×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海軍少年飛行兵 海軍少佐 原田種寿

 昨年十二〃入H大水頓徴叩畑頚山米すでにe年に戎い月日が流れ
まLた。胡年山恨、殊にニ■拘伺別紙托以来、米炎梱閥が瀧明に加へて
衆つたあ山瀬芳しい耶氾威と、常時閉杓に未だ和館朋戦く蔓つてんた
米英恐柚嫡があ∽閑職弊銅山駒れ袋くやうた補吐大…什製と、そしてま
たマレー沖に於ける革関口悼り不沈職艦山野批に上つて、表に吹戎
んだ昭ハ壮快さと泣か川る窮鮎し」は、一年横山今Hなほ忘れらかれ思
ひ肘であり、かつ永遠に攣dるごr快記釦であ卜ますじ
 ぁの米図太平作娠騰の微減劫にプリンス・オデ・ウエルス撃沈巾快
将を耳にしたとき歩かとばか小寒んだ山ほ駒川朋子でんりませ′「が、
それにも増して感激した”は枇等飛行兵糀藍山地eもる土浦海耶餌盗
陰只ご、或は耗々たる拭湖女難かせ或は壮烈鬼紳斗■付かしれろ点綾な
象げたことに描謝と感慨に包まか克くぞやつてくれたと人一倍の婿し
きを感じたのであbます。先般公式せられた布畦攻撃れ殊淘潜として
=階級延頓の書を斉した外山推良、長井泉、桑喋秀軍爬木析一、
坂本済、大西俊犬、梅坪五大、武旧英突等の議決土は、昭和十五年の
卒渾者であり、年型丁九乃彗一十歳の紅前山少年であゎます0その後
珊瑚噂暑ツドウ子、ソPモ∨毒の諸作頓にもつい先頃ま亡少年飛
行ほ、として、こ”卜川和耶飢捕幡に籾ん′ドゐ人少甲接が戌群議功を
輔☆L、敬用の光男を桝界に抑かせる】方、後難少年迂に無富山独創
を垂れりれな蚊如してゐるのでれわます.海軍解基部件の悍カはこれ
等若い飛行兵を革ゐて笑つて死地に配かせる海軍骨年群棲の符大さに
上ることもちろん¢ありま†が、しかもなほ世間の人達はかかる若年
の飛行兵が紫柁を超趨して那朗に殉ずるそ山措辞がどこから生れ、ま
た如何なる教育に上つて髄し出されるかについて熱心なる繋伺む浴び
せ或は現地見嘩礪が殺到しっつもる山ですが、とれこそHに 御竣成
に上ろ以外何もない衣詭でふりまして、光埠、める簡明に生れ贋大撫韻
の曳思に浴する瀦誰か君園に殉ずる山党悟ない堵が丸わませう0
 こ山悍大なる御折柄とそして捷琴似来迎輸として統く祁閑海ポ侍統
の構群が、一介少年を濡つて糾如を犬ろ数千粁の洋上に散大柁願と収
組み、或は粥舶を逆にしたやうむ、防禦砲火の中に適地に突込り束ム山
を義はせるのである。然hばそ‥栢抑とは何かといひますと、郡一に
熊野なる軍紀心、即ち命令には桁封に脂従し表裏なくこれセ甥行する
構紳であわ、撃−に旺盛なる攻撃構紳、印ち火の玉山や・つに燃えさか
って敵中に突入する突込の雲nであわ、革こに崇高なろ横特的輪紳、
邸ち一身か■捕牲にして全軍勝利の馬に殉ずる滅私山持沖であわます0
 日本食閉山もらゆる咄花あトゆろ境遇から築つて来ろ少年池は、
狩−」れ将帥の南宅にエつて一つ∽海軍飛行丘へ魂に統一されるのであり
ます。そしてその教材となる軌は、窮功でなく言蛮でなく朝転きてか
ら痩眠るまでの生活そ山物eあわます。帯地甘物に上る躾教育であむ
ます。軒ちいひつけられたことは仰ごとでも覇滋な架椅竹森日向なく
これを†行するやうに指導し、これが習性となつてはじ竺し若くして
一触の裁として、相伴官”手許を鞭れて行動する場Au如何なる岡村に
粛泊†るん生化た避趨して命令に絶対鮎懲する力士が触れるりご.ハり
ます。嶺昧丼襲においてこか年少年飛行兵を革ゐて突入Lた背年賂扱
(39)

の話を細いてみますと、上くあれまでつ
  \
いて繁る汁る警の
捕紳を家持したと山こと、それでこそふの大概果な見ることが亡きた
評で人山ます・また総ての訓練作業において突込山東合を垂ひ仙苧小辞
措するを許さない、即ち挟は拙〈とも気合の入つたものを賞揚し、如
何に接が上手でも突込山張合に鉄くるものは修正しますゥ即ち肉を切
らせて骨を切る日本式士竜山構紳こそは攻も直さず飛行兵の持紳eあ
bます。これもま七各海磯に於て敵が自己山裾背を漁れて突込まねと
ころまでも、わが航妹邪騰り弟士はiに〓歩、三渉と爽込んで攻撃し
これが常に勝敗山分れHになつてあるのであわます。
 次に些細なことにおいてィ利己‡戎個人生者を排斥し、班山馬め分
