×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「放送ニュース解説」目次

第一号 目次   (昭和12年10月21日発行)

支那軍の迫撃砲手榴弾 1937.10.06
抗日将領、熊式輝、黄紹雄 1937.10.06
北支平野の母、黄河 1937.10.07
沱河と程潜、孫連仲 1937.10.08
九国条約と不戦条約 1937.10.09
敵の兵站基地香港と海防 1937.10.10
全滅した支那海軍 1937.10.11
山西唯一の鉄道、同蒲鉄道 1937.10.12
李済深、白崇禧、李宗仁 1937.10.13
北支の宝庫、河北省 1937.10.14
支那を操る宋の一族 1937.10.15

第二号 目次   (昭和12年11月1日発行)

紅卍字会とは 1937.10.16
河南省の現況 1937.10.17
恐るべき焼夷弾 1937.10.18
北支五省 1937.10.19
起ち上る内蒙古 1937.10.20
ソ聯の勢力下にある外蒙古 1937.10.21
北支で活躍する治安維持会 1937.10.22
問題の人、韓復 1937.10.23
上海から南京へ 1937.10.24
新設された企画院 1937.10.25

第三号 目次   (昭和12年11月11日発行)

遂に陥落した廟行鎭大場鎭
京滬鉄道と滬杭甬鉄道
公使館を儲けた南阿聯邦
蒙古聯盟自治政府成立まで
飛行機からの投下爆弾
上海の租界
敵の眼を眩す煙幕
我国と関係の密接な福建省
海の天使病院船
九国会議の立役者
満洲国の治外法権撤廃

特別号       (昭和12年11月16日発行)

防空は平素の準備と訓練から
灯火管制の方法に就いて
焼夷弾への対策
子供の毒瓦斯防護は如何するか
英、独両国の防空組織と訓練
警戒管制と非常管制の差異

第四号 目次   (昭和12年11月21日発行)

盟邦イタリアの現状
杭州湾と杭州、銭塘江
中支の宝庫、江蘇省
陸の猛虎、無敵戦車
全支中最も豊裕な浙江省
南市と浦東
進退自由な装甲列車
ブラジル政変と其の現状
開通した黄浦江と蘇州河
ヒンデンブルグ線とは

第五号 目次   (昭和12年12月1日発行)

米と茶で有名な安徽省
国民政府遂に奥地に退却
汪兆銘と可応欽
張群、呉鼎昌と陳兄弟
大本営宮中に設置さる
米国の二大通信エーピー、ユーピー
通商条約とはどんな条約か
太湖及び其の附近
世界通信界の覇者ロイテル
日独防共協定一周年を迎へて

 

第六号 目次   (昭和12年12月11日発行)

南支の大省、広東省の現況
外国が実権を握る支那海関
独伊両国の代表通信社
フランスのアヴアス通信社
国家の承認と政府の承認
承認されたフランコ政権
ソヴイエトのタス通信社
ソヴイエト空軍の現状
通貨改革後の支那銀行界
ソヴイエトへの通路甘肅省

 

第七号 目次   (昭和12年12月21日発行)

南京防衛の抗日三将領 1937.12.06
南京二千年の歴史を顧る 1937.12.07
要塞と化した南京城外の山 1937.12.08
世界史に観る首都陥落史 1937.12.09
孫文と関係の深い南京 1937.12.10
南京城内の東部から北部 1937.12.11
烏江鎭、浦口 蕪湖、江南線 1937.12.12
南京の南部地帯と城外 1937.12.13
北支に誕生した新政権 1937.12.14
残敵の拠る蚌阜、安慶 1937.12.15


第一臨時増刊 目次  (第8号 昭和12年12月23日発行)

梅津、可応欽協定とは 1937.07.19
抗日第二十九軍の全貌 1937.07.20
支那空軍の現状を衝く 1937.07.21 
北支の時局に躍る宋哲元 1937.07.22
支那中央軍の挑戦的行動 1937.07.23
北支の排日団体に就て 1937.07.24
国民政府の軍事中央機関 1937.07.25
支那軍の不信と無統制 1937.07.26 
最近に於る支那の陸軍 1937.07.27
北平城と附近の各地 1937.07.28
天津と太沽、塘沽、永定河 1937.07.29
平漢沿線の都市を観る 1937.07.30
北支那とは如何いふ所か 1937.07.31
国民党部と国民政府
支那を縦貫する津浦鉄道
我将士を悩す北支の気象
支那の動脈平漢鉄道
暴利取締令の改正に就て
平綏鉄道の沿線を往く
揚子江と其の沿岸都市
支那の抗日団体に就て
北支の雑軍と其の首脳者
上海市の全貌と租界
北支の重要性及我国との関係
南口、居庸関、明の十三陵
支那便衣隊とクリーク、閘北
京滬鉄道と沿線の都市
我海軍の花形上海陸戦隊
支那の空軍と其飛行根拠地
海軍機の性能と任務
青島、済南と膠済鉄道沿線
支那の租界、水路閉塞の暴挙
漢陽兵工廠と南京軍官学校
支那の地名の読み方
支那の税警団とは
支那海軍の現有勢力
上海青島等の我が在華紡績
蒙古軍と徳王、李守信
我に刃向ふ支那飛行機
軍機保護法の改正



第二臨時増刊 目次   (第九号昭和12年12月23日発行)

