×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

印度猶立運動の瀞来
∨ヨ眉届一周増当り
 印兜は北は世界最高のヒ了フヤ山系から、雨は三リソ岬に及ぷ約
五雷芋方キロ日本全土山約七倍平に亙る地域み■占め、又そ∽人口は
椎淀約拍億に透する一大的でふりまトて、時に地大にして吻多き世界
の】犬サ庸の名に背かぬので泡ります0
 元来紗たる叫島囲に過ぎないイギリスが大英靖腎し栴し最掟迄世界
に閥歩トた所以ほ、この祭泄頻に亙る鹿大な版掛斗領有しこ九が拍頓
に上つて肥え太つて来たからでありまTO従つてソ聯やアメリカ等と
は全く臭わ、杓民地はイギリスにとつて焚にそ山動脈であわ、手足で
ぁbせ†.その播民地中で丸特に印鞋ほ如何なる他の摘用地によ銘つ
てイギリスにとつては悪質な地球地であります0イギリスが印度む領
有することに上つて得た利益が如何に大なるもやであつたかを物語る
革女を址べてみますと、イギリスが凍印度軒杜に僻散を命じ、印度を
正式に白河の領土であると富Eたのほ今から入十凶年前竺入五入
年であbます。尤もイギリスが革守↓印資を領土し」した∽は長かに早
くそれ上り冒年前即ちプチツ丁∽取れあつた∵七弘七年は禁∵」と
でありますご1の頃イギリス木噂に黎Jはヴイクトリヤ女王∽治下に
漸く藷弊革命が成就し、それ以前の貿易商共に上る堵欝…増加、郎ち
いはゆる零領鼓穎から榊械工邦にヰる大党軒津山いはけろ革邦、丑穎へ
移らんとする時代であゎまトたご1の時代に於て牌蒙五官亀甲方キ
  情報榊帝三部及 掘   公 一
ロ、アジヤ山根人口望亮∽二者する印牒む虚有してゐるとdでJ
とは、】方に堅Jは生薦原料れ搾和、他方に於ては生産品山眼究市勧
の確持といふ二玉山まを斉し、その折果は悪弊主義的樫鮮血梅山荘上
市辟なる語廉への拍革をかけることとなつたのであります0彗写れ
ば印乾の領有に上つて初めてイギリスは経弼的に世界に砺を唱へ得た
のであります。更に政治上、軍卒↓から見てイギリスが印姪を餌有す
ることに上つて得た利益は何であつたかといふに、近世に放てイギリ
スがスペインを放り、フランスを屈せしむるを得たのは−耳にイギリ
スの海軍力であり、Lかもかかる大海軍の捷設故にその推持を可碓な
らしめたのは、印度搾取にJるイギリスの官に上るものであります0
 現在に竺」もまた印定のイギリスに対する貰簗性は、形式に於て蝉
化したにせ上、】雷八的には背と少Lも撃つてはゐないのでありますq
例へば過去に放て印庶はイギリス覆柴の眼繋市蝮と卜て、正に資本の
授雫市場として山意表が短竺し大きかつたのであbますが、現在に於
てれ喝鋼、ゴム、攣ウォルフ…、鋪等の屠大な革帯溌轡咽
小琴茶、羊毛等の葵大な生活資窄また最後に英帝閑全人口の入倒
を占める約均億の人口にJる戦時動員上の人的賓琴和庶が供給し糊
るこ竺“つの賓響しそはイギリスり歎命でムるといへま小〜¢戦時に
ぉける印度のイギリスに勤†る烹鋲は、帥竺衣大政に放て抑圧がイギ
(3)

具に翌て悪寄彗た敬字のた上つても苦戦雪六三古
人−非職閑貝竿七慧を菅、職撃垂ハ千慧/ド妄聖芸
るのな見てム虚ひ牟ばに渦ぎるものがあるのであります。かくの如く
印庶はわが鱗土妄隠の没することなしと持つた襲帝担詣で・蒜に
