×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青少年学徒の奮起を望む
                文芙臣 同 部 長 景
彗享れば苧も天臭陛下に驚苫れましては1賓那毒が
竺宗ら二年苧たつた昭和十環の今号良響まして、御政
驚御纂も驚て御忙がしくあらせられたるにも拘豊写、宵妓
前の悪芸筆篭吊象療や中等霞むどの豊及び笠生徒の
代表、ご議五千書除名に筆誓陽はり、是誓三押し・毒の
富者には、金印の翠畏の数捜筆要の左代琴三雲千
除名にやは鼻梁死の膿彗御親鸞脇は皇したことは、富も
亀億宗しいことで誠に慈鷲敷のいたbで誉り宰す。
 その最大内山の練の滴るヤう豊月頓狂天鼻陛下の御讐御
脚慧挿し彗た青少年霊及びこれわ轟彗た潜は「皆破く孟に
生れたこの上なぎ光澄苧感激しモノし、むトら慧報国蒜わ由
撃ひ申上げたことでありました。
差昭和十四年の今月今日の御親韻のときには御式が彗て選科あ
ら苫れました後畏くも天皇陛↑には常時完璧人臣な宮中に御召
になつて、骨少年準徒に彗ノる髄渥なる勅語を下し賜はりまし‡そ
の欄ふべき屯を昭に訓へ給うたのであbます。
かくの如く青少年革捷に封し勅雪↑し翌豊したこと豊H架
未だ讐そのためしを聞かたいところで音芭て、艶麗の賃誠
に良き摘みであります0整芸挿しまするに兜づ始めに
 「糾芸二増ヒ吼ガヲ垂ヒ望ノ帥家随員ノ鋸撃ヲ奉世一義彗▲トス
 ル讐ル壌ノテ雫彗ル甚夕彗而妄其ノ任雪曹チ汝等甘
 少年拳徒ノ彗屑二在ヱと仰せられてあ呈†。申す享でもなく甘
少年は組力の源であ皇して、園の盛衰はその餉の青少年がしっかゎ
してゐるかゐないかに上つて決るのでありますことは、台東甘洋でも
ヽノ
∩り
榊洋でも殉教の興亡の聡史に悔しまして明かなことであります。帝く
も叫天蔦釆の 大君から親しくこの空き使命に勤しておまへたち青少
年拳徒の開方の有にかかつてをるぞとの煙い御信頼な蒙り、またその
塑叫の縫に仰せられてありまナやうに「負荷ノ大任ヲ全クセムコトヲ
槻セヨ」との浬き御期待む受けた青少年革徒は、この無上の光費と栢
卜八なる賛任とを据く銘記しなければなゎません。
 勅浩を挿しましてから既に五ケ年たちまして、支郷郷壌は大東礪敬
神へと教度しましたが、今やこの大尤礪搬零は文字適わ余ふか食はか
・〕かの決取殴階にまで入つたのであります。閑職出水剰梗威の下、墳
柑の弟敢な働き振りによつてまざに木の藤を吹き捲くるやうに米英の
労力をこの東亜の天地から迫ひ沸つて、園威を粍界に宜捜しっつあり
ますことほまことに感謝感激に堪へないところであります。しかし敵
米英は怒なる放け馳にも拘らず、なほ容易に屈眼せザ、彼等が野山に
持つ物費や生蛮力を悼んご、どこまでも執拗に反撃七繰り返してゐる
りでありまナ。世界の大概牢として隋史に侍はつてゐろ馳零はいつも
このや−りに敵味方兆猥飼でありますが、殊に近年に飛行槻や馳革や潜
航艇などが非常に盈達しましたから戦争は銭よ大きく几つ津刻になつ
て来たのであります。昨日蟄襲になりました山本聯合舵顔司令長官戦
死の瑚の如きは一億閲民の陶を撃つたので品々まして、今岡の態局の
前途も許に多耕多難を確恕せらるるのであります小小サまでもな<こ
の職塀は範一線も銑後も協別なく囲の内外を間はザ憑くこれ馳壕で小山
わまナ。教育、政治、産紫、樫済、交湧、達輸等あらゆる方面に於け
る国家の総力を夢げて取網力増強といふ】殊に集中し、囲民ほあなた
方のやうな青少年はもちろん、蛮人も嬬人も野カを協せ心を】つにし
て尽せザ務まザ飽〈まで取ひ扱き、曳敬の日駒を写っするやうに力戦
重岡すべき秋でありま†Uその中でも国家の将来を荷ふべき青少年革
徒帝君の務は極めて東大であるといはねばなりませ′d
 抑土管少年は園家の明日を荷ふといはれてをりますが、それは平常
のことでありまして、この非常時に於ては滞君は囲まの今日を支へな
ければならないと同時に、明8の園琵をも打ち開くべき〓真の女任が
あるのでありずす。畏くも 勅語に御意しになつた「印象鹿島ノ気運
ヲ永粍−維持セムースル」の道とは今日に放ては大東亜職革に野ち接
くこと以外には何もないのであります。全銅管少年接君覿家は籍讃の
剛健なろ身心と強い照槻刀と堆緒なろ斌宇とを考ひ、且つ帝君がこれ
専一切をガ圃に搾げんとする汲んなる忠誠心を持つことを黎筆してや
音ないのであります。ここに放て私が緒君に第一に望むところは、至
