×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

″夢に迷ふ蒋介石″
 東條内閣が新たに成☆しました
時、東條絶増大距は政府の野明と
して、「支那斡坦穀完幾し、瀬棚兆
柴圏を確立し、世舛平和に鞘糾す
るは帝醜不動の閑是なり」十小さ
れましたg埋り、我が拘現在の一帯
大きな仕串は、支那執欒の完藻と
いふことにあろのであります。こ
の支那執奨の完漁、即ち、支那如
欒を完全になし逸げるといふこと
を通じて、我が国は大東竜北薬物
を作り上げ、そして慨界み正しい
平和を観き上げることが出来るの
でありま†0
 そわならばとうして支那那弊社
完全に成し▲薙げろことが出来るの
でせ■つか。これをつきししめるには
我が国と凶年故に亙って職ひを交
へ、氾に何時崩れるかわからない
状態にありながら、なほも夢に迷
つてゐろ蒋介石?心の小中條剖し
て見る必変があります。
 御諌知の滴わ今から約前年前に
おこつた阿片馳申でイギリスに破
れてからといふものは、それまで
は眠れる獅子といほれてゐた支那
も、老大国に過ぎないしし考へ▲られ
るやうになり、イギリスに脱いて
ロyアやフランス、アメリカ等か
ら、位嶋山佃租り手キほしいまゝに
ふろはれるや・りになつたのであり
ま†.
(80)
 明治州七、入年に偽った8緒戦
欝ほロシアが輔糊に手を伸ばし、
史に玄郷なも自分山手に収め、瀬
並の安定をかき乳さ■りとしたのを
我が周は敢然レ」止つて、圃栂に於
いては五十倍、兵力に於いて元結
に連†る強敵をとりひしぎ、支称
を含む東碩の安定をしっかbと保
っこ−しが出来たのであります。
 然るに放洲大撤後代、大根小に
日本をたのんだ英米∽努力は月本
の点鵡を忘れ、束墟みさらに粁済
的に自分らの完全な抽出地にし土
′つとし⊂、珂骨に‖本み▲帖氾Lて
来たのであります。
 ちやぅどその頃支郷では剖在の
蒋介石が周此政府を掛て⊂耐涼に
都をさだめ、耗烈にイギリスやそ
の他の外閑人を浪ひのけろ馳動を
おこし、材米はこれに手取拙いて
ゐたのであります。
 これに封し、イギリスはアメリ
カやフランスキ抱きこんで利益む
似て蒋介右をほじめ、嘲托枚村山
首脳猶斗■誘ひ、その外閑人排斥の
矛先を日本に伺けょぅと廟命の努
力を紳つたのであります。ちやっ
とその頃揃州盤でけ張凝良か堵作
震の後をついで政拙を凝つてゐた
のであ豊すが、これをそそ山か
して先/ノ揃洲で拉烈な排月経勤を
おこさせたのであhます。
 かぅしてぉこつたのが沌洲事欒
 だつた山であ¢まサ。そ山軽油
洲は御詭知のやうに、亜圃以来立
退架土の平和梱を目指して発展を
と〓たのであもぜすが、こ山坤蒋
介右政触が厄に日兜めて炎米と辛
み■切り鮎鵡の和光を考へましたな
らば、今月の郡軽はおこらなかつ
たのであります。
 然るに、これと反動に輿米の耗
烈な鴇勤は、蒋介石斗Lてい⊥い
土烈しい耕日挫勤をおこさせたの
であ‥まLて、何も知らない子供
にまで抗H教育をサるといふ、弘
達としては詣附の川瀬ないことま
で行つたのであます。これは全く
府介石が、その北部の搾文が「凍
椚り復興打出本と吋嘲が苧を耗ん
で進む−しとにエつて埠竺L成るL
といったその描紳キ忘れ、日分一
人のはかない英雄的な妙にま上つ
て虚の名前と且分の利益に観れて
しまったかであります。
 今山つ潜介石に徹蹴的に抗日の
決奇態閲めさせたのは、常時の究
邦に映った日本の圃の咋の悩労で
あります。白木の闘杓は政治的に
も経済駒にも統一がないと考へ、
日本の拘内を非常に剋いものと曳
くぴつたからであります。かうし
ておこつたのが支那斡繁で、常時
日本がいはゆる、不加太主義をと
つて、本来同文同穐の団であるH
支繭閥が和学ふ−(いふ粗をさけ上
勺としましたにも拘らず、節介石
臼らが故苧を旗大Lて、今日の抜
きさしなられ吸日に陥ろ厨凶むつ
くつたのでありまして、これは全
くこの蒋介石の謎ひの夢から生れ
でたことでありま†。
 その現場にほ、蒋介石は堺鍵の
はじまつた時に、文部は敬寧の朝
一年目には触れるが、抗〓年日で
  − 一一一一一】一一一一一一一

