×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦費を生み出す力


帯揚身も架柔術も上く知つてゐる
官で†.米所の役に立つ聞は利和
して、その後は秋の崩の如く、成
ひけ破れ革#の如く打撃J求ろで
れら与ことけ今までの廉史「欲し
「<もハ’fyと一軒ぎ−作ろところ
と現れて来るのであります。
 かうした老檜な帥へ何つて燕介
れが訳んた一▲枚舌‡特は結局はほ
眺労に印したわけで、張休めのた
め多少申渾的の倭軌材加ほあつて
も、米娼の武意は見え速いてゐま
す。鮮介私にとつて髄の轟なこと
け−この一枚示せ博の軌蔀物とし
 今度の革甘に提出されてゐます
十入年耗の背井は、一般倉計と四
十九の特別骨折と併せて五十種類
に上つてゐま†。・Jの中で噂特筆
事衆搾別奇計と特殊材帝溌金持別
帝針と女除いた希有計は、何れも
四月→日から狙碁丁三月末日までを
一身計年鑑と†るのであるが、蝕
時箪部数と特殊肘稚焚金との弼特
別禽計だけは一年間な以て合計年
乾としないで、この身計が設正さ
れろ令期間何年でもその観を一合
計期間としてゐろのであります。
 鞄時鞋琳酌むこときは昭利十こ
■箸「l叩‡_へがh萄血ILてから和もな
く夜けら九た・ものでありまLて、
今臼まe必瀬に應して軌抑氾加触
lの形で廿井が針hされてオたわ
けでありま†ゃまた.持株材稚代金
甘打と申†のは、大盤墟取平に上
つて滞納が大陣及び碍巧のれ職地
竣で沌収Lた山威ひほ腎糊卜【ト収
めた他薦山竣驚む‖計り、敬力伽蝕
に投光たせろため今鹿新し′ト叫朋け
られろものであつて、辟時材料州
舟汁と何様その舟計年溌た山叩と
は拷切らたい山でありまLTU
 併し、いままでの帆例か∴1ハろ
と、政府の発明にもあり心や・1に、
かういふ特秋山留針でも欝に塘
来され′り和算の金触としてほ大怜
一年問伯山耗烈杉野求してゐ・勺上
与であろから、弘達が火まかにそ
の咋山稚甘党竣山大きさみ■足ろ場
合に、これらの舟H計む別にして堵
へろ必蓼はない評でありま†。
 そこで十入神貯稚寄れ全性の火
汗きは一也どれ位だら与かと小す
と、五十に⊥ろ各様の舟計確卦を
▲待L叶†れば上いやうに・も山必はれる
が、山下はそれごは聞壌ひになりま
†l それらの丹前榊什の聞に粛仙甘
した…糊泣が坪山女Hまれてゐるから
eあつて、その収税分な差引いた
ものがほんと山稚常食他の大きさ
とたる詣であゎますじこれみ純朴
触甘と小†山っ、ありま†り
 十八特使山一船倉nj稚篇は木稚
Yと脳加純音と合せまLて首≡†
二億L−瓜凶、こわに脱帽媒鞘費
山〓伯し十億胤な加へ、その小か
ら収触拗はわ花山ゝJま†と三好大
十促三「に山鹿川上たりますい津
仙仁私はがそ山中の稚耳とLて仙同
地にいた−ま†のは、この山般倉
いと臨時耶甘樺とむ併せた純朴瀧
簡ごあります。
 それで、十八年度の徽拍几ほ、ま
∫この」.肖ふハ十位側といふ牧牛む
拍におけげ上いわけ亡あります)
りまり、一日歯りにしてl住他見
締の取滑と生えてをればまづ開彊
ひないわけであ巾ませ・つ.
 しかし、正椎にいひま†と、こ
のはかに汁甘止だとか、一遇伯一丁甘爪‥托
とか、各外地の特別甘計だとかい
ふ拝山の作別今村瀧興があるわけ
でありますから、これらをみんな
併せてその中から結社した金朗む
差引いた全担の純引稚算はいくら
かと坤トますと、凹甫七十四億一
千右側となり表す。これが十八年
鑑稚斉全牲の大きさでありますド
 いま似りに、この稚算がどれ佗
大きい・ものであるかといふことセ
例を挙げて申し上げま†と、十卸
札中娼に列∧まして髄に地域の嫉
迅レ▼、」」ハ梱り†ろことができま
ザ∪ま心卜十此札七械入電わま†と
常十川の九十倍の稀さに逢する引
算になりま†Pそれから純粋の執
戟であろ嚇時箪串費稚算が設けら
れてから、今粥一軒に盤出されまし
た分までみ加へた累計舶叩は七領凹
十l憶∴†八百瑞汲ニたろのであ
るがこれみ渦去の..大批役たるH
滞敬辞の〓億爛、H慮職守山十五
僅札といふ鞄費と睦べますと、ま
ことに近代職といふものの大規梅
なこと▲がエ〈わかり士【LTq
 ここぐちエつと鍵器共の政♯持
ついて弛粥べてみま舶う。まづアメ
リカについてみると、ルーズ〆正
ルトが去る}月苧に碇山しまし
たZ算数軒に上りま†と穂柄−千
億ドルといふのでありまして、こ
れむ戦前の持椿州鶴亡換‡します
と邦接にしてザツト五†飴仙叫見甘
といふナきい教字にたむます‘又
イギリスの力も】月大概大臣のウ
ッドが研何で裁明したところに上
ろと、一九Mニ■年収の堆瀦稚‡は
合計円十億ボン√で邦架にしてザ
ツト七領憶他見常にたゎまナ¢
 併L、か〜いふ碓井山犬きさを
比較してみてもあまり大した意味
ほないのでありま†。弘達は故事
の大きさだけに幻惑される必弊は
州亀もないのやあります∪大切なこ
とは、か・ついふ敬神が為してどの
やうに計破的に調達されるやうに
化組まれてゐるか、又、人と物と
に上つてどのや与に灘づけられて
ゐるかといふことでありませ与.
