×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御稜威のひかり

 明打は紀元二千大官買年の紀元
那でございますじ
 群武天烏御#碓の革女中ゐ於ひ
H何の地を御裁し遊ばされて、数
年の御のち、「なみはや」−1浪花
の地に薄かせ拾うたのであわます
が、賊、鹿沼彦の労力盛なゎした
や仲じて紀伊にいたり、帝でヒ
り大和に入らせ於ひ、見物彦その
他詣々の眼中▼滅ばL紛うて、大和
馳原の何に御郎仰の大柏をとり行
はせ紛うたのでありま†。
 それ上A‥千大河年、吊粥悠久
の離史は一触のくもりもごぎいま
せん。ここに騨他の甘染地び挙り
紀元山位節な迎へま†ことは、私
ど⊥ヽ巳‡人にとつて七州ヒの北一発で
あh′、菩びで一丁ぎいま」T¢
 ことに今年は、人#額耽研下鶉
二同日の紀元師であります.遥ま
しい耽力と不良の取急か以て、前
線、銃後一也となり、半円の大理
想の下島前日‡J使命速成のため
放つてるる確、明H迎「上うと†
る軽冗耶は、私どもに塀つて−L
は意戚伴いものでなければむりま
せん0
 大宅確職平がはじまつてか・り今
日まで、畠串特残り考課窮取に上
つて取典は相次いであがり、我が
甲は米瀬棚の野堀住槻の鵬粘をこ
とごとく祁へLてしまひましたり
8木の持兵、日本の態読取十代、
いま大泉覗の各地に挺身して、氷
相群放の取ひほ、薄々と、雌滞な
構想の下に†すめられてゐます。
御稚威の光がいよいヒ彬きみまナ
時、私どもの独にうかぴま†のは
この日本の崗柄の有難さでありま
す.8本の常に生れたことの智那
さであります.
 この用柄の材♯さ、け∫に盤れ
たことの♯せは、日本印虎が卜に
いただきま†髄等の郷♯を働ひま
†ときに、一Lは切なるものがご
ぎいま†り皐箋と帥児との間柄1
そしてこれ斗■逓として撃灼の古⊥
り今日まで姐鵬上して打ち桝く我
が頓附の腋史の岬和解垢なる†が
たウ見ま†ときに、い上い上、た
かせる山でごぎいまサ∪的朗的撼
徴− この確ひと招わは、私ども
が糾兜⊥り糊付、川史けついで−
今Hまご守h油−たものに他なり
ません一
 ‖木の均に熊れて上かつた、冶
桝かつた、こ山脇ひは、税花山北
非が刺軋の小にあろだけに、1
米本山瀬棚々触の掛橋み舵して、
瀬棚斗晰放L、斯L斗秩序とj弟
み打ちたてん・.テ・つ[ひのさ小に
あるだけに、l潜、私どもの胸に
池つてまゐります“そわは私ども
が如何なる岬代に河しても、又、
如何な・心搬難に川合は・りとも、決
して励かない兜憎む持ち柑るから
く21)

であります。一†じの大沼が私ど
もの前に凡直ぐにのぴてゐるから
でちむま」TO
 私どもに不動の先惜があり、迷
ひがないといふことは、酪出帆信
仰が日本阿民む一人々々をしっか
りと桔びつけてゐるといふことで
あります.私どもは何時でも
陛†の御拐に音んで山身む押けま
つる、お酌のために柁ねといふ梵
倍を持つてゐます.
 執ふ所用とLてこれ擬の強味が
他にあbませうか1私ともほ大
計な終りと自信をもつて、間尺と
してのこの絶対の宅地を統・ズたい
と思ひます.誰と誰とが、といふ
やうなl部の人ではない、醍民の
−人残らずが、このやうな敷く、
はつきりした甲良的信仰を、それ
も生れながらにして持ち拍川ること
に、私どもは8木に射女史けた村
♯きをひしひしと息はずにはをら
れないのであります。
 山払どもは市ころにひとしい、こ
「の・わころにひとしい私どもが桝挫
威のひかりを浴びて、はじめて蟹
徹な持ち、ひかるのだ・−−・女体線
耶大臣ほかういふ閑民的信念を、
欝で力強く池Jてゐられます。
 貯憮楓翔大尉は衣のヤうに符糾
してゐられるのごありま†.
