×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本腰を入れて空地の利用

 長雨のため野菜が不足してゐる
を¢から、この容.狭弛む利用し
丹精してつくられた野雅は、恐ら
く吼分お役に立つてゐることと存
じま†。弼組の野奈良でつくられ
た朗釣沓やきう々、那子やトマト
などが印細で配給されてゐる風救
は職時下まことにほほえましくも
又】研母しいものがあります.
 今年の蓉各方面から叫ばれ、に
ほかに盛んになつて衆ました額地
の」利用は皆様のお骨折りで大舞上
い成地肌を益丁げてゐるやうであ勺ま
す.大抵の家では今までの花頓が
薬品に代り、又難草が生ひ茂つて
ゐた亀るところの解地にも野禿が
つくられてをります。それ帥りで
なく、滋拙や繊菰拙路の伐の拐地
まで利用されてゐることほこ年前
の今頃と比べてほんたうに偏世の
緒があります。
 併し程地の利糊ほ今後溢i盛ん
にやらなければなりません、それ
ほ申す迄もなく、この時局が切迫
すればすろ樫、食撒の棉転といふ
−」とが大切になつて衆ます。しか
し反而閑として火串な什卒に人手
が集中したり、又外嗣との関係で
肥料が足りなくなりせ†ため.食
塩の堵鈍としてはお米や教に一番
カを注ぎ農家の方々もこれに力}
拓つぐじて頂かなければならなく
なつて葬りま†.それで政府とし
てはいろいろh労力してをります
が、副食物の野菜がとかく不足勝
となることは取替の耕く限り、ど
うしても避けられないことと考へ
なければなりません。
 職研が放つて内年目にやつと串
地の利用が叫ばれ始めぜしたのは
我が酎が山の革、海の率に讃まれ
てゐたからであ勺まして、よその
厨ではどこでも蟄Tが放篭るとす
ぐ、全開の公園や匪やその外の蕪
地と官ふ耗地には、余部民鈴耕な
どを樅ゑるものであることは皆様
御釆知のことと存じます.暖かく
て割合食ペ物の麒かなイタリアな
どでも、耗地が史郎動員され、か
ぅした多地には「職牢の不図」と
研き、そして「これむ尊敬すペしし
とつけ加へた立札を立ててゐると
いふことであります.
 ですから、我が珂でもこれから
猿1本腰む入ねZ、たと〓坪の
十地ピもむだ仁滅ばせないやうに
しなければならなくなつて山夢りま
したゥ捕地の利川はい上いよこれ
からであります.
 架人の野非作りはやはり駄目だ
といふ粥背を糊かないでもありま
せん.しかし一眈や二度の失敗で
恋槻するのは敷物です.野菜作り
がそんなに晰耶に椚来るなら.1
瀦のお甘折もない坪であります.
拝地の利川ほ、やつとその始めに
ついた椚りであります。袈地利用r
に成功した方は報主はり倒つてこ
れむつづけるやうに致しませう.
ぅまく付かなかづた方は酢軋め允
純などに⊥く純む糾いて−一由甘工
夫して砧地の利川に力を入れませ
ちノ9

 それに今年の林は雨が多かつた
ので、野弊の椰朝によつてほよか
つたものと、又日州不凪のため窓
かつたものがあつたので、必らWT
しも一概にやり方が鮎かつたとは
(▲き)

雷へないものがありました.
 各地はずゐ分利用されて水た占
は申しましても、しかしまがまだ
あちらにもこちらにも制帽出来る
牢咄が浄山あります.近所に袈地
がありながら、まだ怨地を利明さ
れない方は、この野我不足のとき
を確倉に今から新しく来り出すこ
とに致しませう.
 この入用と九月は秋の作付湖で
あります.
 秩作としてほ、どういふものが
良いかと申しますと、粥東関西な
どの帯▲甘何としては、犬仙現とか、
白菜頬、京秦、小牧菜、三寸人参
藤森革、春葡.廿日大展、些且、
′†▼ノ
蚕豆などが通常でありませう.
 先づ大根でありますが、これは
土地が煙くてもいいし、作り映へ
 がしでお】罪味く、又]革も軟くて僻
引したものが丘ヾられるといふ得
鮨舛稚つた瀬越臨火根が南白いと
思じまナ.これは早く播かなけれ
ばなりません.湖水地方を標準に
しますと九月一日前後が題常な時
期であります.
 衣は役に九つことの多い自♯耕
としては乾坤H♯か花心発を九月
の卜旬に蹄/、やうに激しませう。
 京兼は別に水#と申しま†が、
これは九月の下旬頃に梼きますと
由稚斯がなくなつた多に紹れます
ワ、小松確は十りの中旬か下旬に痛
くのが鵜常で、機几るのは京菜よ
りも後になりま†.
 次は三寸人参、これは入、九月
に蒔きますと早く蒔いたものは年
内に、挽いものは翌年の称の四月
迄「撼几ます.
 滋機草ほ、秋作と多作ほ日本和
か、支那和が泊粥で、八月から十
一月にかけて蒔いておきま†.こ
 の凍辣宣丁は夢さに射して最も払い
ものでありま†から、故旧に亙つ
て.鳴く遊揮いて瀕車窓すと.十
月から四月迄、引続き燈るこし」が
出来ます.
 又春菊や廿日大横は八月から†
月の間に播き.魂豆や埜且は十月
の下旬から十一月の上旬にかけて
頂くのが通常でありま†。なほ又
何時も採れる蕊や路、梨撃つる
な等を庭の角などに作つておき、
華燭や大根等の飴つた穂ほ何時も
使へるやうにほしてとつておくこ
とが大切です.許しいことはこの
ラジオh月二間宛H曜白の午前中
に隣組鼠教の時間で、その土地の
恢氾に艦じた説明がありますか
ら、これに上つて頂きたいと#じ
ます.

     ×     ×   ヽ

 取雫で★切なものにほいろいろ
あります.しかしお互ひのH常生
活として必事なものは、表、共、
代の三つであ勺ま「.その小lビも
この克が一♯W人切でありまして、
これさへ足れば戦時下の私共は取
替がどんなにつづいても、どつし
りと満着いてゐることが出来るわ
けであります。私兆の渕奉公の道
は決して逢いところにはありませ
ん、手並かなところでお帆のため
に役立つことを†ろのが絢奉公で
す.
 この招めたとへば牛坪一坤の土
地でも、これむ活かして使ひ、睾
塩山桁■む「役をたてることが断絶
として、又家庭としての一番手近
かで、又一寄倒のためになる却革
公の潰であります.
       ハ入月入日水虫)