×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

都市の交通統制 鉄道省監督局長 大山秀雄

我が固の国際的立場は、最近庵鹿に複雑東大となつてきたが、この
周際情勢の緊迫化に郎願して、政府においては、本月からT般の民間
裔恕のガソリンの清栄規正を、さらに強化することとなり、交紐帯業
においては=ハス、タクシー及びハイTについては代用燃料碑に限
り営業を粁可することとなり・皇ノックについても、相歯に親正が強
化せられることとなつたのである.
 似て・ハスについてほ、尭として鈍菰及び軌邁に併行する路線の♯理
並に不急不要路線の蓬碑件止を行ひ、ククシ・及びハイヤーについて
ほ・急病、急用等で、是非とも之を利朋しなければならない塘A是け
の鞭逸に留めろとともに、事業の合理化をさらに強化して、現在所持
せられてをる代用燃料革の、能率的運用を行はしめる等の方法に上り
またトラックについてほ、散逸の合理化、代用燃料革の埠備、早瀬革
の活用等を沖ることによつて、之に封鹿する考へである.
 尤も大都市のパスは、眈にその入、九割が代用触料革に攻り換へら
れてをるし、また市内交漁の女構から見て、繊温または軌蓮の併行路
線であつても、その一部のものは耗さなければならないものもあるの
で・その割合に影響は少からうかと恩ふのであるが.兎もあれ、l般
に今後変通はよほど瀦屈になることを究惜して戴かなければならな
 い。
      米
 偽るに交通iは.紀年凄めて急激なる増加をして、‡鞭前に蚊べお
よそ二倍にもなつてをるのであろが、一方除逸上の役備ほ、かづかに
l面乃至三剖を増加せられてゐるに洩ぎず、而も燃料その他各埠の爽
材の使用を十分に翫約しなければならないので、漸次取幾の由鞭が加
ほつて参り−盤に出衆得る取勺において、晩鐘力の粍保地盤を叫るこ
(ユ8)
患、.頓めて−粥姿となつたのである.
 和して、かかる佃野の下において、像速力の確保柵売を粥ろ鳥めに
は、何上々も現に投備せられて入る変蒲樺鵬の最大推力を牽拝せしめ
之を擦合的に粁‡浬用して、‡賄乗車に上る窪曹のtを卒げしめるこ
とが、求も肝事なのである.すなはち不急不平の路線身体止して、そ
の革輌や溌材を苫黎な路線に利用し、不急不黎な路線む撤収して・そ
の犬材を他の正中な線路の新駁に充てしめろといふやうなことは、是
非とも専へなければならないが、之を囲清且つ徹底的に染行する見め
には、交洩‡薬の統制む行ふことが、是非とも必罫なのである・
 政府においては、昭和十≡年に陣上交流事業開拳法を制定して以来
慨鼓に、憫耗に、各方面に瓦つて、この統制を敏行しで歩つたのであ
るが、前に申し址ヾたや−な憫弊から、今日では益上その必卒性が加
はつてきたことを、痛切に感じてをる次第である・
 殊に我が夙においては いはゆる主賓都市の安逸最が、粂交通丑の
ぉ上そ六剖以上にも及んでゐろので、取り分け大都市を中心とする交
延中葉軒、統制することが桑野であると堵へ・先づ似て文京市を中心
とする地方から新手したのである.
 ナなほち畢凧地方の変通続倒については、去る昭和十三年以来−銃
女抑査研究み苅ね、昨年来漸くその成案を得て・爾来耳らその繋施準
俄に努め、最泣漸くその兜扶の揃につくに室つたのであるが・好みに
その柿平を雄ヾてみよう.
賓市を中心と†有年攣−宇粁・乃患四†粁の洞亜臨戦内に在る地
方蝕喝軌温及竺ハスの象卒業む・貯水−元的に統制する雅紀の下に
焦瀦り六つの地故に粧介した統制を行ふこととし、末文市粥市的の賂
南変沌槻腑は、兇井市の擦常に撃し、薫W似外の交敢捗削ほ・虜
を四つの地域に荘介してそれぞれ穎常なる審或世の下に統合し・い
ま一つ東京市背市内を中心とする、地下地溝を一けめ忙して帝州聖叩
遜度交流音節といふ特殊の槻開を問けて、之にその建設並に並菅に替
らしめろのであるが、この帝都帯避妊変速督耶は、杜姜地下戒荘
株式甘批及び東京商魂杯慈株式倉批の南批に上つて、無骨せられてゐ
た地下成荘の粥葵線及び米本印その他の併有してゐた地下繊温の宋戌
振の粂都を醜受けて、昨】日からその管蕪を師地したのである・
 いふまでもなく、この曹陶は、規下の、帝都のホ轟の五大性にlみ
て、その中指救粥たるにふさほしい総督方針の下に、今後緒般の施設
を対するのであるが、殊にその最大の使命たる、地下戊藷の建故につ
いては、関係各方面の倒支授計袖て、出来得る限り逝かにエ‡に着手
し、一日も早く完成するやう、余力を盤†こととなるわけである・
 この帝都欝速度交通背馳が能生し、昨日からその活用の好】歩を潜
み出したといふことは、取り払忙さず、要地方の交通統制の第一歩
を踏み出したととともなるのであつて、その嵩♯は謹だ砕いのである
すなはち地下蛾延が帝都搭速旺交流皆瀬の手に上つて、整備、著せ
られま†と同時に、路面の憫神放び.ハスほ文末市に統合して、〓沌的
に鍵督せられることとな〜.また之と相前後して、部外四地域の各交
流機関もそれぞれ推理統合せられて、撞からずその形態を♯へ、互ひ
に弊軒なる交流適格を保つて、帝都の交池に成故の堅畔を築き上げる
こととなるわけである.
以上は主として東京地方の世呪を申し上げたのであるが・他の都市
についても、その租税や方法ほ多少異ならうが、今律交流統制の辛施
によつて、漸次根本的に解決せられて行くことほいムよでもない0
昨ヰ竜の凝、殊に朝夕の流動時に於ける非常な混難について
(17)

ほ・心から神泉の裔に存ずる・しかしなが醸郷下内外っ窺は観音
皆様方は、恐らく御辛抱下さることと仔†る・もちろん私どもは決し
て現状のままに打ち捨ててゐるわけではなく、資材その他の辞す限b
†分なる懸念描置を耗ずる一方・右に彗た、変貌事業統制の♯を}
日も†く辛げて、根本的に之を解決するヤう金力を轟してゐろのであ
るが・而も薫嘗り、輸送力の不足を補ひ、変洩の混林を務和する鳥め
には・交通自他を減らすといふことも・是非考へろごぎであつて、そ
の与芝はどうしても管鵡方の仰協力を仰がなければならないのであ
る●
 不急不要の横行を見合せて載くこと・混♯時を避けて成るヾく閑散
時を見打つて御蕪ヰを畝ふこと・拡社−の淡行は徒歩で珊蔽ひ†るこ
と・等ほ甚だ郷迷惑ではあら与が、この騎兵非とも御袖行朝つて、皆
柁とともに・この五大時局↑の変貌の萬全を期する馬め勺十分の畑
野カを腸はるやう、珊斬ひ申し上げる衣♯である.ハ九月二官女彗