アメリカの中立法とは 1937.08.28
廈門の説明と防空兵器の種類 1937.08.29
支那側の不信、張家口に就て
爆撃された広東と徐州
外蒙古と新疆省の現状
支那の無電事業と真茹
臨時議会の意義に就て
中国共産党の発生から今日迄
支那の逆宣伝、汕頭汕尾碼宮
支那沿岸の交通遮断に就て
支那第一の大河揚子江と黄浦江
暴戻極まる支那の抗日教育
津浦線の馬廠から滄州まで
支那の人民戦線派とは
軍需工業動員法の発動
平綏線の大同を中心として
トーチカとは如何いふ物か
東亜同文書院と上海の学校
日満議定書締結五周年
支那共産軍の現状を衝く
平漢鉄道沿線の主要地
支那財界を支配する浙江財閥
閻錫山の牙城山西省とは
海軍航空隊の猛訓練、南京
綏遠軍と綏遠省に就て
支那を東西に貫く隴海鉄道
隴海線の洛陽から西安まで
人道に反する毒瓦斯とは
新しく生れた内閣情報部
中部戦線と正太鉄道
ゲリラ戦術とダムダム弾
中南支の大動脈、粤漢鉄道
開通した許りの浙鉄道
日章旗飜る万里の長城
天然の陣地クリークとは
上海戦線の抗日将領達
北支、上海戦線の気候
資源豊富な山東省
我が水上機隊の活躍に就て


第十号 目次    (昭和13年1月1日発行)

南昌、九江、廬山及南鉄道
ソヴイエトの総選挙終る
 大冶鉄山で有名な湖北省
アメリカ新聞界の現状
青島の我権益と同胞の発展
支那共産党を牛耳る三人男
農業と鉱業で知られる湖南省
英米仏伊の東洋艦隊
アメリカ各地の有力新聞
絶大な勢力を持つ華僑


第十一号 目次   (昭和13年1月11日発行)

第七十三回帝国議会開かる
津浦線の済南から徐州まで
イギリス新聞界に就いて (一)
イギリス新聞界に就いて (二)
求償主義の貿易制度とは
日本を代表する同盟通信社
于学忠と沈鴻烈の横顔
索引



第十二号 目次    (昭和13年1月21日発行)

日ソ漁業条約と北洋漁業の現状
爆撃された武昌と漢陽
陸軍始の由来に就て
ナチスに統制されるドイツ新聞
支那の西南に孤立する広西省
ソ聯邦を吹き捲る粛正工作の嵐
フランス新聞界の現状
抗日将領、謝剛哲と余漢謀
全世界に三億の信者を持つ回教
海軍始に就て

 

第十三号目次   (昭和13年2月1日発行)

北支及中支方面の酷寒
支那とソ聯の連絡地青海省
小党分立する仏国の政党
完全に統制されたイタリア新聞
官報化したソ聯の新聞
主力艦、大艦巨砲主義
北支の重要資源=綿花
スエズ・パナマ運河
我海軍に攻撃された海南島
隴海線の海州と連雲港


14号 13.02.11

領事とは如何いふものか
ソ聯の第一回最高会議終る
津浦線の徐州を中心にして
大拡張に邁進する英空軍
面積広く物産豊富な四川省
フランス空軍の現勢
爆撃された黄埔と宜昌
支那に於ける列国の既得権益
粛清工作成つた山東半島
ドイツの国防軍とは
反中央の宿命を担ふ西南派

15号 13.02.21

エスカレーター条項とは
ニカラグワ運河建設計画
支那に於ける日本の権益
地中海を繞る英仏伊の勢力
支那の武器搬入路、雲南
紀元節御制定の由来に就て 1938.02.11
戦機正に熟す京漢戦の要地
攻撃一本槍のイタリア空軍
シンガポール軍港を衝く
オーストリアの復辟問題

16号 13.03.01

注目を惹く独墺合併問題
話題二つ、紅槍会とリビヤ
日章旗翻る山西線各地
皇軍占拠地域の重要資源
イギリスの在支権益
独逸が再興されるまで
衡陽爆撃と懐慶の占拠
全印度に漲る反英闘争
アメリカの在支権益
中支に富裕を誇る江西省

17号 13.03.11

北樺太に於ける我が権益
ソ聯の我が外交機関圧迫
フランスの在支既得権益
盟邦満洲国の目覚しい発展
日満両国の経済不可分関係
抗日将領銭大釣と
石油と棉で有名な陜西省
独逸海軍が誇る袖珍戦艦

18号  13.03.21

日章旗飜る山西省南部
棉と鉱物で著名なビルマ
支那に於けるドイツの権益
日本、シャム通商条約とは
満ソ国境を圧するソ聯極東軍
カイロのオリンピック会談
墺ナチスと祖国戦線の対立
独墺合邦に戦くチェッコ
独逸の躍進及墺国軍の現勢

19号 13.04.01

ナチス外交勝利の歴史
日章旗飜る南通と揚州
波蘭とリトアニアの紛争
伊太利の誇る組合国家とは
ファシスト・伊太利の躍進
シャムの現状を観る
津浦線を南下徐州に迫る
伊太利、白耳義の在支権益
曹汝霖、殷同両氏の素描
復活した道制と帰徳、沂州

20号 13.04.11

新議事堂最初の両院協議会
石油の主産国ヴエネズエラ
中国維新政府の統治地域
漢口に開かれた六全大会
支那の党派を語る
支那の西北に在る寧夏省
全国学生救国聯合会とは
仏領印度支那の現状を見る
徐世昌、唐紹儀両氏の横顔
北支と中支をつなぐ大運河
福州、馬尾、三都澳、

21号 13.04.21

ヒトラー・ユーゲント
外国に支配される支那の航運業
爆撃された宜昌と信陽
フランスの大統領と議会
紀元二千六百年奉祝記念事業
独墺合邦を完成した国民投票
海空軍の精鋭長沙を猛爆撃
ロイテル、タスを衝く
河北省最大の開炭坑とは
世界を騒がせたチヤコ問題

