×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国を挙げて石炭確保運動へ 燃料局長官 楠瀬常猪

右溌と私が申すだけでも皆様は今さらながら、それは取ひつつある
く21)

我ポ鴎の牛所カを準芹雷七忙なくてはな・小山賛渦で告ノ、私共の生
活に必薮な物で蘇るコケを了¢々お准へになろことと存じます。い
ま、私兆は栽夜をわがたず大戦雫を動かす力としての前栽を凋り、さ
〜して窪んでゐるのであります。
 志を一つにする大盤印共用裔州の巾でも、とりわけH本、鴻榊閑及び
わが方に焔力する支那は柑兆に職窄と建設のために、ここ軌年来ひた
すら右頻の増産に鞭打つて「職果の蔭に右災あり」と申すく追試では
ない位なみなみなら山偉効をたててきたのであれ音す。浦料串奨上り
支群帯革、大東頭取革へと馳愉の減大進路すろに伴って、特に日浦を
中心とする右‖重刑鮮の急激な増加は、まことに戦時格済の戦時押済た
る所以妄りまして、架鋸業の亀つてゐる蛮大作務は筆や口に轟され
ぬものがあります。ところで、かや・りな情勢の年一年高まつて衆てを
りますところに、このたぴ日本の官托は戦窄を断ち拭くため、取果を
一群大東亜のものと†るために、不動の決意なさらに掴めて、この十
七年食下期において同を挙げて石架碓悍の犬逮動を展開することにな
つたのであります。Lかも、この騒動は来年度以後に放けろ戦時榊意
憩勢に一官強い筋金を打ち込まんとするものであります。
 そこで下期邸ち十月上り明年ニ‖月までの右淡確保について周が決意
したとにろのものは、去る二月の閣鵡において「昭和十七年度†昭石
浜封策に粥する件」として決ハ疋せ・‥れました封雑に表されてゐるので
あります0との関都決定のことは、皆様く既に新開やラジオを通じて
御承知のことと存じます.
 その野津襲糾を御児になるとわかるが、故に封鶴を照施ナベき時期
が来てをり、封雑の内ギはい.つれノづ手触り早く行はなければなら山こ
とがらであり、凡そ今日桁蕨促進のために堵へられることがらほ殆ど
網棚されてをります.さ
小心とするものであるが
ける方熊との鞠聯をも十
 封斡の内碑を皆様と共