そ美貌たり、纂線たる芸性芸†る山で矢玉れば、品
伊の志和呼型1る攻勢の前に、未曾有の盃触に瀬してゐるイギリ
スとして竺贋印乾の軍中性蒜厳し芸ることでありませう。
 言で昨今、革夕の新開を眠ほし芸る印度淘立間常時に反英渾加
につき申上宝警告ますが、まづその双方の義を完しませ
乞印故に警最も有力な薗牲で昔頓芸名なガンヲの相称する
印篭音畏ほ、誉入呈ソペイーに警、印度慧に攣る決
鹿妻宗決して雷享が、これに上りま†と禽革沢の義与ると
−」ろほイギリスは郎時豊に完全なる組立を許すべ草である、撃几し
た印度にして初めて全力わ轟げていほゆる併合酔と払力外敵の侵略に
封坑することが出来るのでをるといふので誉ります。
 これに射しイギリスけ印度の現状を以では到直獅立は許興し得な
い・雫掌中宗ては殊にさうである、先づイギ又と彗せ上、払
らほ取後翌な輿へきとを約衆ナるといふのであb、かくてイ首
ス宗誠意な態姥に憤慨したガンジーが非皐力による反英運動開始の
和合を凹すにいたり、これに撃し英国側は∧臼ガンジ1表ハ慧を
開始し、とこに印度和立間閻ほ警激化されるに璽つたのであ豊す。
 杜つ†些押たる印匪の粍丈喋別表来はこのイギ呈の印度に掛サ
 る警科潜と、印度人が抱懐する印琵人の印度建設の強き野望との抗
 申の締輿に聯つ<んる′雀あります0ガンジーネール及び7ザツト
 畔の洗肘郵の下卜今度開され1ゐる印度和☆醒勤が果して功む察する
配キ∴堵ヰへせしむペ〈、▲甲埋救生り措牡ほ、篭適の強さ上りも由さを衷
明†るが伽Lkと屁鞘漁を唱「てゐるものもあり、他界山輿紬の中に
もイギリスの⊂の昭馳政熊に不精を表明してゐる者も多数あるやうで
あbますが、何れにせ上印度和立窪動は前金多耕、更に一段の狂沸怒
瀬を瀾期写れ】句のであbます.
 鈷一一は印庶の和北野求が今後雀よ蛾烈となり、イギリスが政策上印
竣に珊允を許輿することが便宜と考へた場合に、イギリスの執る印度
懐柔の手でありま†.この場合イギyスの許容し得る掬立なるもの
ほ、現に弔目上の摘故に過ぎないことは自明∽ことであbます0名と
†の相伴ふ掬立を印資に辞すことは、それがイギリス蒲団り崩壊々意
味†るが故に、英留として考へ得ぎるところでふりませ〜.名目上の
掬立であるならば、由来♯刊主単軌ち名む冶てて†を収るイギリス人
のことであbますから、或は許容するにいたることも再茫}叫b得ない
⊂とでもないと考へらるるのであります.この行き方については印度
人の中にも相曹の兆唱著があるのであbます.
 辞しながらかかる姑息な方法に上つて印度本然の嬰求たる坪軍人の
印床軍規を期待し得ぎることは除りにも明白であります¢印度人は第
一家大戦昔時のイギリスの約束と、しかしてその後に来つたちのとに
っいて思ひをいたす黎があるのであむます.曹時印度がイギリスの口
早に飛せられて如何に苦盃を喫したかを簡単に回想してみませう0
 鶉】衣大他が鮒であつた一九】七年イギリスは撤野縫′後印度に粥
へるペ計種よの椚利を約束して印度人の協力を柑たのであむますが、
取後イギリスはかかる約束を履行するどころか、瑚つてPlラット法
といふ法律を公布して、印度人の政治運動に乾弛の眼を光らせ、珂さ