(ゴー)

そJで私建は羊つ国民所得といふ
ものな考へるのでありま†¢
 観医大耗大臣が鎖骨で祝明され
たところに上ると、十八卒耽∽駒
民所持推定瀬け五首位胤にLりま
山谷難残金が十位卿〕、印紙収人が
∴櫨胤、地方税が十山億風といふ
山岸、合胡訂磁慨でありま†。そ
れから公他が∴笥十倍捌、ま】笹
森拗充穀金が大型ハ十億胤といふ
ありま†・それむ思へげ彗‡磁
阿でもむしろ多い位です。杏々、
雪‡位此どころか、もつと慣際
にはこれを切りつめることに上つ
しかし、今年は新しく二田十位
澗の公倹む消化しなければなりま
†0革襲前の比較的新しい敬†に
ついて政府から老女された牧牛が
あゎませんが、昭和十年について
土方博火の推算に上ると首ニ.十六
倍・昭利十一年について柴印幡火
の推算に上ると盲五十山億凧たな
つてたりま†から、その間に甘近
津方の相違けありますが、羊つ琳
艶前に比し州倍泣い特加とたつ
て ゐろわけであります。
 この五官億鰍フ熊民新和こそが
汝こにかわの而からんた戦載む鞋
ことになってむりま†U
租税と公拭と牡鹿矧充資金と、
これらニ‥礪ほいつかも戦中み▲建行
するためにとうLても隈毅として
必撃たおか山であゎますご」の三
つ(租税が帝位州公傾が一盲十億
川、難商併充草食が」ハ」惚脚)む
合せた金糾が合椚 甫七十位胤で
嵐山ますひで†から鉱石鯨脚の河
山新和山小からこの■小首七十億胤
小差引いた河ニ#侶胤だけが鱗比
旧教東金として判り箇てらかるこ
とにな乙のであります.十七年舵
の鞋金融分封雀では明址附救溌金
が市茄十位阿であわますから、十
八年磨は十ヒ叫舵上土山十億何の
減少となり、所武生捕はそ山だけ
 切りつめなけかげならないわけで
 ありま†0しかL、私越ほいま粥
†′・■ぜ肖・さ♯≠金、ハ一同草やさ野
軒の湛勧むかけて取つてゐるので
て、国民所得の他の部分即ち国家
に而銑必斐な租溌、公構、む意頒
充贅金の方面に振b向け上うでほ
ありませんか。これこそが私速に
課せられた最大の務めです.
 私凄の租税角放は琳班勃教前に
較べま†と約と七倍にも∧倍にも
上る大きさピ達しましたが、まだ
祐外国に比較しま†と、その国民
所得の内に占めろ割合ほ低いので
あります0公鎖の鼓行鵬は串鍵以
来昨年末までこ盲九十」ハ憶測に上
りましたが、その消化率は八†七
パーセントの成績で、秩に昨年中
の如きは九†六パーセントといふ
肝成演でありま†.しかもこかが
全部阿杓で消化された山でありま
す0日#教学の執費十九延鰍フ〜
ち八億性といふものむ渇い外糊快
 で粘つたことむ蝕みま†と全く鴨
 世の持があり甘す。
せん0そわに坐責横充資金として
六十倍胤が稚滋されイ、ゐます0−」
の粥碩併せ三盲七十億軌といふ
ものはど・りしても私速の貯蓄の力
に傑たなければなりません二盲
七十億脚の貯蓄女目指して、私建
ほ四剤でも五割でも叱ほみ切りつ
め、この数学に勝ち拭かうではあ
りませんか。
 架短大絨大醗もいはかまナやっ
に、今や我が粥は大陣に於て璃方
に於て絶封不敗の作戦洪地と理官
な穀敷地域と、そして共存兆報に
眼ぎめる十億の熊か包沸したので
あります¢丁メりカがいかに牧野
の大きさを誇ら〜ともわれにこの
地域−笥漁、人が汎ろ限わ何のお
 そるるとこハもあbま甘ん“
 我が鱗山村破の前故ほ抱に洋々
たる布袋に沌ちてかbますご」れ
 小菅∵堵んでゆくことこそポZふ
 私連山大きな考びでなけわばなり
 ません。へこ月二十ニH故鞋〕