この封策は一喝下期に於ける方錐を
臣汲にもある通り、来年痩以後に於
られてをるのであります。
し考へて見ろことにいたしま†。先
づどの万両の石淡の棉薦を†るかといふに、輪盆朋侍等を考慮いたし
まLて、弔測を九州娘、山口淡及び常磐宋の村薦におき、北海鎖鮎に
ついては尉料用瀬と瓦漸壊生址柑鮎の椅壷を†るのでありま†.それ
ならば北支流、満州淡たどは増産しなくともいいか上いふに、もちろ
ん均藍・ニJ貰ほなければなりませんし、また操力輸迭を榊るのであり
ますが、今回の封鱗は生額力難件の中心であろ日本円地においてでき
紹る限り石淡の榔侭につとめる捷前をとつてをるのであります。
 発表せられた封報は淡破の挫骨、生蛮、勢務、餐領及び作業用必儒
晶輪幾といふ五つの部門について樹てられてをり、これ等の部門に放
けろ刷新強化を断行せんとするものであります。
 前山の洗練の梓管部門でありますが、睨につくものは先づ「企業最
拓幹部の挿粥指揮の促進」といふこと下あつて、御帯革でほあるが武
具軍役の如き卒業の最高幹部が努めて現場に赴き、括ら采配をとつて
竹蔭の総力セ捧に沌身の勇を振はなければならぬのであります。それ
から「確琴正義の強化」といふ蜜黎な項目がありまして、これは一つ
の朋縮業の申で演の種類、、山失態力.輪逮捕況などか・h見て能率の漂
い架鏑や、それほど東野でない淡縮か・り良い淡鍛に弊務や賛材の配竣
複数Lたり、また同様に招驚のことなる架領お互の同でも帝接や賓材
を融海し合ふことであつて、この新政府や統制倉の決意もさることな
ポ_企男砧縞幹部の噺千人dっ甥H的措辞の竣鵡}切招いたLます。衣
に「石淡穴入禰伺金の村街」であるが、これほ政楷が茶十七年辟の上
(出)
                                    調和用
租に於けるR人柄偽金の確和を†初のん人めに紹ナのであつて、日本石
奴株式禽址のR入架椚を上期にくらべて鵜苫り山川見常引き上げるの
でありま†¢これは今回下期のために設けられた特別弊鞄金と和侠つ
て汝鉄の接算に詩興するものがあると信じます。
 共に生童に淘する部門でありますが、下期に於ける生産目標は線睦
的に定められたものを、さらに地域的にまた鮎銀嶺に定めるのであり
まして、生産に必醇な賓材とLて朝来、銅板、鋼管、鋼如品なとの必
算盤はどうLても雑作いたトます。さうLて従来の棉豪は棉薙期例の
短かかつたせゐもありませうが、梱ることに非常に偽つてゐたのであ
りましだが、今回は指摘をするとともに坑覇潮進の糖繊、災宰の防止
を観つて、将来の増意に対する用意も併せてするのであります。
 琴二の雰塀に鞠する剖門は、桝竜上程めて式弊でありますり恕表せ
られたところに上りますと、努務耕を充足するために旋媚拝顔譜に電
幾をおいて一般青壮年の供出を嘲り、また勤労湘開陳の一席有数な活
動キ促すのであります。努務智を災破に定潜させろために、勢務触係
の話法令を鞄行し、またプロ−カーを堀給つて淡緒労務者の引き祓き
を防ぐのであります。労務管理ほ脱鈷に放ける生戻の東大な嬰譲であ
りまして、との仕革を翠に労務械の事務程度のものとLて噸扱はない
で、重役、所長以下幹部は挙げて労務管理者たるの吏構へで大いに砂
き、また特に現態係負ほ仕事に首つて常に帝狭者に壊するのでありま
すから、労務係員との陶係を帝接にするとともに、勢耕者に対する指
背約立場を教挿することを強調Lてをります。今日、安飴において
は、古くからの額残菊に代つて新しい内地の労務者、朝鮮上りの雰務
者、農村及び都砂上bの勤労報執除などが入つて来るのでありますか
ら、苓務替粗の電熱牲位曹軌比でほないのであります。
 さらに妹鎚に於けろ舵梁時隅.交ヰ制.休H、持金亥沸方法などの
政義にエつて統繋準放び能率を向上せLめ、また慰安娯柴の施設に一
段と工夫して帝妨済をし丁澄刺たる心身を似て働かしめることは、穎
鍍側の背竣穀促Lてをるところであります。真金、飴輿であbますが
穎鉄筋務は地下激烈な仕事でありまして、一般地上弊務者の収入にく
らべて均衡を失はないやうに特別の措紀を考乾せられることになつて
みります。
 妨四の食和放び作環川必舗品に槻する部門とLて、これ等の物資の
棉融に努めろとともに、汝鍬購買身の榊極的活用を執ろことになつて
をります。
 鵠五の愉造に槻する部門でふbますが、右端の呵売に伴つて埼達を
Lなければならないのでありまして、これがために下期に必坐な配給
せ山確保に封†る考艦が梯ほれ、また石浜の放送上冤黎な役錮をもつ
ところの機帆船に封する統制の強化、放送及び荷役の能率山向上、甥
印換凍力の増強の如き諸手段を識ずることにいたしてあゎます。
 以上の如く、今岡の石躾封策はいろいろの方策を内容としてをりま
すが、何といつても先づ杓恵方両に力む入れて出蛮する⊂とが司みと
れるのであります。そこで考へて見ますと、如何に政府が各般の封鮨
斗「講ずるとしましても、大敵牢を箆行Lてゐる今日、右菜としても何
一つ申分‖ないあらゆる手打耕つことは容易な.巾ぎるものがありま
す。従つて、そこに業界の創意とエ犬とに大に侠つところがあると息
ふのであります。
 私は種々の梢錐に直面しながら、特に不平を唱ふるのでもなく、獣
欺として率先垂範、身を似て穎鍾丙鉢の改者に努め、人心を頼んで出
崇増加の繋を挙げてゐる数多くの漠銭の為ることを承知してをむま
(望i)

ナ∪穿するに土下表協力して必ず右鮨女出トて見せるといふ常軌の
十分溢れると妄勺必ず能率が向止するのでありまして、東瀬首脳部
においては、今風の封熊にあ豊すところの陣萌指揮のもつ意義を十
分に甘地に表していただきたいのであります。
 なほ私ほこの飯倉に年々故意械充キ京之1来つてゐる演鍵葉巻、従業
老托君のカ粥に勤しま心より敬意を表†るとともに、騒蛮着たる国民
表は前線の勇士の如き演餅掟薬譜の奪取に封し常に腋謝の念をもつ
て、工業事業軍家庭などの燃料山合理的な俺巧節約に毒り工夫
を凝らし−ぜひともその苦界に酬いられんことを切望いたします。
 敦蝕の行政に関する大きな部分は商工省”所管するところでありま
すが、なほ各省それぞれの所管乃糞陶係するところも多いのでありま
すから、この摂政府は石盤純件のために、総掛hモカな拳す”だとい
ふととが、今回の雑鎖決定となつた所以であbます。さつして、閣議
の決定の木には打つべき具盟約の手がいろいろとついてをりまして、
抽象的な決史でほなく強力な慣行の坪つてゐる万態であhます。
 本封報の†苑につきす・Jては、政府各省りみたらず各府琴それか
ら早り石奴に限らずすべての開拓横倹瘻蜩本産業報頭禽なとでは
向上わであhますが、先はども申しました如く何といつても淡破それ
自身の蓋といふことが鵠こであトまして、官竺致、詑難を排して
国力を石淡り確保に抹〃く意味からして、時を移さず十月≡8王り来年
三月末まで挙国石淡確保運動∽泣制をと山、木封熊山速急にして放果
ふる外港を留ることになつたのであります。右腕統制禽としても汎に
 括挿する秋を迎へたのでありまサ。奴頻の首脳部批に従業潜詣弔わ
 れ等演嫉の敢士は放て疲れ女神卜ざるものでありま†。命のや巾とり
 の敢申に疲れたといふ宮繋があるべきではたいのであります。われ等
は油斬なしてはいけないので吾ります0増産の向ふところ、敵米英の
                    ハ十月六日故丑)