×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最近の国際情勢 カサブランカ会談とその後 情報局第三部長 堀公一 

 昨年十一月米頻塀の北阿卜押n俄は如欄の滞々しい食特に反し、絹
仙¥が執事くナユーニンアの[嶋卜山や他に兆柁した拝め、米英祁の政
#が濯Lく純つた山入む∴ザ、地心タdラン、ソロ・佗び卜、ゴール
同性碩ヤ蝕Tつ米英の碓執が叫話せらかて火下山嘲笑小川・でしい・山門蛸
で器英粥絹が焦膿の色み見せて氷人h小りか・り、*輿此佃エH月=八ハH
兆阿む窮キuて、ルーズグエル1ししナヤーサルししが仰棚tPツコのカ
サブランカに於て、一月十川H上リM二十MHまでの十=桝付議た打
ったことな軋煮いたしましたこしdは御承知の油b′ごのりま†。
 ルーズヴエルト、チャーチル軒戚は今岡が杭州阿何に給ろわけであ
小才すが、その軒純巾昨について米姫側ほ、
一、この甘議に於て今年に於けろ封H粍仰れ馳全般につ舟米炎桝拍
  常局問に具抱鵠の山放た見た.
 〓、りの併読にスターリン蚊山容加む求めたがその川畑む和られな
 かつた.但し付疎の搾油出に壌ソ壌購の凡ほ榔切についてほ壌−
 これをスターリン氏放び称介心に地軸した.
 ≡、この軒謙にはグロl及びド・∫−ルも辛加させ、その確†の軍
 幹は反搬軸仲骨に加倒すろこととなつた.
特の♯項な栽戎し、これに附け加へで米英は絹山中州V簑仰件件服さ
せるまでは純朴収めないのだと何に上つて大見▲柔か切つてをるのであ
ちまLT●
 これ専敵側の教煮け別とLよして、各般の榊労上そのす謙の安野朋
百が蠍州に於けろ作鞭打里にあつたことほ略よ糀焚でありまして、梅
らく英印側の欺洲主戯曲が勝ちを占めて、米囲も今年は奴州の作取に
免租的に協力すること、そのかけb器用は紹珂に太平洋汲を欲宅トて
桝和†るが如き」とのたい作祖々輿へたものと思はれ、また附緒的に
米英のソ切に対する態度、東経に封する擾助.フランス、アフリカ地
場政府に封するカ熊等が漁講せられたことはもちろんでありよせう。
 この軒胡仁ついては本年一月中旬頃上り米輿鵜海瀬捌け柾憮軸苅働
に取締遊行に崩する屯変身謂が行はれ・ん一∵ツリウニと斗頻りに報L、
戎ものはルーズグエルト、チヤさチル、スタ・リン、蒋介心の川人山
問に何破が行はれてれろ。しまで他へ、そのホ弊協満M鞘としては米、
英、ソ、家出隈軍鞘委灼軒の紙成、料潜水艦馳絢の桝☆等があウリと
取沙汰せられてキり、一般民衆も何か現大決定の敢爽があるものしL稚
糊してゐたのでありますリレと」ろが野試せられたものは、濁ろ抽象的
であり、決定帯項が払照的でないので、一部に不浦があり、殊にスタ
ーリン氏しし雅介ホとが川桁Lむかつたのみならず、その代衷潜†ら仙
糀しなかつたことにつき種土の臆測が打はれ、侍へられたやうむ杖撫
軸戦線の拭−を計るべき米、英、Y、立川姐舛叫委員禽が成舐したか
ったこと及び益上京大化しっつある掬潜水艦野馳に粥すろ決泣が考求
されなかつたこと、またグロ−とド・ゴールとは、一鰭仰懲りはしたや
〜なものの供本粥には全然貯決熊が識ぜられなかつたりと等の巧め、
政府筋の軍々Lい宜侍にも拘らず、l向意架は裁つてをられ桔梗であ
く 7)

吋ま†一ルーズグエルト、チヤさサル沌に蹴朋後輔弼とも域悼ともつ
か山‥叫打線り返してなるのも、これやり小滅相和の招かL」堵へられ
ろ山でありま†.
