×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アメリカ本土を衝くもの 陸軍航空本部航務課長陸軍中佐 内田厚生

 

アメりカ本土を
衝くもの
 離数棚仙欝御内 祝
厚 生
昨年責来敵米義中富は篭呈の聾む菅彗育と篭
持なも、又曳に出てをゎ甘す−
 西楕太平洋アリューシャン万両の日夜を分たぬ米軍の反攻また在印
米英蛮平地在支米集革の舞勅は、凡べてこれ日本本土への彼等が野葛
を壊せんとする必死のあがきに外ならないのであります。かくの如き
博労にあゎまして、日本陸軍は海軍と畢なる協同の下、故に収め得
ょした戦略的に有利な態野を汝憾なく活用して、常に槻先を刺し、そ
の漣枕的反攻を打ち破わ、陸軍部顔のみを以てしても本年一月上わ四
月末日までに印度ビルマ方面撃墜二四二、撃破一七七、計四一九、支
那方面甲盤一〇、撃破て計十て.ハンダ晦即ちチモール方南確些一
四、ニューギニヤ、ソロモソ方面撃墜一四三、撃破五〇計丁九≡、ア
リューシャン万両甲山些三二合計撃墜凶五二、撃破〓ニ入即ち敵航裏取
力に輿へました頓首は六入○機の多きに達してをります。
 敵の日本本土盤勲企匝に封し国土防衛にも憩憾なきを期してをる次
筑であゎチサ。
 併しながら敵もさる著反故に次ぐ反故は相常軌拗なものがあり、決
して油晰は出来ません。最近敵は贋克等を盲爆に衆てをります。
 即ち今後におきましても吸局の推移に頗じ常に敵を制し、更に仙渥ん
で散を駐倒し、紘には米木土を悪政撃し以て破をして城下の盟をな
さしむるに非らぎれば、道弟の狂歌大衆亜決職の目的な完全に達成†
ることは出来ないのであむずナウ
     ☆
 今岡の取申に弊制の発冠を得ましても不徹底なる捗ち方をした場合
は、粁衆も更に辟質なる戦争を放岡繰据へさなければなりません。
 今や日本は晩学完亀のため必黎なる要払弊蚊は恋〈確保いたしまし
て、長胡散、短期戦何れにても辞せずといふ必膠不敗の地位を確保し
亡をりますが、勉めて短期間に取牢の目的を建成することは策の上月
一だることは妖ふ故地はあわませ人。
 則ち陸軍の軍備も、これ等の持酸から史的にも質的にも今一段と究
理強化を必穿とするのであbすす¢
 本年及び明年−杯は靴牢の大局を左右すべき最も重大なる時擬であ
わまして、喰ふか、喰はれるかり激闘は、到るところに生起するであわ
ませう。取夢は益上汲瀾曲折な加へてまゐることと邦排せられます。
 この間にありまして、戦局を有利に展開するか杏かは頓つてその航
蛮馳カの充軍如何にあることは、皆様の御承知の如くであります.
 今次大東亜敬学の薫快無比なる大作靴におきまして、我が航蛮部換
の演じました役割が、如何に京大なものであつたか、航京都除なくし
てほこの大馳巣が成立しなかつたのであらうことは、踵日の新糊紙上
の和痘が明快に然も姓焙に物語つてゐるのであむずす。正に航塞は近
代汲の拳であり且つその戦力の充繁は散学必勝の最大の畔といふも過
言ではあゎ誉せん。
 これが馬め敵米幽はその施大なる工業力を捜動良し、航塞槻生産増
弘航盤粘土の大老養成に大意となつてをわます。
 軌ち月産五千掛といひ六千機と籍桝Lて、専ら放的威力や物的威力
に籾つて日本に立ち向ふとしてゐる有様でありぜす。もちろん物的扱
的威力は戦勝の一大要素たるには間違ひあわませんが、戦勝はそんな
野栄だけでは得らるるものではありません。
     ☆
 馳学を甥際にやり産げるのは、飽くまで人であわ物でほないのであ
り子す0
 戦勝の崩−野蛮は汲同職士の措辞力ごありサす。息革将兵心持辞力
ヽノ
r
2
′\

