×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

決戦下海軍記念拐を迎へて
            献本鳩雅増都舶 矢
野 英 雄
誉Hは筋三十八周雫紀菅であ七大霊[研決坪「叫びこの忠
義響配管を迎へるに常つて腎偲びま†る竺の川代商事洋
の最前線に放違烈なる職柁を準げらかたろ警船隊司巾虚宮山か完
純の重恩報観の赤誠と執筆域の耽幽印刷である0篭そも是海蒜
に撃束縛元帥鹿下の帝国海輝が、よ・ト鸞Hの火誓博したる所以
ほ−†に大御竣成穀敢きましやろ舶郷詣竿兜将托ハが舶塩報純宗
淑と改革域の忘に株え、ただ小泊く鮎と覆したからである。
 大玉彗Tに放て姦国禁叫の特設、その触桃駒挿紳な以て日
夜悪Yいたしてをるが、澄聯介拡撤川付虐謁本轟り鸞なる憤
死となつたのである0元細山感化は「相即官兇粥」「求敵必撃なる
帝声革半の光輝ある侍紡が卒然とそこ違つたものであ土人敢墟慧丁
に放けるオ扶である¢
 轟ほ脾馳宰領全国に射し「各払粉敬砕身、その任務を充うせ上J
と明示言れた・是葡の酵夙に表∽樅荒く革つたあの盈肌が、
Pyヤの丈亜俊路竺苧のもと拝観挿したるが如く、山太完緬が身を
望帝杢丁洋の墓に幾られた曽旗が告ロ、叫美の他非制彗野里
 攻守\一群することは晰じて群ひを啓れないのである.
世界放問の現段帽は正に今年こそは決算の年であきと豊潤切に感
ぜしむるものであつて、帝南は琴伊と肇同たろ札槽のド蒜東して散
歩英に封し1国家民族の興渡を騰し、その線力軍の議に煩け床山
血河の政晩を繰返してゐるのである。
先づ杢丁洋璧同に雪は、今春以来是間晰なく放列賃航焦決戦
が展牌されてゐるのであつて、山本元締が属官の破きな竺親しく施
の竺繰に出噂作他生般の指彗盛られたこの.讐uてしてき
の航尭決職が如何に蟻烈であり、如何に婁なろ作職で卑ろかが萌堺
出来ろ0即ち、異聞の航尭決放がか〈も性烈な椀め、山革元帥の最
前線出席挙見るにいたる操婁観せらるる所以は、掩放の大敗上り斯
く立直りたるアメリカが我に決吸を求めて、先づ姦丁洋上宗ける必
要なる基地の獲得に苧り印したる結果であつて、敵の金田は婆久竜
を前池せしめ、自己の側楚租の航面を硯大し、以て制蒜言放て海
上決噂を行はんとし、又、能ふべくんば帝国本土を毒せんとするに
あるのである.
 眈に北アユ1シヤy満面に放ては去ろ十二苧メリカキ竺革具
カは有力なる水毒獲及び也芸都魚の稚1下にアツツき工学し、鶉


