×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

時局ヒ国民の覚悟

      厚生大臣 小 泉 親 彦

 先日安部神野勃数浦他年を迎へまして、我々開局はどこまでも損耗
的に、建設的に、そして絶ゆる幣刺を甘受しまして、御朗のために御
準公をいたさなければならないといふ発憤を新にしたのでございます
るが、今i同席の饗倍噂と盤に喋々する嬰のないといふことは耶く信
じてゐるのであ勺ますろが、併し.その後日一日と丈弘の博労は泡虫
の庄を加へて爪シ‖ましたのでもbまナ.触に常並に繁れまLては珊腿
(¢)
 激増は英米等の竣汚彗、面と軍壌合作を無しまして、ビルマ・マレI
等から逐款粍日戦の敬娘を泰駒や悌印南部にまで砥ばして参勺まして
孜々を包均するやうな態勢を卑へて学りましたので自存持徹のために
共同防衛の措偉を振らるるに至りましたことは先日の新聞紙上でヱく
執承知の盛りでありますゥ郎ちかくの如き包開放券を整へて参りまし
たといふことは、丁度三十飴年約ロシアが逐次勢力を潮斜にまで壌入
し上うといたしまして、日本を脅威して参りましたあの時のすがたに
杓に彷彿たるものがあるのであります・我々の父たり、呼たり・兄た
り、姑たる人々は常時逮束牛鳥退附後、蛇に臥新腎臓桝カの充備に轄念
してをつたのでありまするが、武威を悼むロシアは慈1その侵略的態
民を接骨にいたしまして、我れを屈伏せんとしたのであります・そこ
で常然堵民の聞には形騨として即時掛取せよといふ鬱が起りまして・
取渦は故に開かれたのでありまナ.
 常時ロシアは両栂に放きまして五十巧兵力に於きまして・人口に
於きまして三巧狗に容易ならざる強敵であつたのであ勺ます・然る
に=面干渉後の我が闘は、いつの円かこのことあるヾきことを眈にと
くと覚悟をいたしてをりましたので・ただ雪辱の日の来たらんことを
待つてをつた次第であります.
我が予や兄弟や我が大の血の流された遼東の地を頚つた使略図警H
ツアといふ奴へ、その仇を討つといふことは前から瀕く心の中に背ひ
ましたことで、常時心からなる叫びとして閉敬が盤に現はれて衆たの
であります.かくいたしまして、敬ひは固より我が大勝利の中に秋め
られまして、そのお蔭を似ちまして朝鮮、斉群‥浦榊ひとしく安泰た
る−」とを得たのであります.即ち、故に改が同時統の大陸政策・邸ち
水綿大陸を欧米侵略の確手より解放いたトまして、各ヱその折を付さ
しめ上うとする奉伺なる政姥の第一歩は盤に輝かしき前進を見せたの
であ勺ま」T。
 諸牢今日、日・棚印南周が自存自術上己むを柑ぎる常然の措犀と
いたしまして、共同防衛の協売を今日締結いたしましたが・その間の
油息は恰も日夜職率直前のそれに等しいものがあるのでありまして、
我等閥民はこの標自邸教学常時に於ける銃後桝民の決志気塊を思ひ超
すことも決して撫駄でないと思ふのであります・
 取丁閑職の偶紡が決定されるといふ時に・時の梱締除議長であられ
ました伊殊博文佼が杜首相に向はれまして・来して勝昧があるかと間
はれましたるところ、棟首相は「勝妹はない」ただ;に大和功で職
ふのみであると悲壮穣ほまれる答をされたといふことであります・さ
ぅして朗謝決定に歯りまして伊藤侠はかう申されたのであります・今
野の職雫は架は陸海範でも我等でも十二分の見込が付いてゐるのでは
ない、併し8粛の形勢床に己むを得ない・周鶏を購して職ひを始めな
ければならなくなつたのであつた・茶が一にも我が園が敗れてEyア
軍が朝鮮に伎入して衆たといふやうなことがあるとしたならば及ばす
ながらこの博文も曹の北條時宗の故事に倣つて自ら武器を取つて身を
兵卒の中に互して出陣する、自分の家内も時宗の孝女に似なほせて兵
駄の食事の煮炊をさせませう.大村共々九州なり山陰なりに出かけて
行つて耗つた曙民と爽に海岸を護り−】歩たりともロシア兵を8木の
土地に上らせないといふて喝破されたといふことは有名な話として今
日純つてゐることでありまナ.
諸君.桝つて今日吸音の勒娘を線けてをります只今の現世に思ひを
衣びますれば∵Jの日夜戦寧常時の践烈、熱戦なる彗朗致一死懲故
の意気に琴乙たつて開ひ、且つ捷駁に鵡匙しなければならないことを
(7)

