×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

圧制の歴史印度

東條笥柑は▲表千年の痕史と光 る在脱糊閑出令窮低は「二月十六
噂ある文化の将銃殺有すろ印乾も 日光価首相は日本は印雄の牽醜鮎
また今や共闘の裁題なる戯制下1 動を文選する旨言明せられ我々を
…州m…州……媚柑梢坤甜細距離糾粥g‥
(40)
印は印蛙が印舵人の印粧として本
来の地柑を同視†べきことな期待
                    †
し、その愛国的努力に封もて敢て
甥助を惜しまぎるものでありま
す」と申されまLたが、−」れに射
し印蟹燭七超勤の正和ズバハス・
ナヤンドラ・ポース氏を中心と†
を日本吼民に射し替ふものであ
る」と感激を亡めた照明を狸Lま
した0
 そして「今回の大衆稚職印が胎
つてからは印粁の樫史には新しい
時代が開かれたのだしと#ひの催
を放つてゐるのでありま†。

    Fll
7竺印欝官軍箸ネ.葺こ宗、今から禁書≡警して名前丈の印焉票成蔓
ルは去る大日r共幽が印堆の掬立
む細めむい触d.和喋教徒は噺じ
て取はね性情た」と印壌の完全指
先を叫んで弼礫な簡明をしまし
た。大栄鵡職寧の進朕に伴ふ共凶
の全面的敗退は、騒然たる械紋を
描いてその止まるところを知らね
ものがあります。
 思へば印便の不襲は、いく久L
い備に正つて、常に甚だLいもの
であbました。その不革む鎚命の
始りは日本を除く他の花紬馳の軌
々がさうであつたや〜に、今から
五日立十年触り前、欺棚勢力の先
がけとしてポルトガルのヴアスコ
.〆・ガマが来にやつて衆てから
のことで払りました、然し、印蜜
の府の不*が始まつたのは、それ
上りこ百年侍り後英姐が印味にや
って衆てからの亡とであむまし
た0
 印姪の鎚閥は今を去ろ曙に川千
年の召でもゎ、それ上り照然たる
印舵文化の碓を傾いてゐたもので
十年初の西績一五入入牢ハ我が[
飼時代)にスペインの撫納棺除む
打破つて世界の海上鯛を壌つたイ
ギリスはやがて亜細亜に斐を現は
し、〓ハ00年には印度に東印度
倉批を設け、印度の侵略に窺わだ
したものであります。
 そして、グアスコ・ダ・ガマ以
来既に伽蜂に池出してゐたポルト
ガル、オランダ、フランスの各隣
人の勢力を迫ひ執つて−七五七年
にはインド軍とフラン●ス笹との聯
合騨をデラツシIの敬ひで破り印
度堺に環韓の打撃を加へた後、着
々と印度侵略の手をひろげ山八二
三年頃までには殆んど印席全鞄を
椛柑してしまったのであbまし
た。
 そして一入五入年に、印庶を東
印粧合計の手から雄Lて政府の直
持とL、内閣に印故事野犬恒を牒
き別に印鮮総悸を旺いて拭終に懲
らせろことにしたのであります。
 その後山入十七年に大炎瀦腑の
流し、グイクトリア女王が印度皇
滑を釆ねろに孜んで商機凹苫七十
東平方粁ハ我が門地のぎつと十二
倍)に建ナる康大なインドは全〈
英厨の賛庸となつたのでありまし
た。
 この英国の印度支配が袖立され
たのは、唯今申し上げましたアラ
ッシイの戦ひからでありまして朱
印度禽杜の印度搾桐は不払振る薙
烈なものでありました。
 英申の史雛マコーレーは『倉祀
ハ東別蟹禽杜)の従業員は督に曾
杜の氏のみならず、進んで己れの
私糎を肥さんが馬に拘内の殆んど
撃しの商業を鞠占した牲等は供属
をLて南〈持ひ熊く官ろことを験
儀なくさせたD此の囲の故判断や