は芙周慧濫毒であり雫身な望覆に挺し、烈芸る攻撃構押
を似て任務挙行に落選するの精鋼が霊部除将兵には最も必雫あり
子0皇軍の攻撃将紳は加筆紳の場合はもちろん職場到るところで
教拝されて誉ります0ここに最近の扁を夢げませう。
石井中尉ほ敵ブリストルポ÷アイター壷取囲槻三頻がビル芸ト
ソ〆−に来襲したと孟早く敵牌を攣見、た竺人で敵の指瑞菅機に
封して景なる改革宗へ、突準攻撃を反撃ること謁、砕ほ克く
敵彗命中しましたが慧に鼻苧ることが崇ず、鸞全誓射
致しました。
 然るに中尉は毒を断念せず敵機を迫撃サるこ盲粁飴敵機の準度
減少†るのを見て敢然埠嘗豊敢行し、後方から竃し言分の飛行
機の右竜で敵の方向舵を管とり、塗に敵機を篭炎上せし好まし
て、中尉ほ変換と共に無事基地に遣りました。
 しかしてこの航蛮持絆と申しまサが、これは常人勅諭に示し姶へる
誠心の悪妻が航蛮必彗無形的啓衰として嘩時拙朗に斯現したもの
であ皇して、雲部放の賂兵が牢莱から是不断の修練を累ねつつ
 あるところのものであbます。
      ☆
 ハワイ駐屯米国航褒宇野の航嚢動慧性換奄署に、余竺ケ年間
に亙エヮイ在任アメ£人と8本人との航蛮槻措蛋としての準性
を比較したが、几ゆる鈷で黒人が段蓮ひに饉れてゐるの宗常に恐
怖を感じた・外し是人には航芝勃する鴛が乏しいから鼻音
 の決雫了;カが負けることを意琴るものではないといつて飛
 行鎖の放と昇に絶習借鋼をかけこれによつて日本人の鐘良なる軍
 が転用出舞萱慮っ忘ましたが、大量教学の蔓はこれを見事に
覆し、雷閑職以来の慧しき汲果は禁航蒜の質の敵の飛行翌
優ることも覆明されました0壁近の情報はこれな革付けるものであり
享0即ち栄誉同は「西菓平洋敬緑宗てT四〇戦闘機は全く使
用に耐へないものなることを判断したので、これが製造を中止せヱ
と畔明したといふことであゎます。
我が日本航竜顔が芸を向け白羽の矢霊妄取場では、通電
礎必ず敵を匪倒してをゎます。
 是航童顔は彼等のやうに教学な彗て毒をする必要があ皇
せん・馳鍵の草食握力強い宜侍はないからであります。
 飛行彗性能に放ても−奪動準者の構彗訓硬彗指彗bの統帥
に讐も、軌を凌駕し飛行機の故に於ても亦職誓挽得†るに必薫
るものは持つてゐるのであります。
 併しながら、前に申↓げました如く、澄故を転倒し速かに米至
を改革し等なして現↑の盟差已むるには人的物的雨而から故i
を耕期的に充句することが緊葬であります。
 日本は木彗一品力撃口するの璧1分なる資況を確保し利用するこ
とが出警す0また誓航蛮博埼箆の熱煮に燃える扁との間然喜
努力に上山義が飛行草薙の計軍は著々ヒ廿義しっっぁります。
 故に飛行鎖の大埼蛮に印璧てこれを虎ふ塩秀なる航蒜士の大丑
 養成を刻下の急帯とするのであります。
 ここに放て陸軍におき毒しても年星雲少年飛行兵を募集し、或
 ひは陸軍確科士官革校生徒を毒し、世界に縛る日本準時の完備した
警施彗下孜に訓雪雲撃犬にして精強箆な舌本陸軍硫
ヽ■ノ
∧り一
止り一


蛮朝顔を名モ強化しっっぁるのであります。
へ−一丁八貫にすく

 

(昭和十八年五月十日放送)