へ書出版の自由を♯ひ倍偽として堀なかつたのであbます.昔時卓
か杏か?印笑の開始した曇義は飽くイギ呈の苛酷なる紺地
黎排除し豊の天柑、大出詣兆壌闇の表として研竪印度表生か迎
へ得るか杏か0ことほ凡て今後詣嘉志軌蒜移畠憐憫券山処
遇に去て決誉れる間嘩で音字↑が、今こ蒜琴トつ牢イヤyス
の執るこ虚枯へ山方鴇が考へ和らわるのでラリます。
竺は印度£刑允叢が軌在新開に悪されてゐる如くに豊†ろ
としてイギリスが執る極兜の叩陛の手であゎ吾ノ○イギリスは正大危
槻に爪面すればす孟なほさら印禁絶傑せんとして死力女由すは台
明の埋であトま→0印鹿の鞄允要望山瀬にイ首スが易々とトて屈服
するとほ到慧一へられないわけで、粘り警を特徴と†るイギリス人
のことで†から、おそらくけ今誓書換へ晶九最へ、時に嘩して或
は武力に与る印嘩或は肝計に上る撃菅凡ゆる手段を辞して和姦
動の阻止に慧ることは判り切つたことで驚喜。現に和瑞班別の
火の手が斯く盛んとなるや蛮官顎は国民宗艦蛮人官用十九名を浅
挿し、その後畠碧い粥沢彗の逮捕レ身空笠務所宗神とむ重
囲に亙品行したので、これに反抗する巧行に上る慧荏亀に勃故
し眈に多数完璧を出したと報ぜられてゐる・併しながらその後印
度民衆による筋力襲愕未だ急撤違展を見ない模様で、表の槻測
は武力なき印喋民衆裟H力行動ほ英国官恵の哲丁且つ巧妙なる和駈の
前に約鮎される可能性な畏非ずといふにあるヤうであ豊†。
 英国芸新聞空の弼鮎政驚蓋し、+白附デーリー・メールの
如きは『ガンジ⊥沢違脚は既望年以前に行ふべかりしも筐し
 て、現に技揺するに止まらず、これを放逐せ上Lと毒してゐるので
 チリま†0尤皇ノーリー・ヘラルド紙は十日附紙↓に『印艦相野番地
 のかかる早繁る竣捕はガンジーその他の殉教教化ト、その底屯的繁

     l

 庚壌まろイギリス官背の手にエつて、無革の民衆五官の生命が♯はれ
 た丁ムリツツア事件を唯一つ瀾起しただけでム金印度人をして悲姐の
 涙を枚らしむるものがありませう。この悲劇に次でガンジーほ先頭に
 立つて不昭雄転勤を庫閲しましたが、禁錮大年の刑に濁され、一九〓
 ○年から−九〓ニ年にいたる壌勤も盗しく恨を苛んで屈服したのであ
 ゎます.次で山九二九年にはガンジーを指埠渚として地租手械、曳溌
 柑嘲、軍費年賦、政治犯人埠茨を呼娘し、完全なる掬立を好演すろ避
 動が起りましたが、イギリスは】而に放ては、サイモンといふ政治家
 な主班とする調査欄を印度に沢潰し、反面では紺地を独行し、ガンジ
 1、ネール父子、チヤンドヲ・ボース等も洩捕慈し、倉町〓礪七千
 名に及ふ大盤投撤を放てしたのであわます.かやうにして範一次大馳
 及びその後における印鑑珊立鵜動は、銀河におけるかかる押出と義挿
 におけるイギXスのいたらぎるなオ樽扱なる懐柔の手とに上つて脆く
 も泄流せLめられたのであらます。印党人がとくに戒心すべきは、イ
 ギリス人の巧官令色に惑はされて、名目のみの翔立を得、その代伊と
 して放火の中に投ぜられるやうな慮を繰返へさないことであります.
 小竺こには印度の掬允嬰戎更に蟻烈を極め流石のイギリスもなに内外
 の情勢既に非と見、名耳ししもに印費に掬立を許興するやうた帯態が出
 現したとしてその場合イギyスの執る熊報の手であゎます.