22号 13.05.01

撃墜されたグラヂエーター機
自治制発布五十周年を迎ふ
ポルトガル領廈門と広九鉄道
欧州の安全を守るロカルノ体制
武器なき戦士宣撫班の活動
日本万国博覧会に就て
中欧三国の小協商同盟
独逸の労働奉仕団制度
靖国神社臨時大祭を迎へて
再建に邁進するソ聯海軍

23号  13.05.11

中国唯一の民衆団体、新民会
チェッコのズデーテン独逸党
軍備拡張に邁進する豪州
天長の佳節を寿ぎ奉る
石油の切符制度とは
米空軍の根拠地、アラスカ
支那海関に関する日英取極
大陸開拓の戦士、満洲青年移民
フランの平価再切り下げ

24号 13.05.21

新ヴイルソン案の全貌
イタリア経済の現状
バーター制と輸入割当制度
アラビアのイエーメン国
無力を暴露した国際聯盟
我国と関係の深い福建省
防共の戦士三億の回教徒
淮河北岸に日章旗飜る
航空日本の誇り航研機
皇軍に寸断された隴海線

25号 13.06.01

蒋介石ラインの重要拠点徐州
徐州付近の地形を観る
支那軍又も毒瓦斯を使ふ
徐州攻略の持つ重大意義
世界戦史に比類なき徐州殲滅戦
皇軍の制圧する江北平野
西部隴海線の要衝を往く
蒋政権最後の逃げ場・雲南
全線の開通近き津浦線
支那を南北に貫く京漢線

26号 13.06.11

旧法幣と中国聯銀の国幣 1938.05.26
事変下に海軍記念日を迎へて 1938・5・27
北海の孤島アイスランド 1938.05.28
米国不戦条約遵守を声明 1938.05.29
仏領印度支那と聯絡する広西省 1938.05.30
中国臨時、維新両政府の関税改正 1938.05.31
蒋政権貴陽退却を企図 1938.06.01
開封戦線の二抗日将領 1938.06.02
チリー政府聯盟を脱退 1938.06.03
河南平野に日章旗飜る 1938.06.04
敵唯一の抗日ルート粤漢線 1938.06.05

27号 13.06.21

庶民階級待望の庶民金庫
京漢線南段の主要土地
蒋と西南派分裂に直面
国府機関西南各地に遁入
近く開設する恩給金庫
エストニアとラトヴイア
陳誠、張発奎の二抗日将領
我手に確保された安徽省
我が広東空爆は正当なり
支那の災禍黄河を語る

28号 13.07.01

安徽省西南の要衝を往く
国際条約とは如何いふものか
ソ聯我が北洋漁業権益を侵す
南支那海の要地・海南島
貯蓄実行の主役・貯蓄組合
大戦当時に於ける各国の貯蓄運動
ペルーの訪日使節団今秋来朝
何故物価騰貴を抑へんとするか
独逸の経済四箇年計画
我が猛爆下にある汕頭

29号 13.07.11

杭州湾南岸の紹興と寧波
此際特に回収すべき重要廃品
新興途上に在る蒙疆地方
棉製品の需給調整とは
フイリッピンの現状を語る
ソヴイエトのゲ・ペ・ウ
金属類廃品の回収も大切
ソ聯邦の第三次五箇年計画
標準最高販売価格とは
皇軍下揚子江を制圧す

30号 13.07.21

事変一年の赫々たる戦果
如何にして経済戦を戦ふか
ソヴイエトの粛清工作の状況
物品販売価格の取締規則とは
揚子江の湖口から黄石港迄
聖地パレスチナの騒擾
銅とゴムの廃品の回収
南京、上海の復興明朗振り
暴利取締令の改正に就て
北支主要地の復興状況

31号 13.08.01

肉類値段の抑制に就て
充実を誇るチェッコの軍備
爆撃された粤漢線南段
東洋人種の国ハンガリー
新設された外国為替基金勘定
湖南の要衝岳陽と洞庭湖
英仏会談は欧州を如何する
時代の花形代用品を語る
西部隴海線の鄭州から西安迄
我が代用品工業の現状

32号 13.8.11

鉄道の死命を制す
珈琲で有名なサルヴアドル
支那の西北角陜西省を衝く
敵軍又我が病院船を爆撃
ガソリンに酒精を混用
名誉ある白衣の勇士の保護
ブルガリアの再軍備まで
湖北省に日章旗飜る
二抗日将領李宗仁・白祟禧
チェッコ問題その後の成行
亜鉛とガラスの廃品の回収


33号 13.8.21

国民体力管理制度とは
支那各地で熾んな日本語熱
北支旧法幣の一割切下げ
支那の西南隅西康省を探る
新設される物資調査委員
昭和十三年度予算の節約
広九鉄道と九龍に就て
上海戦一周年を迎へて
一大躍進を示す独逸陸軍
満洲農業移民と花嫁移民

34号 13.9.1

ヒトラー・ユーゲント
独逸の突撃隊と親衛隊
物産豊かな四川省の現況
爆撃された宝慶と
金使用規制改正さる
ナチス独逸の教育と体育
東亜農林協議会の成果
満洲帝国協和会の活動
ハンガリアの再軍備問題
揚子江岸の宜昌、荊州、沙市

35号 

鉄鋼献納運動開始さる
日章旗飜る安徽省西部
イタリアのバリラ運動
フランス政局最近の動き
東亜文化協議会開かる
十月一日から施行の商店法
空のギャング台風を衝く
皇軍、南線沿線を進撃
ナチス独逸のユダヤ人排撃
麦と林業で有名なカナダ
揚子江北部の要衝を探る 

