×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒海をめぐるドイツの攻勢

弼抑肘g……弼…画風胤窮居B似鳳凰
の倒海梯を欠ふに重るであらう」
と菰鳴をあげました.又チャーチ
ルは二日の談合で彼に対する不桁
任投照に兜丸ち
rエジデトにわける罪革的不孝は
有地域のみならナ盆地中将扮革汲
を先生に一熊した。耽々は五千以
上の兵を央ひその朽の大多数ほ倖
鹿となつた。大仕棋の破改作紫を
行つたにも拘らす多党の貯賦品が
故の手に汲つた。ドイツ碑の進撃
がトル∋、スペイソ、フランスに
斉した悪影中は未だ十分如ること
が山水ないが、耽々は預椰アジヤ
黒海に臨む堺術七バストポール
において、砕るソ聯と攻めるドイ
ツ軍がガツキと四つに組んで火花
を散らしてカ斡を演じ、徐にドイ
ツ罪のカが紗つてその攻略ナると
ころとなりますと、これにょつて
ドイツ耳がソ聯総攻撃の瑞兆を一
準にわし弛めてゐることは御承知
のとこるであります。、
 黒海は執洲とアジヤ大陸の間忙
ほぽ椅榊形をなして横たはつてゐ
る海でありまして、泊梓に栽林が
多く、海の水が黒色に見えるので
東海と名づけられたといはれてを
りまナ。北にほソ塀のクリ・モヤ牛
鳥が熱海の小火に向つて突き出し
てを妙、そのクリミサ中也の南の
備にあるのがセバストボールの笹
薮で、ソ塀泉浄檻除の秩故地とむ
つてゐたものであり、南はトル〕
のボスポロス・〆−〆ネルスの海
瀬映を以て地小海に放じてをy王
ナ。
 この黒海篭めぐつて北から米へ
かけてソ聯摘にトルコ、西にルー
▼■−ヤやブルガyヤの鞍々が促し
(祖)
てをり、ソZ領から松ドン何とド
I、ユアル何の流が爪海に沌ざこ
み、ルーマqヤから接触糾緻済の
動脈ともいふべき〆−ニープ河が
流れこんでをりまナ。
 きてこの烈晦は賦史上どういふ
役割を映じて衆たか。お即をすす
めて点ることにいたしまナ。先づ
北のソ聯忙とつては、帝政ワシヤ
の背から剋海を換り地小海への湖
のH‖を求めることはその願望と
なつてゐたのでありまして、熱海
への川じを附いたのはPシヤ杜凶
の父ピークI大脊の時でありまし
た常時のワシヤは港を】つも持た
なかつたのでありまして、北の悔
は一年小の頼んど大部分を水にと
ぎきれてをり、西のバルナツタ海
へ山上うとすればその切掛ひが盛
んであつたスウェーデンと野はな
ければならなかつたし、鴇にはト
ルコが推へてゐたのでありまナ
が、ピーク一大帝はトルコがオー
ストyヤと戦つてわる隙に乗じて
科に弛み灘梅への川口を附いたの
であり空ナ●
 時に四肺〓ハ九六年で我が図で
は元純九年のことであり、今から
こ四六年例のことであります。々
してその後ロンヤは絶海指揮に砂
カを統ゑつけ、南への池川の桝曾
を狙つてゐましたが、下つて十九
世紀忙なりまナと、トルコの妙ひ
は腑く衷へ、ロシヤはそれに釆じ
て黒海から地中海をのぞかうとし
併せてバルカン師団を侵略しょう
としました0
 この情勢忙不安を感じたのがイ
ギリスとフランスであり英併はト
ルコに机して、Pシヤと蛾ひ英他
の聯合艦隊ほボスポリス海映を油
池してPaヤ叔除をセバストポJ
ルに租ひこみ、的一ケ牢に五つて
七人ストポール攻軌職を演じた後
これを隕淀川させたものでありまし
て、これにょりワシヤは速に南方
池川を放兼することを命俵なくき
れたものでありましたQ
 更に下つて簿−次欺洲大戦常時
はどうかと申しますと、大塀前ド
イツはベルサンから心見にのぴてボ
スポロス鮎映に臨むトルコのスタ
ンプール、常時のビザンチγに
出、ここから更にのぴてイラクの
バグ〆−ドに川上うといふ九万鵡
川政節を抱いてんたのでありまし
たが、その牌門ともいふぺき鵜海
から地吋海へ油ヂる海映を抑へて
ゐたトルコは節“次大塔Kはドイ
ツ側について立ち、英偶の舷除が
黒海に入ることを計るきなかつた
のであります。
 もし英悌聯合挽粋が黙海に入り
ウシヤに解除と鞋帝品を逸ること
