×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦時下の海運 逓信大臣 寺島健

 本臼の海の記念8に督りまして毒所懐を申述べたいと存じます9
壷亜執革の勃薮以釆、世界戦史に類例を見ない日監ましい大戦巣を
戦げられ、太平洋・印度洋に跨る購大なる水域を制転する皇国日本の
計む知れない底力には、全世界の人々が憑きの眼をみはつてゐるので
ぁbますご1れ偏に 大御稜成の下、拷鶴無空の陸海尭将兵の書註勇
敢の脇であゎまLて、渦に感謝感激の穣であむます・
 我が前は粗かしく世界鹿史を表する大業を急行してみるのであり
まして、この大御代に生を革け、この坂古の根菜を翼賛し奉るの地合
に煮まれましたことは、我三国烏は正に生ける放しありとの書びを浬
くナる衣弟であむまナ0
今後敵軍が如何に長期に亙わましても敢米英を屈伏せしむるまでは
断じて干式を収めず、如何なる困苦鋏乏をも耐へ忍び必ず持ち抜いて
見せるぞといふ決意は、国民の雅もが持つてをり、敵米英の野械を目
指して珂民−位は今、火の玉となつて準え盛つてゐるのであります・
取聖違のためお互がなさねばならないことは坂上わ挿山あわま†が
私はこめ換ゆるが如き開民の熱意を、海上への堆飛、海洋の爛拓に勅
貝しで行くことが、牢聖九蛮のためには勿漁のこと、海拘日本の永遠
の興監を堵ふためにもまた留めて緊要な♯柄であると信ずるものであ
わますさ
皇国日本が四面に海を頭らす海洋軒家であわ、我が大和艮鼓が海田

    震大臣 寺  島   健
 民として倍れた箕兜を僻へてゐることは、ここに喋々するまでもあむ
 ません.慈璧青年の鎖閑政雄は、我が国海弾車展の鼓史からこれを
 ∬まするときは、決して大和民族本然の肇ではなく、国民の間に秩る
 鬱勃たる海外考堆∽患を挫いて、洋々たる海洋性を有する大和民族を
 島印に繋居せしめ、山田長政−禦円朝兵触等に1つて象げられた牡畢
 に見られまするところの、海を恐れず海を我が物とするやうな票決な
 東映は失はれて、農地が妄び我が海岸に委を現はせば忽ち大麻ぎを
 猿ずるといふ揺巣となつたのであ〜ま†9
 明治推研の御艶美は銀囲の夢を二郡に打ち破つたのであbまして、
 畏くも明治天為は五符桃山御者文と何時に真布されましたる神宮専
 の中に「象には萬巣山波涛を砧朋し開成を伯方に宜布し天下霊泉り
 牽きに姪かんととを欲す」と御仰せ遊ばされ、ここに我が声は再び海
 同日本木東の婆に立ち腐ることが出来たのであります・かくして鉱か
 五十年飴bの問に、海∽塵むの瀬範はいふに及ばず、海海実に於きま
 Lてもまた水薦架に於きまLても列強に桝かの魂苧是い牽展を
 簸げ、と⊂に海国日本の碓ぎなき坤渉を報いたのであむまナ●大東亜
 取替の轟々たる取果ム我が海胎除り描梓に負ふところが多いのであむ
 まてあの壮烈なる上操作取に、或は狩九の下、或は敵盤の中に身を
 挺して正大なる任務に服しましたる我が商船験・」その秦軋負の鞋舌に
 生し耗き労苦を用艮は忘れてはなりません0♯洋無比なるあの大作血
く1)

馬場ならしめた我が彗協繁雀雲各歯の貰してゐるところ
でありま†。
今佃界の舵鮨情誓眺め写ると、今次欧洲蒜前磁界諾理
事八竜噸で、そ等英醜悪竺千電線嘲蒜有して彗位を
占め、米胃千嵩攣竺位、これに革ぎまして我が是が彗位
といふ暇雫あつたので若草q今次大戦l欝よりモて、英
国ほその後、常時その繋的毒↑にありました醒の船舶、貪捕楷、
斯霊叫貰して約亭最嘲を牟1に入れて劉杭してゐたのでありま
†。
管に闇雲世の情拙は繁叛烈であ豊し芸年富来葛の
イギリス側轡批納税堅丁放面舵噸で、竺昨8の大本誉変表に上皇
すれげ、帝掛警が陥発禁月十望でに琵撃たる敵屯は三
