×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アメリカと援蒋宣伝の裏面


 米英思想といふのは人キ減らせ
て利益を搾り耽り、用が河めげあ
とけ知ら拍振たして佗Lてゐ⊥う
といふのが特色でありま†が、こ
れな最も上く爽した例は米図の凝
滞 − 即ち常介和煙軌であわま
す。この後軌み▼和人として大東延
幼稚印に射する糞切りむ何とかし
て糊けて付かうと小生懸命骨穀折
つてゐる蒋介石とその一#こそは
恐らく鎖の世の聴史家に上つて廿
世たの指折りの懇#点役渚として
罫へられることでせうレ
 汚介石が半開の援助む本常にア
テ忙し始めたのけ大♯髄職研が約
‡つてからのことで†りそれ以来
は日本が−小他の一耶h叩となつたわた
からたと「ビルマ公拓か晰たれて
も米国ほあらゆる手段で戌蒋む軍
行すろに珪ひないときめ込んだの
ご†Pたろ稚新開はH木む敵とL
てゐますから、燕介石軒利柏して
日本た革制し上うと考へてゐるに
は撞ひあbませんが、H肝L決して
帝介石和■紫#し、未来永劫まで正
卓政府む立てて行か〜などと、考
へてゐるわけではありませんりた
だ♀に米甲に必中な時に必蛮なだ
け利用してやらうといふに過ぎな
いのであbます。征つて血何に井
介右が夢中になつて朗んで見てt
米甲が自分の利益から割出dて甘
塩のとれる額合放び程耗でしか擾
軌†ろ姓打はないのでもb††●
(ど(i)
  ミのみや・丁い彗qを__がやつ
と仙叫じ均めたのは*介石が米均、
持株Lた¥♯価血耶粥式山叩がワシン
トンで何】つ粥入れて呉れねと怒
り出した噂からでありま†。その
後この米轟洲は苺1舛甘に見せ
つけられるやうになむました.即
ちカサプランカ倉排でルーズグエ
ルトとチャーチルが旺突合せて川
錬をした彗、米粥はまづ故に収
掛つた北アフリカ作戦穀準朽させ
普分の糊ドイツをまたる目標とし
て英由と娩力しなければならぬと
決心したといはれてむりますが、
これは韻めてあり伯ることであり
ます.現在非常に庇般な太柑伴む
横断Lて北アフリカへ名隙や雑礪
品数補給するには多政の軍艦と、
愉幾糖が弊b、到絨そのけ手桝で
太平洋へ相棒的に森削L†耶腱へ
多最の武碍を幾つたりその武准に
必中な補給帯桃を立て上うなどと
は企て及げ拍有様なのであります
 もし帯介石が木敏に囲む愛しγ
ジャを愛し無用の犠牲を支那の人
烏に沸ほせまいと叫つへるなら一ば、
と〜の背に悔い改めることが出水
た由可なのでありま†が、甘際ほこ
れと異なり‖帝介右ほ逆に雀よワa
ントンへ泣ついたのでありますむ
これは日本人の微妙でも又甘地の
女郷人の常漁でも→寸聯L鰍わる
ところでありますが、そこには封
があるのであbます。甘は発足政
地中牛耳る滑介右末子文の山族ほ
他郷の始まる前米英釆銀行へ数億
米邦に卜る宝新の預金な有つてを
b、箭は支那人でも甘は米英人的
存花となつてをつたのであります
樅つてその思想もまた米兵的とな
り、知らザ謝らザの聞にアジヤの
衣切者となつたのであります。雑
感するのは相仙址の托衆ばかりでほ
ありません。大水碩炎欒倒†億の
民に勤して戦時は誠に中和仰のない
ことをしてゐるのであります。
 樹て啓介茄は米開からの擾助む
促進ナる民にどういふ工作をした
かと申すと、世に笑止な二枚舌宜
件を行つたのである。即ち破けま
づ米一声へ向つては正一_が山肌々な甘R
に▲†つてなb、挿済的にも平♯酌
にもドン底に憤り、崩地【の危地が
蛮地つてゐると甘伸し、畠分の≠
の宍粟齢や、軒英大使穎椎釣の重
などまで動員し、米牌新開批話へ
もこの土樽と一致†るやうな]串
情報むドシドシ掲げさせて米荊を
澱かせ、その同情を買けうとした
のeある。併し他力箭鹿の搬元に
於てはこんな甜郡的食侍は曖にも
出さザ、耽界の馳局は庶慶に有利
