×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦時国民読本 乱れはじめた敵陣営

 枚米英が蕉延長大の棋蟻地と悼
んだシyガポールが階落して以
来、敵の悌誉は各嘲の閣で、又そ
れぞれの嗣の中でもト頓に乱れはじ
め、い上い上寄合世稽、烏合の衆
の正吐を農務して水ました。
 正面に掬塩を擦へ乍ら米閑に引
づら九日本に敦拘ひシンガポール
の格啓でとわかへしのつか粘痛手
を受けた英申では、チ†1サルは
ayガポールの落ちた白鎖骨で、
「米好が直ちに8本に勤し及ぽしノ
得べき堆カはその強大な海陸であ
つたが、・しれとわれとが合して如
何なる攻世にも野する熊を作む上
げたのやあつた。しかし奇襲の一
撃に依つてその力の楯は地に墜ち
た」と申しました¢
戦時国民靖本
閻鳳
 又〓月廿他日には「Å珠樺の敗
北と英開雑拒の喪失の枯果じ本は
少くとも東鵡批似では絶憮的確弊
を持Lつゝある」と冒つて、シン
ガポールの略港の最も大きな原因
はアメリカの妓殊滞の放放である
として、米姐を怨んでゐま†0然
しぉさまらないのは打ち砕く惨敗
をなめたh英国妃でありまして、そ
の騒ぎはそのまゝではこれを抑へ
る術がなく、そこでチ†−チルは
内閣を大改造して前ソゲイエト大
使クリップス鞋入閣させました
が、引摂くビルマの放放と印鹿の
不安も加はり英閑の契約は今やそ
の機くところを失つてゐるやうで
あゎます。
 英閑の組民地渡洲は、シソガポ
−ルの惰小路を呆然と見一選つてゐた
矢先、資材叩ポート・〆ウイ/に我
が海の荒鴛の五和を見好はれ、す
つかり桔川てふためいて首相カーチ
yや陸柏フォードは「漢洲の危俄
は目前に泊つた9液剤は日カで防
衛しなければむらね収呂に在る」
と官つて本桐を鮪】とする英国の
やり方にはげしい不平を細べ四民
は右往左往の狼狽凝りであるやう
であゎます。
 印度では「印度が印度人の印鑑
として本来の地位を快復すべきこ
とを期待する」と申された常備絶
埋大臣の駆明が非常な感銘を粥
へ、太い聞の特色であゎました和
雄槻並の東海が漸く表に漁く現は
れて衆ました中
 弘一東大軌の時印度の鋼立を保
障して印鹿の擾助を仰ぎながらり
れせl片の反古として宅て裁つた
美声は最早これをせ柔する方扱が
ないため、まととに卑劣な手段を
者へ、英何の手先き蒋介石をして
印度を手放づけ上うと企んだので
ありました.
 恰も碑介右は、畠宰の進‘−に上
つてシンガポール落ち今やランク
ーンがh億くたり、▲命の粥のビルマ
ルートが失ほれるのを何等かの方
法で国民の目から敢は与と考へて
ゐるところでありましたので帯介
右はシンガポール陥落の直前、〓
月九日に宋葵齢を伴つて叫他んわ
の大名行列で印度のデリIを訪和
したのでありました。
 ところがこの落の呼度散開は皮
肉にも敵蹄蜃の混乱に輪をかける
といふ醜い持果となり、蒋介石は
印堆からも葵罰丁からも不愉快に息
はれながら、許しく好尉したのや
ありま†。
 それほ水い聞英由と智ひ亜細亜
人としての柑鹿たる立墳の下にそ
の租☆を営んでゐる印度人は美声
の手先である難・介石の口早に乗つ
て英刑につく簡がなく帝介石に壊
した▲印鑑人は瑚つて簿▲介石のおせ
つかひを不快がつたのであわまし
た¢
く27)

 鞄旋同数癖盟骨長ジソナーの如
きは、
「藩介右が伽虎の特鉄也を甘柿せ
ず、漫然たる梁言をなすこととは
斌犠である」とはつきゎ申してゐ
る有線¢あわまサ。蜜知‡を解放
せんとする甘木と蛮和恵を次祢に
しておかうといふ英国のいづれが
正しいかほ英簡に永く磋げられて
衆た称賛の寵禾が最も良く知つて
ゐるところであむませうゃ
 そとで翔駐を訪れこの蛸労に救
へもれた#介右ほ「坪求人の#求
を容れてこの燃印洗に日給を粥へ
ろことが英国としては最も緊切で
もるしと述べるに至わ朱美願は印
度の大草で放淋した襟隻の伽立
間故にqをすべらし坪耗の砺女に
最も紳裡を鶴がらせその馬に渦介
 かうして務介石和度訪問の大芝
軒ほ反つて逆数果を招き印舵拘岨
で今英国ほ上を下への蜂ぎであゎ
ま†。
 我が園に勤し先研に女つて態を
挑んで衆た米留は如何かと見ます