雲十歪≡見十三慧千雫敵性我が醍のみで皐均約二十入寵
噸の鵜島失してゐるのであ毒す0しか人品軸醒潜水彗飛行機
の油恍は讐鸞州となゎつつ宝のでありまして、敵の海上曝送挿の
混乱ほ想像に苧ないところであゎ、その油彗髄は】に満開庖に
隈つてゐると申しても退官でないのであむます。
 彗蒜が竺警モては、大志馳申開始前上品常多霊地
彗耶普品のために濃供いたして貰つたので普羊が、この反
の大棚蒜慧Tの劾故に上り卍にその同輩を増加いたしたるほか、硬内
豊川力山繁及び囲豊沼雄拍山ため、照妥物資の彗に警査の
照桝姦し、殊に研に我が制海械の下に入bました南方諸地域との海
 上交恋仲仰のためには、多禁腑隈を必蓼とするのであ卜まして、今
 日締は煙らあつても左とはいはれぬ状牌であり旦1。倍績準世界七
 洋抑州の我が海窪騨労を考嬰卜入れま†耽らば二屏大崎竺耶嘩か野
攣れるの…豊して、彗宝力忍は、芝急雫の嘉島
さねばなりません。
ここに海上旅迭力樹強のための海難詭びに造船政繋のあらずL卑甲
述べたいと存ずるのであります。
その竺は現在り脂隈を最も能率的に動かすことでありまTごJの
R晶をもちモて政府は取持海苧彗Vに基いて本年四月解約報せ
魯といふ特殊の法人を設立いたしまして−御用拾以外の漑舶ほ原則と
して政府に蠍用してこれを船舶軍曹骨に貸1げ、政府の晩鎗計悪む
完的に能率的に可航せしむろやうにいたしそたほか、これ草比
較的磯く見られて雷、しか姦悪輸鍵力を持つ確執瀬の渾航を岨
繊化して雲蟄山彗に活用するとか−妾な彗弼役薯晶や
に;に催め言の能率の向↓を拙るとか、軒部品力を讐御朋飴
の師b搬を利用†る等、あらゆる封熊を準レて一噸詣物土日も早
く目的地に響かやう努力いたしてをるのであります。
 準一には瑞腹の鸞であ豊↑が、外囲触の旅人僻上げや、皐耶の
補撃た薫川瀬完璧、沈挫折l規制帽筆力違嘉普の成果
は収めてみる等あり吾ノ・しかしこれ等ぎとは糖聴莞放として
は自ら槻変がありま↑ので、どうしても研池拙に霧鮎を敬いて急迎且
つ大食宗彗掛らねばなりません0そのために椒蒜せられてゐるの
 が計宅造船であります。
 即ち夏物賀を彗に敷が通常咋る胎の弛と委しを数種句に分けて
定め、これを独特檻唯型といたしまトて壷で阜早ノ〜且つ棋済的に、
 何年には何隻と計宅的に姥準して行く方鮨で挙りまTごしれがために
 は絹地史申艦を造ると同じやうな注文方鞍盲採り、その製塩の態常時
 も海笹∽軍艦捷造と粥節をとヱ元的に海睨の方で蝕悔して、椛頓に
く2)
亡れを†汚してまゐることといたLたのでありま†.しかして独祖他‥統
制何十専業役楠驚b鼎を活用Lてその山頂施を容易ならしむる次鶉であゎ
ま†。渦椴総選挙後の随時鍋倉で協賛せられた法律〓件と屯加挽算と
はこの計鴇造船を砥繁に僻地する必野に出でたものである⊂とは皆様
も抑水知のことと思ひます。ところで戦時標準型と申しますと前回の
耽卯大戦で米姐が洋山のポロ楷を急造して手を蟻いたことを想出され
はしないかと存じますが、耽が痢の馳時標準解剖といふのは、決して
粗卿漑放ではなく、漁船舛の構成塘が智慧を絞つて、出来得る限り胎
の桝遊を働也にして資材と手間とを省き大鶴栂の患船を促進†るのに
都合の上いやうに設計されたもので、将来の梅迦瑞革にも耐へ得る能
率的む船であることを申添へておきたいと存じます。
 酌三には船員の充女であります.計軍鶏飴の塗行に封脇して大怠り
纏良船員を必黎とするこししは申すまでもないことで、これに鮪へて高
等稚鮨準枚や海員彗成所を榊設し、また生徒の藁人員を砕やして大
東溢械な鳩りますほか、胎均免購の資格を席和するとか、船員の最低
年耶を引下げて閲民草根牢架と同時に使用L和られるやうに†ると
か、払々の封餓を講じてゐるのでありま†.
