×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新嘉坡陥落前後の国際情勢 情報局第三部長 堀公一

 今日は研茅場陥落が敢鈎南民放びその他の中立国団民に叫へた反響
を中心とLて現在の団傑情勢を小上げまナ.
 まづ茹閲に就きまLて竺力十山8、皇軍の新嘉娘突入以来彼等は
既に岡島の陥落を概念してをつたやぅで、英閑朝野は革げて曙泡たる
名東に包まれると鵜にチャーチル首相の資任を閥ふ埠も亦激しく超つ
たりであります。】月十三Hれ倫故山→和力新畑山如きはダンケルク
ギリシャクレタ梯の敗職む引合ひに出し常時は前の政府が準備を怠た
ってゐたと云ふ短評も出水たであらうが、今年はもう一九出二年であ
る.前のやぅな申却は濁るものではない.新嘉妓敗北の全章任者はチ
ャーチル一人にあると激しいチャーチル非難をはじめてをります。
 二月十五日取上新嘉奴が障露致しまするやチャーチルは鎖骨に於て
「全世界に放ける英吼の高射砲・勒革・飛行増等は決して無駄に遊ん
でゐた評では無いJとソ聯の戌助及北アフリカ・地中海万両に於ける
英鋼の粁墳を“鮎べ、研瓦叱仇絹弼化の不可能e且つたことを捕明する
と典に「たとへ、我等が充分に準解してゐたとしても新嘉奴の陥落は
不可避であつたらう.我々は白木軍の架力を睡硯してはならぬ」と皆

由とも村材ともせ普ともつかね溜しい泣言挙式つてをゎまナ.
折も折り長らく併舶西∽準遠た環海山新鋭彗壷が、天下∽鵡聴
が新涼出に媒つてHむる二月れ十二日に英悌海峡を迫つて滞たく本硯に
引投げ、劫てこれが攻撃に出向いた美園飛行船が多姓撃墜せらるると
いふ砂件が起ったのであります。
 印氷知の通わ茶園人が英園海鸞卜勤して持つてゐる誇りは一種格別
のもので、炎圃海溝があり乍ら筏逸の陀汲か打叱ることが出水たかつ
たと云ふのは一泣如何したことかと、武人たる非難が起h、中には、
「我が大共祇園にけ式十八掘の怒チャーチル以外に人物なぎや」と迄
陽酎を放するものまで出て架ると一茶つた具合で、一月未申内閣改造を
印紹して州切つたチャーチルも迩にこ”団円状攣旨む確かことが出
来†二月十九日に圭り、杓閉山改造を併行せ草々を柑なくなつたので
払りま†9この内切放造で托意†.へき響h烏泣迄ソ堺にあつてスター
リンと紹触わ顔けてゐた前駈蘇大仙クリッ.フスが入閣したことであり
ます9クツツデスは左傾的で瀧蘇的なる人物として有名であり、クリ
,′スの入脇に砿つて英ソ雨間の開体が一層頸践となるであらうこと
は、溜想に粗くありませんが、元々保守的たる正樹隈民の殊に上流資
本家万両に放て封ソ感情の斌しく撫いものがあるのであります。クリ
,ナスが二月∧日に馬しました放邁敢孜に放て「英醸成中ソ聯との提
携に縄し徒衆の礪念な紫て切れず今倍持紆するものあるは甚だ退場な
り」と云つてゐるのもこの洗琳頸を渥明してゐるものでありますが、
炎嫡政府がこれ鞘の鋳怖な無瀾して迄貌ソ政策な碓らぎろを和江くな
 つたといふことは、如何に英饅が秩洲に於て且又水底に放て窮琴卜隕
 入りつつあるかを物語るものといふことが出来ませう。
 痢讃班、汝終に上つ〆し摘も琵ひ上つたのは.■?j迄も鈍く消印と涌棚
であります●新高汝が落ち、♯いてス†トヲ、ク†バの攻略が始まる
に及んでは、湘印も今やもう湖念の紺を決めたやうであります。骨局
満ち新聞統専も抗戦山前故には勘待を叫たサ、只出水るだけ耗流し、
かなはぬ時は徴庶約た焦土取術を珠b、日本に架線の渡ることだけで
も妨げや与と云ふ敗敬的臥滑操的意見に奨はつて埜しをbます.
