×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銃後奉公の誓 厚生大臣 小泉親彦

 本日より五日開会囲各地に亙りまして銃後奉公碩化避勒が屁附され
ますので・この鎖骨に於いて些か軍人授醸に腑して鋸bし申上げたい
と存じます¢一
 息圃が今日のあらゆる猥雑にうち克つて東亜に坪しき新秋坪を建設
しますに柱・」壷一心銑鏡故孝の亜此といふことが純めて兢噌なるは
 申すまでもありませぬP
 この銃曇に裁きぜ⊥ては♯て上り■♯件建院を畠絶と致しまし
 で・敢扱者錐族家族拝もと上り傷痍軍人、軒赫軍人の捷睡等に軍官民
表の下にあらゆる努Yか傾倒して禁ノたのごあり丘rが、現下の絹
迫せる内外博労に餞みまLて∵」の醍本銃後奉公強化渦動を通Lて騨
人控建に的する碓倒たる南民的信念を如兜に鰍現したいと考ふるので
あります。
我々銃後軒民は大東漉共紫朗碓俸の大使命完盤の馬めに、取扱の将
兵に後るるところなく・死力を鴇して鋏後の勤めを完ふしなくてはな
らないのであります。
 郎ち国民の一人】人が銑後の守兵として動員せられたる心構へむ堅
持して各自その職域に於いて革公の誠を致すべきであります。而して
取壊に於いて日夜勇駄有閑せられをりまする皇宰牌兵をして、些かた
りとも後振の憂ひあらしむることなきやう努めま†こと、また育噂銃
後の守兵に軋せられたる最大‡斬であります。
 良くも 天皇陛下に於かれましては去る昭和十三年の今月今日
【宜シクカを軍人揆鯉J事二教シ濃憾ナカラyムヘ”こ
との油に有難き 御勅滞を晩ひました 生鮮の担恐堆轟に勝る次第
でありまして・閥民撃つて軍人撰建のヰに努力して以て 大執心に願
へ奉らなければなりません。即ち町内せ、部落せ。鱗組等では
     乱せ‡公の宇
 泉皐のもと・一億一家・心と心、力とカとをひとつにして銃後を
 守りかためます。、
  朝夕に卓軍の壱をおもひ、取操に菅銃後の几心として、山岡
 文士慰問袋とを絶やさ心やうに敢します。その宙守宅の力にもなり
 誉せう。
  壮族の家を換わ合つて、英雀の忠誠におこたへ申します。事
 人仁は心からの敬まを表し。その帯転革公生刀を海へませう。
(▲)
 蝕竣も卑偶の熊−執∵冗舞にむつまじく・将来の大きな希望に生
 き現在の苦難を馳ひねきませう。
を舛唱して奉公の曹を新たにし、札内の租接衆族、侭痍軍人の生活を
息ひ。T人も擁護洩れのないやうに甥喋的な箔剋を行ふとか・或は串
校報屠晩の★蛾的訓練として、稚族や家族の家施に弛んで撲推挙仕を
なす筆者等銃後国民は老いも着きも男女共々銑後嘲蛙の印を和め・
叫はの照丘ハに些かの不安も典へまいといふ聞き盤情き」の賄新たにし
ま†と共に、凍捷を費くる竣凍家族、傷碗軍人、蹄郷軍人もその典甘
におごらず恩過になるることなく、各王自家を冴へ生業に袖Å或は傷
粥の治殊に専念して再穏奉公の誠をつくし、以て捜補を挿ぐるものも
牽くるものも共に協力一致して、今後いかなる偶券に立ち到勺まして
も決して領動もLないといふ強固なる銃後顆勢を鵜僻したいと析念し
てBみません。      (十月三日放送)