 カリブランカ付議後ルーズヴエルトはブラジルへ赴きバルガス大概
川上ナタールに放て件見し、またチヤ‘ナルはトル」に赴きイノニュ
火純綿とア〆ナに於て倉見いたしましたり
 ナクール禽或は山月二十八8に行はれ、その内容は、潜アフリカを
絹仙岬の作取基地となさしめぬ諏報及び輯太平持出にカリブ海に於け
ろ絹仙潜水梓に鞘鹿†ろ手枕な他流したとのことeあります。
 ブタ.ルは南米大槻巾最もアフリカ大桝に近い地黙にある貯め、ア
フリカに野心を有するルーズグエルトは夙にこの地に目をつけ職雫前
から、ブラジル上り軍背基地として惜川してゐたのであゎます.これ
から見ても今呵の今秋に放ては、ブラジルむ鳩地としての、准のアフ
yカ経略方鞭に鴨する協粥が行ほれたことほ、鴨よ錬ひないところと
息はれます。
 米止としては北何に放ける壌故の補給や、寄望呼贈りに上る印度及
び稚粕に刑†る補拾な博軸の潜水糎に上る脅威から少しでも賓会にす
ろ氏に一朗アフリカと大西洋上の緒鳥堺とお漉件†る必勝があるので
あゎまLTU
 西アフリカの沸傾に兵を入れるのけ仰の反逆礪と諮のついた今日で
け何でもないことでありますが、でき柑れば他挿の宰放で同じ目的を
凄†ろに止したことけない、殊にブラジルの兵撤は熱帯に切れてをる
符のず榊から、米としてはブラジル手隙を利用するのが得であむませ
 与。また米声の垂#措かぎる火担洋上のアノーレス群島、カボ・ヴ工
 ルf挿さ#ゼルトガル仰ご九つて、必弊が札る坂合には同じボルト
ガル禾であるブラジル材を利撃オて、ボルトガ心鍋へ持人すれば、米
に対する非難も獲介確耕され上うといつた米の野心から搾りにブラジ
ルの出兵を氾つてゐる機械ご、ブラジルほ眈に丘武人の州妓咋傭を宅
へたのが堪擬の反対の侍に紛糾を生し一時は帆程拗とむつたと悼へら
れてをりま†U
一刀チャーチルは一月三†8及び同.一一十一日の繭Hに亙り、シリヤ
団塊に近きトルコの一小普、ア〆ナに放てトル〕黎人と令息したり
モあります。この禽談についての讃共に上りま†とトルコ代炎は、最
近故年間のトルコの政雄む湖明し、こかに勤しチヤ・チルは英政府が
トルコの政鴇に同情と」分なる翔桝とを有†る官を碓ゴし、また黄土
雨甑代表間に、トルコの一般的騨仇を湖化†ろ目的をuて、米英が物
質的にトルコを横臥サることに、意見の一致を見たとの二とでありま
す巾トルコほダー〆ネルス海峡む担って繋軸と、地小海との娼妓格な
押へてなゎ、敵地鵬大和に持つて佗してバルカン鞘坤、ソ憐.1カサ
ス放びイラン、イラク、シりヤの近史話地と坤堵を嬢1てゐろのでそ
の拘背は、稚軸甲.頓悟軸阿の等しく扶持†ろところでありまn。も
しトルコが稚軸閑側にさ加すれば、租軸拍革鞍が直にイランを撃しペ
ルシャ稚に準印しもしくほシリヤ.ハレスタインを揮てスエズを攻均す
るのに多大の便せを受けるのでありますが、これに反し、トルコが反
棺軸側に加泡すれば、窒バルカン諸印を執ひ得て、♯も有数な筆l
戦線を緒成の基地となり得るわけでありま†.