36号 13.9.21

第十回ナチス党大会開かる
支那に於る民間航空事業
皮革の消費節約と代用品
ファシスト大評議会
京漢線南段東部の要地
飛行機からの投下爆弾
フランスの民間航空事業
世界を風靡する厚生運動
チェコ問題険悪を告ぐ
満洲新貿易協定の成立

37号 13.10.1

南米ペルーと我国との関係
我国の産金国策に就て
満洲国の治安全く恢復さる
チェッコの独逸少数民族
爆撃された広西の諸都市
中華民国政府の聯合委員会の誕生
中小商工業者の転業対策
時局下の失業とその対策
ナチス外交の東進政策
イタリアの厚生運動

38号 13.10.11

フランスの陸軍と空軍
ム首相の誇る伊国陸、空軍
我が海の荒鷲貴州省を爆撃
ドイツ、チェコ両国の主要人物
英仏伊三国を担ふ人々
心得て置き度い商店法の智識
ドイツの厚生運動
銃後後援の実情を観る
聯盟規約十六条の制裁規定とは
名誉ある軍人傷痍記章

39号 13.10.21

福建省の主要都市
京漢線南段を皇軍遮断す
揚子江の斬春から青山まで
敵の武器輸入路仏領印度支那
傷痍軍人の医療保護と職業補導
スペイン問題最近の情勢
武漢海戦の軍事的意義
粤漢線沿線の主要都市を観る
バイアス湾、香港、九龍
国民が護るべき軍機とは

40号 13.11.1

戦果大いに中南支に揚る
炎暑甚しい南支の気候
我国と関係深い大冶鉄山
新興蒙疆政権を語る
遺族に対する恩典と援護
機雷及び掃海作業
広東陥落の重大意義
武漢会戦の戦局展望
事変に活躍する軍馬
十一月実施の金の国勢調査

41号 13.11.11

支那の心臓部、武漢三鎮
武漢三鎮陥落の意義
新支那開発と支那の経済開発
対支国策両会社の使命
武漢攻略前後の戦局を展望す
北・中支の交通運輸業
北・中支の通信電気業
北支の鉄、石炭開発事業
武漢附近の地形と主な都邑
中支の鉄と北支の製塩事業

42号 13.11.21

仏領印度支那の海防と河内
イタリアの民間航空事業
戦区今や全支那に拡大
アメリカの中間選挙
中揚子江の主要都会
揚子江自由航行権とは
岳州南方の要衝を往く
欧州はどうなつてゐるか

43号 13.12.1

陸の荒鷲蘭州、五原、寧夏を空襲
ミュンヘン会談以後の欧州政局
支那船舶交通遮断の労苦
我が対米回答の重大意義
米英互恵通商協定の成立
赤色ルートと延安、西安
今年度の我が貿易の情勢
日独文化協定の持つ意義

44号 13.12.11

日満支経済懇談会の意義
フランスの罷業を繞つて
ドイツの訪日機コンドル号
独逸の民間航空事業
傷痍軍人医療所とは
北洋漁業権益と日ソ漁業条約
珠江三角州とその主要都会
仏伊両国関係急悪化を伝ふ

45号 13.12.21

欧州政局最近の動き
イギリスの民間航空事業
世界列強の兵役制度
アメリカの民間航空事業
粤漢線南部各地を爆撃
汎米会議の沿革と意義
中国臨時政府過古一年の業績
時局下に重要な廃品の回収
赤十字記章の使用を制限

46号 14.1.1

消費節約強化の必要
重要物品の消費節約対策
貯蓄は身のため国のため
対支中央機関興亜院生る
貯蓄組合の活躍振り
南支那沿岸の要地を往く
新民会の目覚しい活動
農業報国運動とは

47号 14.1.11

近く施行の特殊リンク制
英仏両国の航空機製造事業
重慶その他上揚子江の都会
昭和十三年の輝く戦果 1938.12.29
日満支経済ブロックとは 1939.01.04
索引

48号 14.1.21

新東亜建設の意義と目標 1939.01.06
チェッコ洪牙利の紛争
ヨーロッパ政局の展望
昭和十三年の我が対外貿易
復興途上のハンガリー
世界一を目指すアメリカ海軍
西隴海線の要衝各地
特殊取扱保税工場

49号 14.2.1

英伊会談は成功か失敗か
防共枢軸の拡大強化
国民登録制度実施さる
ソ聯邦と支那を結ぶ赤色公路
北支北方券の再切下げ断行
太平洋に於る米海軍根拠地
スペイン戦局最近の動き
議会に於る予算案の審議
議会の各種委員会に就て

50号 14.2.11

呉佩孚将軍遂に起つ
バルセロナ陥落と欧州政局
昭和十四年度予算案の全貌
議会に於ける法律案の審議
独逸旧植民地返還要求問題
ソ聯邦の第三次五箇年計画
海軍が占拠した南支の洲島
米独両国最近の国交関係
雲南ビルマルートの全貌

51号 14.2.21

西南支那の高地貴州省
地中海に於る英仏伊海軍兵力
議会の行ふ上奏、決議、建議
船員の職業能力登録とは
皇軍海南島を奇襲上陸す
海南島の主な都会と港湾
ソヴィエトの人民委員部
北樺太に於る我が権益

52号 14.3.1

英国の再軍備五箇年計画
浙江省東部の主要都市
伝統を誇るイギリス海軍
アメリカの飛行機製造事業
抗日事件頻発の上海租界
続アメリカの飛行機製造事業
復興途上の我が在華紡績
爆撃された浙鉄道

