×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソロモン海戦と米国 海軍中佐 田代格 1942.12.2

 西南太西洋に博ほる塊牢長蛇の如ぎ東印資汚島を常盤の頻妓にせふ
れば、その東婦のソロモン海域は正に天↑竺の喧蛯ナあるといへや
う一丁メリカけ、ソロモy方面の奪回を以て、日本の企楓する大水亜
共喜のl角の崩壊であると粥し、またソ三三群為に於ける海響し
 そ・アメリカC未来な決する倒なゎと申してゐるのである.従ってソ
 Pモソ海取が如何に点大であるかは自明の理である。即ち、アメリカ
 はソロモン群島ガダルカナル島を足場として逐次弊を挽刷し、やがて
 は−ソ三y野良から‥三−ギ三ヤにかけて臼本の勢力を淋撃し∫



  禿に十月〓十大8超つた鴻太平沖海戦は、敵が鵠叫次、朽∴次ソ¢
 モン取扱り放浪にも均せす新規弥出しの志触込を以て入籍触を編制
 し、全緬的幣q亀攻撃の鉾を⊂の一馳にかけてサンタクルーズ招鳥北
 方沖上に洋しかかつたのであるが、その日黎明満開海椒熱願に欄叔さ
 わ、狂弊につぐ猛撃に上わ軌主力は浪械叶られたのである。⊂の海敵
 性竣我楷顔が堂々四ツに組んで雌堆を決した激烈な弼馳であつた。
 この朽太平浄海仙琴Jそ近代戦の特長たる衆栂を基幹とすろ米大振放
 とり池適職であつて、敵昧力とも袈母上り飛ひ北つた舶純姑力の取を
桝■■」勝敗が決♯られたので、我が方も末節遁他出十教職を和した。こ
わはハワイ海馳以来最大の数であつて、海取の激甚を如環に物治るも
のである。⊂の海戦に於て我が航確母艦の拇韻が穣めて悼少であつた
 のは、我が万の先制袈唱と味方に殺到する糾槻を添小に鵜して、その
字数を撃験した我が敬内緒験の功横に上るところが多かつたのであ
る。海取の括点数は大敗北を興したのであるが、これな以て敵の敬意
が淡央したとは見ることが出来得ないのである。
 南太平洋海戦で殆ど醗滅された、敵の縄付を中心とする機動部像の
外に、アメリカは職振を中心とせる強力なる他の大幅機を舶欄し、時
 をおかず川劃せしめたのであるが、⊂れが十−月十〓口上り卜出日に
 いだる約二諒ハソロモソ海戦となつたのである。十〓H兆地舶耗珊麟の
窮揺曳敢なる攻撃を初めとし⊂れにひきつづき同夜の辺地なる被野馳
 が腱関され、十三日のガ〆ルカナル品敵飛行場の攻撃、十四日の彼我
 の取柁を童瞭とする振放の窮蛤なる夜勤が行はれたが、H米油難が取
取を帥鵡に女てて細見えたのは⊂の夜鞄を似て噂欠とするのである0
この血戦で我が眠牲は敵取舵円卓のうち二翌を撃眈、他の山隻にも現
悔を輿へ 繋らにその補助部駄を殆ど沢流せしめて坊‖二次ソPモン海
うと試みたのである.
八月七日、入日、九日の=有間に亙る弘二次ソロモソ海俄は、この
アメリカが以上の決意な以つて関取以来の惨敗を総決算小んと、大姐
除と大輪鍵触圏とを率ゐて出撃叶る最初の組反故の出鼻に壷を加へ
た海戦である〇七日の我が基地鵬舞邪険の遠距離粍洋攻撃によ品始
♯られた竺次ソニン悔放ほ、翌八日査問敵艦陽に封サる必松山げ山
爆撃池に夜間我が艦除のツラギ海峡に於ける舷冬柑摩†批烈む彼処暇