「 外聞にはいろいろ瀾我があ
るが、H本山は、 竿の御命令
で内閑絶倒大出といふ求職「御什
命になつてゐま†、現在では私は
全的の梢博瀦でありま†、こかは
外閑と木質が全▲W、ふのでありま
ナ。山撃フ架価といふものは餅弊
の師で、執成の一人々々とすこし
も埋らないのであゎま†0ただ払
はここに総理犬醗といふ職贅み輿
へらかてゐる、ここに於て払ふの
であります。辟下の御光がなか
つたなら、私なんか石ころにもひ
とLいのであゎます.こ・」
 野伏線輝大尉ほ、祐外用と異な
り内腐蝕瑚大尉たろ自分が 陛下
の御池爪於て初めて存在意一があ
り、この劉澱む空けす初めて光つ
 てゐるの‥hといほかろのであ・りま
すが、これは私ども閑民すべての
束持を表†宮鵜ではないでせう
か。もちろん、私どもは総理大臣で
もなければ、私ども†べてが高位
免官にあるのでもごぎいませんP
けれども私どもは、日本に生れ、
御練成の御光をあぴて】人々々が
ひとしく日本印妃として光るので
ありま†.拉敢上り受けつぐ架を
さらに将来に向つて限りなく、澄
刺と侍へるのであゎます。
 このやうな美Lさた、有難さを
私どもほ世界のどこに見附すこと
が出来るでありませうか。
 かうした信念が、罰出小人々々
の中にひそめげこそ、才腕糖類大
臣が同民を飽くまで信勅†るとい
ふ嘗蕪は、い∫い上輪もしく、カ鈍
く私供の耳に_〈のでありま†。
 #條糖槻大臣は、績甘で次のや
与にいつてをられますひ
 「= 私はどんた人隅でも一位の
軌地の胱のなかには日本の有和い
k†年の導い叡睾中小心としたと
ころの鹿山肌心が鈷H人の批にあると
息ふ、==私はいはゆる鈷牡の発
動といふことのお許しむ得て耳行
すろといふことはやめて国民の忠
誠心にどこまでも恕へて弛む、こ
の方向が日本の軌馳に軌L、日本
の国民性に軒した行き方なりと信
じてゐま†。これが本常の日本円
民の力を付す所以だと思ふのであ
りますJ」
 私ビもはこの付鞘に符へなけれ
ほならないでありませうじそして
払どもの小には、その屯拙ポ水沢
に出来上つてゐるのむ兜えるので
あゎぜ†.
 日本の樅史に於ても、施多の難
局がありましたじ日本人はそのど
れをもこの思蝕心を以て切り城け
克服し、日本の侍統を生かして衆
たのであります.