篠山拝め全線山積といふ鳴り取女野を鞘和してんますが−これまた各
海戦において見単にそれ措辞を#挿し、身をすてて全軍を救ふ”寧に
出たろ持徹すべき数々”美談を棟してをります。かうして措辞を作る
−方、飛行兵として絶封必重なる鰐カの養成には一段の力を畑ひ強く
粘り強い身協を糞ふため、組椴的なまた合理的な訓疎からはじめて漸
次弘蛙を加へると同時に、環重体息にも十分の朗心な沸ひ、鍛錬と併
行して如何なる筋力にも耐へ待る北浜な肉蛙穀作りつつあbます。人
傑後年ケ年位む辞退した少年連山肉他は見越へるやうな均勢と光絆を
持ち、如何にも若々しい葵しさを億へ、久々に見る父母遠はわが子の
繁昭しい成長に人遥ひさへ感ずるといはれてんます。今年更には俄時
中に拘らず海常盤徒故に少年飛行兵に対してのみ時に休暇を賜わまし
た。それは少年達.山北沢になつた孝を父性にお日にかけや′りとの常掲
の親心でありまして、少年連はもと上わ父松山帯びは例へやうもな
く、口々に想像以上に見事な掬もしい少年になつたといふ帯びと械激
の手枕が分麟長宛に挿山越らかてきてゐる程であゎます。衣に箔来若
くして幹部となるべきこれ等少年に対しては†分なる畢岡をさせる必
啓があるため、多救”武官や文官に上つて救拳、物理、化学、団謂、
地理.雁把等‥普通準出に各¥本学山教育が行はれ、少年遠は日竹に
智的に勝かわ理解力、判断力黎飛行兵として十分な御奉公の出水るや
うな観眠が毛はれるのであゎます。
 かくて将帥力、地力、智力、兼俄の少年達、即ち中等畢校三年佐了
以上上り来る申械油行稚料練習鞋は一ケ年牛、印民革扱高専科卒業上
り来る乙種流行稚科練習生は二ケ年中∽基礎教育を了へ、土浦海軍銃
察隙を卒業し待望の飛行訓練に入る頃は顔こそ少年らしい紅窮であわ
ますが、その洗い束カと強扱な怜力は正に大人も及ばれ嘩でありまし
て、彼等∽映は米英何譜ぞの気功に燃え立つて見るかトに相もしい限
りeあわます。そして基礎教程に衣で一ケ年近くを操縦、偵蕪専門の
練習銭狭軌において飛行訓触故に一官高度の心身の鍛錬が行ほれた上
年少十入、九故にして眈に国防‖坊一線に立つのでふゎます.
 今年も新しい少年が入放し、そして完成された少年が英米撃滅に放
え立つて卒業して行きました。彼等が鴇一線に立つのも間もないりと
でせう。あの布畦縄製、マレー沖の大殊勤に感激の眠た確かせた少年
遠山一部には、蝕に米英蔑軍と決死山格闘をつづけてゐる者もありま
す。菜牛山少年建は土油海箪航探険に於て近き賄来れ.睡夙を替ひつつ
勉革にいそしんkな小ます。本年七月十≡日には畏くも 大元伽嘩下
の行率む仰ぎ、土浦海箪析黙隙良一同ほ光発に践轍益上報軌の心を堅
くしたの百あ巾ますが、殊に少年遠山感激棋は桐ぐましい壌でち山ま
して、克くぞ自分は海媚少年飛行兵に入つた、それでむければかかる
発凛は夢にも染めないことであると涙を嫌L、中にほ父拇と兆に御迎
へ申さんと父栂の常時身顕職の陶に抱いて奉虹した少年もある軽でも
(40)
わます。この光築を押した少年凌が立灰な飛行兵となることほ普然の
ことでもbまして、彼等こそ水流く尿を心から男・り大破鳩山建な繊梢
に印めぐることであゎませう、と同時に・Jの少年遜り背後には多数の
軍国の父母のあることも少年達を強〈する力であるとと穀忘れること
は出来せまん。一人子を激和して迭つた父、早く父を失け女手二つで
育て上げた愛鬼に浜も見せずに飛行兵たれとすすめた母、この親、こ
の子に時の日本の婆を見るととができるのであります.
 来る十一月一日明治許宮外苑において行はるる海軍嘩挽こそは、土
浦海軍航演少年飛行兵∽意菊を天下に伺ふところのものであり、また
−」の意気とそ皇同日本全少年の意束でなければなら如と思ひます。
 大女花火頸館確立の使命は大和民族に秩せられた未曾有山南贅であ
わますが出南海なるこの共壌朗の鶉−擦部除として帝国海軍航法静蝕
の使命の電大なことほ今野甲hげるまでもあわません。
 徒つて海軍舶誅珊晩山族充に伴ふ飛行機搭乗員山赦を黎すること昔
日の比でない今日、全日本の有馬なる少年汚滑はわれこそ民族山狩、
海軍鶴舞邪険の一員として君凶に報ぜんの気概を望し奮つて少年飛行
兵を意印せられんととを切望して止まぬ衣籠であります。
         ハ十月二十八日政経レ