ハu

′\
ト向島に在る我が半は正兵上〈これを油革し、肉叩相持つ激抑を交へ
てゐるのでiる.これ上わ先、同点に封すろアメリカ基祈の蟻革は今
牢≡月額上り漸く搬烈となり、同月巾には桂槻些±曹入十七撫、四月
中には入音大埠、上陸作馳荘前の先月⊥旬には甥に五官五十九槻に達
したのである.今次の米軍のγクツ島h岬は、そのA意は北方上りす
る帝国本土海故の企軋あることを班況してゐるものであつて、一瞬の
油斬を許さぎるものがある¢
 山方南太平洋水城に放ても破我り航施槻は依然として帝烈を極めて
をり、三月中の来#ほ嘗七十入岡、延槻他千九雪山十一槻、四月ほ首
九十〓同、千七官四十機に蓮し、茄月に人るや、h旬のみで光十丸岡、
五官九十入穎に及ふ状決である。
 しかしてこの方面に対するアメリカり反撃は、もちろんわが占傍地
域の‡同を企乱せるものであろと兆に、逐次その航盤基地を前進せし
め、海上兵力、陸上兵力の絶海と川俣つて和国太土改革な盆回してゐ
ることは−世襲ふ飴地なきところであるじ大挑協ルーズグエルトは
「日本に攻め上る荘は一つでほない」と袋譜して反悩軸臓替の士束を
鼓舞する山方、ガ〆ルカナル島及び山三1ギニヤ品北部の前進基地の
埠労に力め、航蛮地に上る反故を執拗に反撃レてゐるのであるご」れ
に封し、帝国海軍ほ陸軍部除と地力し航法部顔、海上部願、地上部取
柏呼博して猛撃を加へ、敵の基地轟し、その祁姶緑の遽晰に不晰
の脅威を輿へ、常々吸果を革げてゐるのである。またアメリカは支那
本土上わ†る帝国本土盤襲の企因な似て此鶴眈人、その機材を阻ひ、
在支米蛮軍の組充盤備に狂亦†ると兆に、在印度米英平に上つてビル
†を♯同し、ビル▼ノートを再陶せんと鮨成してゐるのであるが、帝
国陸軍の頓に上♭米英軍がアラカyの→故に惨敗を喫した括具象に
エ鼻血賂重岡に成功七見なかつたのである。しかしながら、これを
以て葦兼蛮平の男、または米英印度軍の流汲食用な村瀬ナるが如
きは故に≠むべきである。
 これを審するに我が占領地局城に放ける各故樹の汝相ほ陸海群の軒
密なる協同に上る制革、制海抽と所襲地戎の紬保とセ小心仁山濫叩七度
閑してゐるのであるが、この制尭、制海拍と併蝶地域の椰僻は軌局を
決定する正大なる啓件せ外ならぬ、即ちこの決準妄太平洋放局の野
塩を決定するのみならず、大東亜政争、堆いては舵界職局の描架な決
潰するものである9
 衣に飲料戦局に眠を柵じま†と、文部取組に放ては拙ソ崩鞋は鴻む
挿して放たず、北阿チユ【−ジアに放ては粥伊粥欝のь謖を奏せぎゎ
しも両軍の入ケ月に亙る雀敬は上く全欧州な−大癖鴻と化せしめ、朽
伊摘汐見の敬意は朝つて益ヒ晶換し、軌中日的建成に尊濱せんとする
決意舷ヒ固く、その姐練ほ−段と強化しっつあるэにある。和英さ
拭の爆撃憾酬は最近再び現烈となゎ、また濁海軍の封米炎交海破吸取
は依然として米英に搾刻なる脅威を輿へつつある。
 か〈の如き薮亜及び欧州の敬局に封して米国は今年度の飛行故生藻
を陸海鮮機合計十l壷五†触を日払として料作を急ぎ、既に月産七千
撫に逢せbと妻帯すろ有税モある。その傍ら、全図の革生な組勧負L、
搭乗良の飛捉駒増独な企軌して海軍飛行触操批員のみでも今年些二耳
人の蛮成を計宅、質施しっつある.
 山方機構の建造状況に放きましては、昭和十五年成立いたした革二
次ゲインソン実数び大西太平粥海瀬解逮撼計筆、閲馳後成立した串一
次、準▲衰、琴l衰穣膜針丑等A昇入官七重、三宮三十九竜の♯螢
新宅が全能カを牢げて亀行されつつあゎ、既にその中和普♯軟性就役、
ヽノ

7

電に出鶉してゐる、椅舶の払故に雪もまた今年些千萬喝完成を
目標にその工を急ぎつつある状況である。
 アメリカがかくの如く航褒妓力、海↓兵力及び砺舶の堵強に狂亦し
つつある所以は、敷的儒血雷似て我を転倒せんと企祝してゐるからで
あるD塞上りの敵性盤に雪批拙すべく、海上り来る敵は海に於て辞
沈す・へし、帝国としてもこれE耶へて雲兵力、海上兵力故に僻舶を
鎗痕しっっぁり、園民が心血な洗いで作bあげた各櫛の新政拇は彗
出辞し、新銃彗仰初め有力なろ新陀噸丸壷芸警洋上に浮べてゐる
のである¢しかしながら散もまた前述の如く機命の椅弊に努めてゐる
のであるが故に、我が方もまたとれに数学る必葬があるご転がた
め生薫取に放ても一段の振短小鍵ナるのである9
且■俄争昔時我等の先饗は臥所嘗型丁年の辛苦搬払を克眼し、その
払力を敵半減の一払に集中せられたればこそ克〈彗Hの大野な薄する
を得たのであろ0鼠みて我等の教訓としてただ前進あるのみである.
必勝の信念女堅持して鴻池†るのみである.
 古賀盤二大将ほ耶合梶頗司令長官の大命な秤†るや稚下全軍に射し
「山本元帥初め幾多在天の英叔と倍に求敵必竣似て建前の大任を完う
せん」と塾き決意わ表明せられ、璧口低廉は士気点管見り新司令長官
統率の下一致輿括あく革で故殺撃滅し撃つて車明に虚へ挙らんことを
深く期してゐろのである0Z局璽人なる秋1光鞍ある海軍聖首を迎
へ帝国海軍は、全些民緒君と炎に敵軍減の遠か珊冨せんことを替ふ
次第であるq         (1943.5.27放送)