替欝や囲柑の役人を公然と侮辱し
て地方を遍耗しっつ到る威に荒牌
と恐怖をひろめる部下の群れを助
けたしと地べてむりま†。雄和戊
禽址を穎じてなされた英閑の接点
な耗黙ひは拙して知るべきであり
 そ∩柏娘印度の挫かな建材げナ
っかり流れはててLまひ大切几浦
渡施設は潰され印度融合は最早赦
ひ得ないほど破壊され一七七〇年
には印堆の腋史蛤つて以来の大飢
賎がベンガル州を製ひ、駄柁を飴
俄なくされる者は→千諾の多数を
出したのでありまして文に亡の艦
栓申は共栄印度禽融の政策に川た
ものでありました。
 ところが徹底的に印腔の有を搾
りとらうと†る英国はこれにあき
たらず、一入五入年り印鹿総督況
諸に上り英覿の印故緒蠣は改めて
荘接英塙国政府に上つて大仕掛に
行はれることになつたのでありま
して、印度の不革は軍に甚だしく
なつたのでありました−
 この間の申情を堆梼に物狩る一
例を弊げますと、一入○一年から
近年に繁るまでに、印腰は貸に三
十山岡の大飢蝕に鍵はれてゐるの
でありまして、この飢描…といふの
は確に天災に基くものごな〈、炎
(4】)

L」
「イトヂM








・レフ

       山 タ




 jR   菰
−ミ ♂■.ヽマ cク
柑  支
\き恕1壷・・′炉−、
首      1)亡
 享蹄†咋_..葺ミ「字0ル
 ヽ
 l
亡ミ..
圃の碑収放牧に上つて印度が流憾
し一約乏に朗したが餌に泡つたもで
ありま†。
 そしてこの甫二、喜十年間の三
十山河の飢賎のために偽れた印衆
人ほ≡千ご云H哉の多きな沓へてゐ
るのでありまして、ご一千ご一宵柁と
云へば日滑敬弔懲時の日本爪全人
∩ニh比叡†るものでありま†。し
かもこの飢饉にはペストや⊃レラ
の流行病を伴つたものであります
から、その悲惨といふちのはまこ
た英樹人の偽らぬ折陛でもりまし
て、かくの如きはまことに天人兆
に許さゞる懸辣非道の別棟ひと申
さなければなりまけん0
 この紫閑の支配に刺して代印鹿
出旗の反英拙北越動が行はれて東
ましたが}八瓦七年掛ら盤政旧年
にベンガル州で印度兵が飯乳の火
蓋を切り、これが全印度に汲んで
→時は英酪の文配を土菟から竣す
かの形勢を見たのであゎました。
 然しこの運動ほ、民族としての
イ 与 ン
≡鞋qf

≡二面す建削亜≡≡志∃

とに音譜に絶するものがあつた
であります。
 しかもこの悲惨班は、英樹の
れた指導者を救いてゐま
、殺滑た英酎の乗ずると
り英囲は印蛙全人口ご一塩
(ヰ2)
滑が組械化され槻低†れば†る
現、烈しくむつたのでありまして
印粧意業調漉吊の報告に上りま
†と、十八俄約の終わハ弐十ケ年
に放ける飢繰回触は、前収儀†七
世紀の絶句の同期媚における飢蝕
の同敬の約四倍に上つてゐるので
ありま†。これが築印∩印嘩純治
の粁於で払り、Uにb率、人延を
云々し世界の紳士を似て任じてゐ
粥…g…崩Mg門…
づけ掲☆運動を分裂させ、仲間刺
させてしまつたのであり菅した、
瓢先祖動は惨めな棒架に捗り茶園
人は俸府の限りを租し、常時突崩
人に上つて死刑に成せられた印度
人は少くとも六千人に達したと嘗
はかてをりま∵。
 かくして印役人の殉んど叔初の
「大粗放「な〕増水碓淘は失敗に呼L、
我へ均の支配は反つて戦くなるとい
ふ枯果に経つたのでありました。
 そLてさうした状鳩の杓に恥山
家俄界大職が泡つたのでありまし
て美的は印既に自治を粥へること
を約束して孜助を求めましたから
