×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

復興目ざましい中支那
  〓輝く新秩序め前進‖
 中支の一事費用
 北支那の盤瀦朋頻が、北家郷態
♯葛甘杜を中心と⊥て、背ヰと
戚頻を♯打てあきしと杜、さきに
この珂民一‡でヰL上げまLたが
ゆ破却の瀬♯独習扶、中表郭我頻
†軋を中心とLて、中安耕夜型二
鎖革新繋を月瀦Lて行托れてを旬
ます。
 上の中賓‡生血ニニ盾年計丑では
ヰ井上大旬な♯軒の閑雪に憑きを
よかれて為るのであちますが、で
はヰ安部の‡率な紫葡にはどうい
ふものが為るのでせうか。
 抑東郷殊に晶子荘の洗瀬ヒ柱、
丘声右悪才か鹿&茸つて埋轍
されてをります一
 庇は弘子江の振切に瀦卦、その
埋裁lは、訂髄省に四宵宮延、斬
江省にこ青井潜、安盤省に五官亜
準湖北省にニ†者砥といふ亜か
さでありますが、それにこ九ちの
我は、よの良い濠瀕∬や破確旬で
あ巾まナ。
 この廿曹な接叔妊、胡毛に上つ
て操子荘檻鹿び出ざれ、ここから
捗子江の流れに⊥つて、各地に出
きれてゐるのでありまして、水鶴
が良いこ七は何Jゥも大きむ鹿宜
を輿へてゐるのでありまナ。
 有名な大台の我山は、耕世がお
こるととヰに、その瀬満を並推さ
れて⊥まったものであ竹ますが、
並早く‡興亡のり也⊥、ナでに欄
普の成群をあげてゐあのでありよ
す。
 石糞租また寄手江に治つて、煉
く採れてをり、蠍臓丑は約六千古
瀬に為してをりますが、これほl
としてはさほど多い方рヘありま
せんが、盤子江の水蓮を利用Lて
専為に隻び出すことが約束るのは
何土中鎖建となつてあるのであり
ます一
 准藩鹿瀬と海州旗
 安枚省の鹿南東破は、ま在六千
五官丸の労働者が石崇の採掘に普
つてをり、我が技術を移して卑生
に瀬革がかけられてをります。
 また中立郷の大切な資瀬の}つ
には規があります。中支那で最も
太きな頚の撞地は訂猷省の海州】
秒の転学でありま⊥て、北受鄭の
長者盤や山東彗と共に、支那で有
名む盤の窪地でありますごJの海
州曳田の粛税は二港五千町歩に及
野、ひと頃の藍新緑年に七十帯地
に意したものでもりまrが、†_
前、耗介石政油が非将に帯い税金
をとりせしたため、農相は升れ、
浬珂に牡つてゐる附漉の民衆は也
かに命をつないでゐるといふ有♯
だつたのでぁ勺ます。
 昭和†担年の孝、稗支那振興せ
批の手塞として中奉農弊甘髄が
セけもれてからは、この頴田の攻
興と冊葡に普り、また−」れに上つ
て附紀民衆の生活を救ふといふ二
つの目的を烏頼Lて、非常な車力
が掛けられてをり、坪餅とともに
この盤は中支那閑農のヰ心となつ
てゐるのであ巾ます。
 さてこれらの売薬を盛んにする
ため、その遊硬となるのは、交泡
でありますが、中安却は「鮨飴北
鹿Jといふ育蛮のいはゆる頼檻の
地であり、水建は非常に上く彗曲
してをります。
 擬子江を中心に、その老雄が大
小鼓つとなくこれに適中、殊に漫
子江下甑の三角地柑で牲、天鵡上
人エの艶河が縦横に教義tてをウ
(且l)

】寸カ フメリカの布名な地頭櫻
者のクレタシィはつぎのやうに申
してをります。
「換子江平野は、河と洩河の土地
である。恐らく世界の何虚にも、
此虎ほど水路の多いところは無い
であらう。掛子江や准河。その支
