×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

時代の花形″軽金属″
 換金鶴とは懐い金騒と膏きます
や■りに、大奥軽い金物であbまし
て、金物の中では最も新しいもの
で、近代の科挙が重んだ粟晴らし
い子供です。錬や銅は古くから俺
はれてをゎますが、軽金騒が便は
れだしたのほ近年のことで、まだ
首年も打つ′ゐないので九hま
す。従つてその将来は大無期待さ
れてゐるものです. 、
 軽金鹿の代表
  アルミニウム
 この軽会席のう.ちでも、澱も代
衣的なものは伴柑御水知山あの丁
ルー、二一,ムです。
 アルミニ,ムと申しますと、rあ
あ桝締沌に恍はれてゐるアルミニ
ーウムか」と考へる方があるかも
知れませんが、それはもう古いと
きハ詣です。
 払い苛鶴セダン〆ンと快い逮力
で飛んでゆる飛行機は、近頃は鏡
のや・,にビカビカ勝き企ててあり
ま†¢こわは飛行増の蓮にd凸
がもると、袈窺の抵抗を大きくし
条鮨山耗坑が大きくなろとそれだ
け飛行触の遜カが鈍りま†から、
√32ヽ
出水るだけ清めらかにするやちに
砕きたててあるのでナ。
 とのビカビカと♯き上げたやり
な飛行機を作つてゐる金巌をヂー
ヲルミソと申しますが、ヂごフ・モ
yははかならねアル与ニゥムから
漁られるものです。アルミ■−サム
に銅とマ〆ネシ,ムと†ソガンを
少しばかゎ入れますと、粥いアル
キュサムが幾のやうに戦くなるの
です。しかもその質さは幾の申分
しかありませんから、飛行機の材
料としてはもつてこいです。ヂエ
ラル、ミンのおかげで、飛行機は今
日のやうに驚達したとさへ申され
るのです。
 飛行機の槻睦ばかりではなく、
アル、ミニ,ムは教動機にも随分俳
はれてをりま†。また沐線型の汽
革や日勤革にも放分使はれてをり
ますが、そのほかсJを上く海す
ので電力を逸る畠電線にも償ふこ
とが出来るほか蓄電串などの方面
にも盛んに利用されてをります。
またアルき二一,ムの粉は、燃える
と捷烈に勲と光を出しますから、
酸化斡の顆と混ぜてテルきyトと
いふ触粥仰の材料になります.
 かや与にアルミ一−サムはいろい
ろの方面に使はれてをりますから
今日は樋金鵡の時代とさへいはれ
てをり、時代の花形といふ潮があ
るのがあるのでナウ
 ではこのアルミニ,ムは}蛙何
からつくられるのでせうか。
 前に一髭お話したことがありま
すが、アル、l】−,ムは従来は主に
ボーキサイトといふ鉄石から盤く
られてゐました.ボーキサイトか
らアル、≡【,ムをつくる方法は、
巾入入七年ハ明治廿年)にフヲy
スとアメyカで同時に攣明されま
したが、アル、…一,ふがつくられ
た歯時は、これは大襲珍しがられ
たものでありまして、その値段も
金や銀上りも〜んと高く、フラy
スの皇帝ナボレオヱ一山世などは、
アルミ一−,Åでボダyをつくらせ
て柑意になつといふ鞋しが托され
てをbまn。
 ととろが、アルキニ,ムの原軒
となるものはボーキサイトぱかり
でなく、粘土や明野石、#土耳岩
などから探れるのです.この彗
や明#などは我が声に多いのです
から、この方法に成功すると西洋
でとれるボーキサイドなどのお世
話にならないでも済むわけであり
ます。そこで我が国ではとの方法
について大挙に研究を轟めました
鈷果、立沢に成功したのでありま
す。それにこの明蓉石や辞土貫岩
などは、浦掛川や文部にも与んとあ
bますから、我がアルミこ,人工
乗の前添はま−」とに洋々たるもの
であわます.