 併し今次大戦に封†るトルコの政鞭は牧野絶対不介入であつて、こ
れが巧め同団は、取申開旭川米英岬との聞に同盟憮約な抽び、ドイツ
との睨にけ、友好小北條杓を埼梅し、またソ堺との咄には、不便均搬
杓を尽し、か〈て尺地打小址の稚特に執りめてをるのでも勺ま†.
(8)
■.1■
  チ† チル鮎叩kのH的は、もち・ハんあん上くばトルコをしてその中
立政繋を】和無して反絹軸斡偶にさ加せLめんと†るにあつたと思はれ
ま†が、チヤ】チルのこの仲命は→賎失敗に許し、トルコの中止敗報
には書へなき鳩練で軋りま†。チャーチルも網的竣の警猿祝で米英
榊の報潜機軸がトルコが反鮨軸仙に建つたとの如き宜仲を打つてゐた
のを押へて、政府公共以外に何か特別なものがあると思つてはたらね
とオめてをるやっな衣約であります。
 伯し世界でも有箭な算盤拓い英執が代金をとらないで、平常契村の
仇払をやろといふのであり、また環近暗■似せらろる米英の欧仙川鮪二戦
線小人ルカソ万両上りの反故企捌が柑常前敦Mをuて為せられてゐろ
現在、トルコの肘也む幽る英米結Q餓勧化依然十分の打点を弊†るこ
とはもちろんでありますじ
 也こし以上のや・1な外交」む動きが弛んでゐるいカー馳Mの巾般情勢
付何・つたつてむろかむ‖節Lて見ませ・リ0
 米英立とトて米岬が漕濁した凱…の餅鋏はいふ才でもなく輌太平件
の作取でありすすい
 本月九日にガ〆ルカナル、ブナカ河上り什耕*h光成廿る製材が地進
を了したことが大本営上り鞋炎せらわ、なHこの桝太平粋人両のn馳
に件ふ軌方山雀火なろ兵払、艦斬及び飛行機の損架についてけ址衣の
鼓舞に上り皆様蝕に十分に御溌知のことと思ひま†.
 抑土木荊の封H職桝ほ開放前の大娠正拘生瀬上りハソイ、マティ沖
海戦の敗取に上り机裸出艦小心鼓頻に招じ、次で珊瑚軸、、・、ツドウエ
ー海■の敗頓に上り、航凍憎艦に帝大な掛頼む琴心やいけゆる沈まさ
ろ状袋付振作−桃柚の触刷む灸州†るにいたり、かく∵憶測む舶馳地
とLて、魚群にパ放せらわた太平絆」の椰見む和泣L、几つけハワイ
碓榊聞の軒椅路を純伸せんとして、ガ〆ルヵナル及び/ナ万一圃に虎ぜ−
し来つたものと息けれるのでありずす。
 放別け最初木作取を封臼‥比汝の非地む縛るd−のものであると、瀦康
的な意味を持たせて宜侍もし、またその領りで政革してポた漂であ
りますが、敵地搾〈宅した我が取扱の長末端女反下†ろのに1し
かも我が欝鞍が蛸湛した後初めて占榊することが出来たのであり†す
が − 六ケ月の日子を弊したのであります。
 もちろんこわけ同地乃のn馳に常れる我が忠魂なろ滞火の文字頴り
繁紙に壊し難い努背と犠牲と取柄構紳の渇であつて、もし日本以外の
平取がこわを肪守したとしたならば一ケ月もこれを保持†ることは出
来なかつたでありませうじこの職凧わ祖じて日本特典の鼓した弟赦さ
け紙心の敵も幣及描かざるものがあb、敵拘新開卿誌瀧伯山恕b帯と
なつて象ろ竹何でありま†。
 その折梨敵側はこの糾さ戦術では成功しないといふことを牧ろにい
たり、河内に放てもゐから島へと日本軍の換蛾地を一つlつ血廿収し上
うと†ろ策執は、金力もない頻H月と移しい人命の野性を必弊と†ろ
でけむいかとの非難が起つて衆たのであります。
 そ」で器物粕川ノックス辿bも、本作取は礁榊臼拉放び廠州と半円
との嘘鮪路に桝すろ骨成む握和せんと†るものであると附は柄な宜仲
み始め、〓月十−日にけ米海箪としては良から鳥へと蛮■する取触を
閤勧ナるものではないと雷明し、ルーズグエルトも木月Lエ首Hの牧政
中で、島から凪への作取だけでu本をまゐら†ことは頻日月を宰して
到低細待できないが、対日反攻の鵡は何も一つに限つたことではな
い。更称から行く手もあるではないかといつて 牙の馳術が火敗に肘
したこ−しを恥竹⊥蝕めてをるのであむま†.
