×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

檜税に伴ふ物憤間題
勧伽局長官石黒武重
粥脱十二月朔Rからは、也最榊丸知の鵡妙に、敢多くの純品鎗に新
たに、物‥仙松額が淋せられ、または従舞からかゝつて鰭つた物品枚卑
の税卒が増えることになりました.寺与して、之に件つて夫争の帝晶
尊の最耗佃終移も拘時に改訂せられたのであ妙まナ。これほ批捷にせ
横の榊錬蛙にも形♯の多いこと1忠はれますので、この料舶に衛て、
簡即に榊耶岬したいと存じまナ。
″間接溌″檜税の狙ひは
今固の軌品挽等の間壊溌の坤溌の日的とする所−狙ひ析1は、さき
に筏噂鎖曾に於きまして賀由大臣から御孜明のあbました泡む、之に
依て今出鹿く壮間に飴b嵐味にあります戌の桝牲力な塊牧し、滑費を
抑制致しますると同時打、払時軍耕費屯如竣耳の肘軸の一郵に充てる
馬めであるのであbます.
亡の目的の後の方の樽時軍単史浪加稚昇≡十入億凧の財淋の−部と
†るといふことに付ては、別段殻明する必弊もないと存じますが、前
の万に申Lた、噂買カり吸牧、滑費山抑制といふことは鹿れは、従水
から政府の探つてをbま†娼の低物僻政軸の亀行山馬り】の手段であ
る渾であります。
蒙称串繋初まつてこの方、政府ほ、斡紫の逸行と、軍鶴の充†との
馬めに、公虜の費行に依つて葵大な亥出を致して参カ、馬めに罷艮の
間に睾大た金が撮勺撒かれて氷たのセあむます。勿論その金の中相笛
多縞の金は、政府の奨蠍もあり、軌民の自究にも依つて貯詣されさ
りましたが、宋だ少からぬ金が、お互囲民の懐の間を均々敢しまLて
或は之に依つていろいろの品物が滑費されたり、その他種々なことに
用ひられてをるのであbます。然るに一方今日は我圃全憶としては、
敬学の怠行と笹備の充賓とに、人のカも物山カも出衆る丈集中して用
ゐねばむらない秋でありりすからどうしても我々申民の苧常ならば欲
しがる品物を欲しい丈ふんだんに作つて之を供拾するといふことは、
出水材いのであゎま†.そりでその比較的少レ品物を多勢の人々が、
平常上わも多い金を以て我も我もと買ひたがる、さうなると、政府が
この非常串態を魂切る馬めに斡民生活を安定Lたい、必弊な軍備を鳴
ひたいと恩つて低物慨政馳を採b、いろいろの晶物に付て最布句格の
公定制阻を嘲てゝ、値段を抑こしも、仲々之が守られ難くゝなるので
あります。勿駒最萌個格を公定して、これの守られることを収締ると
いふこと丈けで低物椚を推持することは、共虞にいろいろ弊事も泡b
ますので、一方切符配拾、割普配姶などで、所謂直壊に滑費を親正†
る制庶も必爾品に付てはどんどん探つて行かねばならず、又ど・つして
も必嬰鉄くことの出氷ね畝量は、足らねばなんとか、増垂も致さねば
なりませんので、犬れ等のことも政府として固民の協力を得て、致し
て居る鍔でありますがト同時に何と申しても、品物の敷丑に比較して
有り態り束味の金が他間をうろついて増るのを南民自身の貯事のみに
叔らずに、之を竣牧する方法を鞘ずることほ、低物僻の推持の上に、非
常な助けとなるのであります。そこで、.その方法もいろいろ考へられ
ませうが、此箆は、庫く拘艮の間の饗坪な油費、及び必ずしも鞋縛と
は息はれぬが、絶幣に敏くことが出朱ねとも息はれぬ棟な滑費に封し
て、頓つかの均昭に分けて税をかけることに致し之に依て、左抹な滑
頸のある晦に、他間の粥買力たる金を租金として政府に、吸収するこ
と▲し、又若L左械に挽がかゝつて萌くなるなら、そんな金使ひは撞
え上う、止め上うと均民が考へて、つまり滑費が抑制されて貯寄が増
えるならば、それは又一層緒構であるといふ鼠に考へて、今回の敬挽
が行はれたのであります。左様な次鈍でありますので、埼挽分は普然
滑架者が色地すべきでありますから、辣税物品の領格等は、同時にそ
の触官でSSの別なく凡て改めること⊥致したのであります。雄て、
亮†にも哲様の中に、埼挽分丈物の億段や料金が高くなるからとて
「なんだ、低物個政鞭と矛盾するのではないか」などゝ富ふ方があり
ましたならば、失れは大きな訳解であることは、これまで申述たこと
に依つてお解りになることゝ思ひます。命】雄低物債政鮨と申しても
億揆そのものに付ては、不弊不急の品物等ほ、】腱は必ずしも蛮くな
くなくとも上い野であります。只併し同時にその晶物なり何なわに沸
はれる労カ、それに依つて得られる利潤邸ち儲けは、娼家の馬重葬な
晶物等の生或の馬の弊カや利潤専に比べては多くてはならない、寧ろ
少くな〈てほならない。さもないと、不宰不急などの卒業「努カなむ
賛本なりが報り聯ちで、定弊な物溌の生壷が疎かになる硬があります
ので、桔局その馬に政府は今日不鮮不急品等に付ても必鞘品と共にや
はり億段を抑へてゐるのでありますから、之等の滑費が税の籍に高く
つくことになることは、批の鮎から申しましても、】向差丈へない衣
鶉であります。
筒終bに、税の新たにかゝることになつた晶物の名丈を御憶になる
と、中には階分必鞘品と思はれるものもあると凋ほれるかも知れませ
んが、それらには、例へば拭に付ては、一苧媚以外の統は一封度≡+幻
以外のものは課税せぬとか、家庭用電球に付ては十六瀦光又は〓十ワ
’ト以下のものは礁溌せぬとか、職時囲民生描の必啓限度を考へて夫
犬紬かに栄が配られて居るのでありまして、これからは凡て商品の正
札を御繁になると物晶挽が、小繋商の所でとられる切合は、溌の高な
り朝合なりが添へられ、又製造家の併で溌がとられた場合でも小資の
正札には挽が含まれてゐるといふことが必ず記されて犀りますから、
曹棟もすぐ束が付かれると息ひますがへどうか今固の堵溌の意味を御
確解Fさつて、尊んで溌を梯ふやうにし七頂くと共に、湛んでほ挽の
かゝるやうな滑費ほ寧ろなるべく捷えるやうにエ犬して、敬時に邁ほ.
しい生活をして、出来るだけ貯宰をして、酔熊の逸行に御塊カを跡ひ
たいのであゎます●ハ十二月五日放逝)