は五分五分の野良となむ、筋≡年
月に繁つてほ、日本を仙九条に破る
ことが出来る′甘言Lためであ山
ま†。事求職介右は、常時さ与い
ふふ■りに耗信してゐたものと考へ
ら力l包むであむま†。
 しかるに都賀はとうだつたでせ
うか。
 都奨鴇五年目にLて皇耶の俄朗
はい上い上提り、前足政府の軍は
大佐の各地で叩きつけられてゐる
のごあります。これにも拘らず、
前掛−政府がなほ未だ日本に貼眼し
ないのは、一つほ御衆知のやうに
炎米が今では自分らの墳一線とし
て、不法にも奄腱政府に権航な宰
堺的財政的な頻軌をしてゐるから
であ々ますが、今lつはH本が今
に経済的に行詰り、日本人の射性
から見て国民も敵軍に成れ梨てて
しまうだらうから、今少し頑張れ
ば日本ほ悲鳴を上げろだらうと考
へてゐろからでありま†。そして
苦しいにも拘らずほかない歩を屯
つて、前月にその日暮しをLてゐ
く31)

るのであります。現在前庭政府の
内部の劣情は、想像以上にひとい
のであります。
 貫慶なとは我が国の連接爆撃の
下にさらされてをり、民衆の生活
は】将にみじめなものがあります。
物償の高いことは第H次鉄剤大放
の頃のドイツにも劣らないのであ
りまして、米∴石が五官凧、租卵
一個が五慨といふ恐ろしい値段で
ありまT。
 最近、外国の油信記者が報道し
てゐるところに上りますと
r現在東経の衝には輔撤や、無理
矢理に雑められた蕾力、そして奥
地へ鈍ける臨費さへない食しい民
衆だけが、飢ゑさらぽへた群七見
せてゐるたけである。到底人此の
人間が休めろところではない。」と
暴∬してゐる状態でありま†。
 このはかない蒲介石の夢を打ち
破つたのは今度の架條内閣の成立
であります.常條内閣の成北につ
いては、礪饉の放送は衣のやうに
官つて貯嶋を上げてをります.
「H本山内閲め更迭は明かに圃内
∽統小み■軸くするためになされた
もので叫ろ。杜つて支那は柿平た
る粍解をせねばならぬ。」といつて
をゎまして、革繋が始つて凶年間
衣超政府が今暁ほどぬいて覿管を
はいたことはありません。
 これは申す迄もなく、束條内】閣
の成北に卜らて、総理太良は陸軍
大田と内務大臣を朱ね、日本の国
内態制は最も強力なものとなり、
日本凶出はこ∽強い政治力の下に
琴囲山地となつて一揆と強〈北ち
上つてくろだらつといふことをひ
しひしと感じたからでありまして
この事甥の前には、きすがデマ放
逸山料意な窓簸でも、ど・つするこ
とも山水くなつたのであります。
 今ヤドイツとソグィエトの教学
も、い上い峠が見え、ソグィエト
は喬庶政府に対する壌助ウ打ち切
ることとなり、一昨8の新開もこ
れむハタキリと侍へて居ります.
ここにポ拉州け考へもしなかつた
二つの大きな出来平にぶち昔わ、
長い間の夢もさめはてて壇にきぴ
しい媒質に漑両しなければならな
〈なつたのでありま†。
 私たちだ今訳州鑑故地に最後の止
めむ刺し、東亜に明朗な新して天
地小つくりだすには、災僻地瀧大
酌が小七れまLた−T】に、御竣成
の⊥、蝉岨‥岨となつて糾い確信
をuて迎兆すろことにあるのみで
あります。〔十月二十七日放送)