×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 茶穀を馬の飼穏陀
                        帝政局長曾 粟 屋 仙 音

今回全南の皆様の御骨折を麒ふこヒ1なりました、茶殻を層娼丁子 いと存じます。
る野郎、即ち義轟化我国軽動の趣旨に蹴きまトて、桝拓1申↓虎 長転の世界旅券を考へますれば、我が鼠は彗高獲角騎施設の充I
たカを轟さなければならないのであります.従つて印防上映くことの
杓衆ない、軍馬孜び軍属となるべき烏の究を良くし、政教堵†ことが
名人大切となつて参りました。そLて馬の赦を増さうと†れば、席の
食べ物、邸ち飼料を十分に用意することが必野であります0
 そこで農村に砕きまLては、茸頬其の他農家郁恵他の中、まだ利用
せられてゐない物が蒋山あわますので、之を大いに利用して、極力自
私自足に努めていただくやちに抑骨折叡つてゐるのであります0併し
苛甘や革〓地珊などに放きまLては、屠を飼つてゐる人が、飼料の日
払に努めやりと考へまLても1之に萌する物が農村挺には理富に無い
のであります.

         )ハ
 ところで、都市の荷馬革馬之を都市挽満と」茶うてをわますが、都市
挽腐ほ平驚から物を挽くことに慣わて居りますから−串戌として傲致
せられた場合、直ぐに大砲専を挽く役に立つので、軍属箕振としても
非常に大切なものであります0
なほそればかりで無く、銃後産業上に嬰Jましても、物辛抱途上富
大な任務を持りてゐるのであります0
例へば、兵家の非常な抑骨折によつて、耳を括んだ米、奔その他の
生括必帯品が汚山に都曾に集つて東ます・それを各滑費者に行き耽ら
せるには、トラグク、とか鳥革に上るのであわますが、そのトラ’ク
爪、今日ではそれほど恩ふや勺には動かせない0さ弓すると−どうL
ても腐の働きによらねばならないのであります¢もし用の扱が碗少し
その鍵カが低F†るやりなととがありまトたならば、銃後の国民生活
銃後の卓発の上に、如何に多大の持寄を及ぽすかは想像に稚くないと
ころであります。
 従ひまして、都市払底の保誕に就きましては、首席に於きまして、
帝人その封架を考究致してゐるのであわますが、誠一に飼料を十分に
拾興し、その秦奉を立旺に倖つやうに努めることが、必野でふると等
へられるのであわます。
        X
 さて、都市の馬に粥へる南帯は飴り遠くから之を津搬Lないですむ
ことゝ、之を康に輿へる場合、出水るだけ手放のか⊥らないほど良い
のであゎますが、その條件の下に都市にあるもので、属領に利用サる
ことの出来る物につきいろいろ研究致しました拷兵、先.つ美甘の利用
を因るのが、最も手近で而も敷果があると考へまして、今回茶璧鷹寸
化報廃転勤を、全印的に展開すること1致Lた東鶉であります・
 茶薮はその成分から見ますれば、大奔の約七割、「ホシ〆サ」の約〓
倍に和音する力を、出すことの出来るものでありますから、伺料とし
て極めて結構なものであります。而も我が周内の茶の年産ほ考に山千
五官萬貫の多きに透してゐるのであbまして、その年女が茶禦になる
と申されてをわますから、約七曹五十萬又の茶駁が出来るわけセあり
ます。
 之をただ無駄に捨てずに、属捷として活用することゝなれば、鹿の
薬事上長い教具を滞らすばかりでなく、之を用ひれば用ひるだけ、他
の飼料努節約することゝなり、またそれだけ、他の商科の都市へ憂
さわる宜を、汝らすとと▲なりますので、粂粗開掛、飼料桝庖−頼畠
{Bl)

閉匂等とも考へ合せて、囲家的に非常な利益を、収めることゝなるも
のと存じます。
         ×
 彗ニ」茶鼓はかやうに大切なものでありますが、之が辟塩に括用せら
れる積めには、先づ第山に柑薗の急が、小繋の組織の下に、−定の場
所に集められることが、必要なのであります。之が集められて初めて
鹿穏として、物をこ有ふりととなるのであります。
 樅つて、茶穀の活用を嘲りぜすのには、之を回収する姐繊を作るこ
とが、最も大切でありますが、その環めには、ど与しても母白茶を伽
使用になつてをられる各家磨の御協力や、婦人観陛の御重力を願ほな
ければならないのであります。
 その方法としましては、各家磨から隣組を温じて、緑人農の手で
一定の場所に集めていたゞいた茶哉を、底飼養藷の方で受耽bに行く
と云ふことにし度いのであbます。
 茶穀は故に山部地方に於いては、平鹿用として敵椚せられてゐるの
でありますが、本鞄動に於きましては前に申上げまLたや′つに、都市
の鹿の発養を保つことの電撃性に鑑み、陸軍嘗局の勧諒解を得まして
之を民間鹿用として供給することに致したのであります.
 中にほ、従来ほ軍周用として、献嗣をして充たのだから、良いが、
一般烏の籍めに供給するりでは、敏椚といふ束縛が浦たされない、何
か物鬼らねといふや勺に御考への方もあるかと存じますが、軍朗摘と
して献納するのも、やがて斡郎となるべき民間の腐に供給するのも、
その折捧の目的ほ、群鹿賢鵡の済轟と云ふことにあるのでありまして
殊に今回の避動は席飼箋者から、茶懲を集めて戴いた謝帽金な、柿人
閣盟の手許迄差上げ、嬬人鳳饉は之を国防献金なり、またその他緊宴
な公共施設に充てゝいたゞくことになるのであります。
 それ故にこの逸動は、全国民が撃つ〔茶敷を遺じて、お囲に御奉公
するりとが出来ると云ふ、極めて容易であり、而も板めて意義快い愛
南海動であると申すことが、出来るのでありますロ
 今周のこの運動の鶴旨普及の馬募集致しました標語に、
 「茶哉がそのまゝだいじな烏櫓」
 「お属可変いや茶憩を上げ上」
 「属持たぬ家は茶敷で御奉公」
 などといふのが御座いますが、木組動の椴官は、これ等の宵詔に触
つて、良く環はされてゐると恩ふのであります。
 家庭で蒋朝手で放り、日に乾すだけの簡易な操作で出来る茶繋が、そ
のまゝ立沢な腐確となるとは、なんと有払いことではあbませんか。
 之を御南の績めに欺々と助いて呉れる可愛い烏に上げて、元東上く
働いて貰ひませ・つ。さ・つすわば腐を飼つてゐない方々でも、茶哉を海
じて御図の局めにつくすことが出来るのだ、と考へて敷きましたなら
ば、木組動の魅昏ははつきり刑つて澱けると息ふのであります。
 何卒話の趣官女十分に御酌み振り下さいまして、木組励が立汲な成
瀬を挙げることの出来ますやう、御嗣致Lます.(十月六日放肌彗
(男男)