 礁洲は浦和確諌めてはゐないやうでありますが、新訪娘失格に上る
驚愕と狼狩−英常に幣する不捕と不信とは蔽ひ払いものがありまサ。
 東和の山新開奴は英米が輿へてくれる欝敵及び飛行瀬堵庶の約兎や
一九凹二毎には絶反故をやる等と云ふ言明は、今の濠抑には全然滋味
を馬さねとその期待の衣切られたことに卒蔽に不満を述べ、又硬洲陸
耶大臣も渓洲は今や自力で馳ふ上り外にはない、外科からの揮軌は期
待出来ないと判然いってをりまナ。然し乍ら日分たけのカでは到欣留
の強い穣柑は、凡ゆる雷論機関む削貝して太平沖政勢の基地として珠
洲を肌和する斡が如何に大切であるかと云ふことを力説し、出て非米
別に封し悲壮な哀訴を繰り返へしてゐる桝放であります。
 Z印・硬槻と喀同様なのは富睡であります.黙は大鹿蛋馳甲開始の
報を受けて最も悦んだのは克彦政娼であります.この敬弔で日東ほ年
後位の内にはまゐつてしまふであらう、さナれば臼支事奨は定盤仰の
持出†條件洩りに媚決する。その上仁多年団内政治及び軍堺の浦とな
つてゐる支柿共藷篤及共牽を安心して片付けることが出振ると、か
ふいふ凪な耽らぬ狸の皮見好をやつてゐたのであります。
 ところが禿を咽けて見まナと英米は販厳に地物な婿ね、これ湛挽椚
な観で新支竣軌む浣々承諾しゐた英米が今竣け何の方から金は壌す、
頻に統領その他斗寄せ支猟抗頓の弟敢さを覚めそや†、さては弗介福
々支那」〃画半舵司令官に簸り上げる等、数々が蟻一じ見てゐて軋噛の狩

                      .11
(12)
 くやうLd鞠確柚掘り告知めたので†から、現騨_‥加持て良いLいは逓ひ
無いが、その反面には噛りにならないことち博しいし」苧ごしとになつ
て架まLhノ。そこで況鞋は英米∴封し劉H攻撃即稚爛始一り巌、、翳詣す
ると同時にソ聯の封日鞄轡抱込工作斗」約めたの′ごのります。佃もそ
の効果撫しし」見るやこの頃は電燈M黎人新婦は野中ノ殉へて日本け遠く
ソ聯政蝶を椙始†るであらうと、淑しやかに音ひ綴らしソ聯鳩効に努
めてゐる昭博でありま†
 いづれに致しましても新古城偽諮に前後しビルマ作扱が敢行せられ
耶支の建命ち且夕に迫る状況となり要慶唯一の血路たる「ビルマルー
ト」が危くなつてまゐbまtた.又傾令これが役に允つとしても印度
洋が日本海車の骨戒に喋らされては英米の物賛には全然期待を持てな
いこととなゎまナので、こ、に東歴は雄琴し団をつけ細度で出来る勤
務を、支那に持ち込まうと考へました。−」れが馬に兜づビルマ防衛と
稲し、少戴の支榔笹を沢潰して英周棚の好感を繋ぐと共に、薄介石、
朱筆齢相挽へて二月九臼印度こ絹込み歯局漸特に和姥民衆の人心杷禎
と亨ふ段収わにかつたのであわます.
 情報に上りまナと滞介石の論印の目的は衣の如ぎものであると云は
れてをゎます.

〓、
≡、
四、
五、
印硬を支那lト対する革守品供給の基地とナること
ビルマ・ルートにかはる新しいルートの開設
ビル†・申費・支那の共同防鮨
伽度の積極的参戦の積め印度指導者昭故に呼びかけること
ビル†沢潰家郷軍に開聯する籍案件の解決
 以上五ケ懐中英国側が最も軍搬を簸いてゐるのはそ∽約些ピありま
す.鹿年印床粗立の昂めに努力むなし来つたゴングレス沢山野人建と
籍介石を倉見せしめ、兜づ’ゾ〆レニハ振り筑炎感情を頻成しこれか【利
用し封甘典同馳棉に串り立て、英圃に対する反畑の崇分かでも日本に
両替りせしめかくすることに上つて印貯の英帝酵上り山椰反を防止し
やうと云ふ陀案であわます。
 今山つの薬園の奥の手は点滅の場合には、印度に名目的翔立を糾へ
似て民心を和らげることであります.