印竣はそれに脇じて、共閑の馬に
非常む犠牲を桃つたのでありま
す。そして印鑑は世界犬職を減じ
て宵二十萬の兵と三十億胤の発金
を葵圃の馬に投じたのでありまし
た0
 しかし、職研が紐ると、瀕凶は
一流d郭徹さを攣棚して約瀬を反
古にL印度に自治を許さうとしむ
かつたのでありまして、そこで欺
かれた印狂人が非常に蛸慨したの
は敢然のことでありました。
 英庖へたまくおこつたのがア
ムリツツア串件でありましてこの
アムリツツア郡件といかのは抑科
もむい五盲人の印既民和む炎憐の
兵士が放もむく射殺Lた郷什であ
りまして、これに上り印度人の白
止旧血相廿1汝叫励は柑く激しくなりガン
ヂIやチヤンド■フ・ポース、ネー
ル汁どの閥民禽磯択の闘士が餌一
線に立つて描如†るに至つたので
ありまLた0
 共感で共鈎ではこの串態を何ん
とか棚欲し上うとして、大正入年
に印度統治怯を修正し、昭利四牢
にはジョージ・サイモソを委員長
とT七印密統治法網奄軍員愈なる
ものを筍けて、印度の球栖を諷准
させ、全印鮮聯対案をでつち上げ
たので.めりました0
 この英国政府お手盛の全印度卿
邦黙には、ガyヂーなどは最初か
ら反対したのでありましたが、英
国はおし切つて翌昭和五年には共
闘領身を通過させて、執統治法を
博覗きせたのでありました。
 この折紙治怯に上れば揮招の各
州と印変人の王様の治める土俵匪
とを似て聯邦制度を布き、頂指の
各州に勤し可成わ蒔い程度の自治
を押さろといふのであ巾ましたが
それは袈滴だけでその切は組督と
各H州の知堺は紺櫨跡邦止例厚地びに
各州哉身が議決したことを否決す
ることが山山水るLくみになつてな
り、印度の照抽は依然として英酵
が裾つてゐることに攣りはなかつ
たのであります
 鴇二次欧州暇牢がおこりまナと
印度槻背リンリスナーは印堆を交
職園として弊明し、その不法を譜
つた閥民付紙沢に射し、粥へられ
たものは、前大略と同機、蟻かに
自治を軌後に輿へ上うといふ州片
の約束に過ぎなかつたのでありま
して、ガンヂーが『印脛はバンを
求めたのに勤し、祖川たものは石で
ある』と蛸概して不服枠組動を開
始したのはこの昭であります。
 印据の蛮人といはれるガンヂー
は人も知るやうに撫抵抗主義、非
暴力主義を土輩とナる不服樅睡勤
に上つて印度の自治を川憎んとする
ものであり宗教的な色彩さへ狩び
たものであbます。
 この国民簡詭沢に次ぐ政然は、
入千舵の印度同数徒を地盤とする
回教塀盟であります。その外文節
戌の政此叩に、ヒン〆−・ヤハサ.ハ
了演とカークサー満があり、何れ
も印度民族の解放を叫んで架たの
であります9
 そして、これLの政淋は、準一
次敵州馳学後とみに押鮎の姪合を
烈しく加へて衆た美園の鮎迫に射
し、共に印坪の自治確允を目謂し
て、国民添物を展開して来たので
ありまLたが、か与した形勢の内
に大東覗敵軍が短つて諌々たる日
本の勝利に上りこれに上つて長い
間輿観の暴虐な鮎制下にあつた印
度は今や決然として立ち上ら〜と
してゐるのであります。これに繋
いた英国は事態を何んとか糊塗し
て印度を賓協させ上うと困窮樹醤
クリツデスを特使として沢池する
亡とになりましたが、紬耗は英国
のいつも手段とするごま化しの彿
にのることを皆瀬しその態度ほ強
硬でありネールはクリップスの沢
退に発たつて
「梨園が印度に完全な掬允を輿へ
(一指)

心眼り、呼疋敦鞄は英田のために
