×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本の底力


大水胡職窄がはじまつて、日本
の上「、暗く、玉〈おほひかふつ
てゐた繋がとわて、日本は木常に
のぴのぴと大きな息をしたのであ
りま†。支那串担五ケ年、錐多、
忠弟なる婿兵の血む舐がしてつき
とめることの桝衆たかつた敵の本
懐に、今こそu本けふつかつたの
でありま†。架舵の宿敵米英「、
猥正面から、難身の武潜振ひむu
てふつかつたのであbます。
 この大戦申なやりとげずにはれ
かない1日本をま息白状の山妙
手前までおしっめた米英の帖氾の
手を沸ひのけ、丈亜むÅの瀬加に
生れかはらせるため、米英を叩き
つけずにはや‡ない−−火のや〜
にあつく、#石のやぅに闇く、さ
・り考へろ私とも日本人の心と肋け
「一明る〈、盤r人とした富「みなぎ
bあふれるのでありま†。この力
弧い明るさほ、私兆の心の輿に確
励するばかゎでけあ山ません。
 払ともの身の辿り、私どもの、
‖冊鮎摘を、ふりかnつてんませ
ウ。そこにも力伽く、明ろい形がさ
Lでゐま†い簡素で、耗Lい触り
山とりのぞかかた職申ドの閑地乾
締 − こかこそu本人にとつては
本来のかくあるべき批捕の†がた
でありま†。以前⊥ゎも、≠の中
が件み上くなbました。− 決戦
桃山」年のこの東大な秋に普つて、
切りつめ、工夫し、間に合はせの
戦域に荊魅L上ちとする私どもの
生活が付み上くなつたといふ所以
もをこにあbます。
 私兆ほ、いず、お酌の渾命キ指
しノ1・の大Z中小やつてゐます0白
木の艶死の酸かRとなる大取革を
やつてゐるのであります.
 皇鞘が徹りにも精強で、降りに
も果敢に勇猛r敵守)ちひしぎ、
敵の攻勢企楓を打砕いてゐるため
に、そしてまた最前線が内地から
速く速く離れてゐろ馬に、もしも、
多少でもか・りした屯大性み見落L
てゐる、或ひは常感を似てひしひ
しと身に感じてゐない人がl人で
もあつたとしたら、大学ごナ。そ
れどころではありません。去る十
二日のリンカーン氾念臼に普り、
ルーズグエルトは何と育つてゐろ
か。「日本を最後的に敗北させる
ためには、嬰‥淋虻たる大洋卜に
搬在†る良から島へと「b榊しに
進ポするだけで時女費やさうとは
息つてゐたい。支部から日本を軒
窪するため、日本に淋し大規模且
つ決泣的な行剋に出るであらう
し、支那卜麓、そしてもちろん日
本本土卜然でも果黎な行動を探る
であらう」ルーズグエルトはかう
 いつて、日本に新しては撫慄件降
伏む求めるまで取ふのだと高富
し、更に虫凶日本の♯楷を巧ナこ
とな強黎してゐるのである。こか
が私ども日本人にとつて、杏、大
史亜の拍民族に封して、奴隷農看
でなくて何でありませ′つ.
 私どもはか〜した重大む執筆を
やつてゐるのであります。すべて
む敬弔へ、すべてを弊制のために
1日本が粥力をあげて取ひ叛く
勝ち按かなけれげたらないことほ
今さら申すまでもありません9
 でありま†から、以前に〈らべ
て物がない。暮しが♯申−不白鏑
であるといふことはむしろ昔り前
であbます.これだけの大戦革む
やつてゐて、せいたくな生捕の飴
裕を考へるなどといふことが出来
る響がありません.こわはどこの
印も同じであb†す.
 物資の#官なことを世界に持つ
てゐた敵声アメリカでも、今では
砂糖が足卜一ない、バタもない、肉
もT舟でない、自家用自動革のガ
ソリンも仰へて、†べてを均等に
つぎこんでゐま†。アメリカは兵
(糾)
■巨
姐「り−I一X、†斗人に・Tる柑叫一ト▲F映
り丸る々も十八」イからニ.十八人イま
で】全触媒稲妻に稚串するレ補だけ
む輸いて鞘撫に故山架†ると宮山明L
てをり††巾几1ズヴエルトほ「馳
平が†んだのち、アメリカの乃に
⊥つて他抑にや利とl増巾をもたら
寸eあらう。そのため、アメリカ
閑地は槻任の堵牲を耐へ忍ばなけ
八ばならない」と、γメリカ川址
へ軌増にひつぱつて行くのに必柁
山食悼むしてゐろのでありまrL
 ルーズグエルトは、山川次r、′ノ
リカの敗敬一卜件つて、アメリカ岬
此の度けむけわばならない州耶む
「犠牲Jといつてゐます。−−こ
こに私rTも取ふ日本拘民とγメリ
カ印虎の根本酌な、弟光があゎま
†.私どもは、現在の職塀牡打む
これから挽けて行くべき間に合付
せと節約の生描を、決して「犠牲」
とは考へません。
 物が足わなければ児わない催、
不自由、窮屈であれである相、叱
痛むそれに昭博させる上うにエ犬
し、それに一桝へてけきま・丁。それ
が山‖か、りハ、祀先⊥りひきつがれ
た払ともH本人山肌り他=eあり、由】
仏に府はも沫牡ごもりま†し日本
人の威力はそこかト触りなく、自
然に‥助いて氷るのであります9
