×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

殉忠の心

(王托)
 東條蝕確大板は今年の元且の放
浪で
「か〈の如き耗→たる機軸の時制
に.町へ、h同h托また殉思の鞍を鞄L



 又咋は海粍省故に大木僅から敬
叫繋い九…旺岨火山魂なゆ†ぷりま
し〃靴岨の訓、沌〓帖り別汝野馳に
つきましてほその汲災の小に
「か〈む如きか今に地†る殉址触
比り政僻村削は拭に珊矧伽糾の付
紙な胎憎なく鞄押せろものにして
今次火[史腑”岬の“大仰勤といふ
べしJと跳べられてゐまナ。
 殉址とは皿に殉サるの殉似であ
り、mは搬耕の瓜、殉は殉国、国
に殉サるの殉であります。
 今別の大氾舶職印で我が出桝が
枇に湘に袈に天を肘かせ地を動か
†叔々たるZ恥なあげ、味方も敵
も均し<成さの日な陀り駒出均し
く梱激してゐ領−Jとにつさまして
は亀山の耶仙を批へあげることが
〓氷るのでありますが師サるとこ
ろは即ちこの杓皿山二竿に湖さる
山γありま†0
 この殉瓜の心こそは、ハワイ航
牲の円巧く発入して政雄七繋増し
た鞄札叫の山蒜り仙川一榊であトソ、」人廿爪
犯仙叫耶に碓止れてをりまサ畠雀精
強−人仙人の純朴であります.
 馳印山地まる以前はH本を曳く
ひり、職印になつてからも始めは
大してじ水恥の力を馳め†叫滋初
不兜にも不意打な受けたから敗れ
たと巧へた敵閑も職印の北むにつ
れてH本村の耶付触比なことを温
めるに黙り今ではどの敵も日本祁
の強いことに糾明を唱へるものが
なくなりそして何が故日本桝はか
くも糾いかといふりとを轡山に研
究ナろヤ〜になりました.
 ヾレー槻椴の批准北斗耽が幣川瀬
がシンガポールむ盛んに水盤して
ゐ¥した射敵米兆は日本の飛行也
は桃舶が破いとか訓触が山水てゐ
ないとかデマ兜仲をしてゐました
が、その時シンガポールにゐた米
国の椚州氾稚や放送糖はこれな杏
小忙してH小竹施山小のレ他めて‖卯欣なこ
とむ木川に批“附し印帖から氾映さ
れたことがあゎぜした。その叩の
。雀ほYの竣H一環に仕「
 「RH本塞肘小松地上部…屏に他山付加つて
一報椚叩を加へながら地上部除仰のため
に正を附叩いた、英図の刊射粗放は
射削に入つて氷る訣s鮎川な砲耶し
たけれJも仏し日ポ耗〓ほ水出し
た¢茶耶の砲醍が如何に鉦烈にな
つても、H木袋叫はい上〈鞘醗
して氷た.倒から晩まで批節は絶
間なく川上から炎耶肌黙部撫を叩
きつけるのであつた」と官ひそん
て又「日本の川仰弊撫は銅の付“曲の
如くあとからあとから汲憎のやう
に況はれ、托照焔、柚瞬の小をい
ささかも触列を崩すことなく釣枇
打にほ賦しっづけるP見てゐると
やり切れない粥指に仙小はれろ」と
敏速してゐぜした。
 まことに日本の怨叩は如何なる
帽も決してその輔輸をくザさない
のでありまして、下から如何に伯
班されても又敵のZ朗械が改めて
水ても、利分触山下に棚然たいり如
撫な糾んで靴に他服し措むつゞ
けるのでありま†。又軌杵
「q右端は〓久上渾什q亡戌。胡丁
ればその”竣は、仙肝つにきまっ<ゐ
る服朋叩者の死仙糊の如きは日本耶に
は二の次の川出である」と雷つて
たbまナ¢
 元択⊥柑仲取は汀の加糾む訓じ
爬史上卦はめて椰なことであり又
その他功したことはめづらしいも
ので作職として爪も川桝なもので
ありま†。
 然るにHホ粥は火災耶馳では取
知れ拍軌机上眺をししかも何れも
石瀬甘小完全な域功む収めてゐろ
のでありまナ。とれは眺海盗の架
和な兆同作[の脳物であり、しか
も故が眺耶や桝馳暇は札仰のいふ
ゃぅに、−姥上触れ[に伐功ナれ
ばその放が如何に少くとも叉その
場研が如何に招榊な川仙であつて
・も、その他ひにけ必ザ勝つにきま
つてゐろのでありまナ.靴蝿大の
旭鵬、シソ〃ポールむ政略した荊
⊥は十二月八[コメパルヤシソで
タに軌机上排してマレー中山む舵
租した功士であり、マニラむ帖路
(泌)

させた勿七ノ竹上随して一気に魅革
Lた部小畑で}几り、又
 今やジャグH′に」絶して馳印に
彪後の止めを刺さんとLてゐる皇
即外地りでれりま†.かくの如き
gまことに耽非齢史放つて以来の
肘撃と小岩たけかばなりません。
川 又軌例の新聞紀渚は官て



