×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

決戦財政と国民生活 大蔵次官 谷口恒二


 】育で大#大岸からZ耳の瀧明がありまLた傑に、決Z財政といふ
宵♯が出士した。この』T甘に擁繋されました昭和十∧神武l般舟計埋
耳と臨時羊‡♯特別幕追瀬推算とむ加へぜ†と、凹南鯨吼た架放す
るのであります.
 これ等の粥幕間に放て頓徹して計雀されてなゎまサろ部分な除き
ましても、正味ニ…首六十億州杉一超ゆろといふ雄大な預算であります。
憤りにこれを一年間に使ふといたしますわげ、大まかに申しまして一
片一席であります。我が由来怜有の大確耳であります.
 この葦の一部分は己に失衆鵬怯み通過しまして、一部分は今日か
ら費族院で審議されることになつてたゎまナU野入れば昭和十三山年度
推算は支郷鞍繋に上つて平時の−椎∴.倍になりました。今岡はそのま
た五倍に上ります。平時の十執倍であります。誠に財政も正に決職材
政の相挽を傭ふるにいたつたものと叫さねばなりませぬ。
一日一億卸、これは何の践の稚耳でありませうか。今日の時局な突
破†る鳥の萱が盛られてあるのでありま†から、これウ挙げて今8
の埠合に砕ける執民生措の昂の稚算であると申して上ろLいのであり
ませ〜・Lかし暫くこれ中山胤旗−ト職印に関する抑新と、さうでない報
一−との〓つに分けて見士ゼ上ワ●真一■dT仁_する一群一−は〓.首bL岳
でありま†.これこそほ我が患が穎〃武なる作瀬♯がさ一たる幹男か#
げんが馬の#救でありよすれ取此町帯l年と同様に馳伊坊一」年か斬ちぜ
かんが与の挿費であります.頻りの九十鐘ほ渚銭仁ほ政争の群♯では
ありませぬ.飛行鮨や大砲や押九の由P費ではありませぬぐけわども今
8の讐は戦争に関係のないものはないと申して浪青でけありますま
い。いづれも皆閥族には耽簿の確靖であります。恩給や年金の環に五
は近い金がいるのであゎます。また卒埠以来撒榊した公憤の利沸革に
噂†る栃が二十救億胤にLるのであります。また染、石浜その他‡#
物乗の生産柑強出に低物句の維持、中小企繋の頓俄、克租拇籠、音
挿流その他閑虎倖健、国民生活役び人口対策、軍人淫馳、文教の刷
新、桝革放び接術擬興、防演に湘するものものつてセるのでありま
†。これ等の坪費の中には粥民生捕に両撲榊体のあろものがあるので
ありま†。取時に於ては国家の蝕力軒早けて戦争日的の烏に集中しな
ければなりませね。それと同時に職時四民生活む純倖することも熊井
択成の衣璽なる方針でありまナ。
 憤らばこの三胃六十億の和男は何な以て鵜つて行くのでありませ・り
か、主なものほ税許しく申せは税金放びこれと同様の性又を有†る牧
人と公債でありま†。碓九十鰭、公債〓盲十億であゎま†.現金は今
珂は横線、物品税、遊興飲食税等のいはゆる聞壊挽を中心として引上
げを行ふことになつてなりますり楕革も切符を改正しまして、救島六
十五銭、攫州十五墳といふことになりまLたが、これも税金の引卜げ
と同じ掛昏のものであ〜ま† 柄噂山村象 稗革の方はいはは綬仝で
(31)

ぎつと十五舷側の収1山村加で車りま↑ご−山十れ位は桝址む伯山上
に放ける新たな鎖抱で九つて−椚む山み・悼莞すふ力々には従来上
りも蒜州大きな鎖拇斗恍怖して頂か山げなりまよHU公的にいたりま
しては、こかは圃火災捕Jり琵み州した貯背丈つて祇つ忘川か山ば
なりませぬ0国民貯潜に上つて消化トて椚力山げならたい‥でありま
すじ政府は盲議他の女山む卜て付くのでありま†U閑址はそ山血
と汗とを竺今日l合祓森山必警す乙物苧牡鹿し、砺隼址供
しこれに上つて梢た乙病得むul椚松山胡椀l爪1、.締できるだけ
の貯事をして粍挟または間終に公偵む刑化−て行くりでありま†。
 蒜十悪口七礪控卜大械省山醜比肘潜繁伽雀只酎では、昭和†∧年
庇山買貯‡目標触生二宮↓十位響し↑ろといふ青山決漁がチリまL
たごJれほ公蛾二モ丁低卿む消化する外卜那薔柵等の如意充奨金
革が六十億桝必斐なのでありまトて、A許「宙L十億響左るわけで
あ呈す0艶帝掃充m勲金等ほ軌家発川卜必弊な物那む鮎度して行く
貴に必中なもので告ソまして、これむ十分に眺附して打かなくては飛
行#も出来ません0大砲も出来ません0翔九も出来ないのであゎまし
てW妄が藍に安川する拝費と同rく、今品禁赴非キも必誉†
 る箕金の一群であります.
 かくの如く今日阿東の必中与ろ預金は両氏h椚税と、貯革に上つ
て賄はる芸卒ります0軒ち酔寮の財政坪済山鎚甘が軋滑に行〈かど
 うかレしいふことは、言帥民の労力如何に繋つ<をる∽であります0
 政府けただ締出山円舞的た斬力一二=幽するLt=ハ′∵そ‥叫タ∴Jノ■な
 る′(〈■ポロ抑〔声合するやぅな鰍架七群けトトろ1〜牲よの取払カ