取ふことを斬杏†るJと苫ひ、ガ
ンヂーも十二8雀堺の新印戊政熊
に射し「共同策には現切約な解決
策け堪も含んでゐない、英刷は先
づ創推に封する均年の哲堺を昔由
してから開他の聯決に轟り出すべ
きだ」と浦烈な宮張を浴びせまし
た0
一方付髭洋に封ナる8本村革の
盤mは印度の圃内に大きな研効を
粥へ、所内の不安は反共浬動の火
の手を挙げ、十三8には西北損壊
州とでド7ス地方むどで共印の寄
掛と印蚊民衆との聞に衝突がおこ
り、印鹿の博労は世界の注孤の中
に8を轟つて酵然たるものがあ匂
ぜす.   ハll盲十七日水害
宵鳳凰笈風岬
 先日に英印の痙制に苦しんで架 海斧地方にゴ丁や〆マンなどのポ
た印舵の陳史を申し上げましたか ルトガル朗や又ポyデイシエyl
糀別することが出来ます.ヒ了フ
ヤ山嶽地方は、か竺仙南九千二召
尺の冊界の滋賀峰ユグエレスト山
を中心として東西に捜びた大山眠
地相でありまして、矧摩と他のア
ジア大放とを隔てる大きな壁とな
つて、こわが惟界にそむ特色を詣
はれた印度文化をもつ声を育て上
げたものであります.
 このヒマヲヤ山脈とヂカソ福野
の間に領たはつたヒソドスタン平
原は、ベンガル沖に注ぐガンヂス
河とアラビア海に注ぐイン′ス河
の二つの河の流域にひらけた平野
でありまして、印漉の寝所上山藩
ら樹の生地万が一様に熱珊的寧斡
軌仁兄鋳はれてをりまして、大怜
において、十二月から五月にかけ
て乾燥した時期となりこの期間に
は頼んど雨が降りません.
 これに反し五月から十一月にか
けてほ雨が多い時期でとくに]ハ月
から九月までは濾嵐にとむ西季
節風が全伽庶を襲ひ、一ケ年の嗣
の登の斌に九榊ほこの期間に降る
のでありまして、五月の下旬は印
資で最も巻い時般となつてセウ、
中部印度
ます。
一印庶の

四度前後に達し
く山)
漢物を生として
gg印登誓芸しgg附bbgf州細州…粥派……b如細附f…b川b醐…瑚
 印舵洋に架き出した≡角形の大
学払印戌は両輪約凶曹七十転平方
軒、我が内地の十〓倍に鴻rしてを
り、この内の約瓦割五分が楓督の
直耗治める翔州、他の四河流今が
印姥人の王の治める土侯挿となつ
<をります0命これらの鮒桝止の聞
「には一同塀は極めて小さいけれとも
も見逃†ことは川衆ません。
 紺まの地労は、北に努えると†
ヲヤ山の高地とその柴山冊のガン
ヂスとイソ〆スの粥河の流域にひ
ろがる所謂ヒソドスタソ平野、畢
に又南部のデカン吊肺の三つ」即ち
ヒ一二7ヤ山・狩地力とヒソースタン
一丁原、デカソ高原ハニ二つの地方に
わます0
 デカソ蕗喋地方は、アラビア海
に牌む西都が瑞く印度洋指南†る
文の万が依〈なつてをり、海岸線
を除くと平野は少いので、めハま†
が西部の高額地約は、夜襲た約り
恵柚となつてゐま†。
 印度の嵐俄は、ヒ了フヤ山眠か
弊、確乎などを虚し、又牛や苧、
山羊なども多いのであわます9醸
産物としては娘縮やボーキサイト
マンガン、クロム堵、マ〆ネサイ
トなどが多く、その他右端も出し
てむりまTO
 印耽の人口は杓≡蝕五千萄の多
〈を敬へてむ勺ま†が、人細叩も非
聴k▲多〈その人山qに抽叩†る鞋h祝さ
へ未だ叫淫Lてゐない状態であり
ま→。これを駄史的に見竣†と、
印度の郎銃民と見られるのはネ〆
y−トに槻する黒人であ¢ますが
ドヲ〆イタ扱がとれを鮎鯛し、次
いでアリTy叔即ち称鹿族が速く
四千年軽軌に印度に入つて来てヒ
yドスタy平鹿を占領し、糊有む