 来年度の貯事日照斯は二宮七十
亀剛を下らないといふことが明か
にされました.私どもは、今年戊
の窒日増鮎を☆蝶に竣成してみ
せろとともに、来年耗の貯‡やも
b兄琳にやbと止り†にけおかむいで
(g)
■巨
1▲「h.‡せ▲1●このためには、私ど
もの−甲良生活をさらに−軸椚五分引
下げなければならないといはれて
をむま†.さうした敬神生活む確
立するために、私どもは如かやり
甲斐のある勇架を牡えずにはをら
れません。瓜どもの璃か働かせ、
エ乗な生かしてお均の求めに麒ザ
ることに、生きh甲州生むほ仰ずろので
あトツます一
 大丈我執申とともに、私し」もの
生活はい上い⊥簡頚にむり、刀仙
ノ\明る〈なりました。桝称1叩社
があるやうにさへなりました。私
どもは、取軍に上つてもたらされ
る♯多の試妹を、むしろ#ぴみ似
て迎へ、克眼するといふ鮨慨に撫
えさへ†るのであゎます0流出に
寄せられる信朗は、かうして私ど
もの努力に∫つて、敵艦叩なく兆さ
lれるでありませう。
 私どもは稲太平洋取払の暇砧に
閑†るきのふの大本懸垂頻た接触
な束持で、試み返へすのでありま
†ゃ我が牢は肉太平汗服は山−【ユ
−ギニヤ鳥及びソPモノ群Åの各
琴線に戦略的舶蟻山設定を完了し
ました。そして一【ユーギエヤのブ
ナ附埠.ソロモン群島のガ〆ルヵ
ナル為の耽が節は他に増進いたし
ました9ここに我が革は楕太平洋
所作馳の拡確みふ仰止し、一大稚捕
の媚をきづいたのでありま†が、
こりためせ汁誰満の車禎となつた
鵠耶傭兵の上む思はずにはむられ
ません−
 「我が碍の拐苫、人員、鞄柁放
 び職桝柁】砥六千七百ご‥十担名
 飛行機 自爆放び末尉濫盲‖二十
 九撫」
 大本誉の銀水に耳たかたむける
私ともは、これを牌いて、貝ら心
の一邪ひたつの女児えたのごありま
すn敵機の跳梁山下、あらゆる困
詫秋乏ク忍び、鬼畜の如き、惨虐
振はまる米浦叩と馳ひつつ、敵に
山頂茄†の氾絹な鞘へ、所作馳鎗
行の兆埠礁北のため、擬身たはれ
たこれらの炎舗のことみ血ふ上中
札ともは心う一つき、胸ふるへろの
女どう†ることも=榊朱ません0け
れど▲もそれは決して町中なる北砂し入
ではないのでありき了じ訳出の】
人々々の心をゆすぶるこの思ひは
遠く幹軌の・古へまで鵡ずる日本人
の与く莞Lい、黎拘の心でありま
サ。
 紳武大宅仙仰射維のみぎりも、日
向の地打鍵し払うて山水、頓難しし
辛潜みこ打ち繊きましたぐわれらの
組先はそれに打ち妙つて、戚とも
む次々にうち平らげ、 紳武犬唱
畢牌の御梢紳を描かし撃つたので
ありま†。この御女祉の御軍に促
つた私ども祀先?心と血はそのま
ま私どもにつながb、大館退職岬
に通じてゐろのであります。
紳武天曳御東征より大東頓馳窄ま
で、入紘七宇とな†といふ蟹閑の
御椛紳は脈々として生き、その御
前には醜の御抑となり、寄び朗ん
で一身む捧げろ党悟が私とも閑地
み貰いて衆てゐろのであbます。
 御稜桃山ひかゎは、今や大水相
職印プ頓じて、丈舶の各地に光む
一巧かAlとし<ゐ士†.そこ仁は、
米英流の以耶士帥野心むとといふや
ぅな小さな考へ仙人る伶地けあり
ません。米英を轡拭して、あくま
で‡聴の好演むもたらきんとする
日本人の高い翔想と湖い感情が生
きてゐるのでありま†山
 準実は決イ支胤山野堵の下に、
日本の抹拙とH本代族の滅亡む・崩
して、8本に挑んで氷てゐます一
私どもはかかる撤常並む籾挿せず
んばやまないでありませうbそし

榊稜戚の光は、我が河上と共に蹴
ゎなく拓〈であ〜ませう。
 大衆頒敬神†妨∴同日の紀元節
は、日本に貼れたことの有耕さを
い上い上切概たものにし、日本人
の詣b十いやが卜にも帯めるので
ありま†がそれと舛「、深化の壬
き斗肖党せしめザにはゐませんP
この光男と試作み▼そのまま、私ど
もの梵惜に生かして、明uの紀元
軌即む迎へたいと杯じます“
      ハニ月十H此盤)