 軽金属の花形
    マグ■ネシサム
 共に換金鹿としてアル、ミ一,ふ
と並んでゐるのは†〆ネa,▲で
す。†〆ネシ,ふは、アルミコケ
ム上b斬らしく出衆たものであり
ますが、アルiニ,▲上りもずつ
と椴い金鵜で、先鞍のアル卓占’
ムを凌がうといふ妙ひにさへあり
ます.
 りの†〆ネシ,ふが市中に筑れ
ました初め頃は、主に#水島さん
で使はれるに潜ぎなかつたのであ
りますが、ドイツで†〆ネシ’▲
とアル1■−,▲、碩鍔、錦との合
金に成功し三レタトロy」と銘
五つて}九〇九年ハ明治四十二年)
にドイツでひらかれた印惧杭盗康
шテで一般に蛮致しました梅果
▼〆ネシ,▲は炊かに注目される
やうになつたのであれます.
 この†〆ネy,▲を杉料とする
合金の大きな特典は今申しました
やうにセいといふ・】とにありま
す.それですから、飛行機の部分
品として大鍵都合の上いもので、
今のところまだ色人な鵜塙で如か
しいのですが、将来飛行斗の部分
品が殆んど全部この†〆ネa’▲
で出水るやになりますと、飛行♯
はい上い上放ろしく革毒するりと
約架されてをります.
 このマ〆ネシ,▲は飛行♯の部
(さ3)

分晶に使はれてゐる締りでなく、
蟄勅鍵の製造や日勤革、工業拍の
機械、電束器具、精密機械などの
色々の方面で今ではなくてはなら
ないものとなつてゐるのであhソま
す。元来免にめぐま丸なかつたド
イツなどでは差支へのない限り出
来るだけ錘の代りにこのマグネシ
ウムを償ひ、俊と†〆ネシ,ムを
放き換へ上うとしてをり、†グネ
シ,ムのことをドイツの金属と呼
んで盛んに使つてをり、また研究
も盛んでありまして、†グネシ,
ムに他の金展を加へて、目的に減
じて色々と利用し上与と工夫して
かゎます.
 この†クネy,ムの原料となる
のは、マグネサイトとか、者の「に
がbこ丁などであわますが、▲「にが
りしは勿漁、†〆ネサイトも、我
が舛は世界で一番といつて上いは
どl甘に持つてゐるのでありまし
て「持た−首る」展といはれる8本
が、世界lの「持てる」同なので
あ♭ます.
 それに「にがり」からマグネシ
,ムを探る方法は我が囲で粍得の
方法を鞋明して甘わまして、純閉
産の工業として儒罪な成瞬むこ訴め
してをりま†。それですから、我
が国が将来ドイツを凌いで世界一
のマグネシ,ム製造園となるのは
確かなことでありまサ。
 軽金属の新鋭
    べ山ツりサム■
 †グネシ,ム上りもつと斬らし
い換金見にべリyクムといふのが
ありますが、これはヤクネシサム
よわもつと扱くて、マグネシウム
の三分の一ぐらひの健さのもので
す“これを少しマグネシ,ムに加
へろと錆びろのを防くとか、銅に
加へるといい鼓條の材料が出来ま
すが、未だ文用のところまではい
つてゐません。とのべガリウムあ
原料となる採石は、現在のところ
南米で僅かとれるだけで†が、と
ころが日本には拓鳥取と朝鮮にあ
るととが散見されました。
 ですから将来このべりリサムが
盛んに利用されるときが求まして
も、我が国はビクともしないで済
むのであります。
 要するに、新しい時代の花形と
もいふべき、稲金蟻山資朔にかけ
ては、我か凶ほ、仰雑巾で最も旗
まれてゐろ囲で払りまして、梅金
焔では他界∵トL郎粥つて上いの
です。  ハ十月二十八日放送し