×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最近のブルガリヤ 外務事務官 法眼晋作

 滋る二月十一日紀元の抹節な卜Lまして、帝国はフルガリヤ的しLの
問に友好及び文化的協力み約サる條約む械払いたしまトたが、ブルガ
リヤと付加何なる珂かその陣史、阿児性、園労の現状等につきまLて
け、l般に飴b鹿くほ知られてむりません湘挨L、札付ただ今から阿
声の事博を概略御地介いたしたいし」思ふのであります。


 プ‖′〃リヤ閃けヲーPツパパルヵン牛為の小郷に付し、一冊黒海に
簡する外北はドナウ河鞍隔て、ルーマ【lヤに封し禽はPドーベの耗椀
によりギリシ†に搾すろ人口大宮能飴、両榊十一転八千七十二平力軒
大漁朝鮮の申分位の大きさの※閑でありま†。今から大漁“≡、挫UO
年佗以前に唯今のロシヤのグオルガ地方に住んでゐたブルガリヤ人が
現在のブルガXヤ斗の地方に#心位んで、一印を♯てたのが今8のブ
 ルガリヤ可の押穎であ勺ます.デルガリヤ人け−千年傲の長期に亙り、
スラブ化いたLせ1たるがた必、人唖世上TIリアシ罪のものと見倣
(14)
r15ヽ

