×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦時国民読本
 上ビルマを制す

 ビル▼の貯搬一フy〆−yが陥落
したのは泰る三月八日のことでし
たが、モの律的五十日邑輝は染も
弛も灼ける炎熱と冊ひ、和杯や泣
もないけはしい山地、ほては故紙
をうち革勺英賭和合軍女難破し
て†ン〆レIへマン′レ1へと八
官粁の行程を突破したのでありt
して、モの赫々たる顆果その昇背
K射し、私どもはまととに慈瀬と
感激に堪へ山女蒋であります.
 北と双は文那と蓉、西は印舵、
南は印庶洋に囲まれたビルマは、
市坪ほ的六十七南平方粁、わが堵
上り少し大きく人口は約一千六首
濁を敢へてをります。北ほ印政党
郡山脈打脇ナさけほしい山地にな
つてをりまナが、南Kかけてはイ
ラワヂ河の三角抑がひるがり饗か
な米の耗地となつてをり、ビル†
ほこのイラワヂ河にょつて養はれ
て象ります。地形が清北にのぴて
ゐる帥杯から魚供はまち′1であ
りますが、大社熱帯または菰熱帯
に耗し、汲庶が高く両が多いとこ
るであります。下ピル†聯忙ヲy
グーyや海梓地方壮者きがひどく
浪泉が多いのでありまナが、†ン
〆レーを合む上ビルマ地方になり
まナと、雨の少い乾燥地静となつ
てをり耗分凌ぎやナくなります.
 ビルマ余人口の三分のこを占め
てゐるビルマ族は蒙古系に崩して
象りまして、印度人仁兄るやぅな
牌故制庇はなく、また箕官の相逢
も大きくありません.敢つきは日
本人や滋那人によく似て象り、捷
掃はどちらか上いへば小件yで演
丈であり、】般にわだやかで平和
な快哉でありまナ.
 このビル▼狭の大部分は部落生
満を甘んでをり、その部落は普穎
山本の不規則な沸からなり、鵡の
焔には門を設けて夜分には軌し光
ナ.家は芳井きの木放椰逸りまた
は竹細工であり‡して、人家のま
ばらな鹿を除いては各部縛どとに
塘を親らして象りまナが、堵は甘
藷竹央水盤用ひ、時としては仙人
牛を用ひることがありまナ.ビル
マ族は舷梯な沸教徒であり、材毎
に例有の備堵や専、枚行者や池建
のための宿舎牢があり、偲倒の粥
蛾は鵜密な粗放を持ち、偲侶の故
は二十五萌に及ぷものと見られて
ゐ王す。ビル†族の男子は偲侶に
なるなら拍に拘らず、粗てある期
間、粗いのは七日開から長いのは
 七ケ年をお専で生括ナることにな
つてをり‡して、これは事由と弗
赦した智杭であ¶王す。モの同に
軋み沓きモ数へられ、また宋致や
済鶴についての政♯を得るのでナ
が、この智概があるために、ピル
†の初等故†は我渉救†朋舵のな
いいつれの的よりもよく野次して
象り、男でナと文字の秋めないヽ
のは殆どない欺憑であり士す。中
等数甘や高専数甘は最妃相老少
してをりまナが、働い王だ充介鼓
達してゐるとは申きれません.こ
のほかカレソ族yアy哉チン耗タ
’イy務など心魂族があy、ビル
マ族と共に甘油ビルマ人といはれ
てゐるのでありますが、このビル
マ人が今舵の皇平のピル▼伸顆粒
懲つて陰に防に手助けをし、ビル
マ作戦成功の−つ¢材助象なし士
したことは、定立の各良策と手金
握つて大共立井集神色鹿艶しょう
とナる私たちにとつて¥ばしくt
また航もしいことであり‡ナ。
 ビル▼の裁物は米と石地が名l叩
く、米は千年で三千六首哉右、石
(32〉
ピル▼に弼別きれるのでありまナ
が、上ビルマといふのはビル†牝
年分の山布地甘で、西府】八人五
年ハ明治十八年)にビル▼が克金
に爽閑に併合きれる士でのビル▼
王朗の地であり、下ビルマはビル
マの南中分の海に泣い砥い地方で
…八二川年ハ丈故七年)と一八五
二年ハ寄水先年)のこ何に五つて
朋川m巾…附糾=‥…ポ…派fbg州f…雷矧矧鳳凰矧
仙叩ほ杓首十粥トンを鹿し、そのほ
かチークト材も和名で、‡た抑、ゴ
ム、仲裁物として壮観やクンクス
テンがありまナ。英軍筍局は日本
軍の†ン〆レ1占償により、イラ
クデ河流域の金納田を失つたと♯
表しましたが、石油ばかりでなく
ギ帝品として大切なクンクスチン
鎖を央つたことは英米にとつて大
きい痛手であります.
 盈雅が占領したマン〆レーは、
上ビル▼の最も蕊畢な都合であり
水陸宅鵡の弊衝に常り、挽貯ビル
†ルートの辿路鮎であると炎に宰
集中の康特色うけて英祖に牢はれ
た地方でありまナ。上ビルマの中
心地が▼ン〆レー、下ビルマの中
心地が首都のラングーンでありま
すが、わが粥でいへば舶西と的泉
演裁と東京といつたやうなもので
丸士の上からも丈他の上からも粕
常はつきり堪別ナるととが桝衆士
ナ.息土の上から見まナと、下ビ
ルマが南の多く海女の多いのに比
べますと、上ビルマは乾燥した地
帝となつてをりミして小葬や鵜、
チークなどが多いのであ少まナ。
 ラングーンの町は美醜人がつく
唯一つの政治上耳椅上の建秒払と
なつてゐたことセあy王ナ¢上ビ
ルマを亀軍に抑へられまナことは
竜虎にとつては完仝な筑立を来ナ
ことになり、米英、特に英田忙と
つてインド防衛の最前鍵を衝かれ
ることになるのであ可ミナ.
 大卒者陸軍報逢瀬長谷耗大佐¢
いはれるどとく、「ビル▼の火山田は
食さの脊仰であり、英開の砂紙で
あり、印まの解放でなければなら
ねJのでありまして、▼ン〆レ一
次略の者我は絶大上いふべきであ
’‡ナ●
 如ふるに鼻手打¢移辞の′群は
▼y〆レー舞♯に呼度し、垂る四
日べyガルポに持むアキヤア飛行
壊を占領したのであy‡ナが、こ
こか、h印故国鶉へば僅かK首キー
ハニ十五曳)足らずであ’、‡た
印庶のカルカッタへは、在幾席l
で五官粁ハ首二十五及)に租ぎな
いのであyまして、上ビル▼の旬
彪と相侯つて、美的に典へ鼻_
は鍵めて痛訊なも¢があるのであ
y士ナ.    (五月七日故穎)