抑度文明をつくり印度山東札階級
とむつたもであります。今臼の印
度人はこのアリアy鼓やド■フグイ
タ】鉄山外にアリアソ・ドヲグイク
戟といふ両種族の混血や、又諜音
鳩鋏とドラグイタ族の混血である
モンゴール・ドラグイク族、ヒマ
ラヤ山脈韓りの一冊からアッサム
地方へかけて住んでゐるモソゴロ
lイド族、又西北囲塊に休むイラ
ン民族とトルコ民族ハ混血である
トルコ・イラン族なとが鼓む砥族
となつてをります。
 印庶の人種が多和多様でもるや
ぅに、欝熟も亦非常に械和が多い
のであむまLて、現耗印辟で催は
れてゐるものは仙Tにこ首〓十締付.以
上に上ろと勤岬はれ、地方郵便局埠
でそ仇一位稚た公に認めらかてんる
」ものだけでも杓七十輔と官はれて
をゎます.
 これらの内で最も臍く使はれて
ゐるのはヒンrスタエー野でこれ
はサンスタヅツトとベルシア笹叫山
彰鞭を受けたもので全人口の三分
の巾以上、昭和六年の粥栽に上む
ますと、】憶二千滋までがこれを
使つてをり、地軟から見ますとヒ
yrスタソ平原を立とし、又回数
徒は殆んどこの官斐を使つてゐる
と冨はれてなむ、大捜印茫の標準
語と見供すことが拙劣るやぅであ
らます.
 然し法定語法律で定められた襟
椎語とたつてゐるのは・黎讃であb
まして、印度の聯禽でけ英語を州
ひることゝなつてゐろのでありま
す。印度の知絆招扱が大抵英語を
話しまサのはこうした英国仙政娯
に・依るも山でありま†。
 印度人は宗教の民族と雷ほれ印
成人から宗教を偉いて考へること
ほ出来ません¢申す盗もなく抑止圧
は併教m生丸たところであトレニ1
が今ではその宗教も人都や言溢が
複雑してゐろやうに、こわまた稜
材な形になつてゐるのであり、そ
の主なものを響けますと、印度数
「ヒy.ツI教)が山脊勢力があつ
て、信徒は粂印度人口の六勒八分
〓憶三千九習性を占め、杓んど印
鹿各地に及んでモります。
 次は国教で、全人口のこ割二分
約八千耗を占め、印鑑故に黄ぐ勢
力となつてをり、呵数を準ずる同
数徐は西北簡盤と東灘地方を主と
しその他各地にちらばつてをりま
ナ。
 これらの印腔教徒と回教徒が印
度人口の九和音占めてゐるのであ
りますが、この外仇敵が小千三苫
革、尉飴教が八宙齢、キクスト数
が六首束、シーク敢といふのが五
官濫、又教生を禁ずるジャイナ教
が胃三十茹といふ杓諮になつてを
ります。
 二岱M千戊の多鍵に達†る印旺
教徒は、四つ〃麒然たる階掛に別
か⊥流山締出杜和光り舶打た1だん
じ汰つた播汲む落とは鮮折を禁じ
てを巾ます0
 元東との凹秩斯の楷叡がおこる
に吏つた超脱はアリアン族(印妓
族)が中央アジアからインクス何
の上汰に渉位して来た慈かに薙い
昔にさかのばるのであります.そ
して枇等ほ先任民族のドラブイタ
放と赦しい敬ひを行ふ】方、印度
の大自然の威力に壊して、あらゆ
る日払現象を辞として躾拝し、良
民放との駅ひに膠利を得んことを
斬つたのでありました。
 彼等がFラグイ夕飯を鮎倒しま
†と、牡鹿に征服者としての地位
を守わ、民族の血の純深と文化の
軒池伊を保つために、アラーマン即
ちバラそy、クシャトリア、ダー
シア、スーFラの四つの指紋制度
を桝耶てたのであゎました。
 プラーヤyは僧侶の指紋、タy
ヤトツアは武士、ヴエシアは蹄人
r鵬)

や触契家の侍扱、スードヲは沈静
暗放であり、この凹域の外に常に
その下に威するハリジャンといふ
階級が生れたのでありました.
