×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦ふ船員の論功行賞 逓信大臣 寺島健

葬る一月二十六日の何胡に於きまして、政府は、船員待遇に閲ナる 方針を決安いたしましたq利水知の租り晦∴飴海力は女稚弛鞄特を捗
ト■lE
 ▲りやベl】■力「≠り血qのh宅苛山竿作であbま†ろが−この明架鴇瀦山正
†む仙呵ふ海上_卜遜れ鶉、.粗に☆ち、8疎む分た山盤叩伽叩か血叩けてむり‡
†ろ取角をして、屯に蛋れ費なト職務に挺身せしむると八に、服凝
を巾廿稚拙振蠣し、さらに建銘貼率の特進を刷りま†ることけ、取力
琳牡の必窮悌件であるのであゎま†P今回決定いたしましたる飴色待
苧り触の¶施に常りましては、国民各佗の伽棚解しし御戌軌とに供つベ
オものが多々あろのでありま†から、ここに、かかるガ繊む必弊とい
たLま†る舶貝の甥状と持地方馳山印辞について申放べたいと存〔ま
†。大水聴取争勃敷以来虫幣は、北はアリーーシヤン評点から樽は→【
■1ギエヤ、ソロそソ群島、架は米太平坪海絆ガ両、また、州はイン
ド粋万両に捗ろ人れ戦か鞘閃いたLまLて、御竣成のド排に恥に建
に向ふところ常に軌なL山続々たろ牧水む革げましたじ 玖に、了フ
イ、フィリッビン、セしベス、ジャソ、ポル寸オ、エ斗−ヂニヤ称出
前の魅攻汀いづれも洪粋れ職であり、杜つで敵前」桝灼馳む出丁汝む
されたのであるから、崩串のこれ坪かトい職聯の汲にけ柑に虫轡の作
故に地力して、柚捷翔雨の下耶撤耶淋‖州の愉途に挺身した日本解杓の
†「涙ぐましい材身的な梢維、析力があるといふことむ釦犯せ山ばな
らかいのでありま†.これら椅貝はいはゆる鵬樫鶴卦、恕油た衝き紅
絹穀越えて或ひは畠琳を浦徹し、或ひは兵禅州頻を積んで、敵潜水楷
や航練絹山宰を尉L一兵むも択「まいと、柴字他山不眠不休の粥細
たしてゐるのでありま†。こか野村作馳に碓耕す砂糖料ほ就こそ執ら
ね和柾くつはものとゆLても過窟でないと存ずるのであわま†。
 桝Lながら、これは耶琳輪な晰の瀬拙斡だけに触らかたことではご
さい‡せね.¥n軌に畔♯せざる坂へ‥におきましても、大小舶の粘沖
全治に有つて軌研が躾閑Lて軒りずする現在、印和む軒きすL†、外
池什は一想く■叩穎であ〜ます“そこは】町感叩水埠か川碓し、一群ひは止灯・小満止押
の川現公算の多い.n独叩地であります9その_叩{軍山水也−めろ一井口ハ中で血−
舶斗巡航1、教典の庖瞼に頻されながら、l幡生意力繁のために、
戎ひ付属穎の女神純保のために、真率物賓の飴達に擬身†ることは、
最く身命を惜しまず決死の梵憎がなくては8し髄はぎるところであり
車†。純牌の瀦組員は狼仁兄えない故に封L、四六時中働へなければ
ならないのでありまトて、冊に従秤として柁に耽き侍ろが如才心地に
ある似でありま†¢わが船鎖は総べてかやうむ決姥の発情な定めてゐ
るのであわま†。かかる梵憎があつてはじめて、紡搬を似て敢浄水拝
に漁辟わし、これむ沈没せLめろといふ、姥小に清々求める搬れ紫も
触れろのであ〜ま†ろト、腑焦が展竿触の接刷む吋つて、沈み行く
耶と盗ゐか火に†ろ胱烈無比なる柵も州氷るれであhま†U‥妙故均
む触るかば、そこは職榊山猿月小で丸山ま†るから、袈十架朕への消
息すら晰た山ばなりませね。そして只管に的袈馳力∽材弘を目指し没
我奉公に称念いたしてゐるのでありまして、かやうに解員邦封が獣々
トL雌命の盆行に挺身し待るのは、峻烈た′勺防人の持紳、赤心奉公の一
念に燃えてゐるからであります。私炎はこれら於負に対しては、鶉→
繰将薪に射すると同じ心持む以てこれに封し、後摘の亜なく安んじて
その職域に挺身し得るやうにいたしますことが絶封に必野であるのほ
申サまでもありませね。
 この度の析兵籍遇に関する楕鞋は、かかる鶴首に基くものであるこ