痛鰻する次第でありま†。殊に今‖の働け鳩は堪餌付に見ましてもそ
の勢力は眈に袈へ、経済力も思恕卜にもり叫の武成には今一押しだと
いふところまで押しっめられて氷たのて」さいまして.
てゐるのであります。 即ち私八は■山肌勢J}ほつきり視沌いたし
ましてどこまでも槌程的に、どこま∈机鎚仙札的に懲印しなければなら
ない。大水舶の新秋坪禁収に机ぐる碩が水たるあるならば断乎として
之を棚繁っナQだけの兇榊と朋ぼと針必似1するのであります0弊り耽
我は来紬火難牌の姑外雌祭なる抜出のために、汲に永追に鞘帖†る秋
我大和氏族であるといふ〓党にR恍めせし⊂、内む兆とすレ〃爪拙吼を
九つて人口の吋綿を阿り官†ことは川上り∈ありますが、私がラジオ
を池じ讃して鍵旧か皆様に胡へ甘トたろ化松川、釦ち、滅抹、沐俗.
苦行・この舅つをよくお叱ひ一い吋りま1√糾鮎にして恍蝉的−h身他を
錬成し、糾何なる苛棚に机帖へ如何な私耶爺をもやり担げ柑ろし」いふ
締紳の持尭とならわばならないのであ巾ます。殊に一億捕此の化繊誠
意を汲揮いたしまして・我等の生描†ろ棚伐夕強火いたし、搬めまし
て其のために我等の触括を合棚化†る、‖打を安出する、さうして更
に弊叛の完璧む糾しまして、勤労〜力む純帆此に偶出する。さうして
馬鹿桝防桝銘禁札に弛まなければならないのでございま†.併し.こ
の建設といふことに到達するまでには巾州多の刊悩.甘しみのあるペ
きことは覚悟してをらなければならないと存じま寸。
 併し・この苦しみは徒らに苦しむのでない、前途に光明のある普悩
であります.八紘一宇の犬締紳の下に準えある災舶新稚件の班純とい
ふ子供を生まんがための紳瞞であると労へなければなゎませねり即ち
所に生れるものが僚りに仰犬でありまするが故にその和みも‖ら搬烈
 であるにすぎないと軌念rベきでありまぜう。我々一倍同胞は悠久の
彼方仁頚触しましたる劇場的怜統女給ひ、暇忍持久、閥民皆んなが共
に欒しみ・ともに働き、ともに励み、心の底から一致陥力の竣を挙げ、
似て患談む艶焚し神らなければなら山のであ‖ます¢勝つために、勝
ち抜くために牝竿ル‥桝/左らね打lらたいのてあります.組も心も、
障宗の昔・日締枇甲冊帖のそれに勝るものがなけれはならないのであ
ります.
 描潜・今Hは堺たる職塀ではありませね。我等閲民生鮮に、男子に
も女子にも坤しく閥衆目的完速放への軌良が下つたと考へなければな
らない情妙に氷ち崇つ†をるのであります.何ホを檻いてもこの窪役
職に柁力歓迎して突池しなければならない株となりました。政府も同
氏も山つの火の塊となりまし〔咄職円的完遽に蒐し上うでほあり†
せぬかD切に皆破の笈シ憫を斬る次餌であります.(八月一言枚挙