×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 秋 深し
共に、この確非常時局に直面する
日本の先斗の守りをかためるわけ
です。
 事#このかた、
鍵化が衆ました。
でほありません。
鞄態翁時代です。
農村にも大きな
いや農村ばかり
珂をあげての騒
曹どほりでどう
生活蝕戦態勢の強化へ
 木の箋鼻叩く色づさ、みのらの
炊が断れました。甘きん方が汗ま
みれになつて動昇奉仕した頼もだ
んだん見毒を頼んできました。
     こ
捷入れも相放きも、人手が足らな
ければ甘でお手付ひをしませう。
そしてお米の出水満にほ、今年か
ら軒家の姥地金もつくから気もは
づみます。そして収純は、みんな
管郁米とLて尉家に供出して、直
して∴の危局が熊切れませうP
 だから、みんな眈刺です。生活
におそひかかる時局の嵐とよく戦
って、どしどし臨戦生活への潰を
恭赦してゐまナ。
 この十月は、その意味で大きな
輔換期だと思ひます。
 開喋憫券ほい上いよ難破にふれ
てゐます。柵y彗Tの進み具合も
さることながら、太平洋の堵計解
決し⊥うといふ日米間の楷合ひと
いふものほ、私どもの最大の粥心
耳であるばかりでなく、賓に全世
界の箆鵡の鈷です。
それだけに・弼ではいろいろデ
マが侍へられてゐるやうです。中
にはいちいちこれを瀬上げて安心
したり、心配した少してゐる人も
あろやうですが、そんな;とでど
ぅして、この▲大時局に点すろ大
前艮としての†任を巣†ことが出
来ませう。
 世界の平和を維持し、文亜の安
定を確立ナるりとはわが軒不他の
珂是であり、白濁伊二面体約が、
この不蔓を兵サ的に親Lた
ものである以上。この根本粁群
が、わが外交の煮であることに
何年の_りはあり†せん。
 いま私どもに必宰なことは、外
交の帯合ひをいいかけんに想燻し
て、一♯→並することではなくて
日本の行くヾき方向に向つて、穎
難が†二分の自信を以て蓮坐して
行けるやりに、】礁一家、心と心
カと力を一つにして銃扱を周めて
行くことで†。
 たとへ日米の帯合ひがどうなつ
たにしても、昔のやうな自由主点
の時代は決して来るものではあり
ません。経済の仕組みにしても、
L鮎)

もはや切家の行くべき方句ほきま
つてゐますQ高度輿防醍家態勢の
強化あるのみです。
 政治、経済、文化、あらゆろ方
面に大きな輔換がひしひしと迫つ
てゐま†。覆嬰産業には統制禽と
いふ仕組みが出来て、だんだんと
統制されて求まナウ中小工業者や
日用品の配給についてもさうです
いままでばらばらだつた小商人が
組合や合致の仕組みに艶つて行つ
たりする方向はいまさら動くもの
ではありません。

     *    *

 ですから、私どもはいろいろと
速はざれることなく、いつどんな
 ことになつてもよいやうに、まつ
 自分の足下を、そして身の廻りを
 固める必要があります。
 一人一人の蹄執の態労が出水な
 くて・熊手女吐の防取態弊が出来
 るものではありません。
  まつ鞋帯に新しい心神へを生か
 しで、身軽のところから、手の属
くところから♯行することで†、
饗操することです。
    *     *
 今日は興亜奉公日です。すでに
研早くからいろいろお仕事に将を
出されたことと恩ひますが、今月
はr晩学物資動員の日」と定めら
れてゐます。酢池日本が革備を充
興し、工業を盛んにして行くのに
息非とも必婆な絨や銅を国家のお
役に立てょぅといふのです。もう
いままでのやうに、外研から民ふ
のをあてにすることは出来ません
から、国内でみんながもつてゐる
ものを探し出して、感召の束縛で
出さうではありませんか。
 今夜これから熊組常曾を涌かれ
 るところも多いことでせ弓から、
 是非ともこの金丸鹿召の御相談を
 して下さい。また入時から常曾の
 放逸で左近司商工大臣がお静をさ
 れま†から、それをおきき下さい。
 また情報筒線の週報では、九竺一
 十四日醗で・十月の筋骨では何を
根上げるべきかについて、「常禽の
貿】を梅峠し、それに許しく説明
してをりまナ。

