×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼学綱要  宮内省蔵版


宮内省御許可


明治十二年夏秋之間。臣永孚侍経筵。
皇上親諭曰。教学之要。在明本末。本末明則民志定。民志定而天下安。為之莫
先於幼学。汝与文学之臣。宜編一書以便幼学也。誠恐奉 勅。謹審 聖意
之所在。蓋我
祖宗。嘘天建極或人化民衰一不出於至誠盛似民皆純一正直交子之親儀.
而君臣之義明英貞六経偉我伝義道徳之詮盛明愈虜.錐世渡隆雪撃科迭
輿鵡至数之之雫則莫復加意夷本於遭徳南達於知識。始於奉倫届及於事

葦或畢之要也威造之以仁義。数之以忠孝.俊天下之艮志・一定於琴則其智
之所進衰才之所成盛於言軒感於行貰威窺事業考莫不出於仁義忠孝也.
苛志向未定.而専知識才蛮之蕗。則娼徳性傷数化基ハ審不可勝首盛観字円.
其稗葦夏稀丈明考拾不免敷乳盛無他亮智力申後仁義也」句後仁義而智
、I
tJ▼っ一
′小′ノ
、ェ.ゝ
ノど紛牌薮琴弊針l