×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本改造法案大綱

                                北 一輝



目次



 凡例・第三回の公刊頒布に際して告ぐ

 緒  言

巻一 国民ノ天皇

憲法停止−天皇ノ原義−華族制廃止−普通選挙−国民自由ノ恢復−国家改造内閣−国家改造議会−皇室財産ノ国家下附

巻ニ 私有財産限度

私有財産限度−改造後ノ私有財産限度超過者−在郷軍人団会議

巻三 土地処分三則

私有地限度−私有地限度ヲ超過セル土地ノ国納−土地徴集機関−将来ノ私有地限度超過者−徴集地ノ民有制−都市ノ土地市有制−国有タルベキ土地

巻四 大資本ノ国家統一

私人生産業限度−私人生産業限度ヲ超過セル生産業ノ国有−資本徴集機関−改造後私人生産業限度ヲ超過セル者−国家ノ生産的組織−ソノ一銀行省−ソノニ航海省−ソノ三鉱業省−ソノ四農業省−ソノ五工業省−ソノ六商業省−ソノ七鉄道省−莫大ナル国庫収入

巻五 労働者ノ権利

労働省ノ任務−労働賃銀−労働時間−労働者ノ利益配当−労働的株主制ノ立法−借地農業者ノ擁護−幼年労働ノ禁止−婦人労働

巻六 国民ノ生活権利

児童ノ権利−国家扶養ノ義務−国民教育ノ権利−婦人人権ノ擁護−国民人権ノ擁護−勲功者ノ権利−私有財産ノ権利

巻七 朝鮮ソノ他現在オヨビ将来ノ領土ノ改造方針

朝鮮ノ郡県制−朝鮮人ノ参政権−三原則ノ拡張−現在領土ノ改造順序−改造組織ノ全部施行セラルベキ新領土

巻八 国家ノ権利

徴兵制ノ維持−開戦ノ積極的権利

結  言

参考論文・編纂者辞