×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

時局下の明治神宮国民体育大会 厚生省人口局長 武井群嗣

 鵠十二阿明治抑留匪民惚帝大舟秋季大倉は
 畏くも布教欝宜仁執※般ドを線激に准蠍小上げて、蔽上明日より
四日間明治抑鮮外苑哉攻撃Y小心と1て鞠かれることに成りまLた0
 こり犬歯は、改めて吋卜上げろまでもむノ1 明治天皇の御盤撃∨血
ぎ襲わ、平素に於ける協火の心身鍛錬り拙加斗御穀紳の御前に奉納す
る行串でありまして、大分刷條〃役nは勿八舶、参加選手H川敬塵の念
を以)難仕するのでありまナd
 顧みますれば、本大官は、大平r・∵年、明治称舛外苑競枚場が出来
上りま−左のを槻禽に、園埠心身n鍛鉄穀目的とトて牌かれ、その後
十数年各別海に我が威肥育鎚蜘詣仙と⊥J、その赦妙竣達を促1て参
ったのでありまして、今年前方兼官村山職叫ドに、敢て本木争は行ひ
ま∵桝以山もめに、図址山h温む大にn仙め、飽くまで馳ひ抜〈と▲芸
来魂雪中外に示さんとするにあ・ん山でありま†0
今や粒射的大動乱のさ中に在つて、我が明が文琳叡埠富豪Lて、
大東碩共確励む礫室丁る巧めには、例磐汀主が自分み▲鍛へ⊥げ丁、強
健なる松山を似て、出でては竺椴山鳩地に描椛−、銃後に在つては
その持ち場持ち場をがつちりと呼つて容らわばなりません0
今回の人身に於て「眈力奉公¶tしこ柑化む机収けて、火付繋口約と
するところ、即ち駒托c州ふべさ誓−aた所以も、また故に存する
のであります.・Jの意味に於いて、本大何に放ては、粥健なる地力と
囲防帥良能とを鍛へるやうな訓練輔目に前粘穀配き、
麟く閑地布略片
「やまLばたらき」紳措戯接頓にて
に戒り、男女
別、年齢別、
扱薫別等の別
に應じて、周
東が奨抑丁る
蛙狩空前すこ
とに努め、且
つ閲托の間に
磨く背改姓を
有†る細目を
考慮Lて、剣
温、銑創造、
柔邁、弓猛、
祁捷、辟活、
射撃、幽馳載
瀕、紛竣訓鶴
行範訓頻、器
財准球、睦上
溌枚、牡球、ブ
タビI軟球、
野珠、併球、
(Ii)
鈍球、滑僻、艇球、彬牲殻技、=掛知のニ」∵掛Hc桝鮎む弛んだ衣
鉢であります。

 右の種日中、特に行軍訓練は、閑民の行軍能力な払め作憫の能率を
野くろと火にZ斗行か封象が約「年酎及性れ如何た桝けず、丁ペて
毯力訓鉄山基本となり、且つは馳牲訓練の頸む挙げ得る棚‖でありま
して、か⊥る種目を今衣大倉に新しく採り上げましたことによつて、
本犬歯の方向を知つて戴くことが出来ると存じます。明治抑〓団蛙倍
音大倉に、我が国絶育転勤の最高の行各でありまLて、之仁多加する
者は健力訓練を身を以て耳鴇するものでなければなりません。
 従て木大官の参加者中敷へ年十五裁上り〓十先議迄山野少年男子に
封しては、泣力筆触定合持を参加の資格礁件と敢1まLたいこれは従
来薯が囁故に涜れ、畢に一つの壊能に長ずれば堺足りると■式ふ蟹偶
にあり、この籍めに地力の不均街を生じました、その結果に鑑み本年
上b新しく草施したのであbます。
 本大食の」夢加著は、年飴に於ては四、五歳山地杜糊の兇銚ヒり、七
十哉以上の高齢者に豆つて居り、また陸海壌人、在糊革人、青少年困
負、蛮業従業員、響防囲艮、威信局員、響察官、畢生生徒、兄童等大
夫む種別の萱に放て塀練することに相成つて厨り、撃ゥも大々の併
♯する府喋なり、地方なりに於て最椅なる竣遮ル鮮、郷土の獲轡を双
眉に楕つて参加するのであ巾ます。
 今回の卒加漁師は〓些二麻桝十三藤は勿論、柚太、榊即、舶来州、
秦瀦、を始め北文、安和、小父に防府すむ邦人址に次耶鵬榊凶を如へ
放めて庚いのでありまして、その粗放は触媒役nを加へて釣川前人の
多きに焦して息yます.各泣府廉及外地常用は大々抱己の常Tの川場
者を炊て意手舛を梢成し、準冴林立が剛庄となり、郷土女川でて郷土
に座る王で叔梓統制ある牌位的行動をとるのでありまナe桝Hは桝令
弊演役員遜手ば史点之洪を発破に一向打揃つて別添紳何に参列し、そ
れ上り閑曾式場なる外苑競技墟に向つて生々の他揮行並を烙し、式場
に台路の組織 高松常喋下に射し奉り分列市継を祁ふ*に柑成つてゐ
る0
 この開曾式に拭いて四日間、二十故曾頓に於いて、〓十一種日が三
鵡五千飴の選手にユつて、行はれるのでありまして、紳靖御幾糾の大
前に盛り上る達しいカを想ふ時、限りなき掬もしさを感ずる次妨であ
むます0私は放て今回のさ加選手諸君に封Lて、斯く申し鹿いのであ
ります。諸君の同胞の多くは現に拘を健れて、遠く柏墟翔悶の闘に死
を決して郷国を轟りつゝあるのであります。
 明日上り行ひます津動演技は、単なる頓味でも妖艶でもふわません。
諸君ほ済振に普りましては、良拳故鞠、克く瀧政戦エり戦場た遮る忠
烈果敢なる日本栴沖の政教を挙揚ト、この京大時局に威する国民の意
気と力とを、中外に苛めていたゞきまいのであります。また本大倉を
さ払せられる各位は、何卒本大倉が他の絶音速軌大倉と異なる桝以を
十分御理睾きまして、各倉頓に定められた弟頓に従ひ、国民訓練の
‡を牢げて将き資いと存じますロ
 最後に申上げたいことがあbます。本大倉の掲健と柑供ち明日よト
一週僻「農民睦カ‖琴成捷動」が、全国各地に捗つて行ほれるのであり
まナ。申すまでもなく、この週間に放て山偽印虎琴つて、焼山奉公の
祉を鵜さんとするのでありまLて、国民各位の稀段”糾協刀をお戯ひ
†る矢‡であbます.ぶほ大倉鴇四Hの十一月三日には全姐津々浦々
の各市庄町村仁政いて、所治朝富国民捷帝大各地方大官が明朗山中に
も戊衝に的かれ、特に午前†一時から三十充分陥山批令∽下に、空地
一発に馳換を行ふことになつて居ります。
 閑穎各位ほ何卒梅つて、りの地方犬歯に参加せられ、他力奉公の蝕
(10)
を致すことに、協力して戦き硬いと存ずろ家筋であわますq
          (十月三十日放送)