53号 14.3.11

グアム島防備案米下院で否決
京漢線西方地区の主要都会
ソ聯邦の勢力下にある外蒙古
盟邦満州国の大躍進振り
内親王殿下ご誕生を慶祝し奉る
イタリアのリビア増兵問題
陸海軍協力して海州を占領

54号 14.3.21

近くもうけられる銃後奉公会
支那の西北角陜西の現状
国民体力管理制度
英国、法幣援助に乗り出す
敗残蒋政権兵力の現勢
映画法案愈々議会に提案
アメリカの中立法とは
スロヴアキヤ問題に中欧緊張
ナチス外交躍進の跡を辿る

55号 14.4.1

ソヴィエトへの通路・甘粛省
愈々実現する人事調停制度
注目を惹く支那の回教徒
今議会通過の職員健康法
独逸に還つたメーメル地方
日伊文化協定の成立
江西省に浮ぶ陽湖と
中欧諸国今後の動向

56号 14.4.11

敵の抗日拠点南昌遂に陥落
第九戦区の四抗日将領
マドリードが陥落する迄
巨額に上る支那の外債
警防団の使命と組織
石油で名高いイラン国
欧州政局最近の情勢
日ソ漁業暫定協定の成立

57号 14.4.21

イタリアのアルバニア出兵
近代戦に於る軍馬の重要性
ダンチッヒとポーランド回廊
危機を孕むバルカン
産金法改正と金の強制買上
ユーゴーとギリシヤの近況
ルーマニアとブルガリア
暴露された四月攻勢の真相
北支那の交通、通信事業

58号 14.5.1

米大統領独伊に親書を送る
国際法上の領土の取得、喪失
来る八月施行の消費国勢調査
国際関係の複雑なトルコ
イギリスが新設した軍需省
イギリス最近の外交政策
傷痍軍人の職業補導施設
護国神社制度の確立

59号 14.5.11

イギリスの国防方針と陸軍
南米の独裁国ボリヴィア
国際報道戦に活躍するもの
ナチス独逸新聞界の現状
結核の現状とその治療対策
物価統制大綱の全貌
華興商業銀行中支に誕生
ソヴィエト外相辞職の真相

60号 14.5.21

傷痍軍人教員養成所の全貌
四川省の成都と敍州
時代に適応せぬ上海共同租界
独伊軍事協定の成立を繞つて
トルコを繞る最近の国際情勢
湖北戦線の要衝及湯恩伯
欧州の現状とバルチック諸国
南支の楽園鼓浪嶼の現状

61号 14.6.1

満州国に於る経済建設の現状
停頓状態に陥つた英ソ交渉
隴海線の要衝関と
英国が手を焼くパレスチナ問題
七月一日実施の金の国勢調査
独仏国境の二大要塞線
欧州の情勢と波蘭の立場
産業報国運動の現状を観る
支那船舶交通遮断の現状

62号 14.6.11

戦時下の賃金対策
事変下に再び海軍記念日を迎ふ
英ソ交渉の其後の経過
技能者養成制度の全貌
従業者雇入制限制度とは
主要各国の建艦状況
大日本傷痍軍人会の活動
注目を惹いたソ聯外相の演説
オーランド島の武装化問題

63号 14.6.21

北支那各地の治安状態
満洲建設勤労奉仕隊の活躍
天津に於る各国の租界
法幣暴落の原因と其意義
北欧に於る独逸外交の勝利
英国皇帝皇后両陛下の御訪米
支那事変国際の郵便局売出し
天津英租界の暴状を暴く
百億貯蓄を目指して邁進

64号 14.7.1

百億貯蓄と貯蓄組合の活動
ソヴイエトの北洋漁業圧迫
天津問題と各国の輿論
好調を示す我が対外貿易
我が陸海軍精鋭汕頭に敵前上陸
汕頭附近の主要都邑と交通
極東に於ける英仏海軍根拠地
我が海軍部隊舟山列島を攻畧

65号 14.7.11

仏土両国間の相互援助条約
七月一日実施の為替管理令改正
更改された日濠通商協定
靖国神社創建七十周年を迎ふ
急迫を告げるダンチッヒ問題
蒙疆地域の産業開発状態
満蒙国境の要衝を往く
鉱産物に富むヴェネズエラ
新段階に入つた国民精神総動員

66号 14.7.21

抗日勢力の現状を探る
長期戦と国民の覚悟
北支那に於る経済建設状況
中支那に於け経済建設状態
国民徴用令の全貌を観る
今秋ひらかれるナチス党大会
福建省方面の新閉塞作戦
ヨーロッパ政局最近の展望
軍事保護院の誕生

67号 14.8.1

灯火管制の種類と実施方法
焼夷弾の防ぎ方と平素の準備
三都澳等にも閉塞戦開始
華興銀行券法幣と絶縁
中立法修正と米国内の動向
波蘭軍備と軍部首脳者
支那に於ける英国の権益
忠霊顕彰運動について

第68号 14.8.11

暴露された外蒙軍の実情
日米通商航海条約破棄さる
珠江三角州とその主要都市
注目される埃及の動向
世界最初の物の国勢調査
賃金統制令とは如何いふものか
広西省の要衝桂林梧州南寧
米国政界最近の動き
英仏両国の将帥を語る
青少年の体力章検定愈々実施

第69号 14.8.21

スペインのフアランヘ党
南支那沿岸封鎖の意義
ヨーロッパ政局最近の展望
戦時下に於ける労働力持久策
ダンチヒの現状を語る
八月十三日上海戦の回顧
法幣の惨落とその影響を見る
ソ聯不法にも我が権益を暴圧

