×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中小工業の再編並に職業転換に就て 企画院次長 安倍源基

中小商工葬の再相成の御座は取時下の声内憫髄として、政府ち爺民
 灸盤瞭女史 安 部 源 基
も最も触心を有つてゐる吉野な岬租の】であるのであむ††.又亡の
 阿智を鍵決して行く頓合にそ丸を故に拝稚的に鹿現して待つてはなら
恥和知だと考、る次熊でありま†Dこの嘲領の鷹現に曹る官史は、全
く他人でない心情を・望上喝創に叫に懲らなければむらむいのでありま
†が、同時に窮民の控甚なる朝野ピ必撃と†るのでありまナ0
 中小商工築を再編成すろといふことは決して常に中小商工業盤理の
ための牲瑚でもなく、再編成のための再縮成でもなく坤漢のための
坤焚でも決してないのでありまして、励衆穿禰に品く篠栗全般に亙る
再組成の開鞍に舶達してゐるのであります・囲家として飴程の必頻が
なければ、南民が】生の設計として建てた、また組先から受け添いで
きた機業を欒へるといふことは極力逝くべきであり、取時下に於いて
はなは変らのこと蔽くペきであると堅く信ずるものでありま†C私は
今安住者の】人として、南東の必黎と中小商工業渚の心情との聞に威
して、この雑同額を良性的に解決して行く環には敬牢即ち残設の開成
的信念に徹し、この間窟に封する物家の慧喧L平全に犯纏し紬ト、払
っ中小商工弊者の心情を己れの心情としてこれに射する仁禁表して
帯を行ふ以外にないと思ふのでありまサP
私は、この重罪な開店に費両して、嘗つてこれと同じや与な大間謁
を題押した明治御維新の先幣幽利公厄といふ人を想ひ起すのやあゎま
.T。
明治の初めに於いては、職を失〈Lた武士のカを維新の火憎襖糊に
於いて如何に河家のためになるやうに使ふか、宮ひ換へれげ、椎柴の
再相成といふ抑籍が、薗時の政治として、又裡済政策と上∴托して
流れた真野な間額であつたのであります0
この困難な陶頴を克〈威理して、その後に於ける日本り抑桝り凍賂
に非常な力を輿へたのは由利公正その人であつたのであ巾サづ0日本
の葬鹿のために撒を突くナ♯む、さらに8木の喜のためになろカと
し、而もその坐挿を安定せしめたのであります。
 今日の中小工謙山粥湖成の州僅も全くこれと似ノ」ゐるのであります
が、それ以上に難しいのであります巾軌ち故に場を突くしたものに梯
を輿へるといふことでなく、現に撤を持つてゐるものを仲諌するとい
ふことであるからでありますの雪々は燭浄ではヒットヲIが∧古市人
の失炎裾わ二人も欠くしたといふことを知つてをります。彼等は大栓
五年の聞に之等の券を国家の必穿とする訓練を施して、すべて屏防の
ための生蛮葬貝、晋ひ魂へれば国防人にすることが出来ました・
 しかし、礁は、眈に在つた失業潜を有効な方法で失くLたといふこ
とでありまして、常々は、今それ以上の亡とをやり按かねばならない
のであります。即ち今日日米に於いては一人の失築者のあるべき辛も
なく、またないのであbます.唯大鹿確執竿を勝ち叔〈広めに、現に
在る中小商工菜漕を一日の触括の不変をも生ぜしめずして、同家の有
周とする蠍発に拗捜すろといふ難しい脚緒を行ふのであゎます0
 最近に砕けろ中小純工非∽側歯の額展を顧みまするとき、大地支那
串襲撃二期に分けて窄へられろと恩ひます。
 まづ第一期に放きましてほ、箕郷車襲の勃舞と共に御承知のやうに
各種の挿靖統制即ち照嬰幹村を望」する物品の製造の禁止制限及び正
賓物資の和治統制に鵬ナる袖税の法令が公布せられ、特にいはゆる七、
七禁止令の影響等に上りま1て碑失策同額が衷生したのでありますが
この間に於きましては政府げ絹エ省に押葉封雑費見合を設定するとか
鵡府輝に中央瀦工相族桝蕊件R†るとか、又痩生省に失策封雅委員曾
