×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 航空日本の建設

      破倍大托 村 田 省 板

 木日は琴南日の就幾日である∵1の航寧日は、昨年我が開舶燕の
l≡丁周年に廃し伽宅されたものであるがl単に過去の舶来を記念する
焉めではなく、この日を出費戟として・国民的大事紫である成金日本
を故殺し、此象を添じていはゆる帯度周防軒家の確立、大東輔新秋序
の建慨を推進するたあの、いはば賭来の航残の斬らしい門出のRであ
る。かやうな嵩昧からして、航薮日本の貯水に幣し、審と‡柾を分
推きれる同氏骨故に対して∵1の稚甘に一義頻汐申し上げたいと存
一丁るP
肪盤が如何に東平なものであるかに就いては、扱者によつてこれま
で常に唱へられたところであり、一般例児島念的にはよくこれを諷
致されてゐたのであるが、これか現甥的に自分のこととして頻瓜叩きれ
るやうになつたのほ、今次の義手鍵や、箸衰玖村犬叫敷革の
ことである●
 現在では叔蛮なくして祀防なく、呵肋なくして面煮なきととは明ら
かである。今次の大戦に於いて、航薮を晦んじ、国防を逓つた措◆の
鹿浜か、怨もにして壊し去つた‡梵を増へれば、健秀なる航察琴刀
が、よく戦局の犬舞を支配し、†軒の如亡を左話するといふ−←とは、
皇早や何人と牲も疑ひ得ないところやあろ。
 民間水盤はこの頂嬰な串鞘の懸絶であり、韻山空飽となつて・相兆
に航故事カを形成†るものであるから、今日最も犬★首帯度鈷露周東
を襲する意味からして、民革め伸張を飾ろ・Jとは都下熊緊の急
激と申さねばならない。
 桝つて我が可鵬薮の貌状はどうであるか・創始以衆せかにニ‡飴年
でほあろが、幾多先先考の努力と航尊殉確者の太い態牲とによつて長
足の地歩を盤げ、そめ立ち上りにほ、著しいハンディキ…プがあつ
たにも拘はらず、キロでは世界的水準に妃く、郡分的には列強を故褐
†るものきへある地位に為することが帖躾たのである。今次婁勃襲
以来、我が盤耳の活願は我々をして目を唸らしめるものがある・事襲
来襲濫後、我が荒滞により突如敢行された、あの渡洋爆単の壮挙を初
めとし、淋薪周曳ノモyハシに放ける輝かしき筆の取銀・零点
明を初め、放すところなきまでの安那全土の尭粛触専∵Jれまで我
が網状稟を見くびつてゐた列強斗して野然たらしめねのであろ・
写の航宰と表衷一晩をなすところの民怖航蛮に於いても・南蛮襖紳
風教に上る東京ロンドン間世界氾鍬の掛☆、「エヅポと奴による世界
く1)

〓周飛行・東京べソフック簡の定租欣盈酵や、南洋肪怨吋孤酔祝攣
事鍵下にも拘らず・悠々として覿弊的舞基に堆飛しっつあることは、
我が屠力の上から薗鎗であると緑いへ、篠か十艦年瀞食で、江本閤丙
を一歩も出撃妄の出殖なかつた事父む撫ひ食サれば、持た今昔取崩
に堵へないところであ右。
 併しながら菱ゆ樋りなき園披情勢忙成して離陸軒家を建設し、末
亜共集亀の確立に、毅然ヒして卒研の大領想卦繋現すをた也に他∵】
の埠耗で決して浦竜ほ出癖ない。
 凡そ諒の航蛮力を阿層と†急場合、孜々は舶盤磯の放とか、我俄
の良杏とか、圃醸氾銀の数等の現象的な事甘に鋭は丸てほならないと
存ずる。無敵これ等のものもそれ良一つの標準であり、笹薮なる條
件であることは申すぜでもないのである。頼も碩本的な博拶ほ、国民
の一人一人が前金をその生汚の一都とし。いはゆる閥民航蛮が立暗に
飢餓されてゐるか否かといふ−」とである。
 卿歌知のやうにドイツは。第一次大戦に放れ、グェルサイユ條約に
より徹底的に抑へ付けられ、南民の士気もまた沈滞して。今にも滅亡
の淵に汲むかと見られたのである。この危機を救つて今日の犬をなさ
しめた・ヒヅトラー組組は、航奮立成を似て復興の大方針とぺ強大
なる慈軍の捷顎を金団すると同時に、斐徴譲した国民粋紳を摂ひ立
たせ、大ゲル†ン国家盈設を目標とする二人執民運動の手段として、
第一に南民航峯をとり入れたのであろ9その繕果ドイタ魂の精華ほ辻
憾なく讃挿され、強力なる醒民航峯租般の完成を見たのである。世界
一といはれるドイツ多事の基硬は∵しの強力な国民統姦に栴ぎす屯の
であり・その国力の招泡須磨が、前垂妙カの題弊なのに色ふところが
 抑何に大きかりたかを鮮ひあほすれぽ・観藍抗袈り申環ヒ召乾り鞄藍
と坪・稚拙不可舟孤粥俵懲徹す壱専孤Zあることが明慄となるZおら
うと席ぷ。
我々はい儀・他界無比の瓶多日本の地軋急事珊音れてゐるが、こ九
抑鹿葡の払雌、一にか。かつて声阜紡蛮の如何にあを屯р宅ところ
で強力なる粛埼筋峯の知規ほ、常に政雁だけのカで逢成し得るもので
は放い。
 ▲瞥貯ヒいばず、騨瀬といはず。また点薬三乗の畢忠岡はず、一
億新鹿、表書女屯朗なぐ、均しく肪磐の度率性を弘抱し、十分な魂
静ヒ協力とがあつてこそ、始めて箋せらるるのであを。
 今日世頻ほ欠勤私の租と化し、鍋毎商家建設の必襲名ヱ急を加へつ
つおるとき、この俄卒訃を鴇練とし、粛東学つて椀象に帥する諷触教
斬らたにし、また銭1之を挟め、聞民飯森をして同氏生活の中に大き
な板教下ろさしめ左ニJとが最も必要である。青少年拍君は同上りのこ
と匪虎蟄邸が舵薮の柑堀の中に溶け込篠、一領国胞が均しく癖稟性木
瓜女猛者す襟として、心象一つに合せ、杭峯の革遵に蓮渡せられるや
う難ふ衣第℃ある。
 かくして南耗統窺の兎来するところ、期せずして悪慶洩爆の勇士が
輩出するであらう。太千津破斯の名手屯汰出するであらう。天才的な
庸蛮捷術衆の出現も、律を鮎たないことであらう。
 休息とき、ここに他界第一の航皐日本が礁生ナるのである。識はそ
れ懇切に念新し、またそれな堅く確付するものである。
 最後に今日まで我が航蛮界の馬めに耗挿されたる数多先強者の御功
紘と・航象日本砂捨石となられた統率殉狐巻の英駆に野して、真鶴よ
り象と敬意を表する次第であ石。    九月二十日改革)