に展開しっつあると貸繊し、カサ
ブランカ禽諌やそれに炊く電鍵曾
議で花皐の納金は保持され、研合
用の封持大反攻また愈上近Lとい
ふ篭想を嘗触し死産の持新踊にこ
れを簡立てきせたのであるじ情報
に上ると、この二枚舌宜樽に吃施
したのは米沖にゐる支那人たちだ
さうであります。ワシントyや−−
ユーヨークに東てゐる軍巨躯人が
祀制約富野を並べるから一摘に憩
吼しながら許虔のラジオを粥くと
今反は正反動の強がりが究飽斬抑
の血訂一肌とし<一件へられ<ポるので
遠方仁山†れたといふ滞であります
 かうまで苦心して什也んポ米声
向けの芝居が果してどれだけ役忙
立つたかどいふとそれは耗閑であ
りまナ。米国朝野の反_がハツヤ
リと二つの弘にまとまつたことか
ら見ても帯介石の泣きつさが殆ど
堀上げられなかつたことが分り†
†。二つの搬と申†のほ、♯一に
瀦介石頻軌の必野は上く分つたか
ら性行するといふことでこれは蒋
介右を聯合執の純音に_晋虫めて
おく必鮮上いやでもいはねばなら
ね常然のことであります。集∴は
上く分つたが今すぐほ出来ね、地
中海方面の作軌が一鹿片附くまで
待つて呉れといふことであゎせ
す。尤もその前でも洩れるだけの
ものは由ろがといふのでありま
†。然も辞世上怠る濱ほ印#拝由
の金中一彦しかなくなつてLまつ
てゐろのです。これだけをハyキ
リいはれたのでけ即時漢助せぬと
大熊なことになるぞと†か1た正
く2ア)

正一拭がムクれてしまふのけ分り
きつてゐるので、米国側でもい′り
いろ封撫な報じアチコチで盛んに
大漁横漢籍即行論む▼唱へさせて見
たり今から≡日前にワシソトンへ
甘いた朱美酌をルーズグエルーH
ら停革填まで出迎へ、栴舎はワシ
ソトy滞耗申しょひまでズツと火
統儲の官邸ホワイトハウスに泊め
きりといふ異例の醒賓待遇む粥へ
たりし、新開雑誌は破女の記琳ウ
救荒み蝕め毒すといふ大賀裟た滋
侍ぷりであろ。併し黎馳にあるl
任者の官明してゐることほ車する
に耶に申したこ駄に轟計ろので
†・しかもいつぜで滞介む壌臥せ
行な続けろのかは保持の限わでは
ありすせん。米声が決して支那人
 数♯敬してゐるのではないことは
セムり、又米英の常習的な手口と
L∵雅しも琴加瀬はないでせう。
そ山拐仁冷淡の溝し1小社ためつづ
け亡けかげたらね電挫出撃ヒそ張
∽‥山山削りで◆めります∪但しこの
米尖式事〓は状Lて前庭へばかり
洲川され〆よ・つわけてほたく、米
鞘ほ嘲1‖明全部∴封ト∵榊梯の琴
へ′‥■批ん′ごキよりでありずす。従
つで山々北アフリカ職繰たとで多
巾跳巴がJくたんと山ち∴米関内
巾ほこの職印桔′後ソ研がとこま
竹労力聴牌れ抑けるかか心配だた
r一といふ意見がワシソトンあたり
から聞へて氷るのであつて、要す
ろに利用するだけ利用してソツポ
小向く米英淑惣がとこにでも搾如
て音匪の軍事駒坪済的窮状が漉く
べき探刻さに達してゐることが、
神岡々絆由して金牌界仁知られて
lまった−】とです。武器たれつた
り修繕1たりする工具や健械も貯
減らさかても代りがたく、米幽か
ら飛行機む持つて架てもガソリン
補紛糾紐が躾はザ、ポ祁臼湖畔†
ら燃犠墟たれれむため懐かトか現
れて来ザ、一力悪性インフレの兆
候は名主執拳ご、暇梅山止へ力も敬
意が蓑へやゝいれかぷれになつてゐ
るといふことは、さきに日本術の
捕虜とたつたE慶軍士官の日白し
たところでありま†が、今度は全
く同じことが前歴黎人山‖み漁L
て米褐へ魚群‡れ、碓普ハれたの
でありま†∪萄腱州は米共に封†
る智氾材料の滋味て鹿鈷1たのモ
せうが、その幣Lに準り山しLころ
に米例の接購の特照が明か∴され
た攻机亡ありづすn茶丈む謎とた
ホリイトハりス山寄倒山ペットに
架難齢れ攣護持山夢は決して安
らかたmがたも山〔はあり和たい
所りがここ仁◆めろのでありますU
     ハニ刀二十H淑逝)