×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国民生活と医療対策 厚生次官 武井群嗣

大斑鳩[雫は川危地鳩の椎大なること、作他地域の増大なること及
び患解の鞘げられたる職果の博大なることに於て健弗織史上讐しその
比を臥ぎるところであり、閑宗しく感謝感激してゐるのであります
が、近代馳の帖臍ハとして正しく長期牧を覚悟せねばならねところであ
り、且つ明察他力槻として二協凶比組カを挙げて断ち拙かねばたらぬ
のであbます0これが馬には閑杓の一切を琴圃絶進鞘の椎制として妓
倍することが樋めて繋牢でありますが、その槻木与るところは人の
開祖であり‡すQ国民の生汚を如何なる時如何なる翌邑も勤措†る
ことのないやうに安定させることは−兵力根強の源であり、生産力横
充の鶉l弊件であります.
 申すまでもなく、国民生活の安定といふことは、その関係する部面
が濁る滞汎であり、又その内容に放きましても、極めて複雑でありま
†が、国民保健の岡闇はその〜ちでも悪弊なことがらであbます。所
謂無病息災で暮すことは御駒に#す敏一の耕であり、又軌民を撫病息
災ならしめることは政府の籍†べき最初の仕手でもありま†。否今日
は輔弼息災だけでほ済まないのでありまして、病気ではないが身鰹の
狙い人ほ速かに丈夫になり、又北東な人は−腐強くならわばなりませ
ん・所謂丙域は乙墟に、乙埴は甲種になつて醍力奉公の切を鶴さねば
ならぬのであbま†ごあや〜に国民性力の向上を関ることは図民牲
力法の塀雄ふところでありまして−その内容につ已良去る五月・二
日の夜、−Jの輝から申上げた確りであbますが、空し、現せの間顔と
して、世の中には不孝にして病気に悩まされてゐる人も抄からず、又
病劣しても珍疾治療を安くべき憾師がゐないといふ地方が未だに和箇
あつたり、その上に野醍教の偽拾が戎ほ負債となり或は狭艇の生計を
 困鍵に終らしめ<ゐるといふ溝例も決して秒くないのであります。杜
ひまして、国民世療の岡屈が南民生持上極めて正夢な事柄であること
ほ改めて申†までもないところであつて、この間領を解決†るに非ぎ
れは図民生括を変位せしめることも、又国民の櫻力を向上して、如何
なる犠難にも耐へ侍る剛健なる国民を増毛することも同級でありま
ナd乃ち政府ほこの軋に琴〜恩ひを致し、夙に各拡の万熊を細rてゐ
るのでありま†が、この際特に申し上げたいことは今岡国民野村法を
制完したことであbます0この法律は去る筑七十九囲邸ち今年の春の
帝国満身に於て協賛を撃J故に公布せられ、その】部ほ眈に筆施され
てゐるのであbますが、四民簡療の制度上刑期的なものでありまし
て、前に申上げました国民性力沫と相並んで国民保鍵に掬†る二大法
典を馬すもので参ります.
 この国民腎療法は現行の野師法及び歯科野師法を統合規定し且つそ
の内符を略鰯すると弗に新に日本野頼蝕を設立しやうと†るのが大拉
の骨子でありまして、極めて頻汎なものでありま†が、今日ほ国民生持
と陶係の深い主穿な駄に就きまして〓、ニ示し上げたいと存rます.
 筋一に申し上げたいことは、従来障師及び曲科野師の頓介に就きま
しては、はつきりした規定がなく、l般に腎券ほ病気に拝つたときにこ
れを治す者であつて、汲め病気にか1らぬやうに、又身紐な一席丈夫
にさせるやぅにすることは欝者の仕事でほないといふふうに考へられ
て来たのでありま†が、今慣法律を以て野師放び歯科軍師ほ治抒の方
面ばかりでなく、保健の方南即ち健験増進、他力向上の指導につきても
富い職安を荷ふものであることを明らかに規鑓したことであります。
 革言申し上げたいことは、野者の分布を蛾るべく全簡約に公平に
し、都府には軒並に榊院があるといふ乾両に、騒者のゐない地方が相
常故に上つてゐるといふや〜な不合理な免状を故事†る馬に、杜栄転
(劫)
由であつた病院等のh開発を許可主義に攻め、又特に必弊あるときは瞥
者の勤務地を指篭し得ることとL、更に世辞朝酬が不普に商い敬合に
はこれを是正†ることの出来る規定を設け、領瞥確内容の向上を粗る
馬に必平む指示命令を馬し得ること1し、又瞥業の鹿骨に確士の屑専
を洩相するといふやうな弊を改めることゝ致したのであります.
 鶉三に申し上げたいことは、日本卑招魂の設立でありますが、これ
は油正なる野礫の普及とその内容の向上とを目的とするものであヴま
して、兵杜的に申せばまづ今年から五ケ年の聞に六億畑の宣費を投じ
て樟積弊無上極めて大切な環兼併を全国必要の場所に凡そ入電沫建設
することと、中央地方を通じて全国的にその苛偶に印漁ナる篤合病院
を設けてとれを轄誉するりとに上り、所謂無替地域を解滑サケ」とは
勿論、鴻正なる世師槻槻を普及ナると共に有機的なる瞥頼組繊の活用
に上つて皆瀬内容の向上を閉ることを目的とするものであわまして目
下その申竹中であゎます.
 以上内局専横法の〓、三の貰嬰な事項を申し上げたのであります
か、近くこの法律が全面的に施行せられます噴には、両虎専横制牽の
板木的盤頼を見ることゝなる#でありまして、国民性力法の改正と柏
僕つて、病める人々を健康に快復し、渇き人々をも強壮にし、かくし
て全図艮の建力向上を期し得られること1存ずる次鶉であります。
 かやうに政府は国民腎埼の鞍礪を細り、崩民生活の安定にカを致し
てゐるのであbますが、これのみにては不充分でありますので、別に
法坪を改正して健訴傑敬の頒充及び崩民健康保取組合の普及等をも極
力急いでゐるのであります.晦生活の困難な環に、蝉照を受けること
の出来ない常に封しましても、これを款任†ることなく、十分に野球
を受けしめるととが必要なのであむまして、とのやうな施設を憶摂保
護革菜と申してをりますが、われ′〜はこの方面に於<纏め<挿斉な
働きを致してをります恩堺材一国済生身のことを忘れてはならぬのであ
むます。この靖生身は畏くも 明治天皇の群生治数の勅欝を孝一灯して、
明治四十四年五月ご一十日に創立されて以来専ら腎療救護の任に常り、
昨年鞍標保評法の制定以後は鞋鮮倖評者菜の中板として滞勅致してゐ
るのであゎます。
 以上申し雄べましたやうに、政府ほ国民野標の噂欄を拠り又軒嫉保
鍵の徹底に努めまして、転属−人残らず日新野卑の恩恵に浴し、似て
再民生暗が安定健保されそれん〜の職分革公に達し得ることを日損
として塩々の施鮨を靖じてをるのでありまして、同氏各位の御他力に
上つてその津挙が囲滑且完全に行ほれ以て所期の且的を達成し得るこ
とを切に念餅してゐる大鶴であります。ハ五月二十九日放遊)