砺轟忠の措辞に徹すろといふことであゎます。
 大仰家持卿の詠まれた漁り「梅行かば水づく床、山狩かば革む†庶
大君のへにこそ柁なめかへゎんはせじ」で凡そ皇軌に生わて患をいた
し命七押ぐるは臣民の逼であbます。軍人であれ畢生であれその他如
何なる地位に在わ、また如何なる職策に徒事†るものも臣民として君
圃に沌ゆるの屯に好むはあゎません。国民の心持ほ常に教育勅語に明
かに熟し給うた御訓を叫々取階†わば上ろしいのであります。また山
鹿粟行先生もいはれるが如く「朝夙に短ぎ艶徹し櫛b衣眼を正し用兵
を冊「ゝる」ことから「君父の恩情を建議し今日の家業を息費して孝の
終始を胤る」ことはこの梢紳を養ふの取木で為りまして、しかしてこ
の柑紳を養ふはHに平素の修練による外はありません。各自がこの根
本持紳の上にしつかりと立脚しないでは一軒の筆筒技猿ち皆無用の侍
物に過ぎないのであゎます.ちちろんいふは易いことでありますが、
魅よ獲得となろと知らず知らザそJに自分の悪い癖や薄崩なる意思が
ヽノ




′′\

撃これを妨げるもので告王1からJ日の坐作敷浪学閥按彗健
筆いたる享、畢生生徒碧の‥切の恥渋憩くこれ長の修練で
音、蒜轟忠の椅所に型1る霹のものでキるといふ信念の下に常件
座臥些かの油断もな〈努力しなけれげたらないので誉ソます。
至彗に希彗1萱ころの治は引例り他非的倣空ついて鞭い
拙廃と竪き信念とを彗ことで若草‥小すまでも音大墓取争
箕銃撃の大掃紳に普美の功利ま的貰毒宗破つて、盈
彗警世界新秩序の建彗品L£竜ので告王て、品伊
・・申條約の締積に際して↑し担うた繋篭明かに仰せられ言わ
享や〜にr菟ヲシテ各兵ノ所ヲ和γノ兆誓言森ク其表−▼
誉七三ル」とい・で」とは竺「呪ウ大乗」であ豊す。私麓
繁るものがこの大雷雲し出えためには彗なろ革見と堆洋なろ
睾とを必警し享0「毒ヲ佃ヒ監ヲ誓言今ノ異義、
中外ノ事誓警其ノ恩讐轡;誉覚ヲ苧ことの響蛮な温
く心にしめて中を執つ蒜ら芸を禁芸それぎ毒蛾駒国民の品
格毒性ね・bなら山0かういふ施沢むH姦雫なけれ笠墓賢
誓慧宗くことは到ほ袈ないので告享q賢また撤時†特
に肝曹なことほ笹慣剛健詣鼠忘州起寸隻とであbます巾
 盤勅にも「筒象興産ノ本ハ甲民持所ノ州讐在ヱと萱さ蒜・つ
たやうに、剛健不彗身心宣へててFこ′」この大彗成彗世
非の文化妄付することが崇巻告ま苦か、雲霞の内外を
制等背少年学徒の竺鍵文癒武芸帆が彗表せ剛健壬票摂
ひつつあり、女子に畠と架との聴掛の旺んになつ宗たといふこと
 は抱に経びに堪へないところで誉ソ号1が、畠の使命と甲防の書
 牲とに革み<苧卜表のせ短芸蛮す篭∽であります。甘は輿望T
壷で元服し三人前の彗となつ表辞に出たものであ豊す。払
の先掛に里丁大雪初挿旨ノ表功宝ノ」た者があ豊すので、私は
青少年琴君も智宅ば空・大人とし蒜はれ妄慧働きをなしてゐ
・芸であろとい・で−とないっも話しノよろのであ土工す.
最後に彗に対して今‥つ切常いたしたいことは科挙枝術の修練に
拷彗て地表の桝充、食物宗準及び開七防衛等にも盲の努力姦
はれたいことで苛ます0科挙枝術は準代国防園警軟くことの川来
ない宴な啓衰で驚、科挙純綿の卜車茎は直ちに圃力の消長にか
かはるもの£りま†Q特に壷蒜窄ほ議国民拷椰の職ひである
と炎に他面科挙警も卒るので告り享0触毒の桁弘と取力の強化ほ
料単窪mの力に亀ふこと穣筆大なろも芸ることはい・首でもあり
ませ`また食食の椚琴孝日の東大間顔であゎますが、是は批仁
誉れた酪であ豊すから、凶民の勤堺如何でその不安ほ表し狩る
のでありますこ抑労ほそ蒜盛なろ讃鮪を料鼎♯術の値鞘や、姦の
豊野に弛憾な〈舞拝してもらひたいと思ふのであ豊†ごしれ青少
年漂が現下に雪観象の箆命をれふと同時に慧陸邑の毒宗世
に堆挿すろの原動力蒜待され宝ころであり、またこれがやがて負
荷の大任を全ふすペき竜であろと恩・lでありま†。
 以上私ほ青少年弊社諸君の構進すべき邁について述べたのでありま
すが、かかろ稗進の警そ苛少宗徒に燭ほりたる整佃の御警口に艦
 へ挙り、御親隈拝受の撃思に報ひ奉ろと炎に、大霊彗丁の宗と
大霊蓑柘の馬に挺身†る所以であり、具申民と生れたる者の無
上の名野と借ザるのであり七与ニ1の永久に紀念†べきHに普り写し
 て1所信の議を述ベJ壷囲管少年弊社評君の毒の啓起を切写る
ヽノ
t2
′l、
衣集でありま†。
へ五月二十ニH故孝し
.州1″