(●)

 ガ〆ルカナル島 − 太平洋の耗の一部に過ぎない − を占挿する艮
に純りた米担の損害は大本管亀さに上れば、鞘舵池預九丁八隻「破現
したものキ含まず梅畠放を含まない沈没Lたもの計り山救字でありブ
ナ)飛行機一千ご→官以上、陸じ取閑だけで米幽腎年の生魚〓鶉五千以
上に達してをろのであります。これ等の敬祥はもちろん半凶一晩大衆
にはひたかくLにかくされてなりま†。
 さて言うなって見ると米所の目に浮ぷのはやはむ支郷職椴であつて
ルーズグエルトが真榔を基地とする日本の接沸を鞘ひ叫び始めたのも
蔽上の状勢に漉くものでありま†Uそこご救々は響く顎塾の様子む眺
めて見ませう。
 ビルマを畠軍に占領せられて以来、ビルマ・ルートは僧用不可能と
なり、今は飛行機でヒ了フヤ墳に細々と撰持物敢を迭つてゐるに渦ぎ
ないのでありま†から、米、英湖上り一向約束の櫻軌を和られね詑産
は、カサプランカ曾醜に招待されなかつた耕介石の両手間顔ほとも角
として、先づ「盲の約束上り一哉の飛行槻」と昨今頻りに米酎に向つ
て救援方を簡臥してをり、鞋英大使の叔推釣夫人肺又朱美蝕まで弛良
して只管米田に泣きついてゐろのであります。併しながらもともとこ
れは撫印な柏議であります秒武祥使興法に触†ろ米田鵠昏への報告に
上bましても、取牢開始以東捻逢された物梵は胎で計算して全部で千
七首四十五隻分であつて、貫臣向ほ庸に六十」ハ隻介となつてをりまナ.
しかもその軍匹向け物資の内、挽幾でき†印度に放て滞甥となつてを
るものが題牛を占めてをるのであむま†0揆箔物賛の不十分について
の非耗に対して、米武器貸輿局支那部長フランクリy・レーはルーズ
グエルトの済詮L}も拘らず本月十五臼に次のや〜に戎併してをるので
 あゎ・ますゥ
「日本が々瑞の海増税とビルマ・ルートの収ガな抑へてたる触り、大
兄の武鮮シ攻榔に送り込む力沃がない、∵埋りとで竣桝に封L好意七
持つてゐても、また家郷が封H政撃の穎良の位置であることむ■良く蝕
解Lても、先づ通常な隣持た閑〈までは十分な対立援助た期待す・?】
とは出来ない、このことはビ心マ奪阿山必袈七意味し、さら仁それは
ビルマ捜政の昂の海崩力の必坐斗意味†る、然らばこの海碑力けどこ
にあるか、米海祈は太平洋職に多忙ごあり、また英海神の大部分は日
下北阿作取に参加してゐろじ北川nZが旨く行つイ炎洞域の大淵鞍一鑑
この万両から析放されるたトビルマ総畑野九州架叫こつが、そわまでは
混憶ながら地中海敬の目標の】つが女榔り幣汝への塗シ牌くことであ
ると患つて尉める上わ他たいJ
 と埼解してをむますが、礁は官務壌だけにルーズヴエルト上り良く
現†を謡曲してゐると許すべきであhよせ与。
 宅浸敷津の用に米、英としてはビルマ背例の褒のあろことは別にレ
ーの所論を待た†とも明かご、現に米共が英漑‥イルと米婿γ−ノル
ドを況過して藩介右やウエーゲエルと倉合させ、また軍鍵が何艦欽を
印衣に賦壌したのもその頻れと息はれます。
 然らばビル†方南の憫労は如何かr
 ビル†に放てけ昨年息張が英、碩慶野合耶を崩逐し、英由の醍故に
苦しんでゐたビル†民衆を榊欲して出水†民衆は良〈亀執と執刀大‡
亜共桑野の一意としてのビルマ汚捉に努力し来り、殊に一年似内に瑞
立の閑衆として認めるとの鹿俄首相の宮明を得て、放碁に燃えて象り
ます.