第70号 14.9.1

ドイツ陸軍の偉容と国防軍
農林水産物の生産拡充計画
ドイツ国防軍を率ゐる人々
イタリア国軍を率ゐる人々
独蘇通商協定の成立経緯に就て
独蘇不可侵条約締結とその経緯
独蘇不可侵条約と欧州政局
海の荒鷲小龍坎、嘉定、瀘州猛爆
北支に活躍する新民会の全貌

第71号 14.9.11

欧州列強の軍備を探る
ヨーロッパの三大通信社
米蘇伊三国通信社を語る
自粛自省興亜奉公日
独波両軍随所に激戦
戦争開始と中立の宣言 1939.09.04
鉄壁を誇る二大要塞戦

第72号 14.9.21

ノモンハンの荒鷲を語る
心得ておきたい軍用資源秘密
軍用資源秘密を如何にして護るか
興亡常なきポーランド
東欧の古都ワルシャワ
要衝瀘県と問題のザール
戦時封鎖とは如何いふものか
欧州戦争と我が経済界
欧州戦争と我が各産業

第73号 14.10.1

満蘇国境事件の戦果と経過
躍進目覚しき満洲帝国協和会
愈々実施される価格等引上禁止
高安附近の包囲殲滅戦
純正国民党とは如何いふものか
窮地に立つルーマニア
独蘇両軍波蘭を分割
我が新作戦湖南に展開

第74号 14.10.11

ドイツの防空施設と組織
内閣総理大臣の指導力強化
バルチック諸国特にエストニア
独・蘇会談とバルカン諸国
英国の防空施設について
戦没将士遺族に対する援護事業
江北大運河と宣賓飛行場
応召商工業者の営業援護事業
労務動員計画の概要

第75号 14.10.21

帰還軍人の就職問題
銃後に於ける農山漁村
ソ聯の圧迫と北欧諸国の動向
英仏両国の海軍航空兵力
フランスの防空組織
国民貯蓄と預金部資金
東洋人種の国フィンランド
躍進目覚しき我が民間航空

第76号 14.11.1

英独両国の海軍勢力
愈々実施される地代家賃統制
賃金の統制とは如何いふものか
軍人救護会最近の活動
トルコを繞る欧州列強の動き
ベルギーの近情を語る
戦時下に於る電力の重要性
今回変更された我が為替基準

第77号 14.11.11

最近に於ける我が対外貿易
敗残蒋政権の現状を発く [?]
愈々開始された国民体育大祭典
南氷洋に於ける国際捕鯨争覇戦
遵法精神の昂揚と徹底
イタリアの内閣大改造
インドの近情を語る
欧州戦争とインドの動向

第78号 14.11.21

新中立法とはどういふものか
現下に於ける米穀問題
オランダの現状を語る
爆撃された湖南広西の要地
動揺するバルカン
軍事保護院最近の活動
結核の脅威とその絶滅対策
英仏北支駐屯軍一部引揚を決定
皇軍北海に新作戦開始

第79号 14.12.1

要衝北海と北海事件
南支抗日の拠点欽道を衝く
行軍早くも広西省に進入
実施されてゐる体力章検定
戦時下に於ける技術者の養成
ロンドン条約とポケット戦艦
猛威を揮ふ機械水雷とは
愈々実施される米穀搗精法令

第80号 14.12.11

アイルランドの近情を語る
日泰定期航空来春より開始
国民健康保険とは如何いふものか
歴史に見た制海権の話
ソ芬両国戦火を交ふ
庶民金庫最近の活動
今月末行はれる労務の調査
英仏両国愈々独貨拿捕を開始

81号 14.12.21

重要性を加へた経済戦の意義
国民学校制とは如何いふものか
東亜経済懇談会その使命と収穫
明年度予算閣議で決定
現下に於ける経済戦の遂行
満洲開拓の現状を語る
英独両国が誇る空軍の陣営
臨時政府二ヶ年の業績
英独両国の海上作戦

82号 15.01.01

ドイツの海上作戦
団体郵便年金とは如何いふものか
揚子江水路一部を開放
愈々実施された職員健康保険法
工業の合理化と工業小組合
聖戦下三度迎へた七十五通常議会
全員常任特別の各種委員会

83号 15.01.11

小作料統制令について
十四年中の陸軍の輝く戦果
赫々たる海軍の戦果についgて
十四年中の国際政局の回顧
紀元二千六百年を迎へて
索引

84号 

精動は如何に展開されるか
蒙自宝慶越鉄道
近代戦に於ける潜水艦作戦
昭和十四年の我が対外貿易
イタリアのバルカン工作
印度に連るアフガニスタン
国民体力管理とは如何いふものか
我が荒鷲南支方面に活躍

85号 15.02.01

産業報国会最近の運動
ソ芬戦争を繞る北欧二国の動向
冬季攻勢の意義と成果
西南ルートの実体を暴く
戦時下国民の保健と寿命
東亜の建設と新政府樹立運動
浅間丸事件重大化す
国際法と臨検拿捕
銭塘江と蕭山金華

86号 15.02.11

オルドス平原に我が殲滅戦展開す
税制改正の大綱に就て
活躍目覚しき軍衛生部
現下に於ける電力問題
恐るべき火災の原因について
火災の原因と一般の注意
恐るべき火災とその対策
発動された電力調整命[ママ]
バルカンの小国窮地打開に狂奔

87号 15.02.21

予算の編成から本会議上程まで
支那の悪疫と敵の毒物工作
議会に於ける本会議の話
アルゼンチンの近情を語る
スペインと国際政局
議案が本会議で可決される迄
支那事変貯蓄債権
決議案と建議案に就て
アメリカ海軍拡張に狂奔