とシンガポール落ち、瀬印の剋命
初旬、礫洲亦亀糎にさらされその
狼狽の磯ふべかちぎるは瞥株抑承
知の竜りでぁちまサ。
 日本の大横と米靖の惨敗が胡内
に仲はるに垂り半倒では今では心
ある者ほ、米観ほ何も東亜でいら
氾攻勢などに出ないでも良いでほ
ないか、米朝白身の守りが肝心だ
といふ意見が盛んになつて東まし
た。
 そこでルーズダムルトは、この
形妙に料戚†るため太る〓月什出
臼に例の彗族聴を封みました
が、その款鳥沢祝は繋つて調子の
催いもので、敵鉢の混乱、求働内
の塊択斗川我々正教へてくれるにす
ぎむいものであむせした●
 一即ち、ルーズグ∫ルトほその中
で、
「職雫が勃寂するや杏や臼本翠ほ
東西から比鳥に襲ひかゝりその南
部故ケ析に拘つても進撃して衆て
こ1に比島は四方からの完全むる
ま常に賂つたのである。かゝる包
囲と陸上に基地を持つた日本前褒
取む軌蛮地把撞に上つて我々は象
に比島死守のため取ひつゝある防
藷軍に鞘し、替漢字や式港押襲そ
の他の劫‡音盤り得なかつたので
あるJと云つて先づヒyツビyの
放散を今頃帯肯してゐるのであわ
ましてこれが戦争敬チヤールに太
苧搾は栄神海軍が引受けた。日米
戦はゞ兼軍はヒクツビンを基地と
して甘木七集#する」と蓑暫した
ルーズヴ方ルト自身の宮中あむま
†。
 ルーズグエルトのとの有性シソ
ガポールの憤斉の萩周は先頭河の
敗戦にあつたと云つて頓に禾固に
綻哉したチヤールに耕騨するため
であゎませ〜。そこでルーズグエ
ルトほ続いて諌のゃ弓に云つてゐ
ます。即ち「日本郎の比良に於ける
成功は混鉄兜に封する日本軍の屯
撃的成功に上つてのみ可馳であつ
たと雷ほれてゐるが、余ほこの撚
らぎることを諸君に告げるもので
ある。爪鉄弼に封する甘木軍の政
撃がなくとも凡ての太平洋の島々
の叢地が全く日本軍の賓和下にあ
るのに耗†桝の鮎洋を純つて比良
に墟蝕を逸ることは聯qがない作
取であつたことは蕗封等の地欄が
明示するところである」と云つて
ゐます。
 それではヒyツビyも救へない
米海笹が何故シンガポールに聴頗
を遜る約束をしたのでありませう
か、チャーチルならずともこれを
静めるのは曹然eあbま†●
 しかもルーズヴエルトは栄研が
最も挨劇な打撃をうけた耗鉄滞の
敗戦については、昔時いつはゎの
載衷をしましたため、その故習内
に紀和が博はろにつれ輌転が塵ぎ
出して衆これを鼠ぐのにモ曹心
Lてあろ橡子であbま†。そ亡で
く懇)
.11
F女「のや〜な苛Lい亡とむ二軍つてゐ
ま†.仙甲ち
「執の施珠鞄攻撃の精兵は髄准礼
だ醸劾むものであつたが、又甚し
く持靖されてもゐる、このやうな
−狩場は元々稚軸榊の彗樽見から筆
してゐるのであるが、漁絶ながら
米国人に上つて公私の生活に瓦つ
て換り彊へ写れてゐる、器呵の太
平弾鴨臓は横早存在せねとか粗鉄
は十二月七日に悪く撃沈されたと
か又ほ一千篭以上の米刊行稚が地
上で撃破されたなどと「咤珠粋」
以来勝手に傾いたり教義したりし
た米拘人に射し、予は払岩と共に
穣度の軽蔑を憶えるものである、
こわ堵の聾は死傷者に鵜する換相
を政府が抑へてゐるとか−託「
〓千の米将兵が虎珠狩で執托し公
衆された撤宇は偽りであるなどと
ひそかに語り、名替の戦死を簸げ
たわが勇士凄の浄楔は蛍革もの鮨
に津ばれてやがてニュー甘1タ穐
に封労し共同基地に収容音れるな
どといふ侶ずべからぎる沌諾なさ
へ故つて敵の合繊に比へてゐるJ
と、育つてゐるのであわま†が、
こり諾破こそ卑ち接幽人が林野む
知り▲抜いてゐることを軌語つてゐ
るのであわまして、その】降伏岬たる
米関内の有接が手にとるやうでも
むま†。
 そ−Jでルーズざエルトはその我
から次のや与な卑怯なことを申し
てゐるのeあむま†● 「米硝姥は
多くの場合半執行此の辞撫はその
亜護が故が眈に有してゐない軍手
上の情報を故に供射するものでむ
いことが地租に稚拙とむるまでは
杏表さ■れないことを埋鮮してゐ
る。米国托は如何に馳革が進行し
てゐるかの一般的蛸野を知らんこ
とを欲し又知らされるであらう、
しかし碩等はわが牧師錐段と何様
敵の手助をしよ与とは思つてゐな
い」と育つてゐろのであむまサ.