 そして各階級可に夫人の保故沖
を仰ぎ、非通の儀飽や杜禽のしき
たりがあり、倣発は世襲となり、
桔嫉も同一の階級の者との間でな
ければ許されないで来たのであゎ
“ました¢
 ところが、その後時代が梓つと
弗に、この階級制度は益々祉殊に
なつたのであむまして、融何がす
 ゝむにつれ職来の桔難が多くなり
扱業を世壊にしてゐたため同じ帽
扱のうちでも職業別に上つてaに
多くの指紋に細く分かれるやうに
背は倫侶ときまってゐたプチー†
ソ帽放も今日では、正に一千敷石
の帽故に別れてゐる購態でありま
す¢
 かうしたことほクシャトリアや
グエシア、スードラの各指放でも
同じ傾向を辿つてをりまして、印
度教社魯の糟抵は今日では宅に教
千を突破する移しい細かな階級に
別れてをり同じ印庶政徒でもその
階級を異にすると一緒に食料する
ことほ勿論、同じ備につく沓さへ
も歴々禁ゼられてをる程でありま
す。
 これに比べま†と、回数捷の方
れを粗雑に利椚して印変数経と回
数徒をお瓦ひに申はせ、又各帽扱
を反日させて何時までも印度が桃
】出来ない様にしておくといふ巧
妙なしかも短めて放い政熊をとつ
て今日に至つたのでありま†。
 三億五千萬の人口と四千牢の腫
史穀持つ印度が長く英国に支配さ
れて末たのはか〜した英圃のやり
方に甚いたのであります。
 今度の大東寵職研が始つてから
印故に渦立の衆窪が見えはじめた
時英国はどういふ態度に出たかと
り、この現世を前にして雄に印度
の政触を誠汲すべきであらうか、
これが印度に自治領の地位を射へ
られない瀾由である。」と欲嘗しま
したQとれは美醜の印皮政餓を加
算に示すものに外ならぬのであり
まして、共闘は例の手段に上つて
印度教徒と回数徒の封水を利用し
串態をごま化さ与としたのであり
ました。
 然し教官年の奴隷の塊涯に憤慨
し大東雄職印における髄紬並の丞
和琴印度の印度といふ正しい恥
なつたのであります。それに加へ
て、四壮絶から十世紀にかけて、
ベルシ7人、トルコ人、革古人、
ギリシャ人などが印蛙に佳人して
プチー†y招扱やクシャトリア階
級に入りこみましたので、この人
r硝派‥紹報絹g川畑
ほ畢純であり、特殊な場合を除き
ますと、印既教徒のゃうな緒放制
度はないのであ¢ますが、これら
印度教徒と同数徒とは信仰に甚く
日常生活が犬班異つてゐるのであ
ります。
 かや〜に印溌は宗教、人頓、櫓
級、文化などの各方醍に極めて禎
雑松伏態にあつたのでありますが
印まを手に入れた宅檜む英留は亡
(舶)
私岨■
勤し自給の約束を輿へたが開髄は
寧ろ印度側にあb即ち印鼓のどの
政殊に政鳩を渡すかが同額であ
                     ヽ
るっ
 国民禽窮沢は自ら全印域を代表
すると挿してゐるに封し、回数徒
は「・れを好まず印度窒一分せ上と
童粥してゐる0この〓大潮流の外
にも多放の少数私鉄が存砧してむ
ほずがつちりと手を盤つて印度の
印度を燦現すべく立ち上つたので
ありま†。
 もはゃ英国がどのゃうに卑怯、
数滑な手段をめぐらしても、それ
は何等の効果もないことでありま
せう.
