×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

″浦洲囲の蓉展″

 前鎗洋々たる王鐘楽土
 十年一昔と申しますが、満鞘♯
筆がおこつてからちやうどけふで
十年になりまナ。浦洲事典普時の
捕洲と今日の育とを此代て見る
止、振九た〜に吟管の感に打たれ
るのでありまして、満料甑ほど短
かい間に日ざましい襲畏をとげた
園はかつて世界のどこにも見なか
つたのであります。
 普時浦洲といへば、すぐ匪舷の
ととが息ひ洋ペられたJ▼のであり
ます。
 と−←ろか、今日ではどうでせう
沌粥名物の故地の階ほ、いまでは
昔結となつてしまひ、大陸の隅々
まで、我が朋拓民が鰍をとつて桝
してをり、甘少年萱革の日章故
が、ひろがへつてゐる状取であり
ます。
−方エ筆触帝では、大洗横なエ
故の増薙が、まろで林のやうに立
ち地んでゐる壮淑さで、近代エ粟
国満洲の碑池揖をカ破く元してを
ります。
 では‡際に満湘魔性、この間に
どれだけ牽度したか、申し上げて
見ることに致しませぅ。
 先づ財政の上から申しますと、
滞洲園が出来た昭和七年昔時の瀧
井ほ、】億】千古卸に過ぎません
でしたが、現在では二十五億此に
達してをり、図の他称はうんと大
きくなつてをります。ひとり顔の
世帯が大きくなつたばかりでなく
とれと何時に師局の収入もまた犬
艶ふえてゐるのです。鎖行や郵政
局の悍愈頼は、ここ十年の湖に三
億畑野蛙から十入僻卿程度になり
その】人せりの貯雀初の平均も、
十九軋から入十九卸へとふえてゐ
るのでありまナ。
 教育の方面を見ましても、止彗川
事鞭前後は初噂の草枕は、九†を
赦へてゐたものが、現在はニ‡】
千五百故に及び、その生放の欺も
五†古から百入十嵩にふえ、大手
もたつたlつあつたきりのlTのが
規衣では†大に上うてをりま†か
ら、大熊な幾歩であります。
 さらに意侍。交流の方面を見ま
しても、浦抑囲が成立する前は、
報稚簡局は、約四冨七十箇所に
過ぎませんでしたが。現在は一千
二首ニ〓丁箇所に達し、甘話の加入
者は三克五千から十某へ、放虫局
は三街折から十七台所へとふえて
をりまナ。また托藩はどうかと申
しま†と、その延長が偉か出千粁
(千里レに渦ぎなかつたものが、今
日では、】誌五胃粁ハ約二千大田
(19)

宅これを制圧する人々の
鼓も年入西富から、その†倍の約
八千≡胃六十常に上つてゐるので
ありまして、また自動車の迂路ほ
三千粁から丈にその二十倍の六東
粁となつてをります。これらの事
溌を見ましても、この十年間にお
ける浦洲粛の彗及が、如何に日ざ
ましいものであつたかが判るので
あります。
 完と申しますと、馳練江の向
ふ#の安定から革天に藷すろ安黎
繰など、十年前の常時では、毎晩
の†うに一帯賦に♯はれたものであ
ります。この鳥舵と故ふ狗立守備
酔は、錬荘を守るために大熊な苦
労をしたものでありました。夜に
なるとこつそりと漁為粛へ着いて
鳥鮭がやつてくるのを今か今かと
待つてゐるのです。さうすると、
ゴツy、コツyといふ足菅が聞え
でくろ。衆たなと息つて弗び出し
て見ると、これほしたり羊だつた
といふ爽ひ頼も耗つてをむます。
 ととろが、†年の月日が脛つた
旬日では、革天の符には夜店が立
ち並び、浴衣がけで散歩すること
が出来るといふ平和な風景です。
この十年の聞に、文字通りの王選
奨土が鶴き上げられて来たのであ
ります。
 併し、満州闘の女鹿は、いよい
よこれからだと申さなければなり
ません。鴻洲闘の肯くほど煙かな
資源が、十分関壊されますと、満
潮卑の園カといふものは、測り知
ることの出来ないほど大きなもの
になりませう。
 満榊圃で採れない地物は、恐ら
く水銀とタソグステソくらゐのも
ので、軒、金、銀、鎖、亜弟、ア
ルミニサム、モリプデy、石瀕
など殆んどあらゆろ丼瀕があり、
現在でもなほ排々と卑見されてを
ります。浦洲南では、こ九らの資
源を絹表するために、蔭策五億年
軒‡を桝てて、青々と成講を収め
てをります9匂力は、署のとこ
 ろでほ火力の頚電だけですが、略
称江の水難洞〆▲は軋に出来上り
去る八月一己から一部は頚電して
をり、また第二換花江の♯沌〆ム
も来年からは、】都変電の態定で
す。
何れも琵琶湖ほどもある大きな貯
水池を築いたものでありまして、
全部竣電が出来るやうになればこ
のこ簡所だけでも日東内地の水力
要領丑の年分くらゐに嘗るのであ
ります。
 それ許りではなく、満潮ではま
だまだかうした大規模な襲電所を
裁つもっくることが出来ますから
水力変電といふことにかけてほ、
世界務■とさへいはれてをり、そ
の群衆は几に注目されてゐるので
あります。
    ※
 かうした満潮宙の書とそのヰ
かしい聴衆ほ、昔鋳浦洲由の所感
上の地位を、動かすことの一出来な
いものとしたのであり態す。
 菟在満潮薗を乗私してゐる中々
ほ、我が闘を始めとし、ドイツ、
イクyγなど十五也呵常をlへ、そ
の他の或々といへども、ヰt上沌
菖を軋めてゐるのであります。
 昨晩もこの時湖に申し上げまし
たやうに、かづて浦洲事艶の時、
我が園が轡隈聯親に上る列諷を向
ふに姻はし、我が閏の東誰政策世
界政洪の正鼓を漁じ、堂寸とその
倍ずるところに向つて蒲池し、粥
軍曹押した常時と息ひ合せます時
まことに感慨新らたなものがある
のであります。
        X
 息へば、兼務新秩序の建設、世
界新秩序の鹿野は、この沸粥‡#
を放てその第一歩を鈷みだしたも
のでおりますが、この満潮‡熊に
よつて恵み出きれた浦和#が、今
戸かくも立溌な成頻頻を見せてゐ
るといふことは、まことに心強い
限りでありまして、私共ほこの丈
亜新秋群建設の硬となつた満粥ヰ
が、貯水盛上歪することを心か
ら帝る東鶉であります。
       へ九〃十八8放逸レ