かうしたルーズヴスルトほ敵鰍フ
梢報を知らきないため、嶺蛮する
ことが出水ない崩風化してゐるの
であ身ま†がこんみ子供だましの
筈は自由の河港声の末路であると
衰へ米河鹿の衆知するところでは
ないのは傭然であbま†。それに
つけましても日本でほ大木饗が番
†を正確に笠々と回転の毎にそし
て世界に準表してゐるのにくらべ
まサと何んといふ相違であ身ませ
与q
 それからルーズヴエルトは九鬼
が態申最中でもストヲイキをや
む、又自分妙手な横井ひをするめ
をやめないため大のやうに穎へて
ゐます。即ち
「米閑人の凡てに対して衣の三原
舶がある。
−、】日も休まず野馳を糎成する
 事、取琴に勝つまでは若し熟研
 が生じた場合でも帯地を榊け、
 紛争は諷停に上つて解決するこ
 と●
「特受の軋竣や馳策の鳥めに持
 槻の利盗又は特権、鍵盤を雰求
 しない牛.
一、観象が我々に葬箋する墳合に
 は僻人生摘の利便や、持由を扱
 推一にすること●
 現在の米串人は府人又ほ個人の
鵬班に瀦する人間の生命上りもも
つと大きなもつと五大たものが存
するととを狼併してゐる、その浅
に各人に尊んで轡牲を排ひ、快染
とか、肘亜とか自分の究†る粗馳
とかいふものを群牲にするのみな
らす生命そのものも租牲にしなけ
ればならない」と汲飽してゐるめ
であ少ま†.
 伶この雄途でルーズyエルトは
先程申しました飽軒な故猶に出る
上少も酔を守れといふ軒民の強い
怠見に如し、
「今艮もなほ札能糖時代と粗杜の
考へ方をしてゐる人々がゐる、こ
れらの人々は米執は革牡、執行撫
南柏をすべて自拝の水故に呼び良
しひたすら長径の防乳に集中せし
むべきであると主張してゐろ。だ
が、若し亨人が−」のや与む属確げ
た忠告に耳を挿したならばどんな
ことになるか」と云ひ、か与云つ′
た麓見を「斗ノ手放鮨」と警な以
(炒)

て呼んで更に言残をつぎ「青々は
この血の子政始を排し米本土がら
出来る限り遠隔の地に海に職竹な
逸行せんとする政策を扱け且つ独
化せんとしてゐるのである、かく
余が有る時それは米団々民の大多
数の意思身代挿してゐることヤ余
は知つてゐる」と述べ、閑論の乱
れてゐることを自ら暴落して尉り
ます.
 かやうにルーズグエルトが桝土
防衛上り積穣攻勢の軍費を祝いて
ゐる折突如として勇敢なる我が潜
水擬に上つて米本土に封する砲撃
が行はれたのであbましてそのと
きのルーズヴふルトの驚きと由分
を繋める心は飴色のものであつた
であむませう。
 かてゞ加へてこの一撃で仰天し
た米印民は撃一十五日になります
と日本増らしいのがカリホオルニ
太る二月〓十七日以来米、共、嗣、
操の聯合耶の西南太平洋聯合艦騰
むスラパヤ、パダビヤ、クラカソ
沖で怒く堆沖してしまひ、これと
八に我が弟杜なる陸軍は】昨日敵
の雄反撃を出してジャバ島の災
伽、中部、拍部の各刀而に上陸し
ました。乱れはじめた敵陣督は今
や混乱そのものとなり始めまし
た。しかしこの敵陣誉の狼狽撮
り、匪内の分裂や甚れな混乱を見
るにつけましても、私共ほ一致組
績剛土の守りない上い上混〈し心
の悶めを益々固くしなければなら
ぬと存じます。そして、このこと
こそ即ち前線将士の勇取替闘に鷹
へるに最も大切なことでありま
す0     ハ三月三日故彗