×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二者三十億達成と今後の前進
                大革大臣 賀 屋 輿 宣
ヽノ

(】0

′\
野円からも甲外からも申しく捷吊の駒となつて告りました昭和十七
年床の甜罠貯著の椅加甚ほこの換雲になり辛した如く、総額二雪山
十四鎌五千毒舌に↓皇H苛む突申すること班に四駄五千七石高
i、達成切合雪一バー吉トといふ蒜に良好な成統を示したのであ
ります・御乗知のやうに同年度の良材は支那堺艶以来曾て例のない
書な蒜でもって、これを速成するについノJほ歯初から和音の困難
が薫せられてゐたものでありますが二偲幽民の血の革む堵カほ亀
にこの軒脾を突破したのでありま†。
この埠かしい貯事故の凱歌が内外に及苧影♯は、時局下故に意味
潔いものがあろと申さねばなbません.
即ち前線の墨特異は−・れに上つて管敵軍眈の敢内拝辞を甘淘
し、壷見亜地域の持回、籍民族はこれに1つて菅我が阿カに封すろ
信頻を深め、毒卑雀喪の歩武が表と推し弛められきとはもちろ
んであ皇す・モに甘たこれが、放熱に封ナる無官の租kとなゎ、セ
弗に封†るこの上もない粗り吻となることも明かであbます9
 また由内に放ては、昨年推小の岡穎貯‡がこのやうに好成庶であつ
たことに上Jて、前便の滑化ほ機めて将網に行はわ、戦費の珂建に何
等の要印を来さず、→同一悪爪失命の供績も加滑に行ほれた故果は抱大
なものがあ♭ますの大東頚取申開始以来最初の貯薔円碍繍がかくも見
♯に達成されましたことは同家のため葦に匪ばしい阻bでありまして
鵜ぐる】年間、只管これに向つて秤鵡せられました国民帝君に封1次
心から御鞭打申上げる家筋であゎまナ。
 併Lながら今次の吸竿が長糊馳であると同様、貯寄もまた長期馳で
あむます。大東頭取軍が決取段階に入わました昭和十入年度の園民貯
蓄の目標繍は、更に飛柏して∴宵七十億凰となり、本年度に放ては昨
年故に比較トて四十億興だけ職分の貯蓄が必弊とされるのであbま
ナ。叫□に四十億面といへげそか瑞の斬でもないやうに恩ほれます
が、仔細に披討すれげ決して銃易しい数字ではあゎません.和常に切
詰めた滑教生括の上に要に思ひ切つた切り持たしなければ振出出来な
い金材であゎます。貯苺の目概和が可なりのところまで来てゐる鎗合
にその上に加はる凹十億晰、トかも別に埼溌が十数億汲ることを考
へ合はせま†時ほ、本年度の肘溜日捺初の捷成には常に数段の堵カが
必黎であるといはなければならないのであゎます。
 しからばこの〓宵七十億軌の貯潜み達成†る茂にはどのや与な心群
へと工夫が必要であbませ〜か¢兜づ鶉一に〓胃七十低貯蓄を必ずや
り急げられるとハふ稚信教持ハこ」とであゎ甘す。昭和十七年辞に苧げ
た成果が何上りの紐捷です。あの故娼であの熱意とを忘れずに由侍女
持つて折目凛に突進†ることが肝腎であり†す.
 次に動弊と滑学とを決取放妙に軌働きせる如く、だに稚福的な工夫
と創意とを渡すことであゎます.取時下に放ける勅身は決して各人が
自己の生活の耳にのみ行ふ推算のものでなく、世事に伊つ点の声祭へ
の触奉公であります。従つて生活に不安がないからといつて声帯を一肌
ふことや、内牧や副業をも毛織†るやうなことほ絶対に許されないこ
とです。取力増強の将に勤労の触化、能率の増進か胡る、卒何の肝す
限り内噂もする、剤革もやる、これに上つて普然に収入の増加が生じ
これが貯蓄を煎やす元になるといふ理欝になるのであります。
 戦時下に放ける滑共についても同様なことがいへるのでありまし
て、滑溌行持は必然的に敬軍政行に必要な物賓、努力か兼消するもの
であるから、最少限耗にこれを抑偶するといふ決意が必宰であbま
す¢世の中に在るすべての物賛、労力であつて蓑間壊に革帯品等に
秩のたいものは皆無といふべきであゎまして、どのやうな種頻のまた
どの程度の滑費耶約と鋏も、それが武券、叩熊等の製造に役立たねと
いふことはないのであbます。官等を襖へて申すと洞女の軒約は仰美
的な生宅強であります。滑効の耶杓、生活の刷新の閉止は相普前か
ら噂しくいはれてゐる秘椚であるが、その女行の軽硬はまだまだ不十
分といはなければなbません。耳行の容易な方同から一日も早く決独
生活の†頻に薄手することがこの際特に肝葬であむずす.
 このやうにして生活裁といふものを合理的に切結める、山方前のや
うな方向で収入の増加を判るといふことになれば、そこに和音大将.ん
貯羊の増加が期待せられる評であります。もちろん兵世的に地域、四
地、個人専の各均合についてこれか考へます時は、さまぎ†に宅つて
方法、いろいろと荘つた仕組が案出せらる.\きほ曹然であゎますが、
野性取時貯‡ほ梼局に放て勤労と触約との梅臭からといふ粁則を藍叩
†べさでもります.勤労の堵加を撫現した滑♯の師釣が領めて半面的
\ノ

であ学園株、滑釣の節約穀仰はぬ黎の桁加は苧\触滋味である
か−堵合に上つ蒜莞有讐あミサ・望破約いた亡羊るに本
年度のこ宅十億豊麗の鍵は決讐琴決翼漠驚薔の島
化に警るものといふことが出来るのであります。
雲彗は昭竿ヒ年度に放けるこの慧しい国法寄の成誉堅
く念娼に雛記せらわ、これに上つて琵された縄信と破顔と羊分に
汚去れ、孝男齢竃故に於てもこかに錐る孝三い野利を収め
られる†う竺博の御領由を切望して止差い蛮で青ます.
昨年雪雲十億貯琴突破の鞋念†べき槻曾に際し、国民諸驚こ
れに苧る筆力に射し潔く敬意宗†ると澄併せ三音七十億轟
成の決意を掴めて取き乾いと存ず豊ハ集であります.
                   へ五月八日放汲)