さるろこイがあるのeすが、元水はト〜1人竣プマジャール人トし柑じ
くりフノ糸に址†ょりであゎまトて北沖人なりでもりよ†・ブルガリ
ヤ譜けPシヤ釆とはu」のやろな粥怖か・卜土鮒似ト、P/十人とブ
ルガり∨人とが待望州で付議なしま†と七蛇り・三・ハ遁他山畑地が‖
来ろしlいふ有様でありま†“従ひまLて後亡攣ルろ現在ブルガリヤ脚
蛙仰の性病政ロシヤの倭助な受けましたろ肺史しt川俣ち、明代的「政
治和也をはなれてはロシヤ人に対して刊奨の感悩む拍つて〜りま†∪
 ブルガリヤ人の閑比性け耳甥剛健で榊武の碩楓に材んで巾bます〕
そ山岨の佗躍が架伯硝搾変鵡の欒地た占めてたゎま†湖條上文化け早
くから挙達し、九枇杷u米的的け火位ヤリスー教化せらか、丈山山文
化的ししなつたのでありま†が、ト〜コ山劾興に什ひその使鴫た度け、
消耗∵二大大神トルコの線拘となり、「.九」.年トルコに併合せ・りれ
たのごありま†山術稚フルガリヤ人は轡スザ摘沈の横倉ケ待つてゐた
のごもりま†が、十九他紀に入わてけ良比が流陀となり愕耽巡勅み班
†、山∧しし牛丼北取替に怯し、帝政#岨の女戌の下に雅分政治的り
輝北レ和まトたが、その攣一年ベルリン性的の枯加トルコの†に自治
を前される公的となり、次で】九〇入牢フエルヂナンド公の下にトル
コ上りの沌北を宜宮し、翌年列岬の凍組な受けたのでありまナ.
 ブルガリヤは鶉∵ハルカソ敵役に於て他のバルヵン詳囲ルーマニヤ
セルビヤ、ギリシャと同盟しトルコを鰍洲上り鞘淫することに成功し
まLたが、その後トルコから擁和した領土の分則につき周到旭問に内
勅を生r、他の籍中台相手に取ひましたが、盆に放浪の後偉かにマセ
ドllヤのl部数持たるに止り、また鮪】次世界大取に放ては摘塊撃ノ
☆ち敗北し、一九}九年のヌイイ膝約に上り挿の電黎な部分の割頒な
 串ひられ−心と舛に・なほ常備碑は二流に釧配せらるろの止むむきにい
たり、こ∵ニー司醜け雌伏の時代仁九つたのeあり士†.
 へ′次練洲敬岬劾雄いたトま†ろや、ブルガリヤ快打槻〓‥稚嘆い件
ひ僧拘の悠榔兜伊陥閑LJ八に段榊新株伴の捷設に邁池L、山師前準へ
ルカソ職竹山火炎架トたろ火他の拘故に〃むると八に、爬*山堺秩序
の柑に潜椚するこ・」し」なつたのであります“勧ち‥れ凹い年〜H珊伊
納岨の璃旋に上りル1了−k糊上り痢ドブルジャ地方山側幾斗噴け、
し「L再二十大中山粁の両輪と川十二成人ハ†の人口付加な見たのごあ
ります0 山九凹一年..月‥「脚鵬軌仁多加し斌全に拡軸帆となつたのe
ありますが、何年川月ドイツ笹が菖ユ・ゴTスラビヤ印と閑職Lよす
るや、こかには湘トつつマセドニヤのスコピエ、ブリレプ、ビトり′古
州一り合卜地力に進出ト、ドイツ堺ギリシャに進入しまするや、フルガリ
ヤ旭等は幽トラキヤ地ガ「進駐−、同年丘月にほその進駐帯地域む担
岬の行政ドに治めろにいたり、ここに大作その失地む同社†るこ.し.し
なつたのでありま†が、現在はブルガリヤはその二十眺の粥半むもつ
て、・ハルカンに車きをなしっつ、特に侶ユ・ブースラビセ巾セルビ†
乃偶の治安に付してむるのであります。帝拍が一昨年十l対米英−由
放いたしま†るや.フルガリヤ酵は三国同盟の好みに上り、阿±古米
姫に開放しこれと炎職状態に入つたことは御承知の通りでありまナ。
 ブルガリヤ印け北涛封沃地で、単式ポリス鶉ご−世陣ドの下にフイP
フ撃妄ハ内観け昨年四月帆観せられましたが、フイPフ甫柑け粗湘の
鞍棺軸及びご面河盟と蛾壊なる協調を逸げん−与る従来の外交政簸を
堅持、また飲料新秩件の措辞に暇鹿する強力にして、しかも正さに立
脚する国家む建設すろに塀カナろ昏強糾いたしてをります.統合生活
各方面の戦時漁労醸先の持め、フイPフ内斯は昨年臨時哉籍レ畔d出
再三十大品はの停止均格を決施し、農柴役び丁共布部門り化添分和戦
(lぢ)
  l
■■邑.
 」【につき会同的托制七加ヽ、托河芸た」耶成し壌虹に封†る祖酌現出
む弼化†.d¥喝勾なろ政戦り柵叫行⊂碑つてゐ乙りごありまナC
 ブルガリヤの仲捷はその大陀八剤までは農地で農叢に従翁してむり
†す、土地内を扶持しますといたる戌議萄挙がすく†くと成熟してを
るのが見らろのであむま†が、若の他最延では秩洲山鳩の浦頻に辟
†るため使草、著、イチゴ専の男⊥巧野菜、油性地物、招物悦特等
の耗増血に果†及ひ野菜の加工繋に弔鮎をおいてなbま†U穀物の生
年就け千年は四官希頓に凄するといはわてゐます9
 特に同甲のバラは和名で、取前バリ1の破水の以料ししして各地にバ
ラ柚な倫川してキりました。先年舶丸山が指府ソソイ′山に挿山の櫻
む寄附しましたが、乍この牌はソノイk机物湖山山角ごデルガリヤ名
稚バフの木に糊よわてH水の府み蚊つてなりますじ
 併しながらブルガリヤ印は出瀬川ご丸りま†のe、に男は農代りヰ
工兵沖粘以外、政府の琴似にかかほトザ未だ火なる燕退む見てをりま
せんし
 界内上りは石盤、治鳥、アルミーウム瑠榊源の稀新があり、銅、ク
す1▲、鈍、マンガン符も州赦Lてむるものし_馳められてみりま†
が、その開戦けまだ十分に行はれてた山ませんU
 ベルリンから飛行撫で首府ソ7イヤに佃付トますと杓入時憫で到希
いたしま†が、ソフィアは人口約.1∵十航抑かな満ついた叫で、叫の小
には8本品な専門に†つてゐる肪がありま†Uブルガリヤけ′イツと
はかくの如く地理的に近接してゐま†のみなら†、】は工繋沖他は灘
箋荊であむまして、相克に和補足する鵜焦がありま†ので、その開珂
耗法叩快け今次州野川教学勃故前に放きましても架群でありましたが−
特に最旺でほ宅よその礁球の虎を加へたげまLで、ブルガジャ河輸出
入社瀕の約六十大バーセソト乃雀∧・丁バーセノーは封月す為であり士
†り 胡山利 増群、槻▲萄椚攻ひ鼓−ししノし辛加⊥の史純.ガ葬等身♯出
し、槻械鵡A、金鵬耕、頼搬品か投入いたしてなります。
 同印の斡民所謂は年し舌先十他乃増山†佐レバでありまして、■戊
所持の内大=申‥」六パーセントは積税金十パーセントは貯一六十円パ
ーセントは滑救及び手持金でありよすu推算は故山入AH計大些一再性
レ.ハでありまして、近年椅加の傾向にふリヰーすり
 阿血銀行券流通昂も幾年増加の傾何にあり、釣行祢#汗馬の付加に
ともなひ佗下すろ碍簡金比率救済の積め、対価仇撃關_脱会仁繰入れ
ることにしてをりますことは、ドイツ、ブルガリヤ舶粥山師沖槻係が
いかに翳柵であるかむ物語るものでありま†。
 川卜滅べました独りブルガリヤ閑ほ.ハルカン山堆邦−kしてれ月ポリ
ス耶.」性眼下のド仁近年巾渉々々架地た凧紺ト、粥迷の捧持めぎ士し
きものでありま†のは、その閑托性の符照糊牲に・して朗武なるに辞し
畿し常鮨でありますっ由来ブルガリヤ人は肖∴1ハルカン山Hぷ人よ増
員してなむまサのほ誠に敵なしししLないのであります・
 我が閑との印交は昭和†四年十二月榊的がソフイヤに公使地か憫澱
Lて山来年な浪つて軌柵の鹿む加へたのでありま†が、昨年」.月.フル
ガリヤの尭都ソフイヤこH勃協倉が黎北せられ、全開いたるしと】ろに
その支部がもうけらh、日本研究熱が棲めてさかんでありまナ。
 ソフイトの淑途局は沌u日本のレコードを放送してをりまナが、M
内いたるところ日本管繋な撃ォ侍ろ印ほ歎榊にもあまりl多くはあり
ません“敢州のl角で粂執托む−羊げて心から帝肝に好意む上するブル
ガリヤ酔の概況ん申し上げました。
                 (二月十大H批点)