−の一人が突媒Lて来るJ
 と滅べて畠斬り銅板果敢なこと
に箭を抱いてゐ乙のであります。
外桝の兵隊が敵の多い時は払いが
蘭渕
 ハワイの持別攻撃駿の将帥こそ
この紳脇′ごめhま†。又マレーむ
戦線で、鼠糀戦中を以て取の若衆
に出漁陣決く突こみ故山ケ師掛を
全滅きせる伽きをした佐縫小尉の
批烈鬼甜む突かしむる突撃−」そ、
敵をして懸耗措歓せLめたもの▲
その一つでありま†.
 落下傘部隙の括髄、アメリカを
攻解Lた藩水底の脊内も触りであ
ハニでの他母日の新聞に破り、放途
に遠くられる虫糾の沌郡は均しく
我々り駒を衝つものであゎ外閑人
の読破の飢たらぎるものはないの
でありま∵。
 敵仙の単駄と挑も何れも鞘人魂
を持ち、又何れも愛国の心を持つ
てゐるものであゎますが、それに
も拘らザ、lり皇粧のみが、如何
なる弘敵に刺しても進撃あるのみ
で一歩も掛かず、上排しては必ず
締地を占鰯し又敵艦を見付けては
必ずこれを撃滅し、撒槻に池へは
必ずこれを繋挺するのであります
 が、これほ歩TQに畠解肪頻れ:
人々々が殉忠の鞘紳を以て死生を
超撼し、ひたすら 天皇維下の磁
人として大君のためにその全力を
捧げ奉るからに外なら氾のであり
ます。
 能生の軟人、大伴雛持が畝つた
「海行かは水虫〈かばね 山行か
ば革むすかはね 大君の退にこそ
死なめかへりみはせじ」のこの射
持とそ、三千年来我々日本人の血
に秩わ−博はる殉忠の構釧でありま
す。
 外地り常人が強い壁関心むもつ
てゐましても鞋封に皇軍艦兵に及
ばないのはこの馬でありま†。
 叉対生に仕へ君主に奉ずる忠君
の心は外圃にあるに拘らずそれが
掻か我が閣に故ばむいのはこの
 r大封の浪にこそ死なめ」の全身
全力を樫げて大君に殉じ凝るこの
梢卵は概り宅地一系の天良を上に
いたゞき閑址均Lくその赤子とし
て大尉心を察叡し、一皿招致あれ
ば†べてを大避に捧げ奉るといふ
傭舛に一ムつて二つむぎ有如き岨
艶に由来γるものであるからであ
巾ま†。
 杓忠の心ほ鈍・‥抑凶日本にのみ
見得ることであゎましてこの殉忠
の心が〓雑むL∵世舛に桝む出べ
ろものれるを前Jご.‥いむで盲んま
す。皇解の窮敢なること史郎の樹
桔の愉いこと、畠班の柄鮎なるこ
と、皇桝が生死を超越してゐるこ
と、何れもとの殉忠の心に浅くも
のであゎます。
 我が荒野が印に決死の牡倍、命
を捨てるといふ上りも茫に納税的
に「敢を鞄す舶に死んではなら拍し
との烈々たる心憐を以て攻撃すろ
こともこの招抑から生れるものと
いふべきであります。それは自我
や功利や川他と云ふことはもと上
(:加、)
り名啓と功名とか云ふ
へたい・ものであゎます
 盟邦拙伊は夙に我が
ことをも考
の念を抑九嵐h絶大の信掬な
寄せてゐろのであむま†が、亡の
ととは耶邦に冠たる我が的憶とこ
の杓忠の輸抑シn叫も小丸く噸触Tろ

    F−■llllllll
「、粥g…b芋にな呈して
からは事々これ穀戦和しさきヒヒ
ットラー蝕枕は
r永年にわた小金が箪款し衆つた
執日本は今やもれわれと独力ナる
に糞つた.われわれは日本に封し
康甚なる櫓謝を坪げわばならない
何故ならば8木の頻々たる戦果は
あれわれの敵の穎汲を倖誕するか
らであろ」と晋ひムツソリI■−首
相又
「太平洋上発向が袈つた→大打撃
は日出づろ園の将士の紳碕を如珊
に絆明したものと首はねばならな
い.余はとこに沌信する、あれら
はこれ等肝兵と進軍を共にし得る
kとを無上の持稚と戚ずるもので
ある」と述べて日本を皇革を冴め
たたへてゐるのでありまナ.破ら
く敵米英も今にしてこのことを十
分に納得ナるに垂つたことであり
ませ与.
 何杓にあつて閥土の守りに掟ひ
或ひは生革の職ひに或ひは息墟の
敢ひに碓ふ弘光一位同胞の一人一
人はとの良雄の殉忠の心を心とし
騰ドの赤子として、夫々山教場で
純一無雑 大棚心を凝増してその
力のあらん眠りを搾げ奉り、似て
畏くも ヒ御一人が宜俄の御詔勅
に「朕力棚海盾兵ハ余力ヲ琴ア交
概一律耕シ朕力官僚布和ハ柑輌惚
凝ヲ準行シ腕力爺庶ハ各々耗ノ本
分ヲ迎シ鰹苑小心励狭ノ蝕カヲ革
ヶテ征取ノ目的ヲ速成スルエ故算
ナカラムコトヲ斯セヱとのたま
はせられました有難き 大御心に
鷹へ照らむと轢く期する東鶉であ
ります.   (三月七日放送)