  ‡れ甘叫にセリ力†べきであむ士†。かくして決戦生我と決_生浦とに
  上つて決−喝材敢は牡は叩なく独行されるのでありま†.
  この_合この決取生海朴行ふものけ一雄誰でありませうか、また生
 活を甘む著は稚であむませうか、そかはいふまでもなく我々阿児自身
 であむます.甲托自身の自費的な労力が期柑山的であります.一姓円
 盤の心の堆から成り上ろ竪き決心とZ学に打ちかつ馬には如何なる開
 放をも忍び、如何なる努力をも惜まないといふ間尺の心持に海瀬の倍
 組が寄せらわてゐろのであります。
  この決取世制丁に於きましてけ、物賓も載金も中げてこれむ取辛目
 的に肋Aせらかろのでありますから、細址粥捕ほ蔽と済鵜となろこと
 は常偽免れ待ないところでありせr。併しながら敬時たからいたし方
 がないといふが如き椚犠的な考へ方でほ、未だ必捗小敗山伏散生活と
 は申し敷いのであります。ただ什井がないから我博するのではありま
 せん.この独学に打ちかたんが柑に我悼†るのでありすす。我々が祭
 艇生活に放て電斌瓦斯山師勒むする山も、衣服のだ災利用にLつて斬
 洞を差掛へろのも、†坪な物む罵は山やうにする山も、俸こ山牧野に
 勝たんが尽に外ならねのであります。
  衆我院に於てけ決取材赦、決Z艶頑、決頓鮎梢饗成であろ.政府l
 この悸時局に柏噂はしい決独行政むやろべしといふ意味の汁我があり
 すLた、政府費同も線上り決取的決意に上り材枚瀬触に恥藷なさを
 期†る奄惜であります.併し態局ナるところ一位叫咤の竜一と無血叩と
 に上‥‡して、決取生索上決鞄生活と決取材秋山式糾】Lhウ糊し柑′∵」
 とを心上り期待Lて椰侶するものであり†す. ハニ月†前日故老)
汲む準トつつ−こか蒜糾して行くといふ什驚来すに担ぎないと申
して上ろしいのであります。
笥蟻に近い椚誓し、=甘七十位の貯背モ↑るためには甲民生暗⊥
柑何番大た璧惜セいたさ山ばなりまサ出じ帥民山中にほ現に相普切詰
めた艶招をし言ろちむが挙りモて−これ九重に切〜汚めきとほ
粥難な歓呼も榊驚ると思はれるので黎ります0彗て些かでも生暗
に飲裕があ空路せらかる向きけ■割、弐割竺繋桁な必饗とし、官に
大いに絃裕があろ向きは凹割・九軋も生捕繋桁む必黎とす豊ハ鴇であ
ります0また諒貯叢c耶加山方両から申しま↑と、本年定日横柳二
軍‥」位胤に比較して来年舵は甲十倍卸の琳加となるのであり革1か
ら、侮く平たくいへば−呈f仙人じ竺位として一人腎り理丁畔づ
つ除計に貯叢せればなん山勘立となるので告ますuしかしながら・一
の】櫨の人口の巾には貯#能力のない子供芸人等が渾川合モれてを
b七与から−元鮨で耶き蛙りの人達け・賢丁咽で止まらないで、これ
等のチ耶や老人申分までも背負つてもつともつと多くの貯♯吉トてI
(3ゴ)
はねげたらぬわけであります.
申すまでもなく国民所紐c取淋は蛇革で告りますこかもそ山生稚
け平時わ滑衆生暗に官学せられる如き不拳不急の他繁り鉱毒ではなく
して、主として取手に必弊なる執贅m蛇薮で至り1†.従ひましてこ
の生産に去て生する国民新得はその大部分を−げて、また戦争軌溌
の生衰に振向けるやりにいたさなけれは戦時生垂む−けて行くことが
難トい山P丸りま「ご1かが巧にけ楓比の消耗的山家…は、搬力これ
穀切り捨仏て不野不急れ拍ホ軌‡山−丸に充てられないや〜に転力貯
                     .−1