        へ≡月十八日放鳥)
 ビル†はバゴ〆の園であbま
す.バオダといふのは併塔、お寺
の⊂とであわまして、ビル†の図
には到るところにパブダが建水さ
れてをります。
 去る入日に皇革の宇に師したラ
ン〆−yにはシユエ(キ■弓&・〆
ゴy・パブ〆、奨金堵といふ壮大
な金色さん愁たるパブダがあゎま
して、ビルマ人の柴斉の的となつ
てをりますが、晶虐比類なき共凶
人は退却に先だつてこの.ハゴ〆を
散々にあらし、争い蟹物を抜海し
て、ビルマ人の非常な増徴をHつ
てゐるのであゎまナ。
 ビル†は彿数の匪であゎまして
非常に古い障史を持つてなり、今
日あるバゴダの中には〓千年も昔
に建北されたものがありますから
ビルマ逸聞の由来は、随分遠いせ
にさかのほらなければなbませ
、甘J
マ の 歴史
ん0
 ビル†人は禁古蛙放でありま†
が、こわが太古印椎に入b、件数
を準じ軍にビルマに移住して水た
ものと見られてをb、穀多の王朝
が柴えたやうですが、何分古い時
代のととですから、鹿史として記
名されてをりません¢
 ビルマが正確な歴史を持つやう
になつたのは今からぎつと九青年
飴り前、我が牌では藤備氏の全盛
時代も斯く過ぎ上うとする時代、
欣桝では、沖繁P−マ帝国グレブ
リI七世の治准であbまして、十
一世紀のことであゎま丁。
 ビルマ帝‡小の撫紬と言はれる
アノウラタ王が郎をイフワず何の
小掟、マン〆レー沈他の.ハガンに
{疋めて、ビルマム∴Lを中→托し 大
いに俳数を柑∵しました。こ.れをハ
ガン王朝と咋しま†が、王り死後
ビルマは元の一授入に上つて国勢が
讃、.そり得」」ハ世紀人ふ‥約川
南年前に、フー〆−ンのずつと北
にあるトン〆!を都として、タビ
ン・シユエ・チ(→字ビ≡・告宅gロt【)
が弊ひを得、トン〆!式朗を樹て
ました0
 このシユエ・チ王は、鮒肌のアノ
ウヲタ王、後のアロンバヤ王と共
にビルマ史上の三英牲と冒はれて
をゎ拭内を統一して、鹿のタイと
取ひ、大いにビルマの囲域を軽か
せました.又その後を過ぎベター
王朝を掛てたパイソ・ノソは再び
タイを討ち又酪の印輝と胤ふなど
ビルマを怒叫々盛んにしました。
 その後十六億紀から十七耽紀の
初めにかけて、ポルトガル人やオ
ランダ人が通商條約を結んで格件
して衆ましたが、英軌の東浦…批脇
の先がけとなつて滞動した災印舵
禽祀も亦ビルマの閥内に支店をひ
らいたのでありま†。
 然しこの頃はビルマは弼〃ひが頒
かつたため筈γがの共闘人古手り
出し⊥与がなく只慄を〜かゞづで
 その内、担麿J七五七年次が酵
では資簡七年で徳川時代も漸く経
bに近かづかうとしてゐた切であ
りますがじの年アロムバヤがペ〆
−王朝を射して新たに王朝を建て
たのであわまして、これが最後の
ビル†王朝となつたのであゎまし
た9
 アロムバヤ王は、英団人と俳媚
西人がべ〆−王朝に如労して放ひ
を招けさせビル†全土を頓智の混
乳に陥れ上うとたくらみましたの
で、彼等を刑に威し、実体の労力
を一掃しました。
 然し印密を根城とする美的の野
梁はい上い上つのり、絶えず使堵
の槻禽をねらつてゐたのでありま
したがビルマも亦、日に日に暫か
ら迫る茶園の麒力を耕撃†るため
第周代の王ポダウバヤの治世には
印床に兵を礁めるなど、ビルマ掩
旗の意講を示しました¢そして偲
侶を印度にいハくつて印度蛙衆とむ
(47)

聯終穀はかるなど、その政流には
見るべきものがあつたのでありま
†が、王の死後共闘は閑境間髄に
名を捲りてビルマに俄ひを挑み今
から召十入年前西魅一入二凶年我
が文政七年に鶉一次英軌ビルマ戦
争がおこb、美園はビルマの鱗土
を侵略したのであわました。
 これに勤しビルマは英国に奪は
れた領土をとり返さうと粥みまし
たが、反つて英田の戎ずると⊂ろ
となり英国ほ美的商人が迫漬され
たと稲して嘉永五年に也聖→次炎甑
ビルマ執筆をしかけペ〆−地力を
占領しました9そしてその後明治
十八年に紡ご衰英同ビルヤZ申を
いどみ山萬の革験を遠つて故にビ
ル†王崩を倒したのであbます.