 印度の獲失はイギリス没落に拍革をかける所以であることは誰上り
 もイギリス自身が最もエく知つてゐるところで、イギリスとしでは如
 何なる犠牲を沸つても印度に掬立を軒輿しないやう努力することと息
 ひますが、欺榊に東亜に放牧に放頂を電ねたイギリスが、昭鮎の苧も
 憮柔の手札共に印乾を確保†る十分な方策ではないと和めるに撃つた
 とさイギリスは残された唯一の方鮨として、l應和庶の野求を容れ掬
(4)
(岳)


具に翌て直誓興した撃のみにJつても苦戦由邑六十三古
人、非職哲学七萌人を菅、職竺契千慧/ド妄出し芸
るのを見て息ひ学ばに姻ぎるものがあるのであ豊す。かくの拙く
印琵わが望妄陽の苧ることなしと持つた薫国り中で晶に
そ完熟たり、纂線たる芸性宗†る山芋のつ三れは、品
伊の芸柑呼攣る攻勢の前に−未箸完危澄彗て宝イギリ
スとして竺貯印度の婁牲を構感し言きとで菅笠う。
 賃で昨今、彗の新開を囁托して賀帥最高罵に反英宗
につき申上告響あ豊↑が、言その双方の義をl見し豊
う蒜医学菅有力な塵匝であ品芸名なガソヲの稚苧ろ
豊賢姦沢は、去る入芸ソペイと雪、印亀悪習る決
繁を可決して寄手が、これに言草と嘉沢の義与ると
−」ろほイ首スほ即時印度に葦なる翌を学べ宅]蔓、慧し
た印賢して初めて票蒜げていはゆる桝高と彗外敵の監に
封抗することが出来るので卒るといふので挙りぜす。
 これに勤しイギ呈ほ印度の現状を以†は到匠翌は許興し得な
い、雫讐中に放ては殊にさうである、先づイギ又と彗せ上、払
らは戦後翌穀彗ること宗整1るといふので音、かくてイギリ
スの不慧な笠に憤慨したガンジIが非莞に童反英葛篭の
和合を苧にいたり、これに勤卜英国側は合ガンジー表い蛤彗
開始し、ここに印度誓間屈は警激化されるに雪たので驚喜。
 従つ蒜攣る印匪の翌謡蒜衆ほこのイギリスの印度に苧
 る響耕彗、印繋が砲撃晶皮人の印装設の警量との坑
 申の締果に彗言るわであ豊す0ガンジd千ル及び了ザット
 筋の轟ポの下卜今民国されてゐる印度m諾撃削が果して功鞋冥†る
か否かF印庶人詣始した反歪制は朋くイギ呈の宗誉紺地
蒜除卜畿の天地、大豊非議の季上して新蒜度蒜生蒜
へ得るか慧0こ良几妄後蒜露光鼓蒜誓凶幣労山出
撃よつ蒜誉れる閃雫驚享が、今こ蒜翌つ芳首ス
の執るご一段彗山方難が考へ和られるので音孝子。
竺は印度蒜墓繋讐新聞に窒されて宝如くに豊する
としてイ首スが勒る極舷の和陛の手で驚芋Pイ首スは雲危
槻に屯面すれば†る捏なほさ品雲確保けんとして死力毒すは自
明の讐あh享蒜度の翌竃山讐イ首スが易芸トて霞
するとは到覧へられないわけで、粘品さ蒜警†るイギリス人
のこ去†から、おそらくけ今後・宇蒜へ品姦へ、時に撃て或
は彗に上品嘩或は肝計に上る翼と凡ゆ宣誓辞して翌迎
驚阻止に翌るこ良判品つたことで著書0現に慧払聖
火の手が漸く慧と誉や英筈欝は国旨課発育苧九名を窪
補し、その後晶宗訊沢彗の活妄望郷墓所宗抑と芸
園に亙品行したので、これに反撃る寛に上る迅勤ほ亀に勤故
し眈仁多敷完璧を出したと彗られでゐる・併しながらその後印
賢衆に上る笥薮巣だ急激蒜展を見ない簸で二般蒜測
ほ武力な蒜庶民衆宗力行割け英琶恵の撃且つ巧妙な晶彗
前に報醸される可能性なぎに非ずといふにあるやうで驚革。
 薔の簸驚⊂の紺毀讐蓋し、十晶デーリ1;1ルの
如きは『ガンジ11沢還捕は眈豊年以前宗ふべかりしも筐し
 て、単に投獄するに止まらず、これ宗慧上冒主撃てゐるので
 若草¢尤宴−リー・ヘラルド紙は十品彗に『印駐循坦藷劫
 のかかる早繁る建捕はガンジ立山他の殉教諾ト、その竜駒支
(4)
配を血可もへせしLUヾく、⊥印】罪救血庇り措敢は、竜志の姐さ上りも11増さを表
明†るが如しbと」反封鵡を唱へてゐるものもあり、他界れ熊輸の中に
もイギリスの⊂の和鮎政熊に不満を表明しでゐる老も多数払るやうで
あゎますが、何れにせ上印度粕立建勅は前金多難、更に一段の狂瀾海
瀬を漁期写れろ、のであbま†.
