×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

緊急常会 内務省防空局業務課長 館林喜三男

一昨日水虫鞘は潜璃太平洋のひろぴろとした地域にわた山敵演鞘部
隊、艦船部隊に封−梨弛む攻撃む拭け、共の続々たる成果ほ皆様がラ
ジカを油〔新約鮎を漁じて駄仁御水知山海りで為bます。檻つて只今
のところは8本の小心部が替りに健努む敵捕軍に上つて大規模な確率
一鑑受けるといふ心融げ率にして少いのであ巾ま†が、未だその全部が
盤械t去られない閉は、いつ何時我が防衛緋山桜をうかがつてやつて
来るか全く稚測出来ないのであります。「袈騒山危取は未だあるしこの
林をまづはつきりとのみこんで貰ひ庇いと思ひます。皆様にとつて♯
も天瀬な任耕桝士肌馳”取士としての佗務がおろそかになら山やう、
ほじめに榊托潰申上けたいと息ひます。
 鉱一一に申⊥げたい軌は溢賎に勤し、稚めとんな柑意をしておかねば
なら山かと虫ふととで†。
 法難n際触鶴弼が鍵もたくさん格されるであらうといふことは我が
国防鮎⊥山恥漁です.この犠災弼火災鵬ポ山ために各家姫で貯水楕、
砂、琴手柄、火叩ミ水柄杓、演総などを今庶こそははんとに使は
ねばならぬといふ′加持で舵創に鞋へて下さい.鐙火噂憫も昨夜と一昨
夜行はれましたので用意は上いことと存じますが.短捌の訓轢とちが
ひ仮に和港長い間行はれるといふことを想像した秘合、生薩も落さな
い、日常生拒も転へないといふに壮、もつともつと松火管蜘を改者し
(▲¢J
蓋しなければならないと恩ひま†D
 醸こいに解熱ケ受けた勘合とユ,かばいいかといふことです。熊野と
いづても賢城野琳が出され、罪鞋野鈍が出され、敵機が見え、そLて
懐熊野や肘和が許さわるといふいろいろの段階が堵へ仁山ますし、そ
Lてその段階に瓜じ皆様むなさねばならぬことがちやんときまつてゐ
るわけですが、壁ほ批頼です。あわてぬことです。「必ず自分の手で換
項抑ほ翻せるLといふ防狭必野山信念む持たれることです。それには
今からこの筋合で、戎ひは競艇で、煎斜にどこに怯鶴野が許ちたらあ
あする、かうすると研究し合ひ、或ひは冊樫山訓練をやつて臼信を紹
て定かれることがどうしても必渉になつて嫉ます。是非今餅の繁張し
た御難公の雰糊就の巾で、訓組むすぐにも郡山て貰ひたいも飢です・
 折川に申述べたいことは来製の危難を漉くるために老人、子供、病
人なとむどうナるかといふことです。従来娘去や避難についていろい
ろ野が飛びましたや勺でありますが、内拷省としては一帯勧めに申上
げまLたや勺な来襲鋼材に鑑み、餌食り照準l決Lて恐ろしいもので
はないのですから、称呼から政和に宅幼病破を移すといふいはゆる退
きご計雀的にやろのは、絶封に考へてゐないといふことを、ここでほ
っきりと申上げたいと思ひます。どうぞ柵軒の人はやはり都留に路み
止まつて、都留を守り就くといふ乾焙なきめておいて貰ひたいと思ひ
ます。
 択後に申上げたいことほ宗奥の態ムnは勿勤、如何なる場合にも防塞
粁局の指令む守つていただくことです.
懲栂では全開一雄にいろいろのことを命じてゐるわけでなく、湊単
利軌に惜しそれぞわれ地域に必嬰む命令む出してゐるわけです・そこ
でこの町でほこんな詣帆むサL心、それ悶舵ではこんむ訓練を†ると命
せらるれば、荘難を耕し必ず命ぜられたことだけはやつ∨貫けねばな
りませんし、また迩に命ぜられなけれげ、殊に設備の方術では勝手の
ことをして五つてはならぬと思ひます.配りある防湛資材を一番有効
に活用するにはこのことを是非とも守つていただかねばなbません.
 皆様方ほ仇舛常塩に絶封の信桝を寄せられ、収も拒もないヂ†に幾
はされたり、拘わ上がりな解坪を加へて膠手な稚備をしないや勺、く
れぐれも御郡ひ致します.   ハ十二月十H故産)