 藩介右は呼檻を去るに督つて〓月二十一日印礎鋼艮に対するメゾセ
ーヂを透し、英国が和凝国民側からの要求を持つことなく出来縛る限
り邁に従者に勤し衣の政治的自由を輿へんことを希男すると云つてを
ゎま†が、このメッセーヂは稚め美園郷と協礪山上で作られたもので
ありますので、これは車閣側が帝介石に頼んでやらしめた一つの相埼
みと見ろことが出来るのであります9又これが成功†れば落介右の口
ききで印度が自治を得たこととなゎ藩の両日も大に上ると云つた筋合
かと考へられます¢
 然し乍ら英悶のその支配下に在る民族に対して輿ふる殉放とか、儒
或とかの袈手形が如何なるものであるかは、既に約棟和犬取替時に放
ける苦しき経験上りして印度人がl番兵く知つてゐる背であります.
 男在の革閲は正に崩壊の前夜であります。「困つた時の押銅みで、J
今の英国は自己の一時逃れの詰めには如何なる旗手形も墟富も欺瞞も
平呆でやる心環状態にあろのであります0・」の英関山口革に濡つた馬
に今やその悲運に泣いてゐるものは波蘭を初め彿憫西、白耳義、和蘭、
箱鳩等枚挙に通がないのであわます.
 日米が相場に対して如何午匂考へを持つてる′Qかは、先日山東鳩首
相の曜明で明由でありますから、今更何も附加†る必葬はないのであ
bますが、印度が英園の下にある睨り如何むる形態に拾ても、英担の
(13)

息の耕つてゐる間は1Aの印喝アジアの印度の佃現は宅まれない
ことだけは申上げておきたいと掛ひま†.
 次に新涼折柄紡が7メリカには如何俳に塀いたかγ
 米国の雷論は第を欄へて時局の忍大性を強網してを巾ます.
 二月十六日の紐背タイムスほ米閑は媚印死守に凡ゆる努力をしなけ
ればならぬ、媚印が日本山手■」人山ば日本は印皮洋を制賎し支榔、ス
エズ、ペルシャ滑※弼の併合凶剣站鋸Hを襲撃†ることとならうと云
ひ、ボルチモアサン紙は「所為妓の失略は牙園にとつても最強鯵まし
い破局に壌ひない、聯合印はそり軍備が攻勢に鴇じ得る迄は太平洋故
に取ては防禦暇で我増しなければたるまい」と極めて悲機的な論評を
やつてをりまナ。
 尺面白いことは葵観の新踊が姑んにチャーチル内観攻撃をやつてゐ
るのに米国の新聞は、殆ど炎駒政府に琴ついてゐないことで、Å珠輝
の収馳と云ふ古創む持つ米組としては、放り障ら柑な串を云ふと忽ち
蝿珠丹は何うしたん∵いとしつべい返しが来るのな熟れてゐる渾であ
りまして、同病川憐れむと云ふやうな心瑚が斯いてゐるものと息はれ
ま†.試四電り苫前は日頃氷亜職々況を殆ど絹赦せず又掲敬ナる彗q
にも殆ど共狩川■1丁スのみを暇せてゐたので濁りますが、l一月十〓
日アラウ〆紙はその論評に放てシンガポールの浬命はフランスが武持
を捨てて以来の照倒すべきエー】スである、新嘉奴蜜姦はアングロ・
すクソソに別して到底周現し憎ぎる駆料的打撃を粥へたものである、
とて卒直にその群帖的京大性を艶めてルり苫†.
 府中立駒であるグイy−政府、鞘班牙、ポルトガル、トルコ、アル
 ゼ/ナソ、チリ等に於ては口を極めて皇騨の神速巣敢なる戦果を悠許
 し、その担架は英米榊の執拗なる抱込政策に拘らず姦上中沈鬱婚又は
稚軸接近に焼きつつあるやうであります.
