×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


の建.簡叩


























R」.
の役を買つて出たビルマ人丸あり
まLた。
 皇軍が村に入ると、心からの敬
迎を示し、男物なとをもつて来て
兵験さん達の渦をいやL、弟土建
の東持を取りなく明るく元東づ
り、畠軍の急遽な進撃を助けたの
もビルマ人でありました。
 常に、ビルマ摘☆義勇宰ほ租粥
のために銑をとつて血を眈し、イ
ギリスの軌革無難と白兵取を演じ
た部睦もあります。
 ビルマ人の日本軍に封する協力
ぶりを、我が軍の挿粛となつた滞
介右軍の一賄捷は大のや1に地べ
てゐます・
「ビルマ人は極度に我々を扱ひ、
うつかりしてゐると、片つ瑞から
捕虜にされてしまひ、やられてし
jふいビルマ人の日本軍に封する
協力の熱意は不思議な観である。
反対にわれ等が部落に入つても、一
握りの米すら分けて興れないっ桔
嘩我々は迫ほれ通Lであつた。」
 故の一将校ほか′基岬つてゐま
 す。
 イギリス軍、帝介右軍は、皇軍
の象進撃に撃滅される一方、終始、
白木軍に笹刀するビルマ人の敵意
 と反抗に情人堆かなければならな
 かつたのであります。
 イギリスとイギリス人はビルマ
とビルマ人の蒙犀を抑へ、魅池し
つづけて釆まLたが、日本軍はこ
のビルマの抑制者を醇建するため
に末たものであることを、ビル†
人ほ本能的に知つてゐたのであり
ます。
 ビルマ人の日本軍に封†る枯野
的な借侃は、もちろん、集一線の
日本の兵放さん達が如何に正しく
戦ひ、ビルマ人の感軌をかも得た
かを力狙く物語つてゐるでありま
せう。今は、日本人なら、ビルマ
全面どこdでも埠身ナイフ】拒も
たずに出かけて、すこしの危輸も
ない程であります。泰とビルマの
執境を準えて、曳宰がビルマに入
つてから、後方で軍用扱一本切ら
れたこともないのであります。
 日本は、ビルマの民衆に、日本
軍が衆たため事前になれたと、心
から賂謝きれるやうにならなけれ
げならないのであります。
 すでに「ビル.、人のビルマ」と
いふ、ピ几マ払設の大きな目標が
(32)
かかuりられ一−した●ビルマは、bH
太宰の軍政下、8木の保建と指執
に上つて、耗々しく、目覚ましく、
モ生の一賂を汲んでをります。
      ×    ×    ×
 ビルマの捷設は、全く磨塘の中
からはじまりました。
 ラン〆−ンもマン〆レーも、鼻
祖なイギyス軍、互駐軍の手に上
つて搬底的に破壊され、一度は焦
土と化したのであります。ランク
ーソやマソ〆レーばかりではあり
ません。ビルマの銀題藍仰の定昇
都市、イラワジ河の時の工業都市
は血の忠雄な焦土戦術に上つて、
常勤では復興も先つかない程の破
壊を被りました.
 空虚革の如きは敗建に普つて、
部落を禄奪したり、由沸つたり、
飽くところを知らない非人沼ぷり
を襲押Lました。この山車だけで
も、ビル▼人の憤激を臼ふのに十
分だつたであゎませ与.
 ビ牡丁の舶噂は、さ・Lた拍“と
と駿盤のヒ仁力軋く、魅めらわた
のでありま・丁.
 畠軍がラン〆−ンに入城したの
が三月入日、それから学年と−寸
しか樫つてゐませんが、との庖い
時日のふ間に、挽けた都市も牛は以
上復暑し、ちりぢりになつてゐた
佳良ほ、入∵九朗、師るにいたりま
した.一フソ〆−yの捉興の駄を見
ませ与.
 敵の焦土戦術で、電繁、水道ほ
もちろん、あらゆる機睨は、破鵠
きれ、島村が入城した昔時のラン
〆−ンは文字通り、死の持となつ
て、荒れはてた市内には洩げおく
れた民衆が、只右往左任してゐる
ばかりでありました。飴色なほく
すぷる中に組枯られた我が軍政部
は、先づ、手はじめに、市内六ヶ所
に路上の市堵を設け、収敢ず、H
桐点や食柑品の坂常に普らせまし
た。また、交鵡槻湘として、人力
革や烏革をかり出して、これに昔
てまLた。
 噂媚‖H仁た′りじつたラ/グ・
′は、ビル†人の魅力を持て、涙
ぐましい復興への翳力がづづけら
れ、すでに電気も一般重要地背に
配電され、水道は全く亜億されま
した.商店待もめきめき増し、.ハ
スも走るやりになりました。
 かうして、ラソ〆−yはビルマ
として初の市制が布かれることに
たり、去る十〓日には市長に前ラ
y〆−y大卒印組長り・セ博士が
任命されました。まことに見壌へ
るばかりの復興ぷりであbます.
 中年放りの聞に於けるかうした
復興を土毒にしてラン〆Iンは、
たゆまず、再逮への延を歩んでゐ
るのであります。
 マン〆レ1もしかり、タウソ
ジ、モールメy、プロlムなど、
ビルマの主宰朝市は何れも渋刺と
活動を開始してをります。
      X X X
 ここに特筆しなければならない
のは、ビルマ防触軍の柏蛾であり
ます.
 さきに巾Lげましたや・に、ビ
ルマ掬立耗窮革は、畠宰のビルマ
作救に脇力し、一列生ビルマの再さ
にあつい血を流Lましたが、♯か
しい任務を経つて新たにビルマ防
葡平に編成きれ、去る入月二十四
日、坂田ビルマ万両最高滑拝官の
挽兵式が行はれました.
 新しいピル†の肪衝といふ互い
任務にふさはしく初秋されたビル
マ防斯平に封し、坂田最高指揮官
は、
「ビルマ妨海軍ほ余の統率の下
に、日本軍と一睡となり、ビルマの
防衛に任ずべきものにして、†に
ビルマ嘘軍の中堅たるべきなり」
と力戦く却示したのであ寸まナ
が、最高指揮官の期待に耶はうと
するビルマ人兵士の眠は、繋粥の
色に坪き、「所有ツ」の執念も辞
かな日本語、人員を報告するビル
マ人特攻の革は、慮動に†へるば
かりでありました.
     X X X
 さて、バー・モ件士を首澱とナ
るビル.の中央行政槻嘲が成立し
たのは、去る入月一日であり王
く沿)