流は、この平野の至るところで優
れた水路をつくつてゐる。河の多
い上に、大きな湖水が幾つもある
その主なものは、洞庭湖や郵陽湖
大潮、洪沖湖である。併し艶つた
丸景を見せてゐるのは運河である
これらの廷河は梵に生済の動眠で
ある。静子江の≡角洲地方では、
これらの浬河は入組んだ嗣を成し
河に代つて人工の排水賂となつて
ゐる。
 このクレフyィの言葉は、格子
江を中心とする中支那の地勢をよ
く績んで帯つてをりますが、上溢
附近のクリークほ上海戦でもエく
知られてゐるところであります。
 このせいか、中安部の郷菰は、
中幕が安那の樫済の中心となウ
てゐる刺合に、よく単壊してをり
ません。むしろ、中安郷の交通は
捗子江を中心と†る河にあるので
あります。でほここで少し格子江
の水鶏についてお話しをすること
に致しま†。
  揚予江と水窪
 揚子江は申すまでもなく東窮策
一の大きな河であり、乾坤にとつ
ては最も大切な河であります。六
百三十哩の河上の洪ロまでほ六千
嘲の海洋汽船が舵行し、真には一
萬嘲の胎をぅかべることが出来る
のであります。
 いまは曹、泣く∃由の時代に、
醜の曹換。奥の孫破、葡の勾備や
孔明関勿などの英椎薮傑が、この
挽子江の水路を挽つて、火の出る
やうな学ひを演じたことほ、−三関
志に名商い話しでありますが、汝
世の揚子江は欧米列強の昇カが進
出して。執子江の水程む組つて覇
構牢ひをしたものであ巾ます。そ
 してイギリスが、この捻子江の水
速の王座を占めてゐたのでありま
†。
 ところが支部#担が始り、また
欧洲職撃が趨つたため。その影響
を束つて、イfリスの勢力といふ
ものは漸く衰へて来たのでありま
す。
 この機に腺じて、斬らたに東亜
鞄洩とか中華輸胎、上漫内河汽船
の三つの禽杜が設けられ、換子江
また康くほ支那の治#から欧米の
勢力を姐ひのける使命を株つて立
つたのであります。
 先づ泉亜海窪ほ東京に本社をお
く日本の曾放で、昭和十四年の真
に設けられ、支部治持と格子汀の
航路を程普してをりま†が、揚子
江繰としてほ、上海と沸口を緒ぷ
揚があり、この航路に替る楷は二
十三隻、絶Z敷は五首唱に近く上
つてをります。
 中華輪賠†牡は昨年の二月に。
日本と東郷側で共同で資本を出し
て設けられた8安倉群の骨址であ
り†して、まに血管丁江の下軌万両
の航路に箇つてをります。
 また上海内河汽楷禽敵性、この
三つの骨祀の内では放も早く出来
た日支合排の昏放でありまして、
この禽敵の楷は約二尉坐、絶唱牧
は約四千五百頓に上り、クリ−ク
を縦横にゆききして、地方の産物
を連ぷのに大艶活催してゐるので
あります。
  中支の樫済確設
 さて長径に中支那裡靖、中東群
金融の土董となろ流奨。お金につ
いて簡旦に申し上げろことに致し
ませう。
 琵柵砺氏を中心とする貌民政府
が、帝京に遮りましたのほ、昨年
の三月でありま†が、今年の正月
にほ両氏政府の中央銀行として中
央備備銀行が設けられ、滞介石政
稚の葛浅特に封し、斬らたに新津
鞘が蛮行されたのであります。
 この新法幣ほ箕郷の大衆と濫ち
に積びつき、その革行商も次第に
ふえてさりまして、去る五月†B
(男彗)
には三千八百草花飴りに塊しまし
たが、今や我が革累と洩絡して、
中箕郷鮎済の頓輿に大きな役割を
果し、地易仰以上の墳良を簸げてゐ
