×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食糧事情と米穀供出確保運動 農林大臣 井野碩哉

 昨年の内地の半解の収硬化、†でに御水知のや・りに内地のペ傾が縦
h頓粥であむましたことと、弟民籍潜の堺鈴の桝力し.に上りまして、
努力の不足や肥料の不山女見料に克眼して、竹漆計先放盤には到達出
来ませんでしたが、昭和入年及び昭御卜川年に衣ぐ見琳む鞋作であり
ました。軋ち、昨年の十−月末に給水せらかまLた鮪∴固稚放牧鍵胤
に上bまナhげ、一昨年の慣収渇「比較いたトま1で一†∵官〓十鉱
石飴の特産であむまして、根稚想収楷粘けふハ†L申‖」六鵡前であむ
士†。
 右のやうむ#作の構果、H寸堵へま†と郎九仙拙かLい取梨と州浜
つ†今年の女稚♯梢は柵餅繁似L柑・りのではたいかLしいふ見方が肘水
羊うにも思はれるのでありま†が、こか中郡紬に胞封して見ますと必
ずしも熊瀬川米山梢労にあろのでありま†U即ち山† 古∴十銘茄騎
−昨年上りも琳収ではあわま†けれとも−この粁牧介は軌鮮米机今年
ほ昨年の皐牡等の氏の不作の拙架、内地へ殺人川氷れこと、椚年度も
絹常内地の節約が≠しかつた津む嘆けて抽山地〃米が惨いこと、人口の
肖欣増加に上つて離弊が常然に桝加†人こJと竹山糾加納舷川現さかて
了ふのでありまして、拙局昨年と同じや〜な桝糾肌態勲塀椚するもの
といたし士すと、門外地の供紛力け椚叫と川械となり、椚年と申盤擬
衆の外粥米ハ椀人いたさ山ばなら山勘以とむ・りのハありま†U
 ▲肝Lむがら蝕「榊永矧の独り、ど〜L†も木次γ野減いたLま†招
に、我が河の戦力む一腑吋触いたさ山ばたら山今日、僻掛ほ山並たり
とも直抜取力村叫に溌†ろや・りに礪資材礪費材の浪速に振り向けなけ
ればならねのであります0柾ひまして外阿米∽稔幾に充てます胎拝も
出来るだけ印杓いたさ山ばなら山のでありまLて、今年ほ昨年のや与
に外鯛米戦意山環に多せの触晦た仙ふことは許されない琳何であり士
ナ.いひ襖へまnれば今年は昨年のや〜に不足牧蝕む外粥米に粕る和
といふこししは川北ないのでありまして、とうしても不九†ろ部分は山
水ろ限り岬杓で鵬はなけ山げなられの¢ありま†U
 樅ひましてこの不尽分む印杓で脈つてゆきま†拐仁政府とLては、
築山に粥内の食瑚白粉力む山段と品めろ用め、米#はもちろん甘滞、
郎給響の山大村索み陶ノ〕こと、鮪.に消拷な“唐規正Lて、その配扮
も椚来ろだけ綜合札拾−_し、電熱的に打ふこと、祐二.に、よ村井両に
於†も粥救わ酢減して、今倒山政府の剤常た政教は是非とも供肘して
仙几ふ−しとのこ一つの封恥朴uて騒んでゐる∽でありま寸0
 妨−の榊売約観でありま†が、今年の米婆の柵意はもちろん代杯食
稚とLて顎弊々る甘蒲、恍鉛管の竹頗む様乃批准して本年山村鹿詐l
払蝕の架破杉撃邇Rげなbませ山∪秩に現に柿付されてゐる菱の竹正
は牧♯時期から坤1ま1て、今年の衆和として刈珊な竜野性む持つて
ゐるのeふ巾よ†かL、今後.粁桝到む肥培耶桝ちむつY赴列八〓払
鞍触朴糊付1で掛かトげむりまサん。
(1

 串二の対滞である消費規正塊び解合鮎約山部につきましては、今年
は出水るだけいほゆろ柴一埼柑米とか加L柏木し」いつた方面の消沖を射
りつめる外.昨年鯛遜で決起され、眈に哲也迦脱が全開に舛倒されて
をりま†玄米粂の甥施、或ひはへ∵年の山月から行はれてみりま†従来
のヒ分拍米を牛拍米戎ひは」一分鵜米−し†る触梢制限の強化ししいふや・り
な績旺を講じて滑件の節減た刷る山力、磐はもちろん正樹秦、鶉類等
の繚合配給を出水ろだけ行つてゆく梱り′ピあります。なほ、一般河曲
についてはただ今中延ペましたやうな約数山師械を行つてまゐりま†
が他方重曹蛮菜労務頒とか嵩少年、姫舶に封しまLては弔鄭的に考駄
して、昨年行つてたりましたやゥむ随時榊耽々今年も胡椒レて付く堵
へであむます。
 このや・りに特売七刷り、−般滑拷山方両は川来ろ阻む柁附してまゐ
る#でありますが、虔村井師に於ても剛米一イ■して一触でも多/\のお米
の供出セして叔く馬に、折二一の野馳上して米常山供川十軸化†ろこと
といたしたのであゎますJ
 今年のお米の供出につきましては、腱杵循から各道府順に故に剤沓
をして、現に符日多血のものが供出さわ∵をりますが、今年の割常牧
lほ政府としてどうLても必黎な最少触鍵の故蛍なのでありまサ。従
ひまして今年の割常数最が完全に供出されなければ今年の衆柑琳憫ほ
今上りも一席瀦屈になつて了ふ用でありま†.建常山硝∬は府も大切
な米の供出時期であるこ竺小ケ月の申に是非とも供出た篭′ト、さら
に一歩七進めて剤常軌敬川上の眺出成娼を攣げて蚊寸たいと思ひプ
寸仁どの磯村もどの部落も全部が割常軌亀川h∽お米山眺〓ルL、一
軒蟻らず槻ての辟家が供出を完全に果Lて、昨年り慢nり祈縫り兵を
なすやう切に期待してゐる次堺でありま†Uお准り仇〓∴つ斗ゝまして
は政府、道府聯の歯局等が農浄土か産発組合し」か山叫傾楓肥−b八Lい、
日下料りにその督棚に常つてむり、その敗果も満”、弊つてむりま十
が、供出完潅は相封不吋秋山婆詣でもりますいで、こ山上ともそ山鹿
全を期†ろ馬め、この度大政賀焚禽に於ても分明に々つて一大桝比穣
動な腹関して飽くまで桃川の碓促を貯′?」とになりまLたじ
 今年の妥精解情はただ今中戎べましたや・ヱト朽席上、滑車帆杓し」ガ
に供出とのこ一つが完全■ト盤されかは決して心触ナ・ケ】上ほないのであ
りますから、こ山矢摺劣情←−分他誠し∵桐畑パも洞粥師約∴全面的
な地力をして、H粒山林、}粒の費上靴も確か仁することごく、また
農家山方々ほ棉顧はもちろ人一触でも多〈hお黙々供川することが現
下の最も正大な任朔であ▼?JとJ}品川つて、】日も早く供出り領海をし
て、この大戦雫に捗ち拭ノト銃後‥耕み兆して概キ潅いと切に念ずる東
鶉であります。             亡」月八日政道)
(ゴ)