×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学校教育と職業指導 文部次官 菊池豊三郎

 皆線も御衆知の漁り、園軍の充甥に、平舘生産力の瑚充に、浦常の
鞘拓に1戎ひは食鳩埼薦・計宅蛮禁の急行に、今8〈らゐ人のカの‡
好餌されるととは等てなかつたととであむます。今とそ輌民皆革の捕
沖を竣振し、】人で二人分でも働いて園鶴亀行に協力しようといふ気
力と信念が、同氏の山人山人に要望されてゐる際1機業指堵の雫黎牲
を高翻することは、舶に意義あること1存じまして、職業籍堵狽網粗
筋増朗の熊山8に替り、;ロ所懐を中越ペて、皆様の御船力を崩ひ度
いと存ずるのでありまナ。
 申すまでもなく、今、日本は容易ならぎる堺態に立到つてゐろので
ありぜして、最近に於ける内外の情勢に封彪いたし、急誠に棉乎不抜
の周防同家晩制を軽備すろためには、→舷国民が、等しくびつたりと
国家の審常に卿脇Lて、各よその性能、力負に感じて持場持場をかた
あ、職域を頴じて天策を翼し奉るといふ、しつか¢tた信念をもつこ
とが、その根辟となるのであゎます。

           ×

 この残争な態鹿が、上くあらはれてゐろ甥話を一つお頂いたしませ
よノ0
 之は成るエ塘であつた堺笥であります。召集令状を受けた→青年が
出征後の家の始末や暇乞ひの環め、救日の休職が工場から輿へられた
のでありますが、準Jこの日あろを覚悟し、既に家の方の始末はちや
んとついてゐて、何叫つ秦ずろことは拭つてゐませんが、ただ、いま
やりかけてゐる仕邸を仕上ておき堆いと申出まして、登夜染行で之を
仕上げ、その上で仕耶の引継を済ませあ`も二つやつておかわば
ならねことがあるからとて、特別の許可を得て軽業後の森陶とした工
場の中にただ山人居蛾つて、せつせと自分の之まで使つてゐた機械を
分解d椅能にふき上げた上で、ま■ぢ刃のやうに組寸ニJ、鮭つて機械
の前に姿勢を正L、什発柏を放ぎ、機械に拘つて現を下け、では征つ
て楚々ますと、浜拶をLたといふのであbます.

            ×

 之に似泡つた挿帯は、あちこちにあるのでありまして、能義日本の
将来は大丈夫だと、粥に力強く戚ぜられるのであります0
 この叫青年エの境地に到達し、然も之を甥坤移行するためには、自
己の性能がその仕堺し.びつたり合{するこししは勿論、仕事に封する理
解、之を‡徹する意志力しd鹿力等が仲代ねば出来ないことやありま
す。併し、之等は何れも一朝一夕にして川東上るものではなくて、†
にかくの如き将来の扱菜生活を朝悠L、激て上む之を菅むに適切な指
導を輿へ、皇国の鵡を貸鵡し、皇鎚を扶翼し寧ろ佐械をなさんとする
指堵敵背に待たねばならないのでありま†¢
 之ほ畢校教育に於ける機業指喋の眼目し」も云ふべき簸でありまLて
本年度から改正繁施されました、閑托準校制の玉野々一部面をなすも
のでありま†。
 この理念は、ひとり周民学校ばかりでなく、青年拳校、中等革枚は
勿論のこと、大挙帯琴専門拳鞭の教育にもあてほまろものでありま
す。

            ×

 之を国境唇枚についてÅましても、積年約五十指邸ち、新淵弔弊労
務の約年数を供ぬしてゐるのであbます。また全周努耕者の平均年飴
が二十四.五哉であると云ふ革竣からしましても、之等青少年に封し
畢校に於て、将来り職発生活七稚憩1、之に適切な教育をほとこす亡
との雷な所以は、朗らかであろ上客じま†9
(l与)

拳枚に於ける職策指強は、挿済幽儲から見た各穐壱業の伐命と、増
正なる労務札留の朽変性に刷すろ肌柑なろ祖戯のドに、見風化徒をし
て、柿平た一〔吼分離公のH念か菰什−め、剛毅山野熱丁乙職共には、
進んで就業すろの決意有閑めしめろ七ともに、各種の掛柴山大要1そ
の相互触係等につき」分な地脈を粥へ、胱柑及汀上放熱校進撃に閑し
革切なろ指堵をナることに零瓢を置いてゐろ山でありま「。
 その氏めには国民革校及小等挙接写に於て、各教科む指噂池びに、
日常生活の質捜と不離の関係社たもちつゝ、持に、職業揃薔山時間な
設けて、その和音の徴庶み鮎つてゐるのでありま∵。なほ之とともに
課外の時間を利用して、職場鬼単や、職業祇習を行つたり、将来粁発
生描に堪へて行けるや‥な讃審力し・佗刀た練ろために、必野な心身の
訓練を行ふ等、程々の特殊な行串を抵触−たり、施設を設けたりLて
その指堵に力めてゐるのであります。
 卒業しますと、成る敢ば上級革校へ進み、また戎ろ沓は直球職業に
武くわけであゎま丁が、この湛撃と耽他の指竣は、極めて大切なこと
でありまして、在学中よ卜各自の身鮫肌、柑紳的状況レしか、家庭の軒
情、本人の希望才幹力魚等を十分堵蹴し、その池性に聴じて、断を得
しめわばならぬのでありまして、之は職業指掛敵背の上山家襲弼掩で
あります。
 しかも、国家の現在の黎莞に郎懸せしめるとともに、将来の動向を
も察知し、之に相艦した指堵が必盤でありますだけに、極めて悌蛋む
要すろ事柄でありまT。それ枚挙枚では難校長を初めとして、革扱放
任の先生が中心になり、全数艮が一致協力して之に懲り、なほ家庭、
上級拳拷鵡びに国民秘薬押掛所等と、緊醗な適格を保つて、その聴故
ひに†全を期することになつてゐろのでありま†。
 さてかくて拳窓を巣立つた卒学生の動向を見ま†るに、歳時青少年
工の不良化−しいふこししが、大きな此冊剛毯し′なつてゐるりであります
が、之が憮肪対策の根本をなすものは、欠張り付し」小しましても輿枚
の教育にあろ′渾じまナ。こゝで将来敬業人として☆つ積めに必蓼な
しっかりした素地を堵つて置き、あの兵にめされた一背年工の如き、
けなけな生活態度の基礎を堵重しておきまLたならば、不良化等の喝
隠も悌決されると思ふのであ〜ます−とともに一旦、職場に達人りま
した以上は、蝉校にけ勿論摘出柑架指時折や、工壌、村難物その他教
育的な敵倉施設の一切を孝げ、山丸ししなつて人生に於いて、最も大切
な驚皿丁期の生活楕喋一ピ積極駒に善導して敷音、生竜‖本∽筋働力の中
堅をなナ青少年を、此に珂の賓と暇じ、その前漁を弊々たるものにさ
せて頂き庶いと希望すろ家筋であります。 (十一月十日放遊)