×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  弾丸ヒなる銑

 争に戎はつきものであることは申す迄もありません。先づ弾丸を
 初めとして廉く多くの兵器や又その兵辞を作るに必歩な掛械頼も亦こ
 のさ彰材料として鋳られてゐるのであります。



句ビといふ竣に入れガスで熱を加へて次第々々に蝦へて飼に近づけ虎
攻に半壊にいれてマンガン楕とか石凍石、アルミニウムなどケ加へ
て勲すろと銅になるのです。ところで府俊の方は平址に入れますと・
すぐ銅になるのです。
     )ハ
 ところで泣年は世界の各岡が軍備を覗くするために礎起となつて来
ましたため、世界の各均で要る鋼といふものほ大鍵な故に上り、鉄石
から銅をつくつてゐたのでは到底間に合はない状態になりましたから
自然この不足を府鍼で桝ふやうになつたのであります。
 これまで脚域を一節出してゐた的は、何んといつてもアメリカで、
自刑事だけでも、一年汲ノこ百五十舐東山止も古くなつて址へない串
を出し。これからとれる府戌丈でもこ宵四十ニ∵箭碓に報してゐました
このアメリカの】年間の層蛾の肘廻盈は平時毎年四†拡柾む屯すと官
はれ、そのl捌泣くか輸出に向けられてゐたやうです。
 此鹿で世界列強ほ一晩どの位の納をつくることが‖来るかと申しま
すと、その数字は讃蛮されてを〜ませんから正椰なところは判巾ませ
んが、大晩アメリカが一年に的八千四宵粛地、イギリスが千五首古柾
と推され、英米雨軌で約一億}千嵩堪といふ見込です・
 これに射し、ドイツほ今度の助撃でルクセンブルクやベルギdフ
’ンスの銀の産地を手に入れましたから、現在約五千蕗膳に為し、こ
れに椙掛図仰の約五千貰戌を加へると、大漁イギリスやアメリカと同
じ程庶になつてを巾ます。又ソゲイエーは二千四甘掛砥樫舵と官はれ
てをります。
 さて我が固では現在眈に関内をはじめ氾抽の資源影関頭することは
柏常進んでをり、痢内では岩手杯の寄れ鉄山や・北海藩の倶知安など
弾丸と申しますと・前の練榊大戦のマルヌの暇ひでは、フラソス軍
は九→萬竣といふ紺丸を費ひ、取替のために貯へられてゐた珊九の三
分の二を位つてしまひましたが、イギリス黎は有名なソニの臓ひに
は食に三千萬竣といふ渉だしい弾丸か用青したものであります。そし
て前の敵糊勒寧でほ・どの戦ひでも、弾丸を鉄計に使つた方が必ず勝
つたと冒はれてをります。
 これは弾丸だけの話しですが、これを見ましても。接がどれ楔津山
に取寧に葬るものかが刈るのでありまして、前の欧州大概では、兵晩
は一人一年に三雄の繊を使つたといふことですから。笥舶人の典除が
撤申すると†れば三宮菰埴の繊が使はれる勘宅になります。ところが
今日の駁撃でほ、前の大戦上りも、もつと宰除で址ふ槻械の数ほ樺山
になつてをりますから。繍は正に更に樺山賓るのであります。
 ドイツが今度の欧州鞄学で先づ第一にノルウェーをとつたのも、ノ
ルウェ1を通じて窪び出されるスウエ⊥アンの繊をしつかりと海つて
おくことが主な目的だと見られてをります。徒水ドイタは入用な鍾鋏
の九剖までも外国から買つてゐましたがその緒蚊の七剖まではスウェ
ーデンの織蝕でノルウェーを組つてドイツへ鵡ばれてゐたものです。
 さて一口に絨と申しましても、軍鶏品として最も大切なのは銅です
鋼といふのは、故に未来が庵く僅かに入つたもので、この鈎を使つた
ものは私意の家磨にも相曹あります。例へば紛、鰍、鎌、銀。縄請の
鍵・銭切り、五嘩火箸、ビンなどと柏昔樺山挙げられます。
 この銅の主な原料となるのほ、錬鏡石と層蛾でありまして。紬鏡石
の方ほ先づ鉄石に熱を加へてとかす大きな塊である熔戦地に入れて飯
石から銑額をとり、・しの鉄鎖から更に銅をつくるのです。鋭抱から鞠
をつくる粗略を申し上げます一d背漁は銑鞭を取扱触とか蓑叩鞭牡
(41)
を中心として絆の糖産計菅がほかどり、胡群では茂山、浦榊では文建
潰その他の鮒山の踊攻が清々と行はれ、史に北東では鞄朋緒銚。中安
群では華中鋏粟を中心に、又海南島でも出翔などの有製な鈍山部朋致
されてゐるのであります。鞭に関しましては東雅共車圏で十分自給自
足することの出来る資抑を持つてゐるのであ〜まして、このことはま
ことに心強い次第であります。峨浦和串幹雄我が鋼カが俄かに伸びる
につれ、絨を必黎とする食も急にふへまLたので、我が閥としても府
錯を柑常アメリカから輸入して来たのであむます。
 算盤から冨ひますと、飯石は凛宮に械分を含んでゐるものでも五・
六剣であるのに射し、府絨はそれを出す方から吉へば絨ひ古されたも
のでむしろ邪魔になる位ですが、物自身としては鞘びてゐる郡分を創
ると新しい鋼と品位の上で艶りはないため、餅石打俳ふのに比べて申
分の材料ですみます。その上軌石から銅をつくるには熔銑址をつくる
に多くの費用が入るに反し、生産♯が少くて済むものであります。燃
し勿静留防国家の建設にとつて一番大切な摂を、文部以外の外国に求
めることはいぎ事がおこつた場合は一番危瞼であることは申す迄もあ
りません。我が国で必黎な域はどうしても我が園で粘つてつくりだす
やうにしなければならないのであります。
 政府としまLても早くからこのことを察し、昭和十二年にほ艶絨卒
業法を布き、叉その曳年の十三年の一月には鋳鋼の生産力妨充針斑を
桝てました。
 これには何よりも頻石から一貫Lて一つの作策で鋼がつくられる恍
僻を大きくすることが大切でこの設鏑を鉄鋼へつまり銑繊の銑と糾の
銅の)鉄緒−貫作業と申しますが、これさへM衆ま†と、我が閑の飯
銅は来談共焚周の内にある繊の資源に上つて髄に掛姶良足することが
(4¢)

