古連合自治政府の近況 鉱産開発の現況
  農薬と牧畜 通貨 文化工作 交通と通信
  北  支
  華北政務委員会の近況 鉱物開発工業
  農業 交通と通信 貿易 通貨 文化工作
  中  支
  国民政府の現状 塩業 農業 交通と通信
  鉱産開発 貿易 通貨
  文化工作
  南  支
  広東 虜門 汕頭 海南島
  日本人の進出状況
  支那事変綜合戦果(陸軍)     大本営陸軍報道部
  放送番組の夏季体制と夜間番組の編成


第二四九号(昭一六・七・一六)
  枢軸八ケ国の国府承認
  独ソ戦と赤軍          陸軍省報道部
  進め一億潮に乗って        逓 信 省
  豆債権で御奉公          大 蔵 省
  買占、売借、抱合せ販売等の禁止  商 工 省
  帝都の地下鉄道          鉄 道 省
  生活必需品読本(一)米      農 林 省
  週報読者調査票の書き方


第二五〇号(昭一六・七・二三)
  第三次近衛内閣成立
  財政金融 基本方策要綱について  大 蔵 省
  独ソ開戦以来の英米の動き
  生活必需品読本(二)麦      農 林 省

第二五一号(昭一六・七・三〇)
  仏印の共同防衛成立
  転廃業者の進むべき路       厚生省職業局
  独ソ戦とドイツ軍          陸軍省報道部
   −座談会− 金属増産を語る
  支那方面艦隊戦況(六月中)     大本営海軍報道部
  常会の頁


第二五二号(昭一六・八・六)
  英米の資産凍結と我が対策      大 蔵 省
  日仏共同防衛成る
  我が陸海軍部隊の仏印増派
  経済的に見た仏印
  生活必需品読本(三)雑穀      農 林 省
  時局下における国民心身鍛錬運動   厚 生 省
  新らしく制定される国民生活用品   商 工 省


第二五三号(昭一六・八・一三)
  青果物配給統制規則         農 林 省
  児童文化の新出発
    −日本児童文化協会の成立について−
  時局と資源動員協力運動       商 工 省
  木炭の規格と値段が変りました    農 林 省
  支那方面艦隊の戦果(七月中)    大本営海軍報道部
  生活必需品読本(四)        農 林 省
   味噌、醤油、砂糖
  今秋の空閑地利用          農 林 省


第二五四号(昭一六・八・二〇)
  低物価と生産増強          企 画 院
  決定された米価対策         農 林 省
  防空の心構へ
  泰における英国勢力
  生活と栄養             厚生科学研究所
  時局下の社会教育          文 部 省
  株式価格の統制について       商 工 省
  生活必需品読本(五)菓子     農 林 省


第二五五号(昭一六・八・二七)
  重要産業団体令について       企 画 院
  生活必需品読本(六)食用油    農 林 省
  製造工業原価計算要綱        企 画 院
  英米共同宣言とその反響
  常会のページ
  興亜奉公日の実践項目、国民貯蓄組合の届出、
  防空の手引、電話のかけ方、お国のために兎を飼ひませう
  各地に常会を見る、常会問答、その他
  学校報国団更に前進         文 部 省


第二五六号(昭一六・九・三)
  「家庭防空の手引」
  空襲から如何に国土を護るか
  防空と国民精神
  隣組は焼夷弾をどうして防ぐか
  1 ふだんからの準備
    各家庭での防火準備
    隣組での共同設備
    計画を樹てて置くこと
  2 防空実施が発令されたら
    家庭ではどうするか
    組長はどうするか
  3 警戒警報が発令されたら
    家庭ではどうするか
    組長はどうするか
  4 空襲警報が発令されたら
    家庭ではどうするか
    組長はどうするか
  5 焼夷弾が落ちたら
    焼夷弾の種類と見分け方
    焼夷弾の防火法
    防空従事者はどうするか
    組長はどうするか
    火災になったら
  爆弾はどうして防ぐか
  1 爆弾の種類
  2 爆弾の効力
    木造家屋はどうなるか
    鉄筋コンクリートの建物はどうなるか
    爆弾は恐ろしいものではない
  3 爆弾が落ちて来たら
    家庭にゐた場合
    路上を通行中の場合
    電車に乗ってゐた場合
    自転車・自動車で通行中の場合
    劇場・映画館・百貨店等の客
    鉄筋コンクリートの建物にゐた場合
    勤務中の場合
    不発弾の処置
  4 防空壕について
    防空壕はなぜ作るか
    応急防空壕の作り万
  空襲時に処する国民の心構へ
  付・灯火管制の心得