    *     *
 みなさんの家のあたりを見渡し
て・御鴇下さい。門柱、晶串荘
傘立・洗両津基、火鈷、置物、花
緒杜ど、費や銅製品が何かあるも
のです。鍋、釜も代用品に棒へて
出していただいて緒耕です。−しん
なもの一つとお考へになるかも知
れませんが、暦も稗れば大きなも
のですし、この金鹿動員に弛んで
協力しょぅといふ発酵の育惰こそ
何ものにも替へがたい負いものな
 のです。そして固まが私どもに、
 これを求めてゐるのです。
     *     *
 こんな小さな日常生活の一つ一
 つの行ひが、いまこそ直接にビン
 ビンと園家に響いて行きます。そ
 れだけに、私どもの生活を洩じて
 御率盈†る巾もあり、はりもある
 といふもの下す。
常食といへば、是非取上げて塩
行していただきたいのは、軍人捷
建と随客訓紋のことで†。
 あさつての三日は、軍人援護に
沸する宰を脇つた記念日なの
で・この日から五日聞、銃後奉公
強化遅効が行はれることになつて
ゐます。
 私どもほ既に五年に亙つて、支
即事難を職ひ、†萬の英蛮を搾げ
百舌の粁兵を故地に幾つてゐます
大切な夫を、子を大君に拝げた家
族の人々や、傷痍の身となられた
勇士のこと、または現にあらゆる
同雑と収ひつつある前線粁兵のこ
とを思へば、銃後の私ども払、も
つともつと緊魂して上いと息ひま
す。ほんたうにみんなが前線粁兵
 の心を心としてゐたら、うはつい
 た都甘の風潮もなく、闇取引も品
 もの不足の不平も起らない管です
 これからの政争にほ、もはや、
 破線銃後の朋もありません。銃後
 も南防の第一線であり、観民が如
 何に軌時生海とlひ執るかが、駄
(98)
 争ら▲qでもるとさへいはれじ心ま
 †。
 せめてこの際私どもは、銃後の
守りにねかりはないか反省して兄
上うではありませんか。

    *     *

 今年の五月のことでした。長野
楷上田市小牧抵の入管軍人家族の
小林玄青さんから出火して九幾に
なつたことがありました。もしこ
んなことで弟士に心配をかけてほ
銑後の恥だといふので、早漣臨時
抵曾と常骨を開いて、
「家族に衣尭住の心配をさせない
こと、そのために代りの家をみん
なで建ててあげ⊥う。」
 そして今後の生活については、
町内禽から東新と食揖とを貯らう
と決辞しまして、艶跡の堀片づけ
などの労力奉仕は、全員で引受け、
新しい家を建てて、寄贈したさう
ですじ
 この町内曾は、前々から銃後竣
礎には大挺な熱の入れ方で、麒召
軍人にほその都度五凪づつを滑り
年三周勧倦ワを牽逸、頻繁期にほ
隅mJY即位上し、一戸 年ニ」〓の
剣で親族へ動野水仕をやつてゐま
す。そして毎月山じには倉見全部
で托紳に森井、皇軍山武灘長久を
斬り、食肉の取扱軍人の命日には
魯長・・英ぜの出た瞬組員が基参し
て感執の念を新たにしてゐるくら
ゐですから、この町内からは多く
の抑召郊を出しましたが。まだ軍
事扶助を受けてゐる蘇族は一人も
ないさうです。
 これは来る四日軍人援護骨から
表彰される全成の損耗銃後村の一
例に過ぎませんが到るところにこ
んな楷はあるに壌ひあ巾ません。
 皆さん身をふり返つて見るのに
ょい稚倉でナT銃後率公の曹」の
】節にもあります。
 朝夕に鳥軍の労苦をおもひ、敬
線に為る銃後の床心として、慰問
文と慰間袋とを桶やさ山やうに薮
します¢その留守宅の力にもなり
ませう。
 それをまづ貸成することです。

     *     *

 全軍の防峯馴轢が今月十二日か
ら二十】日まで、東萩府だけはさ
らに四日間延長して二十五日に亙
つて行はれます。これも年牛やる
からやるのだといふやうな心構へ
では困ります。
 世罪の風雪急に、明日はかり触
られ拍今日、励民はあげて拘士防
価の戦士です。成と共に馳ひ、打
と共に死ね東栴へを蛮への♯りに
佗碍するのが今舵の防窺訓練り最
大の眼尉でなければなりtせん。
 蔑耕がさうです。も早や状智や
訓練に。寄終れりとナる時ではあ
りせせん心秋托し、淋に臨戦の秋
です。脛劇に、冷肝に、しかも烈
烈たる気塊をもつて、この環大時
局に威していただきたいと息ひま
す。     ハ十月−日放彦)