出欠るのごす○串拭・我が仰の増鋼は、この繰に治つて進んで衆たの
であり、こゝ一・二年で我が岡の増銅陣営は自給自足の陀制を北浜に
つくり上げるところまで達したのであります。
 ところが昨年の秋、アメリカは不常にも我が同に封nる揺済賎迫の
手段の一つとして・日本向の尉滅を取出Lないやうに致しました。そ
して又オーストラリアやインドなどでもこれに倣つて日本に勤して倒
壊や銑技を葬ることを止めてしまつたのは皆様新開やラジオで御承知
の湿りでありますD
 我が闘としましては・前に申しましたやうに早くからこの様なこと
のあることを態想して準腑をして水たのであります。
 然し時局は態々蛋犬であ巾ます・我が姐↑Lてほ、先生に踏の自給
自足が出来る迄の批虞「ニ年の聞も、前から計整流りの碑糾をつく
り出してゆかなければなりません・それには共柴田の中にある繊鎖を
開頚し・又熔銚蛤を法ることを急ぐのほ勿論としますが、績を作る設
備を切り換へるまで圏内にある暦鍬を丁ソでも飴計に集めて、その
間をつなぎ生産高をおとさないことが大切であります。これが今岡繊
の岡枚をはじめた理由でありまして、決して弾丸をつくる織がなくな
つたからではありません。
 今日役所や工場−その他}般の家庭にある錬製品を一緒に集めまし
たならげ、それはやく程大きなものに速しませぅ¢例へば、古い船を
はじめ建物から帖る古接・又飯山や工場から出る不要の機械とか繊管
レール・又勧家庭のいろいろの金物などを同収して、何物にも者へ難
い大切な堵を戟牢の用に向けると賓しますと、その役立つ恥殉は大挙
 庶いのであります。
 そこで甘酢や工脅それに一般阿蘇磨の挿や銅について泣く回収が始
められることになつてを巾ますから−どうか御域庭の皆様は、家庭と
いふ銀山から−ひとつうんと確を掘りだして下さい。(十月九日放彗