るのであります。
 かくて中支那無済の復興速戦と
いふことは。いまや各方面に亙つ
て、カ野く弛められてをり、東亜
新秩屏の捷載に珊かしい光明を輿
へてゐるのであります。
    ハ九月二十四自炊造〕
南支邪の建設を語る
 安野も北と瀬では、気候風土は
もちろん、人清風俗の戟でも、お
互ひに非常に果つた鳴磯を持つて
をりせす。−」の北と稀の粕毎につ
いてはある革背の木に、つぎのヰ
ぅに犬鍵面白く甘かれてをります
かも、帝介して見ませぅ。
二つの安郡は北部にある。ここ
は両が少い、平ちな土地は揖いが
しばしば批点に見瀬はれる。埼の
方の米と水田の農常に封Lて、こ
の北部の牧壌は、碑やら有難、豆
等が本位である。南部は草木が上
く護って搬色であろのに比ヾて、
北の方は茶褐色であり、一年中発
色い土ほ−Jりを破る。髄何の腑や
薯カの代勺に、楷費や駄舵、牛
が患る。人口は多いが栴部ほどむ
ちがり義つてほゐないし、輯も潔
い。人の背丈総高く、官革も銃−
されてゐる。此の北東部こそ孔子
やその他の曹の学者たちの出た閤
であり、香典〔耶である】
「も→つの安那は南部にある雨の
多い土地であるゥ丘が多くて少し
でも中なところは放すところなく
耕されてゐる。濁河た海悶と相と
竹鞍と費の炊い簡持に群らがつて
ゐる人々の土地である。ここでは
脊の低い人たちが多くの地方蝉を
使つてゐる。北郷が保守的なのに
くらヾて、この南安那は急進的で
あり、革命的である9】
といふことが甘かれてをります。
 かやうに箕郷も北と帝では大#
癌つてゐるのであ勺ますが、北安
那の北方人に「北方人の思想」が
あると†れば、楠支郷には南方人
の思想があるのでありま†。南箕
郷の庶東が、耗文を中心とする国
民食の卑生地であることほよく甜
られてゐるところであります。
 で捻この南天郷ほいまどういふ
ふうに建設されてゐるか、贋東や
慮門、糾研、海南鳥を中心にして
申し上げることに薮Lます。
 斬らしい頻発
 この内先づ庶文から申し上げま
†と、昨年の五月に席末省政府が
南京の国民政府の地方政府として
生れ出ましたが、次いで猷州〔−」
の贋州といふのは肺末の別名であ
りますが)鹿州官公瀦は。市政府
の名のもとに。怖貝を一新して他
賓し、共に斬らしい席末の捷畷に
向つてい弛んでをります。
 親在席末で仕‡をしてゐるエ♯
は、鞋批とか、布や砂焦の鞍埠。
またガラス製造、水をつくゑ樹氷
飲料水の製造、埋草製毯などの工
場であ勺まして、この熟んどが‡
誕の前上勺も帝山の生敷布を挙げ
てゐる状態であります。
 また手工葵の現興も大熊な券ひ
で、竹細工とか楷紫や鮒の打直築
などは特に盛んで、石鹸や和気総
見の製辻なども、攻節に以前のや
ぅに盛んにな勺ました。偶発もま
た括軽になり、大きな商店がつぎ
つぎと拙むひらき、現在鴻防の数
(ご3)

】イカ フメリカの奄名な地頭学
者のクレタシィはつぎのやうに申
してをります。
「静子江平野は、河と運河の土地
である。恐らく世界の何鹿にも。
此虎ほど水路の多いところは無い
であらう。換子江や准河、その支
流は、この平野の至るところで優
れた水路をつくつてゐる。河の多
い上に、大きな湖水が幾つもある
その主なものは、洞庭湖や郵陽潮
太湖、洪押湖である。併し艶つた
計景を見せてゐるのほ運河である