第二五七号(昭一六・九・一〇)
  満州事変一〇周年 躍進する満州国
  金属製品に動員令下る       商 工 省
  伸びゆく女子拓務訓練所      拓務省拓北局
  臨戦下司法保護記念日を迎へて   司 法 省
  実力一つで専門学校卒業者と同資格 文 部 省
  飼料肥料の自給増産報国運動    農 林 省
  修繕料その他各種料金の統制    商 工 省
  建国忠霊廟について
  イランの情勢


第二五八号(昭一六・九・一七)
  第二回航空日を迎ふ
  欧州大戦と国際航空路の変貌     航 空 局
  航空と生活            航 空 局
  航空写真測量の話
  ドイツ国民航空の現状        航 空 局
  我が鵬翼下に喘ぐ重慶       大本営海軍報道部
  問題化した北氷洋の諸島
  飼料肥料の自給増産報国運動     農 林 省
  生活必需品読本(七)畜産品     農 林 省


第二五九号(昭一六・九・二四)
  臨戦態勢下に於ける 労務動員    企 画 院  厚 生 省
  実施された国民労務手帳制      厚 生 省
  緊迫せる独米関係
  支那方面艦隊戦果(八月中)     大本営海軍報道部
  常会の頁


第二六〇号(昭一六・一〇・一)
  特集 銃後援護の実際
  銃後奉公を強化しませう
  軍人援護はどう行はれてゐるか    軍事保護院
  職場に再起する人々
  新設された傷痍軍人奉公財団
  戦没者遺児の保育と教育
  隣組に見る軍人援護の活動
  頭部戦傷の問題
  銃 後 へ
   支那事変戦況           大本営陸軍報道部
   米穀管理の強化          農 林 省
   日独伊三国条約締結一周年に際して     伊藤情報局総裁放送
   黒海と裏海
  簡易保険二五周年 郵便年金一五周年を迎ふ 保 険 院

第二六一号(昭一六・一〇・八)
  特集 防空準備の進め方
  今度の防空訓練について
  防空必勝の鍵は国民精神
  防空訓練前になすべきこと
  防空壕について
  防毒について
  避難退去について
  神嘗祭と新嘗祭          神 祇 院
  会社経理統制令の改正       大 蔵 省
  生活必需品読本(八)魚類     農 林 省


第二六二号(昭一六・一〇・一五)
  防空時の食糧問題         農 林 省
  翼賛壮年団の発足         大政翼賛会
  鉄道の七〇年           鉄 道 省
  最近の大陸戦況          大本営陸軍報道部
  支那方面艦隊戦況(九月中)     大本営海軍報道部
  告知板 
    臨時郵便取締令の実施、
    北支方面の振替業務開始、
    国民学校生徒冬服の配給、
    鉄製品の製造禁止
  モスクワ三国会談とその成果
  生活必需品読本(九)炭      農 林 省
  週報発刊五周年に際して 読者ページ「通風塔」新設


第二六三号(昭一六・一〇・二二)
   新内閣成立す
   学校卒業期繰上げの実施      文 部 省
   我が国の食糧事情と緊急食糧対策  企 画 院 ・ 農 林 省
   欧州各国の戦時食糧政策
   告知板 
     住宅調査、大学、専門学校卒業者からの予備士官採用
   通 風 塔


第二六四号(昭一六・一〇・二九)
   特集 経済統制と遵法
   経済統制と遵法精神        司 法 省
   経済警察の使命と方針      内務省警保局 
   食料品の闇を無くしませう     農 林 省
   新商道徳の確立         商 工 省
   ☆統制経済豆辞典        司 法 省
   第二〇回明治神宮国民体育大会   厚 生 省
   通 風 塔
   臨時議会召集を奏請
   常会のページ