 払兆け梢水中沖慨糊に放つた逃
仰の炎触に触りなき敬棉の念な挿
げつつニューギニヤに、戎ひはガ
〆ルカナル鳩に軌村瀬椚の花火け
朔吋架1縫へた出桝賄兵の諾譜に
柁す・勺平几む思つて斗たいとh仲じ
ょrU灘山制処鵬、肌伽昭り†、棚
軌輪遠山粥概な概什にうち断たな
ければな・りなかつた仙状が摘位‥は、
氷り甥セリまみ、祇のr`舶り、凡
そ得でないものはすべてこれを桃
つて飢み.しのいだのeありま†。
女給されるお米は、抑蛾の設撃
ない梅坪にあげられ、海水に注さ
れ、炎熱りドに改組されて嘱放し
てゐる、これむ敵機の日む滋んで
故刷分一同に炊かなけれげならな
いため、救が将兵がこれを〓に寸
ろ時にほ、iに粥牧山舵レ、加へて
ゐたのでありまLTゥ仏爪が▲抒■托はこ
わ「快かJhかり八軒味噌な小りか
けて浦川しこ卜のであるL しかも飲
ま†、喰はず、山むらず仁山剛挽か
ら挨乃に衆柑たとり「水た兵隙さ
んは、−凧由Hなお深を見て腕をなが
しながら、これか前線にもちかへ
り吸水にとどけるまでほといって
‖にしないの¢ありま・Tリ
 この辺しい他力 この甥瑞なる
心、 − それは皆仏とも山伺肥、
払ども兄那山舞仲ナるものぐあり
ま†一札ししも‖本人山〃〔ありま
†U決執咄汀叫むつづける私ども一
人々々がかうLた候力むもつてゐ
るのでありま†。
 このやうなは本人の托力はどこ
から満はれるかそれは私兆の日常
北山撃フ中に増はかるものでなけれ
ばなりません0発議と耶約み.生描
の鎖穂とし、析胤讃な批小浦む常に忘
れることのなかつたu本人が背か
ら養つて架た力であり、かうした
.流山が決して山棚山タウ〓水じる
もりでほもりません。そLてそ山
血叩的な一切れ▲が血叩一_仁▲狩ける日本也−
の…押さとなるのでありすすし
 即ち、声虎の血丁常の生緒が貯一▼
の取巻の生活に近ければ泣いはど
その材ほ戦ひに弾いといふことむ
私どもの出滑生痛がそのまま、は
つぎりと独へろのでもります.
 現在の物考の拙欄や配姶_構も
拘の切符制庶も.物が止りないか
らさ勺†ろのではない、取力付触
のためなんだ − 私どもの決他生
活からgられる横瀬はそこに見出
されま†U
 私北山身の梱はり、私火の均叫
の†べて斗戦中にふりむけるそれ
に上つて、独力をどしどL堵灘†
る … さういふ梵喋もあります。
 それと鵜に私兆の鞋捕力、構外
力、つまり取ふカを不良由と秩2
の中から取ひとるといふところに
大きな五味がなければなりません
 今の不自由ほ物がないからとい
ふのではなく、政争に強くなるた
めの牧場生活の戦♯胡甘であり、
田代すべてが牧塀鮎沌か通じて−
(飴)

特に親練してゐるのでありますっ
 Lかもそれほ8本人本来のむほ
に琴つくことであり、佐久≡†咋
の師史む末準訳へに拭か†べきH
本人の生活の根本であり、識礎で
あるともいへるでありませ・り.
 このことむヽ新年祭のけふ、特
「一汗く考へずにはをられません.
火に所り、地に謝し、五敷の無か
なる稔りみ新鹿する私とも日本人
の心は、そのまま、日常の鞋括に
描かされなければならたいで乱少
まヤ与一丸らゆる感怖件に〜ちか
つて糖焦の一路に榊淋公女定ねろ
良架にけ、茫仁術巧刀か駅はなけ
ればなむません−人手が鬼わな
い、肥料が不鬼だ、それを突破L
て今年も正にお羊、#、その他の
女碧まの†をあげていただくと
共に、今またお羊の供出がお叫の
‡大な求めとなつてゐま†−
F
自分で作つて自分の口に入れる
お禾をまで外出して‡ふといふや
勺な、亨〜した委の†何に封L
′;■一■その■のカM一ハ一【がl世の
わ米、T切れの秋葉むも様に出来
ないことは申すまでもありません
 船を取軍に担すためには外米の
輸入も卵へたけれげたらない、そ
のためにほ玄米東に切り換へろ必
癒があろとすれば、私どもは凡ゆ
る工夫と努力み似て、この玄米真
の教典た十分あげなければならな
いでありませ与。珂銘仙州つて玄米
真に†れば二千乾石のお米が節約
され、輸途於晩にすると杓一九〇
臨トン、これで魚鈍れや礼獣む盗
・がとすれば四十ニ‖菰トンの銅繊が
出来、入十常トンの船が出来ると
いほれてゐます。私どもの日常虫
捕はこれはど鈍く大きく散力と持
びついてゐろのでありま†.
 私どもは、お印の求めに鹿じて
何でも†ろ惣培が出来てゐます.
このLは更に頭数助かせ、不自由
は北にわかちあひ、すペてを持げ
て大の時代か背角ふ少軒托を粗く
允状にそだてあげ、瓜することな
く、積むことな′\取ひ域き、l餅ち
−挿いて行かなければな1ytせん9
 しかも、閑雌と不自由の前には
い上い⊥泄くたそ日本人でありま
す。この日本の底力女この決馳の
時に督つて最も葬挿L′行さた‥
と存じま丁トハニ刀十七H批ぎ