が出水たならば、リンヤは蛾争汲
中でもろくも崩れるやうなことは
たかつただら与といはれてをりま
ナ●
 帝一次火域では欧洲正面の西部
域線の職ひが長びき、破局の中心
となつたため、一般Kは北海方南
の倍数は傲り挫日きれてをりませ
んが、黒海はかやうな役割を果し
たものでありまナ0
 今回の僻l哀大槻には拘ソ戦が
展榊げられ土すとソグイエト#は
セバストポールの奨裟に上り、そ
の管徐には袈海碇験牢っかべてド
イツ黎の中南部進野を卒倒し、そ
め腹背を衝く盛砂にあつたのであ
りましたが、これをわし汝きうと
ナるドイツ軍との悶に吹払七ケ月
の敵耗を行ひ、速にドイツ、ル1
三♪祁の軍門に陣つたので旬り
まナ0
 ドイツ舛はこれによつて脊鶴の
憂ひを絶ち拡瀬を慢つて寄るしく
作液の出山を禅、黒海の北の方に
もロストフ、ハyコフなどのソ#
の小誇部塀頼に殺伐ナるにいたつ
たのでありまして、ひたねしに遊
堺ナるドイツ軍は、駄にドン河の
親を突破してをり黒海を失つたソ
聯の打撃は大きいものがあると小
さなければなりません。ロスト’
から南に弛めば漑ちに石油で名耗
いコーカサス地方でありまして、
ソ塀の石油年産耗の約入刺二千六
首萌トンを出してをり、ドイツに
とつても東大な蜘心企もつとこる
(29)

であります●
      )へ    X X
 さて泡後に熱海の紳洲上の役割
を巾し上げて軋ませ・ワ0熱海の治
梓は非常に鹿物に澱まれてゐると
こるでみりまして、親和桝海汀の
末梢険洲、つまりバルカン地方は
穀物が多くXル1▼;ヤは北海汚
の唯今小し上げましたコーカサス
と炎に世非で相野の石油む務地で
あり、正に熱海の北海梓の一群は
紫畔といはれるウクライナ地方で
ありまして、ウクライナ地方は鹿
庫物にむいてソ聯金庫耗のこ剰、
又右腕や蝕において的六刺を出し
触糾、機械、皮串、北申エ巣が行
はれ、外海に淡ぐrエエデル何に
つくられた大水力獲せ析の墟カを
潮力として、その周囲にはソ塀隣
るのであ’まして、この地方から
ドイツに封し穀物や綿花を捻出し
ドイツから農具品や工業品を男ひ
入れてゐたのでありまナ.ところ
が氷雨欧洲からドイツへ造られ
る品物は常娘つた農建物であり、
陸上の粒迷は浬繋が耗くて引き合
はないため、一且黒海に出て、そ
こから共槻やギリシャの舶に錬込
tれ、地中海を油つて英担めyグ
アプールやP yドンに睦韻きれ、
そこから更に北海におくられて、
ドイツやベルギー、オヲン〆など
に砕入きれるといふ癒賂を満つて
ゐたのでありました.もしかうし
た無路をとることなく、ドイツと
東南傲洲が経ちに鏑びっくことと
なれば、その貿易蝋価ほ飛躍的な
故戊をとげることが漁懇書れるの
イヤ、ブルガサヤ、ルーマ一【ヤを
耳いて流れ、熱海に挫いでをりそ
の企及は二八五〇軒ハ約七官朗)
に塗し、日本で一番長い鶴牧江の
三倍平に懲りヴオルガに次ぐ換潮
解二の大きな何でありまナ。ただ
この河は袋物の耗絃に不伐ないる
いろめ脚囚、例へば上地が忠雄に
なつてんることとか、敷けられた
構が何れも俄くて大きな舶の舵行
むさまたげるとかいふ醗担があつ
たのでありましたが、ドイツがこ
れらの貨物難聴に不鶴な鮎をとy
のぞいて、〆ニュープ河を水路と
して鹿デるやうに努カしたのは尊
一次大林からのことであyまし
て、今庇の戟争ではこれが盛んに
利用きれてゐるのでありまナ.
 ナナス・ドイツは早くから、こ
の〆一】ユープ河とライン河、この
ライン河は〆A A−′河とは逆に
ドイツ拘内を西北に向つて北海
ハ北の海)に注いでゐますが、ラ
イン河とを搬びつける鵡河をつく
ることを計空し、既にその一部は
完威してゐるのであ申まナ。この
計丑が焚現した塊には敗桝の衣玄
粥ともいふべき鳥海と表玄沖であ
る北海(北の海)は〆キュープ河
によつて耽経つながれることにな
るのでありまして、黒海は今後の
欧洲の新秋序完成に醸して亜大な
役割をもつものとして相常注巨き
れるものと申きなければなり士せ
ん9ハ七月十一日水虫)