大水鵡暇り職架が他界に殉へた野間は慨此†ると以上のやうなもの
ごあ巾ま†が悦ん=閉月R直両した危確ド勿鮎久地推服mみでにむいの
でありまして、北阿弛利加のリビヤに放ける職配が段々値軸伽に有利
に展開しゐること、地中海の制海咄が漸次英組山手から失はれ最早や
スエズ運河を油し印摩洋へ物を準曾」とが山水撫くなりつつあること
聯合閑側商鰐撃沈汲が腑攻竹如し、又米騒に近破サる水蚊も免職とな
つたこと、最後に侃洩の宥寧封蘇攻撃が目捷に迫りつつあること審議
般の釈労は日毎に碍軸刷に有利に展開確て堺合幽側が蔽よ不変と焦庇
な深めつつあることは疑の無い題であります。然らばこれ等の事態に
射し共米等聯合閑側は只果然・」れを眺めてゐるだけかと云ふと勿論左
様ではありませぬ9米国大統領が去る}月媚行拇年璽ハ萬盗、商船入
盲温噸等々と云ふ尤大なる笹礪計銅を準表して他界をあつと云はせ又
専門家の笑を招いたことは皆さん御衆知の洩りであり、又右準衷が多
分に宜伸的意味を含めたものであろことは勿論でありますが、その成
功不成功を別と致しまして、米醜人自身は強ちこれを架尭的な敢字と
は恩は†Å両目にその甥現む期してゐるのであります.去る〓月宋払
に閑防礫算として眈に可決済みのもの及び可決せられやうとしてゐる
ものが巾千四首五十四磁弗といふことになつてむhます.又人間力の
動員の方では山月及び二払に登録を済ませた舛王手就から四十川故
迄のものが二千四首甑人に上つてをり、現在の牌鞘兵艮を本年巾にけ
三石エハ十流人にすると云つてをゎせエ,.勢働塘は現碓迄平和産業に従
淋した七盲鶴人の勢働単を軍礪褒葉に絢業せしむる外、新に募雄済み
り≡苫前人を東急訓触すると云つてをb又現在Y騙無窮に従♯する婦
人努働堵は正十私人だが来年末海仁代官五十現に†るといってをゎま
(14)
†。自動坤工場は二月十日り拓引勅ポl帝を小止して萌湖鞋流・蜘向
斗槻均しラジオ和雄工埠、冷稚拙如濃⊥堵撃も軍部工崇に山菜を徹せ
られてを巾まナ。鴇、ゴム、タングステソ等ま眈こ消費規制が行小山れ
又人為ゴム、代佃点飢催榊等に大雄惧た甜剥が泥め、りれて斗】ヱ一月十
二日は絹堵功業潜れ山切の手招糾七政府仁徴相してなります。叉商館
転地については米節局は現在山口山貨の割合で赦水してゐろが東月頃
からは一日二空の朝倉とむると壌細し前に地べた稚芥の内には粥紛二
千八胃壁杓三千孤嘲に到†り廿杯沖が含まつてゐると訟明してをりま
†.又耶柾ハ排盗については大紋節は去年十二月幻在鎚迭中のものと
して戦転十五、巡拝鑑五凹、航横付鮎十l、騨逐鮎∵几≡、潜水陀七
≡、計三宵四十六望と東夷してをります。又飢杓n官應としてけ取時
耗商省ハドナルド・ネルソン)、職昭和鎚腎和尚ハエメリー・ランド)
を新設してをりま†。又難解機槻としては英非の陸海然欝代表から参
謀長聯絡伊那なるものを頚府に設け、全作戦に封†る長南機鮎としこ
の下に倫故及頚府に太平洋靭帯狩鎖を設催しこれに英米のみならず濠
糊、新紺醐、南柏代表等を加へ各地の意見を開陳†る槻禽を輿へてを
わま†。
 又英米の革帯品、商船、並賛鍬をプールとして最も有効に利用†る
馬に一月末筆府及櫛敦仁夫竺一一つ宛の合同委員叡山訓覗檻等を見てをり
まナ.