第二六五号(昭一六・一一・五)
   改正される陸運統制令      鉄 道 省
   海運の国家管理態勢       逓 信 省
   質疑応答 学校卒業期繰上げについて 文 部 省
   時局下貯蓄の心構へ       大 蔵 省
   告知板
      青壮年の国民登録、
      食糧農作物の作付統制、
      郵便年金の利用、
      統制経済遵法の手引、
      専検が三回となる
   週報写真週報 読者調査の結果


第二六六号(昭一六・一一・一二)
   現下の時局と臨時議会
   臨時増税案について       大 蔵 省
   昭和一七年度における修業年限の短縮について   文 部 省
   戦時下壮丁の思想調査      文 部 省
   国際危局と我が発明界      特 許 局
   職業指導と学校         文 部 省
   生活必需品読本(一〇)食肉    農 林 省
   通 風 塔
   危機迫る独米関係


第二六七号(昭一六・一一・一九)
   現内閣の方針
   臨時議会における各国務大臣の演説
   東条内閣総理大臣演説
   東郷外務大臣演説
   賀屋大蔵大臣演説
   兵役法の改正          陸 軍 省
   通 風 塔
   生活必需品読本(二)特免綿製品 商 工 省


第二六八号(昭一六・一一・二六)
   日満華三国締盟一周年に当って
   伸び行く新支那
   三国締盟と満州国
   中・女学校の最高学年在学者に対する臨時措置   文 部 省
   会社経理統制令の新運用方針(上)  大 蔵 省
   通 風 塔
   生活必需品読本(一二)特免綿製品(続き)  商 工 省
   常会の頁


第二六九号(昭一六・一二・三)
   百七十億貯蓄問答         国民貯蓄奨励局
   国民皆働態勢の確立  (国民勤労報国協力令の解説)   厚 生 省
   戦時国民常会の開催        大政翼賛会
   会社経理統制令の新運用方針(下)  大 蔵 省
   生活必需品読本(一三)服     商 工 省
   新増税一覧
   告 知 板
   通 風 塔


第二七〇号(昭一六・一二・一〇)
   産業再編成問答(上)        商 工 省
   米穀生産奨励金の交付方法     農 林 省
   現地報告 勤労報国隊       文 部 省
   告知板 
     年末年始の鉄道輸送制限、
     統制経済遵法の手引(三)国債売出し
   通 風 塔
   生活必需品読本(一四)履物    商 工 省
   シンガポールとマレー事情
   国民演劇、映画脚本入選発表
   TOKYO GAZETTE  December , 1941
   文部省推薦図書

第二七〇号付録(昭一六・一二・一〇)
   米英に宣戦布告
   詔 書
   大詔を拜し奉りて         東条内閣総理大臣
   日米交渉の経過         外務省公表
   帝国政府の対米通牒
   防空下令について


第二七一号(昭一六・一二・一七)
   大東亜戦争完遂へ
   大東亜戦争と国民の覚悟      東条内閣総理大臣
   宣戦の布告に当り国民に愬ふ    奥村情報局次長
   対米英戦における陸軍戦況     大本営陸軍報道部
   開戦劈頭における海軍戦果     大本営海軍報道部
   太平洋図
   今次開戦後の世界の動き
   決戦下国民の心構へ
   金融非常対策について       大 蔵 省
   決戦下の食糧問題
   大東亜戦争日誌         大本営海軍部発表に依る


第二七二号(昭一六・一二・二四)
   決戦態勢強化
   生活に生かせ大勝の感激を
   改正された防空法        内 務 省
   戦時下犯罪の厳罰        司 法 省
   南方作戦の特徴        大本営陸軍報道部
   ハワイ開戦の戦果        大本営海軍報道部
   日泰同盟条約成立す
   英米罪悪史(一)
   産業再編成問答(中)       商 工 省
   常会の頁

第二七三号(昭一六・一二・三一)
   戦ひ抜かう大東亜戦
   大東亜戦下・新春を迎ふ
   言論、出版、集会、結社等臨時取締法について  内 務 省
   香港攻略戦          大本営陸軍報道部
   ウェーキ島の占領        大本営海軍報道部
   ラジオと電波管制
   英米罪悪史(二)
   産業再編成問答         商 工 省
   写真週報 十二月卅一日号 目次
   大東亜戦争日誌
   通 風 塔