となり、九日わが方の狙撃馳に上つて券英璧島陰の祁仙珊隙山犬中
が領域したのである.
 その後八月二十四日起つた撃哀ソ三ン海職は、ガダルカナル比
の敵収量地上山逢か離れた洋↓に於て雲母抱を主膣と竺る椎撫
士の決戦で、我が杜故にJり敵はソ三ソ救授の企酎を一岬放那して
倉惧と敗退したのであるが、この海吸に上つてもアメリカが警咋付
及び主力艦多数をソ三y群島方面に増配1つっ、執拗なる反攻な企
倒してゐる−盲が明択に判るのである0引拘音⊂の竺衣ソニソ海
敬以後、南太平洋海取の直前まで郎ち入月二十普H上り十月l‡吾ロ
にいたる〓ケ月間、ガダルカナル島を中心として穐我の激卵が辿糎倣
返し行はれ、九月十雪H帝国潜水椎の米演母ワスプの撃沈は十月十−
日の我が巡洋転戦傑のサボ島沖在髄戦とごったのである。
 ここに持筆すべきは、基地航余部除の連日連夜に亙るガ〆ルカナル
島の政撃であつて、その攻撃ほ石野十旬に亙り比玩のない憶烈な杭盤
破滅取を展開し、改革は今なは掃行されてゐるのであろが、特に長払
戯窪け攻撃にき加した我が取囲槻態の日ぎましい葡傲などがあつて、
この間仁於ける教鞭茄笥槻以上を野艶彗る駁架に照してもその幣[
 の樫が⊥く艶ほれろのである。
(加)
敢の幕を閑ぢたのであろ.この事一二大yPモy藩政に於で我が孜樺が
一隻比津したのであるが、その最後ほ海取史に残る壮烈柴赦なも”で
ある0
 十〓日者我が職鹿が核心となつて補助部族と共に軌辞醸を轟、巡
洋艦七隻、鞘逐振三些を野次、、巡洋艦二隻を大破、解題推力嬰な大
中破したのであるが、明けて十三8朝、ガ〆ルカナル鼻万両∽敵飛行
槻胃飴槻が我が敬頼めがけて来鍵したのである.これな一身に引■りけ
た我が散転は、ぎ飴撫の敵漁に対して杜烈な攻撃を行ひ、敵撫多数を
撃墜したが、つひに取抱も満身創痍の損害をうけた.この時サボ島の
島蔭から一隻の散大塾巡洋腔が我にととめを刺さんとして川蝉してき
たのである。我が職振は莞術として⊂れを迎へ撃ち、[舵は敵兆洋抵
に最技の互坪を報い忽ぢとれを撃沈したが、その後我が馳柁は長持聞
の▲雪職の後に沈没したのである。
 八月七日の鴇一次ソロモソ海軌上り十二月十出日のは琴】衰ソロモソ
海戦にいたるまでの持海戦の敬具泣に我が方の損害ほ、大木智教義に
上つて御承知の洩bであるゥ邸ち敵糖鞄学眈故首十九隻、強行槻準睦
汲八盲五十槻以上、我が損害転地三十五隻撃沈敵、飛行機ニ】頁二十七
槻撃墜破を出したのである.
 かくの如く大海戦が連携的に行ほれたことは、如何にソロモソ海域
が正大な意弟を有するかを‡祝して飴bあるものであつて、ソPモy
海域は蔵ちに東京洋に漁じてゐるのであるから、との制海権を失ふこ
とはとりも薄さザモ京狩の制海増を失ふことになるのである。ソロモ
y海故に見る如く頼も必死であむ、その彗も強烈であり、また平鹿
の鍵盤に、飛行機の製作に全力をあげてゐるのである。来年こそ正に
決戦の年といふべきであつて、我等はこのソロモノ方面の嶽人たる故
(21)

               √ノ〉…州目悶捌凶…mい約仙臆剛.
果雷hに彗して警必勝の表芸言澄するのみであるP
         (十二月ニH赦迭)