とは故に地べた鵡わでありまして、待遇の牛山といたしましては、触角
女御鳥とすることであります一触張船員で村瀬となろのけ、仲村解放
榊舵に穎組む他出だけでありまトたのむ、断たに抑砧叫の指示か受け
て馳航†る鮨鰍山瀬細部飢‖針租山上畔批叫耶蜘と†る・しとにいたL
(さ)

たのeもります・現虎、腑他は、爪接叫≠H的に上つて餌付†ると虐
とむ糊けず、その活路無孝が殆ど†べて作馳地とも申†べき危地海面
モもりまして、そ山⊥hめに船舶り机‖、見舶、照械一トついては沸しく
耶り指−若▼り汁概抜に域の托椀仁他力してなる憮蛸eあります。従つ
て隈竹危檜山ない泊岸航路H外い外挿に就舶†ろ椚舶瀬拙良む▼胡貼T−
tて▲枇竣ひ、敬神準打に臨めて渇山次い相黎汀梯率‖々たるの日驚
−し誇りしした粥へるLし兆に、髄確約椎件に従は1めてそ山眼株山塊化な
阿ろこししし」いたしたわけeあ勺よ†U
 坊∴∴け−淘功行盟eありまナが、解‖ケ榊鮎といたしま†ろ紹
柴、叫群に應じて笹鵬とLて饗くペき論功行禁り攣拙いたげであり
まナ。
 鵠・∵にほ、殉倣椅負の公頻でありま†。岬徴川桁はじめ、職岬憩
管用今卜上る敬榊船即ち椴舶址督何山収械山融触り感触艮及び政月R
命令もしくは計背に盤いて難航†ろ搬去R鹿糾抱が職叩吋に殉職いた
Lました租合ほ、公頻た行つ〆椀観肌た巾忠〜炎す・?てしにいたした
のであbます¢
 簾憎には、姶良泣にその汝鴛族山鹿護挟軌でありま†ゥ位水におき
ましても、他見扶、他見保散法、取時海媒管地令特の梅郷話法姐にエ
つて海上筍瀬力の保建といふ浅榊から、折払の休裡乃増扶助等を行つ
てまゐつたのでありますろが、中小山Hの取平に惧介し、園家存亡の鍵な
埋つて宥■する姶良山塊状に鑑入ま†′心ときは、さらに戚汎且つ周到
た漢雑狭軌を行ふことが必導eありますじ軋ち殉撤糖良やその逝家族
は帽上り、侍病塘硬胎艮ヤその家族について、」分た組織むもちまし
<、稚度したろ頻謙扶助な行ひますこ上は、鮨旦の七張な蔽と撮ひ立
 わしめ、沖∬−決lに必好な潮すろ所以であると存rますり
 最撃卜鵠丘といたしまして、鯛托の戌遜.携仙に絹し町内何1眺保
班の協力を柑る巧報∈あbます。他見の戌山彗挟助は町沖合、所作舐
等の四民組紐山全部む寧げての協力なくしては山沌彗た期卜柁ないのe
ありますP現に騎貝け両親、蛮サを故酵に残して、海の彼方に弼椛ヤ
でありま†。旺にβ酌の昂に身命を地つ馳悼は謹めてゐるのゥありま
ナるが、挽間の明け暮れに惚ひむ馳せるのは、舶親張ヰのこと亡あら
うと存じま†Q−しれは人柄のま・てしeありますじしかも、日本冊n山
かの演嘆すべき汚搾は、−に解凶‖家族がしっかりしし魂艇み坤ろ鯉話
さに色ふとこワハが多いのでありますじ竣ノ\舷牡り妓漣”械★こト凍ろ船
員に−また、その筒坤む健‥狙に護る家族に渦⊥†舶拓複雑の手む延ペま
するのは、威民とLての農耕であります。いむ鞘人しこての耕であり
ます0姶良及びその憩家族に封して叫杓禽、瞬保朗等閑足全憎の渦き
手が差し延べられまするならば、往よ新鋭後槻剖蝕の海卜進州も耕し
て持つべきものがあらうと存じます.
 船員に射す・〕これ等の待遇は亀枚海傾に放て藻航する油粁於均仁も
及∴のであります。
 軌庚申接見‡の手作わの人形山村物や、凡心細めた女埠枚賀徒の散
開文が−命をも惜まれ僻見をどんなに激抑膝搬せLめたか、そしてど
んなに職ふ船員の耽力を強からしめましたかは、†に想蝕も及は山も
のがあるのであります。
 以上申速べました糖負捷謹といふことは、Åにこれが押虎的納心串
とな巾ますろとき−初めて全きな縛ろのであわます.−しの粘につきま
して、私はくれぐれも姐民各位り琳糎塀と御運軌とむ切望し巳てまな
い次轟であります.
                        ヘ二月こH放逸)