を課放すろとか、或は又職梵補堵所を埠晰して柏嘲沓の按駆使得を肺
りま†とか、各種の封鮨社印止したのではありますが、とれ等はいは
く2ふ)

ぱ幡機窟に封†る救済的わ意味のちのであつたのでありました。
革一期は列陶の日本に封する純済髄迫が加はbまして、外糊貿易に
敵襲を来し、従来の紆済統制に彗て物資不足、統制の軸化、償和の
公褒等に上りまして、特に中小聖楽部門が従来だ伯勅範糊七縮小さ
れ、又その機能の攣革な飴壊なく量られつつあ土方塘務瑞頚の増
加に伴ひ、その脊髄力を最も必婆な万両に再配置致します馬に政府は
昭和十五年十月「中小商工業常に料する封撃を閉鎖に於いて決定致
しまして、増築者の錦栄光を定めますると共に、商民職業指樹均国
民動勢訓練所及び閑民望敷金件等の三大施設を創設致しまして、潤滑
なる柚換を担り、さらに澗蘇閑職に上る国際情勢の緊迫化に仰ひまし
て、急速に槌牧場弊を確立†ナ還弊に伴ひ、職業蛸襖を促鵡する要謂
を強めたのであります¢
 大東亜戦争の勃護に件ひ、政府に放きましては昨年±首の鏡七十
入鎖骨及び妨七十九款倉に於いて閑民更生金輝の機能の頒充、同業者
の弗助資金の助成、拘換する従業堵に射する彗捕虜地銀の扮輿、頼壌
常に対する租税の賦免等、再相成故に職矩紬汝を容易ならしむる缶の
各般の措置を甜じたのであります0なは本間頓の重弊性に鑑み最近の
触教に放きまして、中小商工業者の整理流A品に轍兼績換に舶する方
針を決定し、この間態の柑滑迅速なる進歩を掬りまTる娼に企宅揖に
各鹿関係官を以て粗櫓する委員禽を設け、計宅的に賓施を湖しまする
と共に定率事項についてほ、さらに補講の決定を挺ることと致したの
 であります.
 私が更めて申し上げるまでもな1近代汲革は望小椎力準Jあつて、
 生憂カほ政事蛮行カの一大叢隆を持すものでありま†.大末亜職学女
 帝渉し大井亜の自治拝喜を確立班しまして、その防徳に任じ、帝酔
を核心とTる東亜の新秋悸を確立する馬には、我が国産業の再縮戌は
快くことのできないものであ♭ますG即ち雷同の同意として銃後生意
力を維持拙充†ろ岱に必黎なる生産蓼貞を確保すると共に、特氷に亙
つては朗防及じ藍華挙兵を確保する岱の我が人口増成の合理化な必.酸
とし、これに上り職ひつつ我が粥防図衆の腱他の基幹が出来て行くで
あります0大東逝馳雫の錬々たる大職果に上b、直ちに硝方詫地域の
覆審物資が教官に手に入るやうに意断致しまして、中小商工業の鞘相
成の如きは漣早その必黎がなくなつたヤうに考へる向もないではあり
ませんがそれは転貸でなくまた中小商工業の再編成の間漕が騨に保科
物資の不足に伴ふ消極的な問題のみでないことを考へ亨丁とき、やは
り琴山盛魔の吋小商工耗を速攻本格的に且つ合理的に再相成して行か
なければならないのであゎます。
 もつとも永い間それぞれの職業に従来して、各自の生活モ誉まれて
ゐる方々がその職業に勤して持つ愛着心や績傲のやむなきに至つた事
憫等についてほ、十分これ曳苧こしなければならないのは申すまでも
ないことでありまして、政府と激しましても、中小商工業絹槻戌の麓
業上、牡曾上に及ぼナ影破を操く察しまして、これが†兄上の鼻腔的
枯野については、擁立の上にも慎重を瑚し機業堵襖者の生活について
は、不安のないやう各般の楕櫨を捕ずる考へであゎます。特に現在の
時局に省み赦召撃取病死者の盤家族については、特別の考成を紳ふ
ことと致してをるのであり普す。
 濁袋渚の捕漕が幽家的軒端に封し樹樋的宗塊七望J協力され、生産
の昂響議決の適正化に寛麒せちれ・Qと同時に、鴨職すH表省に於か
れては粗契印壌が時局下喫緊の黎鞘である所以を十分理解せられ、こ
れに揚力せらるるや〜切考いた†次亀であbま†.(三月十三日放送)