これらの浬河は架に生浦の動脈で
あろ。執チ江の三角洲地方では、
これらの渾河は入組んだ網を成し
河に代つて人工の排水賂となつて
ゐる。
 このクレタyィの言葉は、揚子
江を中心とする中支那の地勢をょ
く凋んで帯つてをりますが、上海
附汝のクリークは上海放でもよく
知られてゐるところであります。
 このせいか、中家郷の鋳潰は、
 中東那が安群の樫済の中心となワ
てゐる剣合に、よく壊鶏してをり
ません。むしろ、中箕郷の交通は
換子江を中心と†る河にあるので
あります。ではここで少し捗子江
の水濱についてお話しをすること
に致しま†。
 揚子江と水運
 格子江は申†までもなく東煎茶
一の大きな河であり、支郷にとつ
ては最も大切な河であります。六
百三十哩の河上の漢口までは六千
頓の海洋汽船が航行し、真には一
島嘲の糖をうかペることが出来る
のでありま†。
 いまは昔、浅く三岡の時代に、
瓢の曾換、奥の潔杜、葡の劉備や
孔明磯初などの英雄薮傑が、この
揚子江の水路を抽つて、火の出る
やうな争ひを済じたことは、三国
志に名揃い話しでありますが、近
世の挽予江ほ放米列強の券カが池
出して、沸子江の水浬数拍つて覇
楢牢ひをしたものであ巾ます。そ
 してイギyスが、この静子江の水
速の王座穀占めてゐたのであ巾ま
†。
 ところが支那事担が始り、また
欺榊教学が超つたため、その影響
を蒙つて、イギリスの努力といふ
ものは漸く変へて来たのでありま
†。
 この樺に腺じて、斬らたに東亜
海温とか中華輪楷、上湿内河汽船
の三つの曾敵が設けられ、揚子江
また席くは支那の泊#から欧米の
労力を姐ひのける使命を漁つて立
つたのであります。
 先づ呆盃海埋は東京に本社をお
く日本の骨杜で、昭和†臼年の真
に設けられ、支那沿岸と猿子汀の
航路を確普してをりますが、温子
江線としてほ、上海と沸口を緒ぶ
扱があり、この航路に普る楷は二
†三重、紘切放は五古頓に泣く上
つてをりま†。
 中華輪賠甘牡ほ昨年の二月に。
日本と支郷側で共同で資本を出し
て設けられた日支合群の甘敵であ
り†して、主に止野丁江の下靴方面
の航路に歯つてを巾ます。
 また上海内河汽船禽祀ほ、この
三つの禽社の内では最も早く出来
た日支合排の骨址でありまして、
この倉敷の胎は約二討笹。絶唱牧
は約四千五百頓に上り。クリI′
を椛構にゆききして、地方の卓物
を蓬ぷのに大山琴箔押してゐるので
ありま†。
  中支の粧済確泣
 きて最後に中支那経済、中支那
金融の土壷となる泣貸、お金につ
いて曹に申し上げることに致し
ませう。
 江精葡氏を中心とする嘲氏軟府
が、南京に選りましたのは、昨年
の三月でありま†が、今年の正月
には司民政府の中火銀行として中
央儲備銀行が設けられ、瓶介石政
権の葛法博に射し、斬らたに新法
帯が教行されたのでありま†。
 この新津幣ほ東郷り大衆と荘ち
に梅びつき、その辛行商も次第に
ふえてさ勺まして、去る五月†R
(楚9)
には三千八百革冗取りに為しまし
たが、今や我が革累と適格して、
中安部転沖の捏興に大きな役割を
果し、甘意以上の蕾を簸げてゐ
るのであります。
 かくて中京耶軽済の鞋輿逸懸と
いふことは、いまや各万両に亙つ
て、力野く弛められてをり、文亜
新秩序の逮駁に堆かしい光明を輿
へてゐるのであります。
    〔九月ニ†四8敗退レ