 これに反し、*、央のビル†反攻の残咄となるべ寿印睦む現状は如
何であ〜ませうか0
(10)
l■.1111
 朱筆ほ血叩の心へ鈷H払什h青山−で「鞘h叩は也てむ人が自己の敵性み遥拝†る
h男刊を▲IV†」と斌搬叫芋うなト」とを主君してゐるのであゎま†が、こ
り士官の下に普概軒されるべ計印度血叩立は完全に無観せられ、昨年∧
月からは英申は撫暴にも印狂に封し押駄政鮨む執り、これが績め接線
せられたろ背故に点虐なる葵円平鹿放び♯叫柄に上b独叫漬された触革の
民衆け操めて多数に上つてをbま†。しかも引締く英同の点状に耐へ
故山て、最泣ガンジー爵が老鶴をも鞘みす断食な開始したことは皆様
榊溌知の独りであります.しかも英国は印度人に食指を十分供給せぎ
るのみならず、却つて不足の食稚を印度駐屯爽米那の得め敬政†るの
で、印耗は今や悔まの乗組叩将に製はれ民衆け軌瀦の耗Hしみに随つてゐ
るのであbます。
 かく山如幹印舵む姫穎として、鮎材山賊然とLて呼術するビル†の
♯桝巾巌触ナるとは耗ハ払叫紡がまLき次朽と許する地ないのでありま
ナむ他乃我がカに於てけ虫軍はl月決然尊敬したる国府箪と他国の上
本月中句上り小安郷その他各地に於て新作職た開始し、残存電慶軍の
澱溢を打つてむり、山方休閑と臨正し〓月二十一日脇州粋に池鞋を完
了、敢格じの暫瓢な稚伴いたしましたり
 かくて日本ほ粥太平洋に於ても、ビル†に於ても、ま那に放ても、
擁くアリューシャンに放ても、故に魂ずる隙を輿へず不敗の漁労を徒
名軸くするにいたつてをるのであります9
 共に敵仰妨この辟鉄はナユエタア作敬であります。赦側けチユヱゾ
γは椚牢十二月末までにとるとか、またほ本年ご■月までにとるとか音
伸してゐたのであむますが、リビ十より州ガに柑氾吋のPンメル平が
無堺すユエジ7入わむ′し.徽線の如解と他力の黙紡が山几成Lまする
や、捗軸粧ほ梨然政妙に桝で、今日までのところナユl■グ丁とアルヂ
エリアの甲賃に婚礼いトゼサル、カアす、7一け丁ナ、カ一すゾ材の叫
が恵〈撫軸¥の手に#し、この方面防#に常つたまとし<非†ほ才犬
な禎事を費けたやうであります.放牧に酔むと†件のなすり合ひをや
るのが併合琳の粁でありますが、今回もPソドン漁りでは早くも米辞
軍の訓練なく拝捻なきことを指摘し、中称チユ占ジ丁に放ける米軍の
敗屯は歎淋全捜に射するれ敬瀬宏を汀ほサにいたつたと非難をやり始
めてをb、Pyメル革の後む延つて博劉チユーージ7に入つた美萄入牢
の北延を只管に待ち帯びるといふ状況にいたつてをるのであゎま†.