 前々固にも申上げましたやうに前禎の遜大な計劉を賀現する昂には
色々む挿椙がありま†し、又米駒の敬時生産性制が戚剣に考へられた
のは率氾のことであ巾ま†ので、その前途にもいろノ〜禎徹な江飴粘叩
祈が粍忽せられます。更に柴米山地力なるもの仁つきましても故に
英静内に米田から的や銀を侍りるのは良いが、飴〜竣にむつて桝沙拭
られてルJ榊・勺ことになりはしないか−】云ふ心付ノーあり、河り切れない
竣多の瓢が梯つてゐるやうでありますが、いづれこしましても、滞炎
がその場鎚ふるひは米州謂劉を撃ゐてがつちり組んで長期敬担形を以
て北ち上つて来た“梢ほ、攻囲民として裔過∵べか・りぎ′つ巧弊な榊で
あります。和もその叔掩を揺す思想と致しましては共禾ほ捲識には不
意を噴つて敗れた、日本は掩敬の飴労力を以て虹に太平洋の粛野地を
朽んとその一】」一中に収め試した、従てこれが大竹七殉凧†ることは勿謝
符易なことでは細い、然し乍ら英米がその照力しJ溌汲か槻動鎖して出
初汲を以てこれに際めば日本を琴心ことも不吋鮨でほたい、一九凹三
年末頃にム封れげ吠妙は違つて来るに決まってゐるとかういふ考へ方
でありまして、この考へは相衣ぐ放散に狗ほら下乗た英米人の眺盤か
らは沿えてゐむいや・りであり誉す。情報に上りま†と梨園−卜於ても米
閏に姶ても山般大衆の問には敗戦思想又は反戦思想等の牧を見ないと
のことであり、殊に米図に於ては日頃日本を見鮎つてゐただけに軌い
対日反感が海つてゐるさうであります。又弔拉に致しましても榊機的
な反攻を馬†力はないにしても、河鹿的な抗搬爬力はなくなつた柑で
はあbませ拍。又いろ〈た内政上の悩みはあり乍らも、まだまだお
りましたと一竹でか封配はないのであります.
 かやうに牲界の太守を眺めてまゐりま†と粥敬川来≡ケ月の我が赫
々たる鞄鵜川宴に人穀史⊥比知山無い確かLいものであるとはT粥へ、
この職餅に誇つて我な忘れ軌を・惇つてほならないことが泌々慮せらる
ろのであります9
 繋上わ我が稚泡補は杓\ご」ころ撤撫く如何∴・つ耶絹ケも撃破しなけ
かば己、Jたい性卵無比‥軒瞼でありま†。乍然そ‥赫々たる馳臍ム払
栢ほ転新婚士のいふにいはれね筋常と、浜なLには研けたい尊い陰性
(l∂)

の】雪の陽に外ならないのであります.これな息ひま†れば我々は葵
嫌いの不味いの求いの巻いの軍票た哉翔では触いのであります‘
 几.ゴグユルー米火扶助は∴月二十ご古今氷剛比−敏捷し
 l、日哺も穀8も】日も休まず勢倒すること
ニ、自分丈けの利筏を堵へないこと
 ≡、酎の喋求ポあれば個人の粥朽む蚊和仁nること
の≡ヶ憮をэナしてむりま†。
 敵輌にして批にこの決心をやつてゐるのであります。況や米英餅逐
 敵例の謀略宣倖の

 米英等の敬川緒巨は大群娼概申開始以来収[に竿、舵機を宅ね、内
は本同氏お上び丈魂の鹿湖上り政府、桃帥郡の鼎の檀家を間はれ、外は
中放頼朝上りその没落を柿馳せらるゝやうになつたので、何とかこの
大葬を挽回せんものと椰泡となつてゐる.しかし米所が作職部長をか
へて衷而を糊漁して見ても串新しい[雅を博し柑る評でもなく、また
葵観がウエーグチルを印度に引揚げてみても邦つて英圃の不信行馬を
如耳に天下に森帝サるの鴻効果を壊するばかりであつて、正岡からの
党人たる封弊は施†に術なく、照準卜溌り良複の手段として顛環のデ
 イ卓伸な性界に飛ばすといふ憐れな方法を採らぎるを得なくなつた.
 敗側のこの棟デ†食牌は飴りに津山あり、一人紹介する噛もなくま
 た小人坂上げて最する必鮮も離めないが大雄の傾何としては、
放と云ふ戦争と同時に大破鳩鵡設と云ふ大使舟な挨へた我々8本人と
しては上り強き咋棒と⊥り大なる忍苦とを兜惰する弊ある℃とは、勿
輪でありま→.
 皆さん兎々−我時の心の隅に何等かの不平不満が泡つたと†れば、
今夜淋しく夕食の鵬に陶つてをられる皇挙措士の赴放の上に息ひを穎
せませ勺9史に今の今野仁山に海に嬢に坐柁を着れて廿触しっっある
前線畠ヨ脾ヨれ紡刊k弘ひ起こ叶〔りでは見りま叫んか9
                            ハ三月四日放送)