 そして頻い臆史と侍統な持つビ
ル†王申を抹殺し、英鼠の山地民
て、今僻くおくれてゐれば、かか
る建白を見てゐなかつた却であb
ま†.
 かくて、海にビルマの全土は共
闘扶の蔽ふところとなりビルマ人
はそれから今日に至るまで英例の
鮎制の下に低かれて来たのであり
ました.持に昭和十〓年に印乾か
ら離れて英国の直均他能地となb
ましてからは、半周人の橋晶拭b
は益々鞘骨になつて衆たものであ
わました。筒英閑は何故ビルマを
印度から別b触したかと申します
とビルマは、印度に射し、米や石
油などの最も大切な原料を幾つて
をりま†から、印度に封し脚料択
姶地となつてゐるこのビルマを印
裁から馳しビル†を抱瞳に抑へて
おくことに上つて印鹿が渦允出来
ないやうにしておかうと碗つたも
のであbました。英樹一流の拙喫
地政策であbま†。▲
 この共幽人の摘亜に別しては
 「ドバヤ一郎ち「ビルマ人のビル
 ニを叫ぷ国家先妻の運動がおこ
つて求ました。ビルマ人の反発鮎
励は妨山次大職扱から喝へらわた
もので、印竣の反英運動が形切な
粥へたことも見逃†りとは出来ま
せん¢
 このビルマ人のビルマを叫ぷ南
東ま義の逸軌は、ビルマ閑衆生鵡
聯盟の威光とむりタキソ・コーダ
・ヤイン〆を指尊潜として、掬光
雄励を展開して来ました.
 然し英国のビルマに射する鮎迫
は徹底的なもので昭和十二年に印
舵から分稚してビルマ人の内閣や
柄禽が出来ましたものゝ、事故は
 炎岨は大梨堀職印が始まつたh準
去る一月にビルヾの笥桝り−・ソ
1を戚棚†るといふ亜弊を放てし
ましたがこのウー・ソー常柑でさ
へイギリス人のクラブには入るこ
とが出来ヂ、私的に封等の交離を
†ることむ許されなかつたのであ
わまして、英醜人がビルマ人を収
舐うのはこれ程ひどかつたのであ
りまナ.まことに傲慢不弛なろ桝
舞と申さなければなbません.
 最近おこつた英国人のべ〆−に
おけるビルマ人虐竣♯件むど、こ
の英酌人の性格を如瀬に軌潜るも
(48)
ビルマ人の内閣や猟官ほ轟帯革団 のであります.
絶督が勝手栄優に振声つて来たの
であbまナ。英国が蒋介石竣軌の
ビルマ・ルートを設けたlきなど
元来親日的であるビル†んは、訊
禽で蒋介石の湧助むどお掛りだと
代鎖したのであゎましたが、葵幽
ほこれを触覗してしまったのであ
わました.
世界が開けたのであります、「ビル
マ人のビルマし「ビルマの欄立」に
対して、榊庵的な独力を刑へんと
する丈価総理大臣の黎明は、ビル
マの夜明けを告げ判らせる爽かな
勒の争き上して、ビルマ人の‰を
潔く〜つたことであbませう9
        へ≡月二十五日故地)