88号 15.03.01

実施される青少年雇入制限令
アルゼンチンの経済と外交事情
国際法の領海と公海
蒋政権抗戦力の現状を衝く
躍進目覚しき満洲国軍
重圧下に喘ぐルーマニア
戦時下に於ける海運の統制
鉄道輸送と陸運統制令

89号 15.03.11

民間航空の重要性
鉄道の要衝貴渓玉山
ウエルズ、スターク、エヂソン (アメリカの時の人)
満州国に於ける鉄道の発達
満州国に於ける水運港湾航空
戦時下の我が工業界
重要性を加へた我が養蚕業
蒋政権の財政的実力

90号 15.03.21

南洋群島の近情を語る
サイパン・パラオ・ヤップ・ボナペ・クサイ・ヤルートの島々
優生法とは如何いふものか
農繁期と季節保育所
議会の会期と両院協議会
汪氏・米内首相相次で声明
メキシコの一般事情
メキシコ英米資本を排除

91号 15.4.1

ソ芬協定と北欧諸国
周仏海・民誼・葉蓬・陳璧君
新支那政府の政治的基礎
汪派C・C団とはどういふものか
新支那政府の首脳部を語る
新支那政府の統治区域

92号 15.4.11

新国民政府の財政的基礎
華僑の経済力とその現状
維新政府の輝く治績
臨時政府の業績を回顧す
事変勃発より新政府の樹立迄
機械技術者検定制度
共同租界の行政機構
アメリカ海軍最近の動向
恩給法の改正と遺族の範囲

93号 15.4.21

対独封鎖強化と海相チャーチル
恩給法の一部改正実施
北欧二ヶ国の軍備と地形
ドイツの作戦と北欧の資源
フィヨルド・ベルゲンその他
英独艦隊遂に激戦
英・独・仏三国の海軍勢力
伊国海軍地中海を睥睨

94号 15.5.1

高速無比のイタリア艦隊
戦時下に於ける少年保護事業
アイスランドとグリーンランド
蘭領印度の現状を語る
戦果頓に揚る中南北支
靖国神社創建の由来
羅国の石油とダニーブ河
列強争奪のバルカン資源
百廿億を目指す本年度国民貯蓄

95号 15.5.11

洞庭湖と湖南人を語る
伊国陸軍とリビアの位置
聖戦下に於ける農家の副業
赤ちゃんの健康審査始まる
結核を如何して予防するか
比島議会・新移民法を通過
地中海を繞る回教諸国

96号 15.5.21

皇軍湖北河南の敵兵団を殲滅
我が農林水産場の輸出状態
大北電信会社とはどういふものか
世界を繞る国際電気通信網
わが電気通信の発達と現状
近く実施される切符制について
ドイツの電撃戦・蘭白両国に展開
チヤチル新内閣閣僚の顔ぶれ
独軍愈々マヂノ線に肉薄

97号 15.6.1

工業国スイスとシュリーフェン作戦
発達目覚しい国際電話の話
独軍刻々と包囲網形成
伊国軍の全貌とウェイガン将軍
独軍ソンム河カレーに迫る
ファシズム文化とドボ・ラヴオーロ
北仏の要衝続々と陥落
鬼キライヘナウ・第五部隊その他
来る十月実施の国勢調査

98号 15.6.11

海軍作戦の成果を語る
列強海軍の現勢を見る
白国興亡史と白領コンゴ
実施された職員健康保険制度
巴里を繞る河川と要衝
海の防寨ドーヴァー海峡
東亜民族の祭典東亜競技大会
バルボ元帥と伊領リビア
写真電送の沿革と現状

99号 15.6.21

皇軍進撃の漢水西側地区
戦時下に於ける専検を見る
三国志に現れた漢水戦史
宜昌附近の揚子江水路
伊国遂に宣戦を布告
ヂブチ、アデン、スエズ運河
改正された健康保険制度
パリの沿革とその攻防史
宿命的な独仏の抗争

100号 15.7.1

ソ聯バルト三国を支配
独逸は如何にして勝利を得たか
仏領印度支那の現状を語る
天津租界隔絶の影響
アメリカの新陸海軍長官
注目される仏蘭西植民地
独・仏の人口政策
改正された暴利取締令

101号 15.7.11

満洲国産業の振興政策と現状
満洲国に於ける農鉱業の開発
ソヴイエト聯邦羅国に進駐
躍進目覚しき満洲国の鉱業
大陸の土と闘ふ満洲国開拓団
防衛に狂奔する英軍の抗戦力
英本土を狙ふ独逸軍の戦力
我が監視団仏印に到着
英国が操作するビルマの現状

102号 15.7.21

奢侈贅沢品の製造販売禁止
傷痍軍人の医療と職業補導
仏印ルートに結ぶ支那側の都会
ソ聯に戦慓くイランの現状
トルコの生命線・ダーダネルス海峡
南支援蒋ルート広州湾と香港
援蒋ルート・浙沿岸と澳門
軍事保護院一周年を迎ふ

103号 15.8.1

東亜新秩序の癌・上海の租界
昭和十五年度労務動員計画
炎熱と闘ふ満洲建設勤労奉仕隊
大統領選挙と米政界の動向
独の経済力膨張・英の産業敗退
企画院と無任所大臣
注目されるアイルランド
国防国家とは如何いふものか
科学の話題ロケット弾その他

104号 15.8.11

イギリスの東南海岸
独の経済政策と欧州広域経済圏
ソ聯と結ぶアフガニスタン
スパイの活躍と国家の機密
諜報網の発達と防諜の心得
ハヴアナ会議と米の中南米工作
国土計画の意義及内容
ソ連の外交とモロトフ演説
蘭領印度の位置と資源

