×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国防国家と鉄 情報局総裁 伊藤述史

 近代の所防塵毅に戎が必頑なことほ、いふまでもないことである勺
申防は工業の帯鹿の頚凄を前我としてゐるが、工業の賛意は現代でほ
沌がその基礎を成してゐるのである0現在我が尉の最高政策である帯
妊固体晩制の樹立に、銀が必要なことほ明瞭である。
 鞭に挿原料として戎鉄石と石求を必黎とする.大東鵡共築兇を見る
と、右漠は十分であることは誰しも衆知してゐるところであるロ而し
姓時呼鈴石も相骨盤官に埋簸されてゐることが、明掛になつたので、
この漉からも自店を律られるやうになつたことは、我が閑の現在並び
に賭衆の集めに御同鍵に堵へない.
 銀の中で使用旦の大である鍋へ八方ネ)を造るには、屠錬を申出に
混入しなければならないのであろ。杜爽我が観で行はれてゐた製鋼方
法維、外国からl言H話頓にも上る多丑の居堵を輸入して之を基礎とし
てやつてをつたのである.ところが昨年†l月頃よりは、間際情勢の
群化に基づいて、従来粋人してゐた屏埼が衆なくなつたのである.こ
れほ我が申が屠錆を疇入してゐた米周が、その穣出を許可側舵にした
のがまなる辞閤である。多まの磨繊が外餉から来なくなつたので、自
払我が頭の鵜飼築もその方法組織を浬更しなけハぱならない允堵に泣
かれたのである{もちろん従来からもこの設備は多少あつた。またそ
の方向に弛まなけれぼならないことが主張されてゐたので、全然想催
してゐない方向に樽換したといふわけでほないが、併し、製鋼菜は相
常勤者な組換をなしたのである。すなほち鉄鋼一]作業と管洩いつて
ゐるとほり、環銅石から鋼の製進まで山貰してやるといふのであつて、
錮の製迭に懐かの屠祓を混入すれば足りる七いふ方法である.我が粛
の製揮葉はその設備を艶更し、その方法を改良したのである.その主
眼弛は、徒衆外軒の居残に依存Lてゐた状態から破れて、可成府錬の
輪入を少くして袈錦するといふのである.
 右のやうに鉄鋼一貰作業が製鎗方法の主流となつたことは、我が国
製蛾業における正大なる也換であるが、併しこの方法であつても、銅
を作るのに屠嫌の使ひ方が少くなつただけで、屠錬が全然要らないと
いふのではない.然も在来の鳳線一オ多且に使つてゐたや巾方から、折
らしい設備へ換る問ほ、輸入が少くなつたので、巣普り他の供給滞か
ら盾緑の補給をしなければならないことになるのである.先に宜振方
南の不用銀製晶を特別に同牧する計韮を立案いたし、目下着々と梵紆
をあげてゐるのもまたその目的穂成の一手穎である.
 戦時下の傲湘の各囲においても、特別間収ほ盛に行ほれてゐて、ド
イ’に於いてヒ9トラー緒統の官邸の界を取はずしたり、いろいろな
             ヽ
ことが失地されてゐるのである.
 イタリアにおいても「町の銀山を滑れ」といふ標語のもとに、大々
的な錬その他金属頬の同収が都合地で行ほれたのである。
 我が師とLても、‡筆以来竣銅の良治ができるやうに、前雄の如く
く1さ)
 もらゆる弛舞を案出して、之が封策を樹立してきたのであ一るQ
 睾ろ五月ニ†三日に挙表された、工場事業堵の清掃蓬動も、この施
靖の−つであつて、エ韻や銭山蟄電所等の大掃除をして・蛾潜煩のみ
ならず、銅霧その他の金鹿の屠類の}般駒岡牧を徹底的に行はんと
すろものである.
 この計輩ほ、エ壌や鉢山の構内に不用品、†たは淑品として捨てら
れてゐる金鹿の府顆を撲らず何故して、廃家の御役に血てる蓬勒であ
る●
 この滞挿洩勤ほ本月十大日から放めて、七月七日の‡難祀念日まで
二十】日間金野に捗つて行はれる計輩である。六月十六日から六月二
十三日までを第一期として粥茶.東海、北陸の稚地方、その後の六月
〓†九日までが近革、中国、四印、九州の讃地方.衆後の一欄間が瀬
北地方及び北海道といふ順序で賛施する辣定となつてゐる.
 この運動の徹底を期しま†馬めに、中央や地方の官彪は民間の同罪
著明他の関係者韓君と†分なる打合せを行ひ、必宰な準備を致†こと
になつてゐる.また岡収を箕沌致します工場や銀山、李電所等でもそ
れぞれ岡収女任者を定めて、約汗なる桐恵のもとに架施をすることに
なつてゐる.
 各工場や耕業者の周収箕任者ほ、有力なる幹部の方になつてもらつ
て、工場や事業場の中にある供出する屠械耕の、調査、撤去集積突刺
等の事項を、費任を以て戌理することになつてゐる.
 かくの如くにして集荷された層繊斯は、集荷機腑として定められて
ゐる日本練磨統制株式倉敷及び日本故銅統制株式倉批の指定席人に‡
却盲れて、それぞれの晶破及び用絵に経つて製紺、製鋼の各部門へ廻
きれ、立沢な原料品や製品として繍蒙のお溌に立つやうになるのであ
る.
 普から腕のよい大工は、薙具を弊頓して作乗場を綺式にLてゐると
いはれるり現代でも能率のよい工場では、常に清掃を♯施して工場や
事典壊を整頓してゐるものと息ふが、府や不用晶ほ思ひがけない鹿に
あるものである。工場革緊故に朗係されてゐる万々に於いては、この
際】つ日を斬らたにして工場や事菜租を清掃して、小さいからといり
て取捨て定かれたものや、渾鞭が苦労だといつて放促されてをつた盾
類をどしどし運び出していただき、たとへ一挽の繰、】片の銅といへ
ども無用に放屁されることのないやうに致したいと息ふ.
 今岡この清掃超勤を計宅した理由の一つは、支那♯艶鶉四周年氾念
事業の一環としたいといふことである.七月七日がちやうどその氾念
8に営るので、この際いま一憾支那ヰ鍵む旧顧して.その意義姦解
し、盤故に営り挺身周を鍾られました英感に封し、感謝の湖を表明す
ろとともに、規著者東と周ひ脊馳せられてゐる忠弟なる鳥軍浄兵に野
し、謝意を示すことが必亜であると同時に、銃後の国民としては各自
に於いて緊張珠を放いてはゐないかといふことを、考胤して焚ひ庇い
といふことが根本精紳である.この日的の馬め本月から各方面に於い
て、♯鞋四周年氾念事業を行ふことにして、蝕に着手したのもある、
この大きな藻勤の】部と致してエ革、‡簗場の清掃渾勧を‡施する次
範である.この書の鞍いところを良く考へられて、それぞれ粥係の
向ぎに於かれて、藻批の趣旨にふさわしいやうに協力せられんことを
特に申上げたいのである.        ハ六月七白井患レ