×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御国の栄え

 畏くも明二十〓日の佳き8に箇
って、≡発宮殿Fにおかせられま
Lては、宮中賢斬大前に確木南台
子姫と御目出資き勧成姫の俵を執
り行はせられるのであります0私
共一位の園民は、周を準げて、竹
山喝生の御山琴えを寿ぎ挙り、み団
に生れた喜びた感激する次第であ
ります。
 申すまでもなく、我が団は家族
国家であります。日本といふ図全
捜を一つの家族とする噺家であり
まLて、量を宗家、卸本家と仰
ぎ革り 天産下を大仰況と仰ぎ
革る、君畠山惚の家政閑衆であり
ますP
 我が崩では具れ多くも畠毒は、
商家生活の中心であらせられ、皇
畠の御琴えはみ励の準えであり−
皇毒の御慶びは姐民の零びにほか
ならないのであbます。
 私凄店蟻は、宗狭たる皇室た鵠
頓ひ解り、そLて 天皇陛下は有
難くも拒戌を「おほみたから」と
仰せらか、銀山子を慈しむにもま
して、酎民を慈しみ紛ふのであり
ます。
 列艶が、億兆のは比に限りなき
慈Lみ計輩れさせ紛ふた抑ことど
もは、あらためて錐くまでもない
ことであ〓ますが、とはき世山
仁徳天皇の御仁慈は背〈語り侍へ
て弼へ奉ると−」ろであります0
 また 醍醐天皇が裟夜御衣をぬ
がせられて民の身の上を想はせ給
ふた糾寄頓の如き、後飽献天息
が天下の購笹を閉召されま.いて、
「股不敏あらば天 予−人を罪す
ベし。黎良材の替有てか、此災に
滑叫ふ」
 と仰せられまして、供卸を減じ
て民を供み選ばされて、御輿に、
 世をぎまり
 民やすかれといのるこそ
 わか身につき幻おもひなりけれ
 と御詠斗遊ばされた御郡済の如
ミ私ども閑民の弊しく感泣し奉
るところであります。
 明治天皇は、御製仁政限りなく
御仁慈に温れる大御心を詠じ輸じ
ましたが、
 みちふちに
 っ.」めいそしむ周民の
 身をすく上かにあらせてしかな
とあるを挿誘致しますだけでも、
粘共は格勤の涙にむせふ次功であ
ります。
 大正天皇には、邸位祀昔日柴哀
願の俵に拾いて賜りました勅語に
 戟ハ郎チ君臣こシテ悟ハ穐ホ父
 子ノコトク以テ高邦無比ノ靂
 ヲ戌セリ
と宜はせられ、王た国民拷甜作頻
に細叩する緒鞍に
 朕ハ臣民ノ地球二銅リナ紺々周
 蛙ヲ勧クシ以テ大乗ヲ挽弘セ▲
 コトヲ式7
 と仰せられてをります。
 この宏大撫過の大御心を仰ぎ革
ゎますところ酎民は唯 天皇陛下
を大鍬親と仰ぎ革り、ひたすらま
っろひ奉るのでありまして、臣民
の道は、皇孫埋理押合の降臨し拾
へる常時、多くの紳々が仕へ撃つ
た持紳をそのままに億兆心を一に
し、列盤の大御業を天理し奉つた
私共の祀先の心を心として、仕へ
奉るところにあるのでありま†。
 橘諸兄の
 ふる箸の白髪までに胡封につか
 へまつれは炊くもあるか
 この軟には白髪になるまで大君
に仕へ撃つた忠垣の面目が郷如と
して現はれてゐるのでありますD
 私逮が忠節めまことを致すのは
即ち、祀先の泣風を郭すものであ
り誉して、これ、やがて父祀に準
となる新城であります。我が拘で
く邪)

は忠を戯れて孝はなく、密は忠を
その槻木としてゐるのでありま
す。同性に基つく忠孝→本の鵡難
が、こゝに美しくかがや〈のであ
ります。
 苦悶扱陰が武士たるものの心持
として詰るした士規七則の中に、
 人君田を箋ひ、以て祀茶を鍵ぐ
 臣民君に忠に、以て父の志を贈
 ぐ、苛臣小捜、忠孝一致、唯我
 が隣のみ然りとなサ。
ケ申してをりますのは、この忠孝
一本の広を極めてエ〈祝いにもの
であ巾ます。
 支那でも「孝は百行の本」とい
ひ、また印度でも「父母の思」を
祝いてをりますが、その密行の邁
は、劇に迎なり、周▲イ■基レしするも
のではありません。孝行は架洋鵡
襖叩の特色でありますが、それがさ
らに思と山つとなる′ころに、我
が国の適地のすぐれたところがあ
り、仲井に一念くその類な見なしも
のとなつてゐろのでありま「D
 従ひまして我が国では忠をはな
れた発トしいふものはないのであり
ます。家ヒ闘が山地となり、忠魂
し」挙行が一本しLなつて紫えて行く
のが、我が同性の精華でありまし
て、ここに園民道徳の土董があ
り、我が硯がいよい上ますま†準
壊する槻木の力となるのであり
ます。
 かやぅにして私意は、忠孝∵本
の道に上りまして、皇睾の御仙準え
に仕へ挙るこレ」ほとりもなほさず
閲の漂えに適すことであります。
そして思を毒し奉り、皇皇の御領巾
えに仕へ襲るこ十は、即ち閑を愛
し、捕山嫉んなることみ∵刷る所以
でありま†。
 梅田雲粥の歌に
 繋が代を思ふ心の一すぢに我が
 身ありとも思はぎりけり
とあ〜ます。
 私遠地耳は、今こそl億小心と
なつて、私どもの父祀が進んだ鵡
ヤ身を出て行ひ、かの萄貼牧人が
「榊比譜生ける炒あり天地の輿ゆ
る時に▲曾へらく思へば」と歌つた
やうに、環ゆる知性にあつた帽撒 に、兜く牙を捧げなけ山げならぬ
に燃えて、巣立の弼発と天地と八 と存ずる次約であります‥
にきはまり∽ない虫図日本の緻駐  ハ十月二十H‖放送〕