×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青壮年の国民登録 厚生省職業局長 塩原時三郎

   労務費急封兼として
 わが酎現下の偶数に鑑みまするに、濁鹿閑防閑家他制の柵止が焦眉
の急務であることは、今更申し上げるまでもあbません。政府に放き
ましてはこれがため、つとに軍鞘薦その他の*同梱怖結氷の生轟力甥
充のために、凡ゆる努力を沸ひ、−切の吻と努力か、こ∽万両に賀し
く1¢)
て、その染筆の常会を期してきたのでありまナ・
         )へ
 今次軒単数生以来、軒家線動員洪に基づいて、労務に関する成合が
柏ついで女勅され、人的女帝の統制盗用に撃キる敵影が急速に整備さ
れることになりまLたのは、Hにとの靴糾に基つ〈ものであbます・
ことに昭和十四年以蜂におきましては、積年由就総動員針宅の【又と
して、努叛勅良計薙が設近されることとなりまして、労務動員鹿野ほ
曹Lく計軍性を具へるととになつてゐるのでありまTO
 Lかしながら、最近における円外の情努の切迅のため、到底従来の
ままでは、労務励負の目的を題成することができなくなつてまゐつた
のであわます。そこで、去る入月二十九日の閣粥において弊接緊急封
熊とLて、努務胱姪の桐攣勤努軸鞠将帥の点線等に付て、開演決定
をみたのであわまLて、団民璧銀制艦の椀尤も−勿論その−つとして
塀り上げられてゐるのであります0

         ×
 この間只管錬制度の拗尭といふのは、撒水ほ持延の技能を持つた者
の技能彗録と=十哉未鴻の一般青年翌鎖に触らむJゐたのであむまナ
が今回は驚鎖をしなければならぬ替の肱画晶蠣して、男チでは甲丁
弐までの者とし、また女子を斬らたに加へ、準丁大歳以上≡丁五歳末
蒲の女子を含めたのであわまTQ
しかしながら、この中にも若干の例外を設け、例へば配偶潜ある女
子等については、萱鎖の必宰がないことになつてゐるのでをりますQ
この登録の内容打辞しい粘については−最寄わの用民放菓指婆桝、市
町村役場或ひほ労務動態鞘査月等が御む竿る雫サが、彗ノるに木
         ヨ一一一「j。】一一11一一一一一

制度は駄軌飯野下のわが甲における凡ての専務箕源を網耗し、一朝有
事の喋には、向民をして用家の最も必弊とすろ息動鎖業朔に就かせる
ための、基据賓料にするといふ郎にねらゐがあるのでありますから、
法曹譜ほ一人も洩わることのないや・壷鉢1ていただきたいのであb
ます。

         )へ
 この照特に女子の万方に申し上げたいことは、女ナり方は本年から
初めて登鋲をすることになりま卜たが、この執出資純を敷1まlても
日下の釈況におきましてほ、いま直ちに女子の徴用を行ふといふやう
なことはないと存じます9しかしながら、刷覿山鹿急に供しては、女
子と捷も、徒らに鵜んで暮すといふことは−面白〈ないと存じますO
tの際、粛民皆頻‖国民は仙人残ら†、皆瀬くんだ−といふ梓沖から
自取的に、それぞれが鹿骨な放頓を求めて、敷革朝地に豊址官かるこ
とが、宴ましいのであわまナ0
 いまさら申し上けるぜでもなく、わが帝崩を換る軌際船体は、愈よ
緊池の度を加へ、何時、如何なろ琳態が菅生するやも計b難い、とい
ふ情勢にあろのであわますが、不革に1て、“たぴ榔鵜が朗かれろや
ぅな禁じに允ち篭りますならは、これこそわが民族の大翔想と、わが
蒲団の興亡を暗けた、死如か生きるかの取ひとなろことは、火をみる
エbも明かであわますゥ
         ×
ゎれわれ町民ほ、扱く帝円の現状を海神し、卒先岨家の弊求ろ緊
急野戦に就くべき心構へと、砕偽を艶へておかねばならねと息ふので
ぁります.          ハ十月三十一日放送)
(17)