 執〓は印度の和北野求が今後笹上埠烈となり、イギリスが政策上印
喝に相立を粁粥することが便宜と考へた場合に、イギリスの執る印度
悌柔の手であります.この場合イギyスの許容し得る掬立なるもの
ほ、塔に名目上の掬血に過ぎないことは自明山ことであります。名と
†の相伴ふ掬立を印度に許すことは、それがイギリス帝国の崩攻を麓
映†るが故に、英国として考へ得ぎるところであわませう。名目上の
拘立であるならば、由来溌利主義即ち名む捨てて†を取るイギリス人
の亡とであbま†から、或ほ許容するにいたることも蔦モ}めり得ない
ことでもないと窄へらるるのであります.この行き方については印成
人の中にも相首の共鳴者があるのであbますゥ
 併しながらかかる韓息な方法に上つて印度本然山野求たる坪鹿人の
坪民芸を期待し持ぎることは触りにも明由であゎますP印費人ほ鶉
一次大戦普時のイギリスの約束と、しかしてその後に来つたものとに
ついて恩ひをいたす弊があるのであむます。昔時即定がイギリスの口
平に乗せられて如何に苦盃を興したかを簡単に回想してみませう.
 籠一次大職が鮒であつた一九】七年イギリスほ職軍法r後印床に輿
へるべを租上の欄利を約束して印度人の協力を柑たのでありますが、
取後イヂyスはかかる約束を履行するどころか、却つてP−ラット怯
といふ扶持を公布して、印度人の政治壌動に乾弛の胴を光らせ、珂さ
へ弟骨出版の自由を年ひ惜蝕として恥なかつたのであbます.暫時鼻
窪まるイギリス官背の手に上つて、無事の民衆五官の生命が♯はれ
たア▲リツツア事件を喉二つ想起しただけでム全印簾人をして悲岨の
涙な放らしむるものがありませう。この悲劇に次でガンジーは先頭に
立つて不服徒漫動を展開しましたが、禁錮大年の刑に威され、一九〓
○年から】九〓二年にいたる逸動も壊しく恨を香んで梅服したのであ
bます.次で山九〓九年にはガンジーを指埠者として地租手械、曳税
撤頃、軍費年賦、政治犯人籍放を呼班し、完全なる渦立を野水すろ盗
勅が起りましたが、イギyスほ一両に放ては、サイモンといふ政治家
を主班とする調査陶を印度に流速し、反面では和髄を触行し、ガンジ
L、ネール父子、チヤシドヲ・ポース符も洩捕投獄し、倉町〓瀦七千
名に及ぶ大政投獅を放てしたのであゎます.かや与にしてめ一次大政
及びその後における印聾洩勤ほ、鶉尚におけるかかる押出と其面
におけるイギリスのいたちぎるなオ一曙瞼なる懐柔の手とに上つて脆く
れ博洩せLめられたのであります。印度人がとくに戒心すべきは、イ
ギ少入人の巧官令色に惑はされて、名目のみの和光を鴇、その代伊と
Lて取火の中に投ぜられるや与な亀を繰返へさないことでありま†.
 鶉≡には印耗の翔立野求更に域烈を極め流石のイギリスも故に内外
の情勢眈に非と見、名梵ともに印度に凋立を許興するやうた耕地が出
現したとしてその場合イギyスの執る策謀の手であむます。
 印汝の喪失はイヂyス没落に拍革をかける所以であることは誰上り
もイギリス自身が最もエく知つてゐるし」ころで、イギリスとしでは如
何なる犠牲を沸つても印度に相立を許興しないやう努力することと息
ひまナが、欧州に東亜に放牧に敗曙を富ねたイギyスが、和鮎の手も
懐柔の手ム共に印資を確保†る十分な方策ではないと決めるに至つた
ときイギyスけ残された唯】の方熊として、一席印度の罫求を容れ和
(5)

允を絆輿しながらも、イギリス微温の謀略の手によって印度が大東亜
兆∬頑の一魂とトて日本に払力L、米窪新秋坪の類設に寄輿†ろこと
を凡ゆる手段を拇じで妨壊するに柑注ないのであります.正に一歩を
進めて考へますと、我乍は印度が兆亜に存在するといふ宗に上つて
とかく漢和に日印刷体の将来をトし併¢告りま†が、印竣がイギリス
から粕北を樺付するりとと、火災塩水発願の−員としてわが腎し凪の
協力をすることとは笛別して考へる群があるのであります.