 この時に普つて米英側にとつて何等かの快報があbとすれば、それ
ほ馳ソ叫瀬珊取扱に放けるドイツ箪の撤退でありますD租側丑他宏叩
は幹を併してこの馳批の綺焔怠特にガめてゐるのであつて、また凍掛
取臨に於ける局地的の院秩舵スターリン〆ラードカ而に放て加平が柑
激の珂沓む受けた耕‡はドイツ政府り馳肌ニLゐるところでありますが
敵側が茸博するやうに欺州に眈に戦き上げられた撫軸挿督の基革を佐
く†るが如きものでほ決Lてないのであります.殊に最近はドイツ半
け枕朗にソ柳甲に反革、京大な拍車を粥へつつ取扱の蝮楯の昂め瑞浪
な行つてをる埼捜で、これは来るべき鮮奉大政券の基地繰を固めるも
のと倍ぜらるるのであります.
 ここに興味ある執‡はソ脚鞘の冬季功労を烏つて早くも根専の梯管
の脆舶他を埠落してをることでありま†。
 即ちソ革の冬期政寿が米共の憮期に比Lて延捗した召め、米英に放
ては中〈もソ併に射し腋郁、耕横が災れて氷たことであります。もと
上り敵軍日的を典にした寄りA藤野の反触軸併合でありますから、何
かことが包れば虻日するのは常然であり、猥英側の粕y取竿について
のホ襲は粥苛の火拘わであるので、拡】ドイyがソ聯に完敗したら汝
(11)

榊の瀦汁はッ切に堪られ、米英の手を州†怯がなくなること守山催す
ろ爪も誉でありますD米英、り、‥崩叫槻ポ触桝に快けるソ塀のウ力戦
耶を舶起せ山ばならぬとか、ソ塀はバルーニ.夙とベツナラピ′仲で補
足すペきであるとか、佑令ソ和が勝つたとしても疲弊してゐるであら
うか∴一米英でソ聯∩我催を榊へらヤ芋あら〜とか、中には∨研がパ
几トニ由娩・ハルヵンカ而の失地河鎚を求めろのけ冊然でもろが、米囲
もまた太平洋汚島小占頒を礪宅するものがあらうから、今の吋に舶係
印の糊に協せを避けおくべきであるとか講してなろ山であ〜もすV
 何かも牢り幻推の皮寄柑で撫朋の桐巾越Lパ碕亡はありまサが、一
寸でも取況が有利に進むとや漣取繕の日]の努力締付だけをへ出L
礁顎の童躾せそ大西洋護澤もニ†犬ケ酌む几伺準はも何もかも息か盤
てたかの如き立鵬を敢へてする米姫山触感なる態度にけ、我々通式を
怯憮と†る日本人付会〈呆れろエゎ外なき次鵠ごあります∪
 仙彗J甘媚の大局なかやうに油照してまゐりまサと、この惟舛大取に
於′し現在搬軸側の占むる必餅不敗の地佗が判然と斬ろりであつて、局
地酢の肪負等け開祖にはならないのであります.
 しかしたがら常時もいふ洩り敵も必柁でありま†.今年は倣は主力
を¥げて斡槻に放て新政野に呵つるでありませう.
 また太平洋に於てもルーズゲエルトが日本舗製を宮明した手前もあ
bl肝牡鹿昏謙抑への面子もあり、各種の政労殊に通瑞破喋戦及び盗
捷にtを注ぐことでありませ乞しかし組噛破壊取や幾#が怠辿なる
致命的釣手を粥へ得たいことほ枚印黄本土の例を見ても捗るのであむ
さして、牢亀完幾の宰は声民全継が如何た・勺均挿に港南しても恐かす、
樟/−†▼縛らず、肝を帯ゑノ、鞍域革公に薮湛すろことにあゎと確信す
 之禾群七為ります.            ハニ月1−十三H汲道)