 私はここで、腎仙肝仙年の方々が勇んで船員として臆募イられんことを
帝ひますと共に、一方造船の試大なる国家の野謂に鑑みまして進んで
地脈桝欒に従事づれんことを折るものであbます0
 以上中細べました事項はいづれも敬時海迦政熊山中核をなすもので
ありまして、その所期の破輿を収めはるかとうかといふことほ、拘り
村鎚外山椚耗に関係するばかむでなく、今我が国の鑑師する大東拒牧
野山瑞垣、拙旭日木永遠の興旺に槻係する訳大耕なのであります.し
かも⊂れ時のととは政府k附耕舶係郷たけ∽力でほ繋規は餉析であむ
まして、一位河鹿の海革に閑する十分なる題辞と協力とがあつで初め
てその成果を望み得るのであります。
 乱酔のことを例にサるのもまた他山の石かと存じ†すが、興康湖山
英国民は海洋進出に上も下も火の如き熱意を抱き、英国の母は食邸悔
にその子供に軌へるに「あなたの食ペてゐる.ハンは絶て海を守る人の
脇でありまT。海に働く人に感謝しなければなりヰせん」。また犠に繋
がれてゐる、色祖せた貨物船を指さし「あの貨物船と魂組員が英国に
重した功挨は計り知れない程であbます。海は英国山侍でありますJ
と教へてゐたのであbまして、かやうに撤低した諷詠があつたから⊂
そ、英国は救世紀に亙つて世界の海洋を制鮎し世界に拙飛することが
出来たものと信じヰす。
一研つて我が国の現状は如何でありませうか.貯牢海事に粥する河鹿
の視線は晰〈晶まりつつありま†¢この記念日を中心として、普群譜
殊に革徒海洋教練振興倉の大事生年の人々の御重力で魯塁、三趨に開
かれてゐる海の展史合で、多放の人々が熱心に歩俄され、いろいろと
手帳に】田入してゐられるのを見まするほか、長崎丸搬長の武士道自懲
の造嘗に感涙を流される蟹沢を日の箇りにし、鮎に感激に喝へぬとこ
ろでごぎいますが、温憾ながら】般の海洋紬意は宋た十分とは申し難
いのでありまして、海洋頓曜を志すものも未だ砂く、お子さんや範さ
んを海上に幾るのを恐がゎ、海洋を別世界のやうに考へてゐられる向
も秒くない有様で、梅坪民族たるの面目を庚はしめるやうな事例が喘
所に見られるのであります.
 泉閑8本を天雄とともに解りなく粥欒に増えLめ未来永劫に不敗の
地渉を戦く椙には、一億執民が黎つて海国出たるの自兇に立ち、海洋
臣朕山系野性を馳紐L、海に働く人々に魯故を祢げ、進んで海上に、
くき)

患に汚することが雪大切であると雪子qこの笠せる悪
のと雲てこ妄腎本宗驚、海軍水管、慧”義が
薗められろものと確信いたします.
なほ海の宝日の七月=十日は明覚年明笑栗東撃の勧脚
b汽耶繋九に召されて海路御着がむく続夙に御撃漉はされまし
た、警翌伴い阜あ皇†ので、この豊トし蒜年初竿野の
驚日と悪賢急の叢、海蒜抑完彗苧ることといたし
たのであ豊ナ0との右現究は今、海の若人の錬成登として
雫島の雲彗商箪枚に召されて嘗、腎から今良かけて
革円を開放し表の純賢供してゐる等あ豊†ゥ
本年は大悪賢の穴只中にもかかは与敢へて各彗記念行雷
管浮モたのも、貫この時局が表と罠の賢進出の必誓
構威させるからであ豊TOどうか皆様は⊂蒜念豊契讐して益
草彗の電を彗、葦菅海宗として、七苛彗宅驚蛮
されんことむ希望して止まない衣輯であります.
                 ハ七月三十日放遊)