 印度の掬立準勅の指導者達の中には美園の長い間における怠他に形
申され、瀬棚群雄以来の帝国の行励を往々にして誤解或は助解してゐ
る触があるやうに人見受けらるるのでありますd勿論加立運動の指牡
者の轟くがさうであると申すのでは決トてありません.帝国の晩意を
作解し、帝姐の報憩に共鳴する誉あるのではあり互1が、中には帝
国の県意を解言1美的の宜将に稲り、帝国を出て恰もイギリスに埠つ
て代つて印度の支配者たらん与ノる野巣を有するが如く看倣L、これ
を畔な大にして叫んでゐろ者もないではありません。かかる印度の指
甲著の蒜の態度は鼠に悲しむべく、憐れむべきものと息はれるので
あります8日本といたしましては印東の掲立捷攣義トて招き同情を
寄するもので、印度が米英勢力を鋭意し印度本然の蛮を具現した彗H、
日本としで印度を敵とすべき粥由はないこと勿漁であゎ甘す.
 ただ現在印度の掬止運動に封卜撫條件に拍手を為るbけに行かない
所以は、印皮相惑潜遠の背後に糸を操るイギリスのまあるがためで
我々はこれを十分監鶴するの必班があるのであbます.
 以上は印庶人の印度甥規上におけるイギリス側の妨省いはば外部駒
 由緒e衆にその内在酌挿礎についす二宮しなければなりません。
  面餅五官夢中方キロに近〈、人口灼四億を挿する大地域だけあつて
印軍人と一口にいつても、その中には政治的には閏挫骨革汲を初め回
数経常仇、ヒンア・ニサ・ハ、カータサル、印筑民邑堺昭代
書治弊等の講強晩があり、鷲宮語−宗教等に彗ては!ト警株
多枚挙に革ありま芸・イギリスはかかる邸多の政耗政喝人械、官
軍豪等の藁とそれに責軋誓頚甥措くべしとして多年の禁
かろ各種の芸、軋轢姦化Eめて梢瓦の分離な計り、その統妄
苧ことに成功すると共に、或は持に噴はすに利を似てしてこれを特
落し懐柔卜印確統治に利桐し来り、自らは統治の大網を禦ご項琵
これ蒜度人同志論攣雲るの方策を執り雪たのであb享.
 印床がイギリスの捷楷空琴して宅歪なる翌を毒し、印堆人の
印度を慣現せんと欲†るならば、イギリスの設けた弊である分離統治
政鱒に隋至差く、印匪に兄猥捺に圃£璧儒学、この思力
なる囲緒に上つて由庶上りのイ首ス琴刀の徹低的脱逐を刷ることが
先決條件なのであゎま†.
 最後にhが日本と印度との陶侍をみま†に、日本の印度に封†る破
密はすでに去る五月二十七日、苧ハ志和図驚Hにおける究條首相山
隈明に上つて「帝圃は、米英の兵力が、印庶に残存†る限りに放て
ほ、これ蒜底的に破挿せん与る、牢乎たる決意を有†る」腎炎明
されてみろので告ります8従つて印まに馳窄の憶摘が及ぷか否かは一
に印軍人故びにその謂堺破蓮の決意毒行力の如何に琴つてゐるので
あ呈†ご」こに琴表宗印庶の指独藷麺に対して、今にして瞬均
を誉ソ梅皇丁哉の後に始さぎらんこレ妄繋じものであり、印度指堵者
建が規在の天輿の慧の横倉を好く損み、宿年の駁撃を達成せんこと
 を心から所るものであります.
 昨年入月チヤ主ル、ルーズヴ完卜合作の「大西浄無季」中で零
(8)
鴇故は政治の形態蟄−尋持サる椚利を有し】、r暴力を似て中はれた主欄
と自治七を返潰せしむべし』といつてゐるのであります。この抽象的
な官等を印溌の現†に普て械めますならば、イギyスは印変人に粗丑
を粥へることであります。然るに現にイギリスが坪鹿に対して採つて
ゐる政熊は粗止建動を暴力に上つて紳髄し、無革現千の民衆の血を‡
兼、拷現に縄ぐととでほありませんか。東洋の旗冒に「口に密あり、
鳩に針あり」といふのがありますがこれこそ恰もイギリスの鹿丞政舘
を許する尽に造られた雷峯といつても島支へないのであります.
 印度の摘址とその光輿のために印度人がl教祖枯してイギリスの挫
櫓を破砕し、米英兵力を印度上り駆逐一滴し以て大東歪に於て完全な
ろ新興組立園として盤生する日の来らんととを、我々は衷心上り希望
する次♯でありせT.          ハ∧月十九日故老)