105号 15.8.21

蘭領印度の経済事情
注目される中南米諸国の動向
伊軍が進撃した英領ソマリランド
スエズを扼するエヂプトの地位
支那沿岸封鎖愈々強化さる
近代戦の典型上海戦を回顧す
我が海軍の渡洋爆撃行
商業の再編成と商業報国運動
農業報国運動最近の展開

106号 15.9.1

高射砲はどの位命中するか
生鮮食料品の配給統制
期待される日濠両国の関係
カナダ急速にアメリカに接近
産業の新体制と産業報国運動
大西洋に於る英領諸島
長距離砲の今昔について
印度の国内情勢と独立運動

107号 15.9.11

九月に多い台風の話  1940.08.26
科学小話 空中聴音機
複雑を極めるバルカンの展望
危機を伝へられるギリシヤの現状
国民体力は国力の源泉
バルカン問題一応解決を遂ぐ
反英熱挙る南アフリカ聯邦
重要になつて来た隣組の役割
米国大西洋の軍事基地を獲得
科学動員協会とはどういふものか

108号 15.9.21

我が荒鷲中支奥地を爆砕
我が陸の荒鷲最近の戦果
猛撃下のロンドン
蒋介石政権重慶を放棄
爆弾の話と耐火家屋
ロンドンのウエスト・エンド
司法保護の積極的使命
ダニユーブ河とパミール横断路

109号 15.10.1

日蘭会商蘭印側の顔触
青少年団も新体制へ
九月十八日柳条溝事件の思出
賃金統制は如何に行はれるか
西康省とはどんなところか
埃及に於ける英国の軍事勢力
我が軍平和裡に仏印へ進駐
ラテン文化の国ブラジル

110号 15.11.1

三国同盟条約の要綱
フランスのマダガスカル島
軍事扶助法とはどういふものか
雲南省の風土・産物
独伊をつなぐブレンネル峠
皇軍仏印進駐の意義と影響
阻寨気球と空中写真
英独伊三国空軍の巨頭
時代の花形国民服の制定
アラビアの星イブン・サウド
大政翼賛会の組織と機構
泰国々境の変遷を語る
独の羅国進駐と三B政策
生活を愉しくする厚生運動
英の重圧下に喘ぐビルマ
賃金統制令その他の改正勅令
米大統領が選挙されるまで
真摯敢闘奉祝体育大会

111号 15.12.1

転業対策の三つの施設
実施された米穀管理規則
更生途上のスペイン
欧州政局に活躍する人々
戦雲渦巻くギリシヤ
海のコルフ・クレタ陸のトラキヤ地方
青年国民登録とはどういふものか
精鋭を誇るイタリア空軍
躍進目覚しき伊国海軍の特色
ドイツに於ける青少年運動
紀元二千六百年式典と奉祝
近代空軍の花形急降下爆撃機
八月から十一月迄支那大陸の戦況
勤労新体制と産業報国運動
紀元二千六百年記念事業の大観
輝く文化勲章第二回目の賜授
モロトフ外相のベルリン訪問
揉みに揉めるヨーロッパ政局
独のEボート英の新鋭飛行艇
皇軍欽県撤去とビルマ公路の爆撃
近東に於る独・ソの進出振り
各国機翔び廻る東亜国際航空路
泰国の国防力はどの位あるか

112号 16.1.1

最近の住宅難と住宅対策
ハンガリー三国同盟に参加
阜平作戦と共産第八路軍
巨星西園寺公逝く臣下十一人目の国葬 1940.11.25
襄西、襄東線に大包囲戦展開
演劇法の骨子と演劇の助成案
大政翼賛下の帝国議会
日支新条約の締結に至る迄
北支那の経済開発
支那に於ける通貨の現状
神祇院が目指す大祓の普及
衣食住の参謀本部厚生科学研究所
百廿億貯蓄あと一息
選挙法の改正と戸主の立場
経済新体制とはどういふものか
大政翼賛会指導者の訓練開始
十六年度予算案一般会計の特色
続一般会計予算案歳入の内訳
中支経済復興の展望
大政翼賛会臨時中央協力会議
三中全会南京で開催
臨時中央協力会議第一日の成果
中小商工業問題と国民更生金庫の使命
国民家族会議成功裡に終る
出版報国をめざす日本出版文化協会

113号 16.2.1

国民錬成所とはどういふものか
昭和十五年度陸軍の戦果 1940.12.26
昭和十五年度海軍の戦果
昭和十五年度国際情勢の回顧 1940.12.28
総動員態勢愈々強化さる
小国民への映画対策
新春劈頭の陸水作戦展開さる
緊急を要する人口問題
注目されるブルガリアの現状
米艦隊の編成替と新海軍首脳部
近代戦と総力戦研究所
仏領印度の泰国侵略を語る
近東作戦とトルコの地位
煙幕は如何に利用されるか
出産力調査の結果を見る
世界に雄飛する我が同胞
国共分裂の表面化新四軍の解散
選挙法の改正と選挙区別
索引

114号 16.3.1

第七十六議会の翼賛体制を視る
我が民間航空の南方航空路を開く
衆議院の予算総会に就いて
泰・仏印紛争に歴史的調停開始
我が精鋭部隊河南省に新作戦開始
大政翼賛会の青少年組織方針について
工場労務者の結核予防に就て
国防保安法に就て
新しく発足した興亜奉公日に就て
国家総動員法の改正に就て
新黄河河畔の戦況に就て
フランス最近の政治事情に就て
香港援蒋路に就て
国民労務手帳制度に就て
懸案の蚕糸業統制法案愈々決る
劃期的な社会立法労働者年金保険制度
今年度の中等学校入学考査に就て

以上「放送ニュース解説」目次